<   2010年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧

良い話と悪い話

先ほど競技会から戻りました。
というか、昼過ぎに戻って一眠りして、、目覚めましたというのが正しい表現です。

まず、良い話から。
JBDF東部総局のスタンダードE級戦で、出場組数42組中、6位でD級に即日昇級しました。
思い起こせば、2005年11月の関東甲信越(全埼玉)で昇級して以来なので、4年半もかかっちゃいました。
その間にパートナーさんも6人も代わっちゃいました。
振り返るととても感慨深いです。

次に悪い話。
既にお気づきの方もいらっしゃると思いますが、本日をもってパートナーさんとカップルを解消しました。
4/18にカップル解消の申し出を受けて、既にエントリー済みの本日の競技会を最後に解消を決めました。
にもかかわらず、今日まで付き合って下さったパートナーさんには感謝の気持ちで一杯です。
拙著つれづれなるままにって、何だったんだろうって思うと恥ずかしいです。

又、今日から募集活動です。
前期は絶望。今年の目標を、後期のラテン維持に下方修正です。

はぁ~・・・
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-04-29 20:12 | カップル

前夜

連休前ということもあり、同僚は定時でどんどん帰宅していきました。
明日が早いhiroも何食わぬ顔をして便乗しました。
昨日の練習日記をアップしようかと思っていましたが・・・
明日は5時前起床なので、今日はさっさと寝ます。
今までの努力を信じて、しっかり発揮しながらダンスを楽しんできます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-04-28 21:04 | 過去の競技会

2010.4.26 at 富士学院

今日は最後の練習でした。
さすがに3日続けて練習すると、そこそこ効果が出たような気がします。
後は、本番に臨むだけです。

さて、先日の練習ノートから。

着替えて軽くストレッチの後、アップを兼ねて基礎エクササイズ。
体がほぐれたところで前日までの課題をシャドー
共通
 ・ネックからショルダーのラインを崩さず、フレームごと移動し、回転は、膝から
 ・高い位置から周りを見渡しながらプレゼンテーション

タンゴ
 ・PPをしっかり作る~右トゥから右膝のラインと右腰から右肩のライン
 ↑特にオープンプロムナードからコントラチェックのパート
 ・チェイス、5Qの足の上で4Qの膝をナチュラル方向に使う
 ・サポーティングフットの膝を使ってからアクション開始
 ↑特にフォーラウェイからオーバースウェイのパート

スロー
 ・テイクバックをしっかりとって、横へのswing
 ↑特にスリーステップ

アップの終わったパートナーさんとカウントで合わせる。
まず、タンゴ、次いでスロー
そこそこ良い感じ

音に合わせてワルツから3種目6曲、続けて踊る。
ワルツは、そのうちレッスンで直して貰う

タンゴ
 ・QQといいながら、実際のカウントは&Sと取っていたので、元に戻す
 ・アウトサイドスウィブルの1Sでボディを緩めない
 ・同じく、2Qで右肘を緩めない(結局ボディ)
 ・同じく、3Qの足の上で右膝をリバース方向に使ってコントラチェック
 ↑これ、忘れていた
 ・コントラチェックの2S(トスロー)一発でPPを作るのは・・・難しい

スロー
 ・ナチュラルウィーブの1Sでボディを緩めない
 ・同じく2Qから右肘を緩めない
 ・スリーステップは3Qまで右肘を張り続けると、2人は重ならず、脚も早くならない

小休憩を挟んで、カウントで試行錯誤&微調整の後、曲に合わせて・・・上手くいったり、いかなかったり
↑この繰り返しを3ラウンド

タンゴのルーティン中、何度も出てくるPPでなんとか姿勢がとれる確率は8割程度
スローのスリーステップで2人が重ならない確率は5割程度
↑前日はどちらも3割程度だったので、まあこんな感じかな?
明日の練習で9割程度に上げておかないと、本番では5割出来ないかも?
♀を崩してしまうと、自分のネックからショルダーのラインも崩れてしまうので、お互い気持ちよく踊れるように後1日しっかり練習して本番に臨もう! 
(って、もう終わっちゃいましたが・・・)
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-04-27 23:58 | 練習

