<   2010年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

少しずつ・・・

今日は練習日でした。
お互いの都合が少しずつずれて、3時間弱の練習でした。
特にスタンダードはだんだん合ってきたなぁって感じます。
パートナーさん、曰く。
♂が何をやりたいのかが分かってくると、思いっきり動けるので・・・
これからどんどん気持ちよくなってくるのかと重うと、わくわくします。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-03-28 22:10 | カップル

ようやく・・・

激動の1週間が終わりました。
今週は勤務日が1日少なかったんだけど、初日から電車が止まって、職場に泊まって・・・
お疲れモード&私服でレッスン受けて、その後バタバタ・・・
今日は死んだように寝てしまいました。
気づいたら、JBDFからパートナーさんの登録証が届いていました。
明日は休日出勤の後、練習です。
まだアップしていない練習ノートとレッスンノートが一つずつ・・・
どこかでしっかり体を休めたいなぁ~
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-03-27 23:59 | その他

2010.03.20 ワルツ編(その3)

今日は練習日でした。
ゆっくり時間をかけて、色々やってみました。
充実していて、気持ちよかったです。

さて、先日のレッスンノートの続きから。

コ「次にナチュラルターンだけど、どっちに進むのかしら?」
h「壁斜めです。」
コ「具体的にどっちの方向に進むのかしら?」
h「左45度です。」
コ「左45度丁度よりどっちが良いのかしら?」
h「浅い角度です。」

コ「どうしてか分かる?・・・」
 ・45度より右には♀がいる
 ・♀の領域に入ってしまうと、動きの邪魔になる
 ・逆に離れる分には、♀が対応してついてくる

h(へぇー!ジャッジに一杯見てもらうためだけだとばっかり思っていました。)

コ「hiroさん、ナチュラルターンってどういう動きをするのかしら?」
h「右方向、外回りの前進です。」
コ「それは、最初の1歩でしょ!残りの動きを全部言ってみて!」
h「ライズしながら♀を追い抜いて、コントロールするために右スウェイです。」
コ「大事なことが一つ抜けているわ。・・・横に移動するって言ってないでしょ!」
h「それは、外回りという表現で・・・」
コ「外回りだけだと・・・」
 ・♀を中心に回り込んで入り込んでしまうこともある
h「間違いに気づきました。」

コ「では、3で止めてみて!」
直ぐにNG

コ「hiroさん、相手がそれしか動けないって思っているのかしら?
まだまだ動けるから・・・」
思いっきり横に移動してバランスを崩す

コ「それくらいで丁度良いのよ!
小さくまとめて動くより、大きく動いて練習しながらまとめていくように・・・
ではカウント3で止めて!・・・ヒールをもっと上げて!・・・」
 ・フラフラするのは、立ち方が違う
 ・両脚を下から付け根に向けて外側に絞る(最後は肛門を締めるイメージ)
 ・両膝をくっつける
h「先生、両脚を絞ると膝が外側を向いて、くっつけられないんですが・・・」
コ「それは・・・」
 ・膝を伸ばすとそうなってしまう
 ・膝を前に使うと、↑の姿勢がとれる
 ・ウェイトが外側(=小指)に行かないように、常にインサイドを意識する
ようやくぴたって納まった

コ「hiroさん、その時・・・」
 ・テクニックブックには更に1/8回転って書いてあるが・・・
 ・壁斜めに左サイドを先行させて
 ↑それ以上回さない(♀の方に行かないように?って、後から気づく)

コ「hiroさん、次・・・」
 ・4の足が壁~逆壁斜めに開いているのはNG
 ↑壁~壁斜めに後退
 4で、ネックと左ボディを残して♀の領域を侵さない
 5 右足その場についてHTとライズしながら、右サイドを乗せる
 6 左腰、左サイドを持ち上げて、左サイドを横に移動(言葉で表現するのは難しい)

ターニングロック
 1 右足後退、左にぶれないで、ウェイト右足の上を意識
   ↑ここで何か言われたけど、忘れた

ここまで。1レッスンが9歩で終わってしまった・・・

フロアが空いていたので、しっかり復習。

曲に合わせて他の種目も練習
タンゴ
 ・オープンプロムナードの4歩目、壁に踏み込むと♀の領域が狭くなるので、壁斜めに前進
 ・アウトサイドスウィブルの1歩目、右サイドを♀に与えた分を意識して被らない
 ・同3歩目も、同様
スロー
 ・スリーステップが今イチ???
 ↑2人の間が狭くなってちぐはぐ・・・次の練習で検討して、ダメなら次の次のレッスンで解消して貰おう!

