<   2009年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

久しぶりに・・・

今ワルツのレッスン帰りです。
今日のポイントは足首を柔らかく使うこと。
12年前にダンスを始めて習ったときに言われたことです。
今まで何やってきたんだろう・・・ちょっとへこみました。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-04-24 23:58 | レッスン・S

2009.4.12 at 富士学院

先日の練習ノートから。

春眠暁を覚えず。2時間寝坊して・・・急いで練習場に向かう電車の中でイメトレ。
チャチャのルーティン。
前半の21小節と先日習った後半の21小節。
ここ数日、ブログも更新しないで確認したレッスンビデオを持参。
今日中に音に合わせて踊れるようにしたいなぁ。
スタンダード
クイック
 ・スローとクイックをしっかり踊り分ける
ワルツ
 ・バックロックの進行方向
 ・レフトホィスクのきっかけ
 ・コントラチェックは土台をしっかり固定し、下→上→下→上の揺らぎをイメージし、続くシャッセまでを一連の動きとして切らない

着替えて軽くストレッチの後、ラテンの基礎エクササイズ
 ルンバウォーク、クカラチャ、8種のシャッセ

体がほぐれたところでチャチャのルーティン確認。
イメージのようにはスムーズにいかず、ブツ切れで考えないと体が動かない・・・
アップの終わったパートナーさんとチャチャのルーティン確認。
流れてきた曲に合わせてルンバのベーシックとパソのバリエーションを1曲ずつ続けて踊る。
パソはタラララー!の前の4小節でもたついてしまい、第2ハイライトを決められず。

カウントでチャチャの練習
 ・組始め、♂左足加重で右脚を伸ばした状態で、右手をシャープに上げる
 ・26小節目の終わり、次のウォークの準備(体重移動=リード)
  ↑27小節目のカウント2と4、右足前進は♀が後退しづらいので、オンカウントでウェイトを移動する
 ・27小節目のカウント1でランジライン(4&でR-Rホールド)
 ・28小節目のカウント1で互いに正対してシェイクハンド
 ・29小節目から2拍で絞ってほどきながら1/4ずつ回転して互いに正対した位置をキープ(難しい)
 ↑最後のカウント4で♀が向いている方向が最後に正面となる(♂が合わせる)
 ・レッスンでは5/4回転していたけど、実際にやってみると3/4回転しかできない~もっと内回りにしないと回転量が上がらない???
 ・31小節目、カウント2では♀は回転中なので、右手はカウント1でしっかり受け止めたらさっさと離す。(カウント1で前回から修正)
 ↑カウント2で右足を床に着けたら、そのまま左足を抜いて前にトゥでポイント(ここをクリアにしたい)
 ・33小節目、カウント3でR-Rアームをコンタクト
 ↑次のカウント4でシャドーポジションになる位置関係がはっきりして踊りやすくなった。
 ・37小節目~直前のシャッセの3歩で開いた2人の位置関係をキープ
 ↑終わったときの位置関係がバラバラ。~♀の左横に位置できないと次が遅れるので、しっかり練習!
 ・40小節目テレマーク&テレスピンのスタートがクリアに出来ると遅れず、♀の進路を邪魔しない~コンスタントに出来るようにひたすら練習あるのみ!
 ↑カウント1の右足は、次のニューヨークで二人の間隔を確保できる位置に着くこと

音に合わせて踊ってみたけど、27小節目で遅れてしまい、その後バラバラ・・・
まだ雑に踊ってもしょうがないので、3曲分カウントで踊り込み。

ルンバ
 ・だいぶ踊り慣れてきた。
 ・最後の5小節を見直して、正面を変えずに踊れるようにして貰おう!

パソ
 ・ようやく曲に合わせて最後まで踊ることが出来た
 ・次からもっと一つ一つ丁寧に踊れるように心掛けよう!

もう1回練習したら、ラテンのレッスンなので、それまでには曲に合わせて間違えずに踊れるようにしよう!