2010.4.25 at 富士学院

先ほど練習から帰りました。
だんだんクオリティが上がっていくようで、モチベーションも上がってます。

さて、昨日の練習ノートから。

着替えて軽くストレッチの後、一昨日のレッスン内容をシャドーで復習。
 ・ネックからショルダーのラインを崩さない
 ・余分に押さず、抜かず
 ・余分に引かず、ぶら下がらず
 ・回転は、膝から

アップの終わったパートナーさんとカウントで合わせる。
まず、タンゴ
 ・チェイスがスムーズになった
 ・オープンプロムナードからコントラチェックが良くなった(様な気がした)

次いでスロー
 ・2人の空間が歪まなくなったような気がした

音に合わせてワルツから3種目6曲、続けて踊る。
ワルツは、そのうちレッスンで直して貰う
タンゴ
 ・PPで右腰が♀の進行方向を塞いでしまう
 ↑2週間前のレッスンで直されたところ、その後意識して練習していなかったって、今頃気付く・・・
 ・右トゥと右膝は進行方向
 ・右腰と右肩は逆方向
 ↑腰が開かず・・・肩だけ開こうとすると歪む
スロー
 ・気を抜くとフレームが歪む
 ・スリーステップでダンゴになってしまう
 ↑♀の準備を待って、ボディを送ると音から遅れてしまい、その後焦ってバタバタ???

休憩を挟んで、試行錯誤&微調整
曲に合わせて再確認。上手くいくところといかないところ。
またまたカウントで調整して・・・5時間半くらいいたので、6ラウンド位やったかなぁ?


気付いたこと
スロー
 ・横へのswingがいつの間にか縦になっていた
 ・中間から中間に運ぶのに、いつの間にか被っていた
これで、問題が解決するかどうかは、明日の練習で確認

タンゴ
 ・沢山出てくるPPで、腰を振らずに形を作れるのは、2~3回に1回くらいだった。

 ↑毎回出来るように練習して本番に臨みたい
 ・オープンプロムナード、アウトサイドスウィブル、コントラチェックのカウントをト・スローってとるか、QQって取るかで試行錯誤。
 ↑とりあえず、QQで臨む。
 ・コントラチェックの後、PPの方向が上手く伝えられず・・・
 ↑コントラチェックの方向を右膝の方向と合わせると上手くいくような気がする。

後2回、集中して練習して、出来るところはしっかり合わせて本番に臨みます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-04-26 23:40 | 練習

2010.4.23 タンゴ編

今日も練習でした。
上手くいくところといかないところがあって・・・
2人で試行錯誤しながら本番に向けて頑張ります。

さて、先日のレッスンノートから。
競技会直前ですが、都合により個人レッスンです。
タンゴとスローを合わせて見ていただこう!

スタジオに向かう電車の中でイメトレ。
 ・とにかく両肩を下げて
 ・ボディを持ち上げて
 ・肩胛骨の下をコンプレス
 ・ネックからショルダーのラインをキープ!

30分前にスタジオ入り
軽くストレッチした後、シャドー。タンゴ、続いてスロー。
たまに鏡を見ると・・・右肩が突き出ている・・・
今まで、ずーっと勘違いしていたとは・・・情けない・・・

コ「お待たせしました。今日は一人ですか?」
h「はい、そうです。競技会まで最後のレッスンになるので、タンゴとスローをまとめてお願いします。
ネックからショルダーのラインに気を付けて練習しているのですが、まだ・・・」

コ「分かりました。では、タンゴから踊ってみましょう!」
1歩目を出そうとしてグシャってなって、すぐにstop

コ「hiroさん、・・・」
 ・下を緩めて前進してくるけど、アームが付いてこない
 ・ウォークはリバース系の運動なので、左手が付いてこないと、左が後退しているように感じる
 ・ネックからショルダーのラインを保つには、2人の間の空間を崩さないこと
 ・ボディだけ前進してアームを前に出さないと、肘がボディより後に下がって肩が突き出る
 ・逆にアームだけ前に突き出そうとすると、♀のラインが崩れる
 ・フレームを崩さず、両アームと背骨を一緒に移動させることが大事

リンクの後のクローズプロムナードでstop
 ・上を残して、下だけ移動させている
 ・進行方向にある何かを掴んで引き寄せるようにして、上から下まで一緒に移動する(hiroのイメージでは綱引きのパントマイム)

続くバックコルテでstop
 ・アームを置いてボディだけ後退しようとしている
 ・背骨とフレームを一緒に後退させる(だったような?)