この練習の成果は、次の練習日記でアップします。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-03-22 22:57 | レッスン・S

2010.03.20 ワルツ編(その2)

昨日のレッスンノートの続きから。

コ「分かりました。・・・」
 ・あるレベル以上の人は、種目に関わらず、一つしっかり出来ると、他の種目もほとんど変わらずに踊ることが出来る
 ・なぜなら、ダンスの原理原則は種目によって変わらないから
 ・それは、フットワーク、ポジション、ローテーション、swing系だとライズアンドフォール、スウェイなど(他にも一杯おっしゃってたけど、忘れた)
コ「あんまり最初から一杯話すと・・・」

コーチャーの目の前から、hiroだけ踊り始めの場所に移動したけど、
そこから又別な話が始まる

コ「体の中に・・・」
 ・センター(丹田)を意識する
 ・体の中に分裂するような2つの相反する力の方向を意識する
 ・左半分が横(左)に伸びると、右半分が逆(右)に伸びて、バランスを取る
 ・下半分が下に向かう(床をプレスする)と、上半分は上に向かう(ただし、肩は下に押さえつける)

コ「上下と左右があると、もう一つは何でしょうか?」
h「前後です。」
コ「そうね。けど・・・」
 ・2人で組んでいるので、真っ直ぐ前後には使えない
 ・右半分は右斜め前、左半分は左斜め後ろに向ける

コ「さて、あんまり話が長くなると・・・では、曲に合わせて・・・」

曲に合わせて踊り出し、第3LODのフォーラウェイからダブルリバーススピンに繋げるところでばらけてしまい、踊り直そうとしたところでstop
(やっぱり少しくらい合わせておけば良かったなぁ~)

コ「パートナーさん、取ってもシルエットが奇麗じゃないですか。
2人で組んだところなんかとても良かったわよ。」
パ「組んで動き出すところまでです。」

コ「それなのに、hiroさんたら・・・こんなになっていたわよ!」
↑首が縮んで、肩が上がって、背中が曲がって、腰がはみ出ている(泣)
h「先生!首から肩のラインは本当に意識して・・・」
コ「パートナーさん、hiroさんはナルシストで・・・
hiroさん、コンタクトってどういうこと?」
h「接触です。」
コ「直訳するとそうね。では・・・(何に気を付けるかとか何とか?)」
h「固めず、そこに浮かせるように・・・」

コ「相手の邪魔をしないように・・・」
 ・♂左&♀右手の位置は2人の中間に置いて、固めない
 ・♂右前腕&♀左上腕をコンタクトしてから、♂右手&♀左肩胛骨下部と♂右上腕&♀左手をコンタクト
 ↑ボディを自由に動かしながらこのコンタクトに悪影響を与えないように動ける柔らかさを心掛けて、肘を固めない

コ「この時、右肘はどうしますか?」
h「♀とのコンタクトを意識しながら、上腕から肘のラインと肘から手のラインをしっかり伸ばします」

コ「その時・・・」
 ・上が被っている
 ・右ボディを♀に与えたとき、左サイドを逆に伸ばさないと・・・
 ↑さっきやったばかりのことが、実行できていない
 ・右ボディを右斜め前に出す
 ・胃を中に入れて、軸は上
 ・頭は左斜め後ろをしっかり意識

きちんとやっているつもりでいると、コーチャーに脇腹を締め付けられて、両肩を下に押しつけられて、首を両手で掴まれて上に伸ばされると・・・ようやく勘違いに気づかされた

コ「この右肩がくせ者ね~・・・」
 ・事前に周辺を念入りに動かしてほぐしておく
 ・両肩を後に回して、しっかりしたに向けて押しつけておく
 ・肩胛骨は下げずに持ち上げる

コ「次にナチュラルターンだけど・・・」

その3に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-03-21 23:58 | レッスン・S

2010.03.20 ワルツ編

本日のレッスンノートから。

新パートナーさんと待ち合わせてスタジオに。
丁度コーチャーが電話中だったので、待機中の土屋美哉先生に紹介。
スタジオ内を案内していただいていると電話の終わったコーチャーから一言。