スタンダード
カウントでクイックから
 ・クイックオープンリバースの前半の♂前進、ボディをしっかり運んでswing
 ・ティプシーのビートバリュー
 ・スタートでちぐはぐになりやすいので、1-2左、3右、4左(予備歩)でスタートに固定

ワルツ
 ・バックロックを中央斜めに後退
 ・そのまま♀を前進させる(フェザーフィニッシュ風)
 ・コントラチェック~土台をしっかり、下と上の揺らぎを意識、上を戻すまでを一連の動作

曲に合わせて4種目8曲踊る
 ・練習途中だったコントラチェックは今イチ
 ・タンゴは良い感じ
 ・スローも良い感じ
 ・途中で乱れて口カウントを入れたんだけど、逆にずれて足を引っ張ってしまった・・・(恥)

カウントでコントラチェックを練習
 ・レッスンの時のようにはいかないが、まとまって踊りやすくなったと実感
 ・戻る意識を忘れないように心掛けると、下と上の揺らぎを少しだけ感じることが出来た

気をよくして、第3LODの戻ってナチュラル系の運動に繋げるコントラチェックもやってみるが・・・
 ・ちょっとの違いを踊り分けるのが難しい。
 ・繰り返しているうちに結構良い感じ
 ↑けどこっちは、ダブルリバーススピンで崩れちゃうとNG

気持ちよく練習を終える。
ワルツの第2LODをスムーズに踊れるようにして、第3LODを質問できるようにしよう!
クイックも曲に合わせて気持ちよく踊れるようにしっかり練習しよう!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-04-23 23:36 | 練習

2009.4.10 ワルツ編


先日のレッスンノートの続きから。

h「ワルツをお願いします。」
コ「分かりました。」
パ「フォーラウェイリバースのライズ&フォールが分からないんですが・・・」
コ「分かりました。自分の分からないところがどこかを理解することは大事です。
そこだけやりますか?」
h「最初からお願いします。」

ワルツを全然合わせていなかったので、そこだけ急にやる自信が無くて最初からお願いしたのが、過ちの始まりでした。

曲に合わせて1周踊ってstop
コ「途中で私が笑ったの分かったかしら?」
h「はい。(第2LODの)コントラチェックで詰まったときに笑われたのは分かりました。」

コ「ワルツとタンゴのコントラチェックって、どう踊り分けているかしら?
タンゴのコントラチェックを踊って見せて!」
オープンプロムナード、アウトサイドスウィブルからコントラチェックを踊ってみせる。
コ「タンゴのコントラチェックは良いわよ。
ワルツはタンゴみたいに見えるけど、どんなイメージで踊っているのかしら?」
h「脚が緩んで、抱えている花束を前に差し出すとパッて花咲いて広がるイメージです。」

コ「そのためには・・・」
 ・下から緩んで、左足前進のチェック
 ・この時、左腰が前~右腰を前に出さない(♀も同様)
 ・ここで土台を決めたら、戻すまで変えない
 ・ここから背骨を曲げずに、右サイド前のローテーションと、左サイド上のストレッチ

鏡の前に移動して、横に脚を開いた中間バランスからローテーションとサイドストレッチのエクササイズ
 ・ローテーションは背骨を曲げない
 ・土台はそのままで肩を前後に動かす=腰から肩までがストレッチ
 ↑肩を回さないって言われたような、言われてないような?
 ・サイドストレッチ、一方の体側を上にしっかりストレッチ
 ↑逆を折らないって言われたような、言われてないような?
 ・背骨の1本1本を上にストレッチ=ボディを落とさない
 ↑肩胛骨の下部を巻き込み(表現は違った)、胸を上に向ける
 ・ワルツの柔らかさを表現するためには、戻すまでを一連のイメージとする
 ↑下を開いてから上を開き、下を戻してから上が付いてきて、次のswingに繋げる揺らぎが大事~1本の棒を傾けてから立てるのではNG

h「今まで上から戻そうとしていたので・・・」
コ「じゃあ、その(新しい)イメージで踊って見せて下さい。」
下手なりにやろうとしているところは評価して下さったようで、先に進む。

コ「じゃあ、その前のバックロックからやって見せて。」
そろそろ終わりの時間が気になって、パートナーさんが所望のフォーラウェイについて教えていただきたくてそわそわしてきました。弘子先生、言い出したら聞かないので、「よし、一発で決めてやるぞ!」と踊ったところ・・・