2ウォークでstop
コ「hiroさん、リバース系の前進はみんな一緒なので・・・」
↑続くオープンリバースターン、ファイブステップの1歩目も一緒

コ「hiroさん、隙がありすぎますよ。脚を揃えたら、気を抜かないで次の準備を・・・」

更にチェイス
1S 綱引きのように上から下まで一緒に前進
3Q 左膝をナチュラル方向に使う
4Q 右膝をナチュラル方向に使いながら、LODに後退し、♀を前進させる(ここで回さない)
5Q 左足の上で上体を左に残しながら、右脚を横に開いて♀を先行させる

プロムナードリンクでstop
コ「hiroさん、わざと歩幅を狭くしていますか?」
h「いいえ?」
コ「スローの幅はどこからどこまでですか?」
h「中間から(リーディングフットを越えて)中間までです。」
コ「ここは・・・」
1S しっかりウェイトを通過させる
   ↑スで左足に乗って、ローで右脚を引き寄せるくらいで丁度良い
クローズプロムナードとオープンプロムナードも同様

フォーラウェイリバースアンドスリップピボット
1Q 下から右膝を使う

コ「これ出来るかしら?」
片足で立って、膝を左右に回す
脚を替えて同様に回す

オーバースウェイの1歩目も同様
 ・突っ立っていると膝を使えても動きの中で使えないと意味がない
 ・サポーティングフットの膝を使わずにリーディングフットを出してはいけない>毎回言われて、練習しているつもりになっているけど・・・結果、出来てない

コ「hiroさん、オーバースウェイから戻すとき、余りにわざとらしすぎるわよ。・・・」
 ・左足ウェイトのままで♀を起こしてから、右足にウェイトを移している
 ・♀を起こしながら中間にウェイトを移動し、流れを切らずに♀先行で右足にウェイトを移動し、そのままシャッセ

コ「hiroさん、今どこが見えてる?」
h「・・・床です。」
コ「ちょっとこっちに来て・・・」

ダンスビューやダンスファンの写真を見せていただく
 ・トッププロの視線は高め
 ・アマの下位の方は・・・低め
 ・アクセントで下を見ることはある
 ・基本は左右の斜め前
 ・正面や上はほとんど見ない
 ・視線で空間を支配する
 ・広ければ広いほど格好いい(表現は違った)

フォーラウェイからオーバースウェイの2Qまでは左アームの内側か外側を通して遠くを見る
3S 左斜め前
4S 右斜め前
 & 左斜め前
首を伸ばして、高いところから遠くを見る

続くファイブステップでNG
コ「ほら!隙を作っちゃダメって言ったじゃない!!・・・」
 ・まず右膝を使う
 ・左手を抜かない
 ・ボディで押さない

オープンプロムナードでstop~実はずーっと気に入らなかったけど、最後のパートなので、先送りにしていた
1S スローをはっきり
3Q 左ウェイトでクローズポジションを作る~ここが曖昧だとチェイスと区別が付かない
  ↑ここでネックは♀を見る(次の確認)
4S ♀が右足加重で後退の準備が出来ていることを確認して、右膝をリバース方向に使って、フレームから背骨まで一緒に前進
  ↑♀が後退して空いたスペースに右足前進~この足は雌のサポートに出すイメージ

  ↑合わせて左膝をしっかり伸ばして、ウェイト移動~右サイドのローテーションは、チェッカー次第

アウトサイドスウィブル
1S 右アームで♀を引かない~ラインが崩れる
   右膝をナチュラル方向に使う>チェイスの5歩目と似てる
   ↑おへそは♀に向けたまま、ボディで♀を押さない>フレーム(2人の空間)をキープ
2Q 左脚を使って右足前進(プロムナードリンクと同じ)

コ「コントラチェックは良いわよ。ごめんなさい、時間が無くなっちゃったわ。」
h「先生、次の時間は空いてますか?」
コ「ごめんなさい、入っちゃっているのよ~」
h「分かりました。スローも同じように気を付けて練習します。」

フロアが混んでいたので、真っ直ぐ帰宅する。

競技会まで後、練習が3回。
昇級目指して、しっかり頑張るぞー!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-04-25 23:03 | レッスン・S

2010.4.23 タンゴ編

先日のレッスンノートから。
競技会直前ですが、都合により個人レッスンです。
タンゴとスローを合わせて見ていただこう!

