<   2010年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2010.1.13 タンゴ編(その2)

今日は練習日でしたが、都合でお休みとなりました。

さて、先日のレッスンノートの続きから。

コ「hiroさんは・・・」
 ・股関節を曲げないから、♀の居場所が無くなる
 ↑後退時に自分も床に対して直立できない
 ・足首を曲げて、膝を前に出す
 ・股関節を曲げて、腰から頭まで背骨を直立させる
 ・ヒップは出っ尻気味~やりすぎると前傾してしまうので注意

コ「この状態から・・・」
 ・下を使って、♀が中央斜めのラインを超えたら、フォーラウェイの1歩目
 ・右手で♀を感じながら、♀中心にリバース方向の外回り~右手はいつも♀を意識
 ・♂が回転を止めると、♀も止めてしまうので、回転運動を継続する
 ・下を使って、、♀が中央のラインを超えたら、オーバースウェイの1歩目

コ「hiroさん、そここうなっているのって分かるかしら?」
肩が出て、首が縮んで前に出ている(恥)
h「いいえ。自覚無いです。」

コ「そうでしょうね。そこだけじゃないけど・・・」
 ・何かに集中すると(余裕が無くなるとだったかも?)、首が縮んで前に出やすい
 ・肩を下に押しつけて、高いところから周りを見ながら、次のコースを予想する
 ・堂々と構えて、余裕を見せる

先に進んで、オープンプロムナードでstp
コ「hiroさん、そこの使い方は・・・」
 ・右サイドを前上方にストレッチ>ローティーションの1風
h「先生、そこはローティーションの4じゃないのですか?」
コ「違います。・・・」
 ・進行方向と逆にシェイプをかけると♀を崩す(とか何とか)
コ「ベーシック戦じゃないんでしょう?」
h「今度はJDCのD級戦なのでフリーですが、その2週間後に財団のE級戦があって、ベーシック戦です。
混乱を避けるためにもベーシック戦でチェッカーに呼ばれないように・・・」

コ「分かりました。ここは・・・」
3・Q 閉じればクローズプロムナード
4・S 左脚をしっかり使って、右足OPに前進し、左サイドをストレッチ>結果的に絞りが生じるだけ
   ↑左脚を使わずに右足を出すと、♀に持っていかれやすいので注意

アウトサイドスウィブル
1・S 右脚を使って、左脚にウェイトを戻す
    右トゥを伸ばして、LODにポイント~教えられていないけど、コーチャーがやっていた
2・Q 左脚を使って右足前進(プロムナードリンクの2歩目と一緒か?訊けば良かった)

続くコントラチェックでNG
コ「おおっ!素晴らしい!!というレベルにはありません。・・・」
h(他はそのレベルにあるのかなぁ?)
 ・ト・スロッ!って決める。
 ・上は突っ込まない
 ・♀は両手を残して、頭を離す
 ・せぼねを1本ずつ伸ばしていくイメージ
 ・ネックのキレと首筋を見せる

コ「今日はワルツもやるのかしら?」
h「はい、お願いします。」

ワルツ編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-01-31 23:39 | レッスン・S

2010.1.13 タンゴ編

先日のレッスンノートの続きから。

コ「では、タンゴから・・・」
曲に合わせて1周ちょっと踊る。踊りながらコーチャーに何か言われたけど、分からずそのまま踊り続けた。

コ「今回は練習してきたのが、分かります。では、回転系の・・・」
h「先生、その前に・・・踊っている最中に言われたのは何ですか?」

コ「hiroさん、フットワークがまだ甘くて、こういうのが・・・」
 ・インサイドエッジを滑らせて送った足のトゥを一瞬上げながらヒールを床に着けるアクションが甘い
 ↑コーチャーは瞬発力を使って素早くトゥを起こしたと思ったときには、直ぐに乗っている
 ・hiroのはのそっと上げるというか、ヒールではなくフラットになりがち
h「分かりました。練習してきます。」

コ「では、回転するときに・・・」
 ・前進する方が先に動くと2人の間の空間がつぶれてしまう
 ・♂は左手を下げず、右手のコンタクトで♀の位置を意識する
 ・♀は♂の合図を受けたら、次の合図を受けるまでその運動を継続する