コ「hiroさん、そこは・・・」
 ・バックロックで♀前進からレフトホィスクに入りにくい
 ↑♂が真っ直ぐ後退しているので、♀が急に曲がれない(とか何とか)
 ・(その前に)ナチュラルスピンターンの6で一旦中間バランスを取ってから、この足の上でナチュラル系のアクションを起こす。(表現は違った)

h「先生、次のバックロックは中央斜めに後退ですか?」
ちょっと前のレッスンで逆中央斜めに直された記憶があったので、質問したところ、
別にこだわらなくて良いとの回答をいただく。続けて
 ・左足の上でローテーションして右サイドを後に絞って後退準備させる
 ↑(これって、中央斜めに後退だよなぁ~)

バックロック
 ・カウント1、左足をしっかり使って右足後退(前バランス)
 ↑後に反っくり返ってるって言われたような?
 ・1&の左脚を使って、2の右足を真っ直ぐ後退させながらリバース方向の運動開始(フェザーフィニッシュのイメージ)
 ・♀が前進してレフトホィスクに繋げる

コ「では、私がhiroさんと組んで最初から踊ります。パートナーさん、よく見ておいて・・・」
 ・前半は自分ではまあまあの出来
 ・第2LODのコントラチェックもまあ、習ったことが半分は出来たかな?
 ・フォーラウェイは今イチで、コーチャーに助けて貰いながら踊った
 ・ダブルリバースピン&コントラチェックからリバース方向に変えて、Xライン、ツイストターン、スピンと続くパートはNG
 ↑コントラチェックに入るところでリードが通じず、やり直した。<次はここを直していただきたいなぁ~(当分先なので、忘れないようにしよう!)

コーチャーの妥協の上に成り立った仮合格

パ「先生、胸が開くようにするにはどうすればいいのですか?」
コ「毎日酢でも飲む?(笑)・・・」
 ・背骨を1本1本伸ばすようにする
 ・首の動きも大事なので、左右をしっかり向けて可動域を広げる
 あと何だっけなぁ・・・フォーラウェイが気になって、記憶無し。

h「先生、最後にフォーラウェイのライズ&フォールだけ教えて下さい。」
コ「前にも教えたんだけど、ロアするとき弛めないで・・・」
h「♂と♀は一緒ですか?」
コ「パートナーさん、ちょっと踊ってみましょう。・・・ボディを弛めないで・・・時間がないので、次のレッスンでやりましょう。」

以前も同じようなことがあって、一番聞きたいことは最初って決めていたのに・・・
次から気を付けます。

時間が遅かったので、お互い自分の復習だけやって帰路につく。
週末はしっかり踊り込もう!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-04-21 23:35 | レッスン・S

2009.4.10 クイック編


先日のレッスンノートから。

ようやくカップルでスタンダードのレッスンを受けられました。

着替えてアップの後、二人で合わせる。
フロアが混んでいるので、ルーティンをブツ切れにして、パート毎に合わせていく。
前組のレッスンが終わって空いたフロアでようやく通して踊る。
前回の練習並に踊れることを確認して小休憩の後、レッスン開始。

コ「では、始めましょう!練習してきましたか?」
h「はい!」
コ「ルーティン、踊れるようになりましたか?」
h「はい!」
コ「曲に合わせて踊れますか?」
h「はい。大丈夫です。」
コ「では、踊って見せて下さい。」

曲に合わせて2周とLOD3本でstop
コ「途中危ういところがあったけど、何とか持ち直して踊れましたね。
今ので1分半です。hiroさん、・・・」
 ・ティプシーで焦りすぎ>スローの音が見えない
 ↑特にフォワードロック&ティプシートゥレフトはスローが2つ続くので、二つ目のスローの脚をしっかり使ってボディを運ぶ
 ・クイックオープンリバースの2Sの脚とボディをしっかり使ってサイドをswing
反復エクササイズ

今までの音の取り方
ティプシートゥライト、フォワードロック&ティプシートゥレフト、バックロック、ランニングフィニッシュ)
パ、パ、パン、パン、パン、パン(=ス)(ろー)、スロー、パ、パ、パン、パン、パン、パン(=ス)(ろー)、クイック、クイック、スロー
新しい音の取り方
パ、パ、パン、パン、パン、スロー、スロー、パ、パ、パン、パン、パン、スロー、クイック、クイック、スロー

コ「hiroさん、音感には自信があるでしょう!」
h「はい。」
コ「それなのに音に合わせられないのは、技術がないっていうことかしら?」
h「はい。ティプシー踊り慣れていないことと、このカウントを使うのが初めてで焦ってました。
先生に言われて2つ目のSを意識しただけで、ティプシートゥレフトのスピードが上がったって実感しています。」