スタジオに向かう電車の中でイメトレ。
 ・とにかく両肩を下げて
 ・ボディを持ち上げて
 ・肩胛骨の下をコンプレス
 ・ネックからショルダーのラインをキープ!

30分前にスタジオ入り
軽くストレッチした後、シャドー。タンゴ、続いてスロー。
たまに鏡を見ると・・・右肩が突き出ている・・・
今まで、ずーっと勘違いしていたとは・・・情けない・・・

コ「お待たせしました。今日は一人ですか?」
h「はい、そうです。競技会まで最後のレッスンになるので、タンゴとスローをまとめてお願いします。
ネックからショルダーのラインに気を付けて練習しているのですが、まだ・・・」

コ「分かりました。では、タンゴから踊ってみましょう!」
1歩目を出そうとしてグシャってなって、すぐにstop

コ「hiroさん、・・・」
 ・下を緩めて前進してくるけど、アームが付いてこない
 ・ウォークはリバース系の運動なので、左手が付いてこないと、左が後退しているように感じる
 ・ネックからショルダーのラインを保つには、2人の間の空間を崩さないこと
 ・ボディだけ前進してアームを前に出さないと、肘がボディより後に下がって肩が突き出る
 ・逆にアームだけ前に突き出そうとすると、♀のラインが崩れる
 ・フレームを崩さず、両アームと背骨を一緒に移動させることが大事

リンクの後のクローズプロムナードでstop
 ・上を残して、下だけ移動させている
 ・進行方向にある何かを掴んで引き寄せるようにして、上から下まで一緒に移動する(hiroのイメージでは綱引きのパントマイム)

続くバックコルテでstop
 ・アームを置いてボディだけ後退しようとしている
 ・背骨とフレームを一緒に後退させる(だったような?)

2ウォークでstop
コ「hiroさん、リバース系の前進はみんな一緒なので・・・」
↑続くオープンリバースターン、ファイブステップの1歩目も一緒

コ「hiroさん、隙がありすぎますよ。脚を揃えたら、気を抜かないで次の準備を・・・」

更にチェイス
1S 綱引きのように上から下まで一緒に前進
3Q 左膝をナチュラル方向に使う
4Q 右膝をナチュラル方向に使いながら、LODに後退し、♀を前進させる(ここで回さない)
5Q 左足の上で上体を左に残しながら、右脚を横に開いて♀を先行させる

プロムナードリンクでstop
コ「hiroさん、わざと歩幅を狭くしていますか?」
h「いいえ?」
コ「スローの幅はどこからどこまでですか?」
h「中間から(リーディングフットを越えて)中間までです。」
コ「ここは・・・」
1S しっかりウェイトを通過させる
   ↑スで左足に乗って、ローで右脚を引き寄せるくらいで丁度良い
クローズプロムナードとオープンプロムナードも同様

フォーラウェイリバースアンドスリップピボット
1Q 下から右膝を使う

コ「これ出来るかしら?」
片足で立って、膝を左右に回す
脚を替えて同様に回す

オーバースウェイの1歩目も同様
 ・突っ立っていると膝を使えても動きの中で使えないと意味がない
 ・サポーティングフットの膝を使わずにリーディングフットを出してはいけない>毎回言われて、練習しているつもりになっているけど・・・結果、出来てない

コ「hiroさん、オーバースウェイから戻すとき、余りにわざとらしすぎるわよ。・・・」
 ・左足ウェイトのままで♀を起こしてから、右足にウェイトを移している
 ・♀を起こしながら中間にウェイトを移動し、流れを切らずに♀先行で右足にウェイトを移動し、そのままシャッセ