コ「hiroさん、♀にリバース系の後退をさせるには、どうすれば良いのかしら?」
h「それは・・・」
 ・サポーティングフットの膝を緩めると、♀は後退する
 ・足首を使って、膝をリバース方向に回転させると♀も同心円上を回転する

コ「hiroさんは、・・・」

その2に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-01-30 23:55 | レッスン・S

今日のポイント

今ラテンのレッスン帰りです。

今日のポイントは、サイドリードです。
♂はやたらとヒップを振り回さず、胸を突き出し、逆サイドの肩胛骨付近の筋肉がストレッチされるように横隔膜に仕事をさせること。
細部は後日アップします。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-01-29 23:20 | レッスン・L

2010.1.13 スタンダード編

先日のレッスンノートから。

競技会前、最後のスタンダードのレッスンです。
スタジオに向かう電車の中でイメトレ。

ワルツ
 ・上をしっかりキープ~被らず、崩さず、視線を下げない
 ・フォーラウェイ~歩幅を広く、上の蓋、フットワーク、ヒールの方向
 ・2でテイクバックし、3の脚が床をキャッチしたら直ぐにライズ開始
タンゴ
 ・PPからのスタート
 ・ファイブステップの3歩目
 ・フォーラウェイのフットワークと上の蓋

1時間前にスタジオ入り。
軽くストレッチして基礎エクササイズの後、シャドー。
イメージに踊りを少しでも近づけられるように反復エクササイズ。

アップの終わったパートナーさんと合わせて踊る。
 ・フォーラウェイで上を開きそうになったり、視線が下がりやすいので注意

コーチャー登場。レッスン開始。
コ「練習してきましたか?」
h&パ「はい。」
コ「前回は○○(脚の使い方とか何とか)について、教えました。どれだけ出来るようになったか見せて下さい。では、タンゴから・・・」

タンゴ編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-01-28 23:36 | レッスン・S

ぬいぐるみ

スタンダードのレッスン帰りです。

今日のポイントはボディの動きとネックの関係でした。
頭の上にぬいぐるみを置いて、落とさないようにシャドーしてきました。

詳細は後日アップします。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-01-27 23:07 | レッスン・S

2010.1.10 at 富士学院

先日の練習ノートから。

競技会の1週間前、今年初めてにして、競技会まで最後の練習。(レッスンはスタンダードとラテンそれぞれ1回ずつ)
競技会の4種目に限定して、レッスンの復習と定着を目指して踊り込む。

練習のポイント
ワルツ
 ・フォーラウェイ他リバース系では上体で蓋、左足をしっかり前進しながら右サイドをアップ
 ・フォーラウェイで上がって下りて、ダブルリバースで上がって下りる(ヒールをしっかり着けて、ボディは緩めない)
 ↑♀中心に外回り、4歩目のヒールの向き
タンゴ
 ・ファイブステップの3歩目
 ・PPの1歩目
 ・フォーラウェイはライズ&フォール以外ワルツと同じ
ルンバ
 ・上を緩めず
 ・左右の横隔膜を交互にストレッチ
 ・指先まで意識
チャチャチャ
 ・一旦左に振ってからスタート
 ・前バランス
 ・4&を素早く
 ・アイコンタクト
 ・ロンデと菱形のランの後のルーティンを変えたところを定着

2時間前に練習場に入り、念入りにストレッチ・・・体がバキバキ言っている
スタンダードの基本エクササイズから。
ローテーション、アンダースロー、カウント1のポイズ、スクエア。
スタートのストレッチ、床を舐め、トゥを持ち上げるフットワーク
ワルツのルーティンをシャドー。3本目を集中的に。
続いてタンゴ。ウォークの前進、後退。ファイブステップ、クローズプロムナードの繰り返し。
ルーティンのシャドー。3,4本目を集中的に。
曲に合わせて4種目8曲踊って小休憩の後ラテン。

ルンバウォークとクカラチャアクション。8種のシャッセ。開いたポーズと閉じたポーズ。ボタフォゴ、ボルタ、ホィスク。
ルンバのベーシックとバリエーションのシャドー。あちこち、シェイプを変えたところを鏡でチェック。1歩1歩ボディの使い方を再確認。
チャチャのルーティンをシャドー。
ロンデしながら前進するところと、つづくウォーク&ロックが今イチ
↑アームを付けようとすると足が止まってしまいがち。・・・やばい・・・
定着目指して集中的に反復エクササイズ。何とか動けるようになった(様な気がする)ところで、曲に合わせてシャドー。・・・うーん、遅れてしまいがち・・・(正直危機感を感じました。)
↑考えないでも動けるようになるまで、ひたすら練習するぞー!