コ「hiroさん、私にも紹介して下さい。」
h「こちらがあの!JDCの橘弘子先生です。」
コ「また、そんなこと言って!・・・橘弘子です。よろしくお願いします。」
パ「よろしくお願いします。」
コ「hiroさんは一見まじめで好印象ですが、実はおかしなところがあって・・・」
パ「そーなんですか~!」

コ「パートナーさんは、ダンス歴長いんですか?」
パ「短いです。」
コ「何年くらいやっているんですか?」
パ「ダンスシューズを履いてからだと、十・・・」
コ「長いじゃないですか~」
パ「いいえ。20年、30年ってされてる方が沢山いらっしゃるのに・・・」
コ「hiroさんはどれくらいやっているんでしたっけ?」
h「2年のブランクを挟んで、13年前にダンスを始めました。」
コ「そんなになるの?」
h(この前、その話しましたよね?)
コ「それであれ(しか踊れないの)?」
h「はい。」

コ「カップル組んでからどれくらいになるんですか?」
h「昨日カップル組んで直ぐに予約の電話を入れました。」
コ「昨日カップル組んだばっかりなの?」
h「はい。それでも初めてお会いした後、2回ほど一緒に練習しています。」
コ「では、何度か合わせているのですね。」
パ「はい。」

コ「ところで競技会の予定は・・・」
h「4/29に開催されるJBDFのE級戦にエントリーしようかと思っています。
タンゴ・スローのベーシック戦です。」

コ「では、今日はタンゴ・スローですか?」
h「いいえ。今日から、ワルツ、タンゴ、スロー、クイックと毎週1種目ずつレッスンを受けて、今後の練習の方針に出来たらと思います。
競技会が近づいたら、タンゴ・スローを改めてお願いします。」

コ「分かりました。・・・」

その2に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-03-20 23:59 | レッスン・S

カップル誕生!

ようやく新しいパートナーさんが見つかりました。

カップル解消してから中31日。
その間にやり取りした方22名。
その内お手合わせ願った女性10名。
ようやく、一緒に戦って下さる女性と巡り会えました。

又踊れる幸せを噛み締めながら、競技会場のフロア目指して頑張ります。

書き終えることの出来なかった2回分のレッスン日記は、暇を見て昨日の後に付け足していくつもりです。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-03-19 23:52 | カップル

2010.2.26 ワルツ編

昨日は体調が優れず、帰宅して直ぐに寝てしまいました。
おかげで今日は何とか1日を乗り越えることが出来ました。
明日も募集活動です。そろそろ決めたいところです。

さて、先日のレッスンノートから。

ワルツを見てもらい、余裕があったらクイックのワンポイントをお願いしたいけど・・・無理かなぁ~

早めにスタジオ入りして、じっくりストレッチ。
前日38曲踊り続けて・・・体がガチガチに強張っている。
ちょっとやりすぎたかなぁ?

曲に合わせてワルツ、タンゴ、スローをシャドーしたところでコーチャー登場、レッスン開始。

コ「前のパートナーさんとは残念でしたね。」
h「はい。相性も良かったし、だんだん踊りが合ってきて、3年やれば良いところまでいけると思ったんですが・・・」
コ「私もそう思いましたよ。でもhiroさんならきっと直ぐにいい人見つかると思うわ。」
h「有り難うございます。昨日も素敵な方と踊っていただいたのですが、楽しく練習できたとか、人柄は良いとか言われたけど、踊りについてのコメントはいただけませんでした。」
コ「それは良くなかったっていう事じゃないのかしら?」
h「はい。僕もそう思いました。」

コ「それで、立ち方が良くないってメールを貰ったけど?」
h「はい。最近のレッスンで右サイドのロングコンタクトと女性のいる場所を確保する立ち方について習いましたが、何人か上手な女性と踊っていただいて、どうしても右サイドのコンタクトが上手くいかなくて・・・
腰を出し過ぎなのか、引き過ぎなのか、色々やってみてみますが上手くいきません。」

コ「組んでみましょう!」

その2に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-03-18 23:13 | レッスン・S

2010.2.22 パソ編(その2)

今日は二男の中学校の卒業式でした。
あのべそっちょの甘ったれが・・・気づくといつの間にか大きくなってきて・・・
感慨深いものがありました。
特に答辞は途中でうるうる状態でした。
先日までの週間天気予報は雨でしたが、天候にも恵まれて、良かったです。