コ「hiroさん、今どこが見えてる?」
h「・・・床です。」
コ「ちょっとこっちに来て・・・」

ダンスビューやダンスファンの写真を見せていただく
 ・トッププロの視線は高め
 ・アマの下位の方は・・・低め
 ・アクセントで下を見ることはある
 ・基本は左右の斜め前
 ・正面や上はほとんど見ない
 ・視線で空間を支配する
 ・広ければ広いほど格好いい(表現は違った)

フォーラウェイからオーバースウェイの2Qまでは左アームの内側か外側を通して遠くを見る
3S 左斜め前
4S 右斜め前
 & 左斜め前
首を伸ばして、高いところから遠くを見る

続くファイブステップでNG
コ「ほら!隙を作っちゃダメって言ったじゃない!!・・・」
 ・まず右膝を使う
 ・左手を抜かない
 ・ボディで押さない

オープンプロムナードでstop~実はずーっと気に入らなかったけど、最後のパートなので、先送りにしていた
1S スローをはっきり
3Q 左ウェイトでクローズポジションを作る~ここが曖昧だとチェイスと区別が付かない
  ↑ここでネックは♀を見る(次の確認)
4S ♀が右足加重で後退の準備が出来ていることを確認して、右膝をリバース方向に使って、フレームから背骨まで一緒に前進
  ↑♀が後退して空いたスペースに右足前進~この足は雌のサポートに出すイメージ

  ↑合わせて左膝をしっかり伸ばして、ウェイト移動~右サイドのローテーションは、チェッカー次第

アウトサイドスウィブル
1S 右アームで♀を引かない~ラインが崩れる
   右膝をナチュラル方向に使う>チェイスの5歩目と似てる
   ↑おへそは♀に向けたまま、ボディで♀を押さない>フレーム(2人の空間)をキープ
2Q 左脚を使って右足前進(プロムナードリンクと同じ)

コ「コントラチェックは良いわよ。ごめんなさい、時間が無くなっちゃったわ。」
h「先生、次の時間は空いてますか?」
コ「ごめんなさい、入っちゃっているのよ~」
h「分かりました。スローも同じように気を付けて練習します。」

フロアが混んでいたので、真っ直ぐ帰宅する。

競技会まで後、練習が3回。
昇級目指して、しっかり頑張るぞー!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-04-25 23:01 | レッスン・S

2010.4.21 at 富士学院

今日は(も?)よく寝た一日でした。
自分では気付かないんだけど、疲れって溜まっているようです。

さて、先日の練習ノートから。

軽くストレッチして、パートナーさんと合わせる。
カウントでタンゴ、次いでスロー。
 ・ボディを引き上げて、右肩を下げて、肩胛骨の下をコンプレス

曲に合わせてワルツ、タンゴ、スローを2曲ずつ踊り、小休憩の後、微調整・・・を3ラウンド

最初、結構混んでいて、フロアクラフトの良い練習になった。
パートナーさんもそっと合図をくれて、そこそこ避けられるようになりつつあると実感。

けどねぇ・・・周りに意識が行くと、途端に悪癖が・・・
自分ではしっかりやっているつもりだったけど、鏡を見ると肩が出ている・・・
h「意識していたのに・・・がっかりだよ。ボディの引き上げだけが救いかなぁ~」
パ「・・・」
h「あれ!ダメ?」
パ「・・・」
特にフェザーフィニッシュは要注意!・・・ガックシ・・・
↑ここで肩胛骨のコンプレスが出来ると、スリーステップが落ち着いて気持ちよく踊れるんだけど・・・

途中で右肩が重く感じたときは、間違いなく飛び出ているんだけど、そうなるともう修復不可能
↑競技会までにはチェンジオブダイレクションで仕切り直せるように練習しよう!