コ「前にも言ったけど、焦ると力が入って固くなるから余計遅くなるのよ。それから・・・」
 ・必死に踊っているとチェックが入らない
 ・余裕を持って踊れるようにしっかり踊り込むこと
h&パ「はい!」

コ「ところでパートナーさん、しばらくクイックのレッスンを受けてないから・・・
 ・今日はもっと踊れないと思っていたのに、予想以上に良く踊れていた
 ・前回(♂個人)と前々回(カップルで初めてのクイック)のレッスン時とは比べようもないくらい上達した(とか何とか)
h「それは僕が前回のレッスンで習ったことを効果的に伝えたって事ですよね。」
コ「そういう言い方もあるわね。hiroさん、大したものよ。後は自分網膜踊れるように・・・」
h「はい。(しょぼん)」

コ「クイックはいつから競技会で使うのかしら?」
h「未定です。後期の競技会になると思います。5月にはまたタンゴ&スローのベーシック戦があるので、クイックはこれでしばらくお休みして次のレッスンからはまたタンゴとスローのレッスンを・・・」
コ「じゃあ、クイックは2人で十分練習できるけど、今日はこれからどうしましょうか?」
h「スローを!」
パ「ワルツを!・・・3辺目がよく分からなくて・・・」
h「ワルツをお願いします。」
コ「分かりました。」

ワルツ編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-04-20 23:15 | レッスン・S

2009.4.8 at 富士学院

今日は一日死んだように寝てしまいました。

さて、先日の練習ノートから。

踊り込むのは久しぶり。
軽くストレッチしてからラテンの基礎エクササイズ。
ルンバウォーク、クカラチャアクション、8種のシャッセ、開いたポーズと閉じたポーズ、ボルタ、ボタフォゴ、ホィスク。

体がほぐれたところで先日習ったチャチャのルーティンの練習。
頭で分かったつもりでも実際にシャドーしてみるとあやふやなところがいっぱい。
ノートを見ながら再確認。ところが・・・
前回のレッスンの後、電車の中でムービーを見ながらせっせと記したダンス日記だけど、残念なことに音は確認できないので、カウントがあやふや・・・
後からパートナーさんと合わせて確認しよう!

アップの終わったパートナーさんと曲に合わせてルンバのベーシック、バリエーション、パソのバリエーションを1曲ずつ続けて踊る。
ちょっとさぼってしまうと、お腹を引っ込めて、コンタクトを意識するのが精一杯。(汗)
自分のフットワーク、ボディムーブメント、アームワークはおろか、二人の位置関係も意識が行き届かず・・・
意識しないでも出来るように、しっかり練習し続けようと自戒しました。

ルンバ
 ・♀キックの後シャドーポジションになる33小節目で立つ位置NG(離れすぎ)
 ・この後のポーズが音より早かったかなぁ?優雅に大きく出来ず

パソ
 ・プレハイライトの後9小節目、グランドサークルから♀をスパイラルさせる辺りで音を外す
 ・シャッセケープで帳尻を合わせるも、第1ハイライトに入る直前の3拍が今イチ
 ・第1ハイライトの後9小節目、腕を組んで円を描くようにウォークするところで又音を外して、
 ・続く13小節目、タラララーのところで他の組とぶつかってしまい、第2ハイライトは2人の入れ替わり無しでアームを上げただけ
 ↑1次予選落ちした時と同じ(恥)