さて、先日のレッスンノートの続きから。

コ「向こうに行きましょう!」
鏡の前に移動し、ケープを取りだす

コ「ではケープを♀に見立ててシャッセケープを踊って見せて下さい。」
踊ってみせると直ぐにstop

コ「hiroさんのは・・・」
 ・正面ががら空きで無防備>ケープを下げる
 ・腕を伸ばしたまま振り回しているので、ケープを体から離しても牛がhiro目がけて突っ込んできそう
 ↑ケープを体に巻き付けるようにして左右に振る

コ「そのためには・・・これできますか?」
 ・ケープを振り回すエクササイズ
 ・体の周りをぐるぐる回して巻き付ける
真似してみるけど・・・出来ない。
コ「ポイントは・・・」
 ・肘を体の後に回して近回りする
 ・次の手が迎えに行く
前回、ルンバの個人レッスンで習った♀にスリーステップターンさせる時のリードと同じ感じ

h「今までお互いに一番遠い軌跡を通るように心掛けて・・・」
コ「それは・・・」
 ・カウント1と5では、一番遠いところ
 ・次は一番近いところを巻き付かせるイメージ

コ「これ、出来ますか?」
 ・ケープの下端を床ギリギリに垂らしたまま、中心にして周りをウォーク
 ↑タンゴウォークのイメージでやってみる

コ「分かった!hiroさんパソウォークって1つしか知らないのでは?」
h「はい???」

コ「パソのウォークは・・・
 ・攻撃を仕掛けるアタック=ボディが先に出て、その下に足を置く
 ・忍び寄るストーク=足を先に伸ばして、その上にボディを運ぶ
 ・ウォーク:足を真直ぐ出す
 ・サイドウォーク:インサイドエッジを床に滑らせながら横に開く
コ「・・・の4種類があります。
ここは、普通のウォークとサイドウォークを交互に使って・・・
では、最初から!」

いきなりNG
コ「そこ(最初のウォーク)はアタックなので、アペル(4&)と同時に左足を出して、(5の)頭でウェイトを乗せます。」

やり直して直ぐにNG
6 サイドウォーク
7 パソウォーク
8 サイドウォーク
& 左足を右足の前に交差させる

先に進んでまたまたNG
 ・後退のウォーク&ロックでは肩を振らない
 ・その他のポーズでは、サイドにアーチを作る
 ↑このタメの後、カウント5で立ち上がってポーズを作るまでを素早く力強く
 ・♂右&♀左手を繋いで開くカウント5で、右サイドにアーチを作る

先に進んでプレハイライトの後
1-8 ロンデ、左手のテンションをギリギリまで残す~難しい(一番最初にやったけど、なかなか定着できず)
2-1、-2 ウェイトは軸の上(これも最初に中間ではNGって言われたとこ)

第1ハイライト
 ・高い位置に立って、両アームを腰付近まで一気に下ろす
 ・右サイドにアーチ

コ「♂は・・・」
 ・マタドールの1役だけ
 ・♀は牛だったり、ケープだったり、女性だったりする
 ・♂がしっかり意識して踊り分けないと、♀にも周りにも伝わらない
 ・ケープは低くして、自分の正面を守ったり、サイドに牛を誘導する
 ・♂は自分の首をしっかり守って防御する(顎を引く)

先に進んで
1-1 ♀をボールターンさせてパソウォーク
2-1~♀を正面に誘導して前進のダブルロック
  5~♀をボールターンさせて送り出してから入れ替わるところでstop
コ「ここはルンバでも言いましたが・・・」
 ・アームが伸びきって一本調子になっている
 ・肘を緩めておき、更に伸ばして次に続ける
 ↑離れる5と引き寄せる7の2回

ここまで。
自分のやるべき事を一つ一つ理解できていないので、全体に通じるポイントをしっかり身に付けながら、1歩1歩やる事を確認して創り上げていこう!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-03-16 23:04 | レッスン・L

2010.2.22 パソ編

今日は職場の送別会でした。

先日のレッスンノートから。
小関恵子先生のスタンダードのレッスンが終わって小休憩の後、ムービーをセットしたところでコーチャー登場。

コ「お待たせしました。」
h「今日はパソをお願いします。」
コ「ベーシックですか?」
h「ルーティンをお願いします。」
コ「分かりました。では、カウントで・・・」