本番まで後1週間。
その間にやれるのは、個人レッスン×1回と練習が3回。
努力を結果に結びつけられるように頑張るぞー!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-04-24 23:14 | 練習

今日のポイント

先ほどスタンダードの個人レッスンから帰宅したところです。
今日のポイントは、ネックからショルダーに掛けてのラインです。
 ・後退時にアームで♀を引かない
 ・前進時にボディで♀を押さない
 ・回転時にはサポーティングフットの膝を先に使う
破ると♀との間の空間が歪んで、自分のシルエットが崩れます。
書くのは簡単だけど、定着させるのは大変です。
競技会まで後、練習が3回です。
しっかり頑張るぞー!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-04-23 23:18 | レッスン・S

2010.4.19 at 富士学院

今日も2ついっちゃいました。

先日の練習ノートから。

着替えて軽くアップの後、カウントでパートナーさんと合わせる。

前回忘れていたプロムナードリンクをまず確認。
h「トゥとボディの方向・・・これでやれますか?」
パ「この前習ったことですよね。クローズなので大丈夫ですよ。」
反復エクササイズ

良い感じになってきたところでスロー。
最初から通して踊ってみて、スリーステップが今イチ
2ndQの右足が床をキャッチしてから右サイドを前に出して、左サイドを縮めて、右サイドを前上方にストレッチしながらローテーションの3
1S 音の幅一杯にリバース系のswing
2Q ウェイトが右足を通過しながらswing継続

小休憩の後、曲に合わせて4種目7曲踊り、休憩を挟んで3種目6曲踊って休憩

ワルツ
 ・クイックオープンリバースの4歩目は、レッスンを受けないといい状態が分からない???>先送り

タンゴ
 ・バックコルテ、1Sで音の幅一杯に使って左足の上でウェイト移動
 ↑一人で反っくり返って先に行かない
 ・チェイス、4Qフレームを回さない~右と左に分裂させて、右サイドをしっかりキープ

 ↑右ボディを落とさないで、右足で床をプレスしてボディを運ぶ
 ・続くリンク、絞ってほどく>♀の方に突っ込まない
 ・オープンプロムナード、4S右サイドを緩めない~左右に分裂させて、しっかりキープ

 ↑アウトサイドスウィブルも同様
 ・コントラチェック、&Sで音をしっかり見せる

スロー
 ・気を抜くと右肩が出てくるので、しっかり押さえつけるというか、横に張る
 ・フェザーステップから始まるナチュラル系のswingで右サイドを縮めるとき、右肘を下げない
 ・バウンスフォーラウェイの3歩目以降、フェザーフィニッシュの1stQで左腰を持ち上げるとき、右肘を下げない、♀にしがみつかない(引き寄せない)
 ・PPで右手が近づきやすいので、右肘をしっかり張り続ける

クイック
 ・Qはトン、トンって、音を取れるようになったけど、Sの幅を使い切れない
 ・ライズで膝が使えず、突っ立ってしまいがち

右肘を意識するだけで、空間が広くなって、踊りやすい。スローでは音も取りやすい。

↑収穫の多い練習だった。

次に続けていこう!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-04-22 23:03 | 練習

2010.4.18 at 富士学院

先日の練習ノートから。

都合で出遅れて時間ぎりぎりの筈が・・・電車でいつの間にかウトウトして乗り過ごす(汗)

着替えて軽くストレッチの後、曲に合わせてワルツから4種目、7曲続けて踊る。

小休憩の後、曲に合わせてスタンダード。4種目7曲を2ラウンド。
合間に上手くいかないところを微調整。

ワルツ
 ・クイックオープンリバースの4歩目、右足の後退がLODから壁側に開いてしまう・・・これで良いのか?NGか?

タンゴ
 ・チェイスに続くシャッセでばらける
  ♂4歩目の脚をしっかり使う
  ♀↑を受けて、しっかり回り込む
 ・オープンフィニッシュは・・・先送り
 ・アウトサイドスウィブル、ローテーションの2→1(忘れた)

スロー
 ・音から遅れて、後追いになってしまい、気持ちよく踊れない
 ・2人の空間を崩さずに♀を先行させるには
  足首と膝を使って、フレームを先行させてから、ボディを運ぶ

タンゴの問題は直ぐに解決したけど、スローは・・・
カウントでやって良い感じになって、曲に合わせて確認するとNGの繰り返し

最後にカウントで微調整
 ・スリーステップは♀先行
 ・リバースウェーブ4~6は♂先行
 ・フェザーエンディングは、1Sで♂先行から♀先行に変わるので、歩幅を狭くしていたけど、その後2人のボディが重なってしまうので、ためしにしっかり前進してみると・・・良い感じ
一気に問題が解決したような気がした。

次の練習で確認しよう!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-04-22 22:02 | 練習