まだまだ踊り込みが必要です。

チャチャ
 ・24小節目、肩を揺らす1小節を忘れがち(カウント1で♀の右手を取るのも忘れがち)
 ・25小節目~、ボタフォゴ風のアクションは音が早いので歩幅を狭く!
 ・26小節目、クローズフェンシングポジションでのヒップツイストがあやふや
 ・27小節目、ジグザグとランジラインのカウントが曖昧
 ・28小節目~、シェークハンドでのカウントが曖昧
 ・31小節目、カウント2で♀を反転させるとき、♂右手の支えが必要なので、それまで残して先に行かない(独りよがりな男ってよく反省します)
 ・同じく、カウント3で互いに背面したままポーズを揃える~次のツィストシャッセのために焦ってしまい、ここをおろそかにしない
 ・33小節目、カウント1でシャドーポジションになるまでが曖昧
 ・35小節目~、2小節で1回転?>回転量が曖昧
 ・37小節目~、今までも使っていたフィガーなので、出だしで遅れず、歩幅を狭くして音をクリアに!
 ↑最後は♀の近くに立つのを忘れない
 ・39小節目、出だしで♀左手を掴んでチェックするのを忘れがち
 ・同じく、カウント4で♀リバース方向に回転の準備をさせるリード
 ・40小節目、カウント3の頭までにしっかり1回転して、♀の進路を塞がない
 ・同、後半の2拍で♀を回転しながら移動させる方向はLOD(壁側に誘導しない)
 ・41小節目、♀がニューヨークに出遅れても、しっかり合わせる
 ・42小節目、サイドにウェイトを移動させる1小節を忘れがち

こうしてまとめてみると、全然分かってなかったって実感
週末の練習までにレッスンのビデオを確認して、曖昧な部分をクリアにして臨もう!

ためしに曖昧なままで曲に合わせてみるも、ついていけずばたばた。
雑に流しても意味がないので、ゆっくり丁寧にすることにして、スタンダード。

アンダースローのswingとカウント1のポイズを確認して、ワルツ、スロー、タンゴのシャドーの後、曲に合わせてワルツのバリエーション。
 ・久しぶりのせいか、最初はちぐはぐ(というか、ゴツゴツ)
 ↑右手と自分の背骨の位置関係を意識するのを忘れて、♀を引き寄せていた
 ・2曲目はhiro的にはまあまあ(パートナーさんは不満だったみたい)

タンゴは、結構気持ちよく踊れたので、1曲で止めて、1曲分休憩。

スロー
 ・気持ちよく踊れた
 ・フレームが崩れにくく、ウェイトがスムーズに通過するようになってきたような気がする
 ・これで何故ワルツは今イチなんだろう?>多分最初だったからさ!って流してしまった。

クイック
 ・ホバーコルテ、ティプシートゥライト、フォワードロック、ティプシートゥレフト、バックロックのパートが今イチ
 ↑フレームがいびつに崩れてしまい、踊り難い???
 ・ランニングライトターンの4Sで、音より早くなってしまう(らしい)~自覚無し

カウントでゆっくり練習を続ける
試行錯誤の結果、ホバーコルテの2Sで、♀を左に先行させるとその後がスムーズになることを(大)発見!
↑フレームが崩れず、踊っていて気持ち良い!!

定着するまで反復エクササイズ

ランニングライトターンで早くならないように気を付けて、ルーティンを通して踊ってみる。
ようやくスムーズに踊れるようになった。
おかげで踊っていると軽快な気持ちになってくる。

時間の関係で、曲には合わせずに帰路につく。

次のレッスンが楽しみです。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-04-19 23:30 | 練習

2009.4.6 チャチャチャ編

昨日はラテンのレッスン日。
明日は都合で練習中止のため、今日に振り替えました。
二日続けてのダンスは結構きつかったです。
体力の衰えを感じちゃいました。

さて、先日のレッスンノートから。
ようやく今月になりました。早く追いつきたいものです。

前回の練習から中4日。一緒に踊るのが久しぶりなので早めのスタジオ入りを目指すも出遅れて・・・到着したのは10分前。
急いで着替えて股割りだけやってからパートナーさんとルーティンを合わせる。
 ・4小節目、ニューヨークの後のランジラインで♀と一緒にチェックしてNG
 ・1小節目、♂チェックの後の入れ替わりで右アームを上げようとしてNG
 ・16小節目からのラン?で方向を間違えてしまう
その後はバタバタと流してムービーをセットしたところでレッスン開始。

コ「それでは、よろしくお願いします。」
h&パ「よろしくお願いします。」
コ「チャチャチャの続きですね。」
h「はい。この前習った21小節はバタバタですが、何とか覚えてきました。」
コ「それでは、見せて下さい。」
カウントで踊る。
直前に間違えたところは全部間違えた。
ラン?の後のウォーク&スリーステップターンも忘れて出遅れる。
おかげで続くポーズ&ジャンプも遅れてしまい、続く2小節もメタメタ。
最後の1小節で帳尻を合わせる。(大汗)
コ(苦笑しながら)「じゃあ続きから行きましょう!・・・」