忘れないうちに、サンバのルーティンを復習がてら流す。

小休憩の後、アップの終わったパートナーさんと合わせる。
カウントでルンバから。
 ・ファンポジションに開くとき、アームのテンションが無くなりがち~しっかり意識

カウントでチャチャ
 ・スタートしっかりボディを閉じてから右に開くところを二人でしっかり合わせる
 ・ロンデとウォーク&ロックがスムーズに出来ず何度もやり直し
曲に合わせて踊りたかったけど、モタモタしているうちに2曲終わってしまった。

ルンバのスタートで♀が何もしない時間が長すぎるので、シャドーポジションからのスタートを止めて、暫定的に離れて向かい合ってスタートするようにしてみた。
↑次のレッスンで伺いを立てて決定する予定。

この後、曲に合わせてどんどん踊った。
ルンバ
 ・スイッチバック直前のカウント2、♀をしっかり送り出す
 ・互いに入れ替わるところ、1&で引いたのでは遅いので、1で引いて♀に前進の準備をさせる
 ・最後♂の立つ位置がずれすぎて、♀のアームが♂を直撃する
h「気にしないでそのまま続けて。」
パ「hiroさんにぶつかって私も崩れてしまうので、そのままは続けられません。」
h「じゃあ・・・」
 ・近いとぶつかって、離れると崩れるので、適当な位置に立つ(つもり)
 ・それでも失敗したときは、一旦離れて最初に戻す

チャチャ
 ・とにかくルーティンを間違えないこと
 ・出来るだけアームを意識すること
 ・ボディを緩めず使い続けること
 ・スリーステップターンの後、しゃがむ位置を♀の後から(アイコンタクトできるように)左斜め後ろに変更
 ↑♂のルートを♀の後ギリギリにしないと届かないので、ぶつからないようにしっかり踊り込み
 ・シャドーボタフォゴ風で2人の手のコネクションが切れやすいので、握りを変えた

ワルツ
 ・良い感じ~3本目がスムーズになって、踊っていて気持ち良い

タンゴ
 ・PPからのスタートで歩幅を広くしたら、全体のスピードが倍になったような気がする
 ↑3本目もスムーズになって、踊っていて気持ち良い
 ・プロムナードリンクの1歩目を同じようにスタートすると、♂が♀を追い抜いてしまい、スクエアで終われない
 ↑試行錯誤の結果、LODに面して終わり、次のスタートで下をしっかり使って中央斜めに進むことにした
 ・オーバースウェイでネックを落とさないこと

ベストとはとても言えないけど、年末年始を挟んだ割には良い出来だと自画自賛。
後はレッスンで修正していただいて、本番に臨むだけ。頑張るぞー!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-01-26 23:59 | 練習

2010.1.8 ルンバ編(その2)

先日のレッスンノートの続きから。

コ「hiroさんは・・・」
 ・普段肩幅に立っているので、弱々しく見える
 ・もっと歩幅を広くして立つと、力強く見える
 ・必ずしも片足バランスで立つ必要はないので、場合によって中間バランスで立つことを覚える(どこかでは中間→片足にウェイトを移動する)
 ↑ちょっと離れてみているパートナーさんも、歩幅を広げたhiroの立ち姿を見て頷いている

今まで、サポーティングフットの上に軸を作って立っていたので、1/2~1拍で移動できる歩幅=肩幅って決めていたけど・・・意識改革

ナチュラルオープニングアウトに戻る
 ・大きく開いて中央に立ち、左足にウェイトを移動しながら♀を送り出す
 ↑2人の間のスペースが活きる~その分左アームを伸ばすこと