構えた途端にボディを直される
 ・左サイドにアーチを作って
 ・ボディが緩んでいるのでしっかり持ち上げられる
h(意識して構えているのに、最初から緩んでいるなんて・・・(恥))

最初からやり直して8小節でstop
コ「hiroさん、ボディが緩んで・・・」
お腹周りを両手で押さえたコルセット状態で持ち上げられて、初めて、ああーっ緩んでいたなぁ~って、自覚する(恥^2)

コ「hiroさん・・・」
 ・前進するときはシェイプを付ける
 ・後退するときはシェイプを付けない

先に進んでプレハイライトでstop
 ・シャッセでしゃがまない
 ↑膝を緩めると、ボディも緩んでしまう
 ・シャッセしながらボディを持ち上げていくので、しゃがんで見えるだけ(とか何とか?)

続けて
1-1 アペルで沈まない
    その場でプレスして、浮かない
    床をプレスして持ち上がる分を進行方向(=前)に使う
  3 しゃがみながらボディを緩めない
  5 左脚キックは右足ウェイトで右サイドをストレッチ!(これ重要)
  6 右足ウェイトのまま、右足を軸にしてナチュラル方向にボールターン
  7 左脚ウェイトでドラッグ風
  8 ♂左手&♀右手のコネクションを残しながら、左脚をロンデ~これ難しい!
2-1 右ウェイトでリバース方向に反転
  2 左ウェイトでナチュラル方向に反転
  ↑
コ「ここも中間バランスになっているので、片足に乗って・・・」
 ・ボディを緩めない
 ・背中越しに相手を見るシェイプ 
  3&4 スリーステップターン、尾てい骨に軸を作り、下から上に上げて中に入れる=肛門を締める(と思う)
 ・両アームを上で組んでスピン
 ・両アームで回転を止める(だったような?)

 5~7 ルンバのアレマーナ風にしてNG
コ「hiroさん、そこアレマーナのように見えますが・・・」
h「はい、そういう風に踊っています。」
コ「そこは・・・」
↑ここどうだっけなぁ~
 ・どっちかにシェイプして
 ・♀をその場でタイトに回したような・・・肝心なポイントを忘れた(大汗)
 ↑するとカウント変わるかも?(次のレッスンで確認しよう!っていつになるのか???)
  8& アペル

ここからクローズフェンシングtoプロムナードtoウォーク?でstop

コ「私もルーティンうろ覚えでしたが、hiroさんのリードで思い出しました。
けど・・・思いっきりボディが平坦で・・・」
 ・プロムナードポジション:左サイド下(右サイド上)
 ・カウンタープロムナードポジション:右サイド下(左サイド上)
 ・グランドサークルの直前:左サイドにアーチを作る(今までと逆)
 ↑下って書くとボディが緩みそうなので、逆サイドを上にストレッチ
 
シャッセケープ
 ・入るとき、右サイドにアーチ
シャッセの後のシェイプがNG

コ「hiroさんは・・・」
 ・トゥが正面を向いている
RSP
 ・右足でボディを送って開くので、、右トゥは外側(真横)を向く
 ・左トゥは内股にならないように、左斜め前に向ける
 ・この時、左腰が高くなる

ここから、LSPに入れ替わるところでNG
コ「向こうに行きましょう!」
その2に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-03-15 23:27 | レッスン・L

2010.2.22 スロー編

残念ながら、本日はカップル成立には至りませんでした。
来週に持ち越しです。

さて、先日のレッスンノートの続きから。

恵「次スロー行きましょう!」
1周踊ってstop

恵「ナチュラルウィーブの後、何でしたっけ?」
h「フェザーフィニッシュからのスリーステップ、カーブドフェザー&バックフェザーです。」

恵「そこで・・・」
 ・フェザーフィニッシュで上下が激しい
 ・重心を両脚の間において滑らかに踊る

恵「バウンスフォーラウェイも・・・」
 ・同様に重心を両脚の間におく

恵「とにかく右サイドの♀のスペースを作って・・・お見合い頑張って下さい。」
h「有り難うございます。」

我ながら、こんなに引っ張ることになるとは思いもしませんでした。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-03-14 23:24 | レッスン・S