試行錯誤の結果、ルーティン完成!
30小節強かと思っていたけど、今回21小節と合わせて42小節の大作となった。

終わって直ぐ練習したけど、あちこちでカウント、左右の足、回転の方向があやふや・・・
後はビデオ頼み。しっかり覚えて次のレッスンに臨みたい。
格好良く踊るには時間がかかりそうです。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-04-18 23:16 | レッスン・L

2009.3.29 at 富士学院

先日の練習ノートから。

2時間前に練習場へ。
久しぶりに時間をかけてストレッチ。体中がバキバキいっている。

スタンダードの基礎エクササイズから。
アンダースロー、カウント1のポイズ、ワルツのスクエア、タンゴのウォーク&リンク、クローズプロムナード、バックリンク、フェザーステップとスリーステップの前進後退を反復エクササイズ
続いて、クイックのルーティン確認。
 ・膝を前に使って、軽快に動けるように努力
曲に合わせてワルツ、タンゴ、スロー、クイックを2曲ずつ続けて踊る。
後は、カップルで合わせて微調整!

小休憩の後、ラテン。
ルンバウォーク、クカラチャ、8種のシャッセ、開いたポーズと閉じたポーズ、ボルタ、ボタフォゴ、ホィスクの反復エクササイズ。
続いて、チャチャのルーティン確認。
うろ覚えの部分をノートで確認しながら、一つ一つイメージをボディと繋げていく。

アップを終えたパートナーさんとカウントでチャチャを合わせる。
お互い曖昧なところを補い合って、何とか形になっていく。
ためしに曲に合わせて踊ってみると・・・踊っていてスゲー楽しい!
それに、踊り慣れていないけど、ごまかしが利いちゃう。
これは、何とかなりそう!

曲に合わせて、ルンバのベーシック、バリエーション、パソのバリエーションを1曲ずつ続けて踊る。
久しぶりに合わせたら、位置関係についてぽかミスを頻発・・・
意識を途切れるとまだ出来ないレベルって自覚。
パソは後半音を外してしまった。まだまだ踊り込み不足。

スタンダード。
曲に合わせてワルツ、タンゴ、スローを続けて踊る。
課題はあるけど、クイックに重点。
カウントで合わせながら、曖昧なところをはっきりさせて、反復エクササイズの後、曲に合わせて踊る。

もう一度クイックのレッスンを受けてから、E級戦に向けて、タンゴ&スローのレッスンを再開しよう!

ホバーコルテやティプシーで2人のコンタクトがずれなくなるまでしっかり練習して、早く格好いいやつを習えるようにしたいなぁ~!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-04-16 22:56 | 練習

2009.3.27 クイック編(その2)

先日のレッスンノートの続きから。

コ「hiroさんは・・・」
 ・膝が伸びすぎ
 ・ライズは上に上がらず、中腰のまま前に使うので結果としてヒールが上がる
 ・ボディを浮かせず、バスケットのイメージで軽快に動く
 ・スポーツカーも車高が低いので、スピーディに移動する

コ「先に続けて!」
h「ここまでしか・・・」
コ「そこは・・・」
 ・ティプシーtoライト、フォワードロックで新LODの壁斜めに前進
 ↑コーナーに前進も可って書いてあるんだけど・・・意味不明???
 ・フォワードロックのスローでボディをしっかり運んだ後、Q&Q(ティプシーtoレフト)に繋げる
 ・ランニングフィニッシュの後、コーナーか新LODにナチュラルスピンターン(上のコーナーって、ここのことか?)
 ・続いて、V6、フォワードロック、ナチュラルスピンターン
 ・新LODランニングライトターン、ランニングフィニッシュから最初に繋げる

不器用なため、何度もダメだし・・・そのうち、ようやく最後まで繋がる
他に4組くらいいて、気にすると崩れる
間を上手く抜けて周りが開けるとまあまあ・・・

 ・フォワードロックは上体左斜め前
 ・ティプシートゥレフトも同様
 ・バックロックも同様だったような?