シェークハンドに続くベーシックムーブメント
 ・1歩目(カウント4)の歩幅が広すぎるのは、ボディの切り返しをしていないから
 3& 左→右サイドを前に切り返し
 4  右足前進
3小節入れ替わりを繰り返した後、ナチュラルオープニングアウト
 4 左脚を大きく開きながら中間バランスで♀を送り出す
 1 左足にウェイトを移しながら、♀を引き寄せる
 2 中間バランスで♀を吊り下げる

1小節待って
 2で♀を送り出し、
交互に入れ替わりを繰り返した後のスリーステップターン3歩目、カウント1も大きく開いて中間バランス

更にダブルアームホールドでの入れ替わりも歩幅を広く

ここまでかなぁ?
あと言われたこと
 ・大きく開くと戻りもインサイドの筋力が要るので、しっかり使う
 ・背が低いと脚を開けない(更に低くなって見てもらえなくなる)
 ・背が高いと一杯開ける>力強く見える&二人の間隔が広くなって圧迫感が無くなる(=見た目がスッキリする)

コ「ようやくhiroさんのボディが動き出しましたね。下が奇麗なので、ボディをしっかり使って、指先まで神経使って踊ると良いですよ。」
h「はい!」

やるべき事がろくに出来てないって分かったので、これから一つ一つしっかりやっていきます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-01-25 23:28 | レッスン・L

2010.1.8 ルンバ編

先日のレッスンノートの続きから。

コ「では、ルンバに行きましょう!」
曲に合わせてルーティン1周ちょっとでstop

コ「プロムナードランズは良くなりましたよ。スイッチバックがやりづらそうですね。小技のところで苦手意識が出るのか・・・」

スイッチバック
 ・カウント4で♂出過ぎ
 ↑ボディの切り返しをしていないから>3&でボディを切り返してから、4で足だけを出してボディを進めない
 ・カウント2でボディそのまま左足だけ出して、♀にしっかり後退&ターンさせる
コ「手だけ先に出して♀を後退させてから、空いたスペースに前進するという手もあるんですが、コンペには間に合わないと思います。」
h「分かりました。最初のやり方でお願いします。」

先に進んで、ナチュラルオープニングアウトに続く入れ替えの後のピクチャーポーズでstop
コ「そこは・・・」
 ・♂後(逆LOD)側にシェイプしているのを♀側に修正
 ・そのままだと♀反っくり返ってしまうので、下に使う(しゃがんでも可)
 ・ここから♀を引き寄せるとき、ボディは左が前
 ・♀を回転させて、手を持ち帰るとき、右サイドを前
 ・♀を逆LODにやり過ごしながら、左サイドを前
 ・♀を反転させながら右サイドを前
 ・♀が回旋した後、右サイドを前に出してLODに前進させるリード
 ・♀が前進し始めたら左サイドを前
コ「hiroさん、ここで休んでいる暇無いですよ。」

続くベーシックムーブメント
 ・3&でボディの切り返し

♀と入れ替わった後
4 右サイド前→後に引いて♀に前進のリード
2 右足前進してホッキーステック風に♀をリバース回転させながら、自分はナチュラル回転
3 左足後退し、左サイドを後に引いて♀に前進のリード

コ「hiroさんは・・・」

その2に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-01-24 23:51 | レッスン・L

2010.1.8 チャチャチャ編(その2)

先日のレッスンノートの続きから。

コ「チャチャってどんなイメージを持っていますか?」
h「明るい軽快なイメージです。」
コ「そうですね。・・・」
 ・チャチャは♀中心の踊り
 ・娼婦のように♂を誘って、♂がのこのこ付いていくと、ぷいって去って、又寄ってくる
 ↑シャッセの部分はまさにこのイメージ

続く菱形のランでstop
コ「hiroさん、そこも・・・」
 ・2&まで♀を見続け
 ・3で逆にネックを切り、♀に見てもらう
 ・次の2&で逆にネックを切り、♀を見続ける