コ「hiroさん、・・・」
 ・フォワードロックの後のティプシートゥライトで音が曖昧になりやすい。
コ「その後元に戻しているのは評価できます。が、出来たら最初から音を外さないで・・・」

最後にようやく仮合格?
コ「今日は久しぶりに良くできたわね!・・・
hiroさん達が競技会でクイックを踊れるのはいつになるかしら?」
h「タンゴ・スローのベーシック戦に勝ち上がれば、すぐに・・・」
コ「競技会で直ぐに使おうとしてバタバタと音を外しているカップルをよく見るわ。」
h「以前JDSFの2級戦くらいでクイックに出たことが有ります。
ナチュラルスピンターンとV6ランニングフィニッシュくらいを外さずに大きく踊ったら結構評価が高かったです。
難しいことやって音を外しているカップルが多いんだろうなぁ~って、思いました。」
コ「今のルーティンは簡単だけど、動きを見せられるので踊り慣れたら○○や○○を追加していきましょう!」
h「よろしくお願いします。」

今度こそ、週末はしっかり練習するぞー!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-04-14 21:49 | レッスン・S

一山越えて・・・

ようやく多忙な山を一つ越えました。
また、ブログ再開です。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-04-13 22:57 | その他

2009.3.27 クイック編(その1)

今日は僕の都合で練習をお休みしました。
体がどんどんなまってくるのが自覚できます。(汗)

さて、先日のレッスンノートから。

都合により、hiroが個人レッスンを受けてきました。
前回のレッスンからシャドーのみで一度も合わせることなく、レッスンを受けることになってしまいました。ちょっと残念です。

スタジオに向かう電車の中でイメトレ。
クイックオープンリバースに続けて、ホバーコルテ、ティプシーtoライト、フォワードロック2~4、ティプシーtoレフト、バックロック2~4、ランニングフィニッシュのパート。
 ・音に遅れず、スムーズに踊る~そのためには、足は頭の下!
 ・ホバーコルテの右スウェイを忘れない(前回のシャドーでは意識が抜けていた)

早めにスタジオ入りしてアンダースローとカウント1のポイズを確認した後、みっちりシャドー

小休止の後、レッスン開始。
h「今日は個人でお願いします。」
コ「分かりました。調子はどうですか?」
h「お互いのスケジュールが合わなくて、前回のレッスンの後はシャドーしかできませんでした。」
コ「曲に合わせて踊れますか?」
h「自分でシャドーしていてよちよち歩きのようで・・・」
コ「まずシャドーして見せて下さい。」
最初のナチュラルターンでstop

コ「hiroさん~、音が流れていなくてもシャドーを見ただけでクイックって分かるように踊って下さい!
ワルツとクイックのナチュラルターンの違いは何ですか?」
h「ライズ&フォールのタイミングが・・・」
コ「何それ?ライズ&フォールが違うって言えばいいのよ!!
知っている言葉を並べれば良いと思っているんじゃないの?実は分かってないって・・・」
 ・クイックは最初の1歩でライズ完了するが、ワルツは継続
 ・クイックは1歩目の脚を使って直ぐに引き寄せるが、ワルツは脚を残す

先に進んでクイックオープンリバース
 ・3Qで一旦止める(表現は違った)

ホバーコルテでNG
やるべき事を理解していなかったため、何度も反復エクササイズ
1S 左脚をしっかり使って(左ヒールで床をプレスして)、右足後退(右ヒールを外側に向ける)
2S 右脚を使って左サイドを持ち上げてから、リバース方向に1/2回転
3S 左足を残して右足ロアー~左足を先に出さない
  ・ウェイトは右足を通過させる~右脚を固めて上体を止めない
4S ウェイトが右足を通過してから左足を壁斜めに後退

覚えが悪い買ったので、片手で掴めるサイズのゴムボールを2個、両手に持ってswingのエクササイズ
1 左手のボールを前から下を通して後(回転後左)に振り上げる
2 右手のボールを横から下を通して左(回転後右)に振り上げる
3 右手のボールを右斜め前から真上を通して右斜め横へ(上をキープ)
 ・ネックも右斜め前上方をキープ
 ・このカウントでボディが♀に近づくと音から遅れてしまうので、先行して後退

ティプシーtoライト
 ・上体先行して横(壁斜め)にシャッセ
 ・ボディは右スウェイ
 ・音のイメージはパ・パ・パン
フォワードロック
 ・壁斜めまたは新LODの壁斜めに前進
 ・音のイメージはパン・パン・パン

コ「hiroさんは・・・」

その2に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-04-05 23:34 | レッスン・S