コ「もう一つ、チャチャの特徴にラインダンスというのがあって・・・」
 ・♂は♀を見続けながら、二人の間隔を一定に保つ

2ウォーク&スリーステップターンの後、しゃがんで立ち上がったところでstop
コ「hiroさん、そこ、どういうイメージで立ちましたか?」
h「ほとんどパソです。」
コ「そこは・・・」
 ・♀が前方でヒップを後に突き出している
 ・♂は恥骨を前に突き出すイメージ
 ↑表現は違った

以降を微修正
2 しゃがんで
3 左足を後退しながら、右脚をロンデ
4 右足を左足の後に交差して荷重
& 左足前進
1 右足をチェックして前進し、ボディを絞って一旦止まる
2 左足を前進し、ボディの絞りをほどいてリバース方向に回転開始
& 右足を左足に揃えて回転継続
3 回転終了後、左足を後退して、右足をロンデ
4 右足を左足の後に交差して荷重
& 左足を横に開いて、♀の後に立つ
1 右足を肩幅の位置に置く

ここからジャズダンス風のツイストアクション
 ・左膝を曲げてツイスト(2&3&4)
 ・&で右ヒールをお尻の方に持ち上げて
 ・1で右足を肩幅の位置に置く

続くシャドーボタフォゴ風で左アームを下ろそうとして、♀の頭を直撃
コ「hiroさんはアームを伸ばしすぎているので・・・」
 ・移動に時間がかかりすぎ
 ・アームを下ろすときにぶつかってしまうのはそのため
 ・肘を曲げたままで互いに入れ替わりながら移動する

他に言われたのは、
 ・上を見続けること
 ・アームは指の先まで意識し続けること

コ「では、ルンバに行きましょう!」

ルンバ編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-01-23 23:38 | レッスン・L

2010.1.8 チャチャチャ編

先日のレッスンノートから。

コ「明けましておめでとうございます。・・・」
h「明けましておめでとうございます。先生、来週の17日に競技会があります。」
パ「ルンバ、チャチャなので今日は両方を、チャチャからお願いします。」
コ「分かりました。どうします?曲を掛けるのは早いですか?」
h「大丈夫です。」
コ「分かりました。では、曲に合わせて・・・」

流れてきた曲はテンポを遅く設定して下さったのだけど、最初音が取れなくて、じっくり訊いてからスタートした。
1周ちょっとでstop

コ「今ので1分40秒くらいです。・・・」
 ・最初に何もしないで固まっている時間が長すぎる
 ・スタートのニューヨークで右に開く意識が強すぎるので、一旦左に乗せた後右に戻してから開く
 ↑自分ではやっているつもりなんだけど、外からは見えないらしい(後からビデオで確認したら、横の移動はあるけどボディの開閉は見えなかった)

最初からやり直し・・・7小節目の前進ロックでstop
 ・hiroのロンデ&バックチェックは後バランスで、♀を引っ張っている
 ・その後急に♀の手を離すので、♀が反っくり返ったまま後退している
 ・♀を引っ張るのは左の肩胛骨付近のみで、後は自力で立つ

h「それはオープンPPや(オープン)CPP全部に言えることですよね?」
コ「そうです。それから、hiroさん手が何もしないでだらんと垂れているので・・・」

模範を見せていただく。
 ・バックチェックで右アームを上に伸ばした後、上を通して横に伸ばしながら前進のロック
 ・続くウオークで同様に右アームを上に伸ばした後、上を通して横に伸ばしながら前進のロック
 ・右手を腰に添えながら、前進のダブルロック
↑これだけの動作がなかなか定着せず、何度も反復エクササイズ

スリーステップターンの後しゃがむところ、前(左)ウェイトで、後ろ足はトゥ立ちでポイント(持ち上げられるバランス)

コ「この後のシャッセはどっちにアピールしますか?」
パ「前に・・・」
h「僕も正面(壁)にアピールします。」

コ「ここは・・・」
 ・スリーステップターンの直後はLOD
 ・続くシャッセは、♂逆LOD(=♀)、♀LOD(=♂)を見る~互いに見つめ合う
 ・更に続く前進ロックで進行方向(逆壁斜め)~見つめ合った状態から広く
コーチャーの見本は、左手腰に添えて、右アームを内回りで横に伸ばしていた(動作が逆だった)

コ「チャチャってどんなイメージを持っていますか?」

その2に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-01-22 23:55 | レッスン・L