<   2009年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2009.3.15 at 横浜文化体育館

先日の競技会ノートから。

JBDFのラテンD級戦に初参戦でした。

会場に向かう電車の中でイメトレ。
事前にwebで確認したところ、エントリー数81組で3次予選まで。
ルンバ
 ・とにかく2人の位置関係。
 ↑♀に対して自分の立つ位置、♀と繋いだ手の位置
 ・後は基本
 ↑擦って伸ばすフットワーク、胸を突き出す絞り、アームを止めずに大きく動かす
急ごしらえのパソ
 ・間違えずに堂々と踊りたい
 ・カウントをしっかり頭の中で刻み続ける
 ・肘を張って、胸を突き出して
 ・ウェイトを床にしっかり入れる
今日はこれだけ!

何回踊れるか、楽しみ。
2種目とも競技会で使うのは初めてだけど、最低でも3回、出来たら4回踊るのが目標!

順調に会場について・・・なかなか開場してくれず、door openが8:20だったかなぁ?
吹きっさらしの中で結構待ちました。
初めての会場だったので先行する人達に付いて行ったらプロの控え室と隣接している競技フロアの裏手にたどり着いた。
(後から見たら観客席側に陣取っているカップルが一杯いて、そっちの方が明るいし、暖かかった。次はあっちにしよう!)

着替えて、受付を済ませ、アップを終えたら練習時間も終了。
初めての会場なのに、フロアの確認が出来なかった(不覚)

1次予選。78組中42組up。6ヒート中6ヒート目。
ルンバ
 ・中央付近で3方にいるジャッジに背中を向けて立つ。
 ・25小節目でフェンシング風のポーズを決めるまでは順調。続くポーズで♀とずれていることに気づく。
 ・26小節目のカウント1で♂が振り返って♀と向かい合うとき、僕が音を外しているって自覚(大汗)
 ・元に戻すのに更に2小節掛かってしまい、合わせて3小節ほど見苦しい踊りをしてしまった・・・ショック!>未だに原因不明です。

一旦退場して、パソ
 ・手前(第4LOD)の中央付近から第1コーナーをめがけて立つ
 ・スタート直後の3小節で他のカップルが後退中のパートナーさんの進路を塞いだため、ぶつかってしまう
 ・そのまま踊り続けるhiroにパートナーさんが追いつく
 ・プレハイライト直前のテレマークは今イチ(緩い)
 ・いつもまごつくプレハイライトの後の5小節目、CP→PPへのポジションチェンジは今回もまごついてしまった。(イメトレが活きてない)
 ・第1ハイライト前の3拍もスムーズとは言い難く
 ・前日修正した第1ハイライトの後の2小節目と4小節目は・・・ぐずぐずっていうイメージ
 ↑このあと、進路を上手く取れなかった
 ・パパーンから第2ハイライトまでも音に遅れて、最後はhiroが間違える

メタメタっていう感じ。最初でチェック入ってると良いなぁ~
次は間違えないように気合い入れて頑張るぞー!

結果 78組中53組通過。仕切り点8。
CP ○× ○× ×× ×× ○× ×× ×○ ○× ○○ 計7点
げげー!1点足りないよ~

へこんで下向いてさっさと帰路につきました。
ちょっと舐めていたかなぁ・・・

次は言い訳できないようにしっかりリベンジします。
ルーティンを4種目(あと2種目)作って、しっかり踊り込んで、後期に臨むぞー!

競技会からもう半月経過してしまったけど、この気持ちは決して忘れません。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-03-31 23:39 | 過去の競技会

2009.3.14 富士学院

先日の練習ノートから。
あまりにパソの出来が悪いので、競技会前日に急遽練習することにしました。
練習場に向かう電車の中でイメトレ。
ルンバ
 ・6小節目で二人の位置が重なって♀の進路を妨害していまいがち
  ↑4小節目の立ち位置をしっかり意識!
 ・8小節目で♀の右手を♂左→右手に持ち替えるとき、スムーズに!
 ・10小節目で2人が重なってしゃがむ時のボディのカーブをしっかり意識!
  ↑しゃがまず後に突き出すカーブから背骨を下から1本ずつ伸ばしていくイメージ
 ・25小節目で2人が向き合うとき、絞ってほどいてクカラチャのアクションを素早く丁寧に!
 ・終わりの4小節で二人の位置関係をしっかり意識!

パソ
 ・プレハイライト直前のテレマークを格好良く(=キャッチ、ターン、シェイプをはっきり&スムーズに!)
 ・スパニッシュラインで♀に背中を見せない(=ボディを絞って肩口から♀を見る)
 ・プレハイライトの後5小節目、クローズ→PPのポジションチェンジは音をはっきり!
 ・第1ハイライトの後のウォーク、バウンスしないで、後ろ脚をしっかり伸ばす
 ・同じく4小節目、5~10をはっきり見せる
 ・同じく11小節目から第2ハイライトまでの一連の流れで音に遅れない(今まで出来たためし無し)
 ・後はしっかりフレームをキープ!

都合で1時間遅れて練習場に入る。
軽くストレッチしてパートナーさんと打ち合わせ。
 ・プレハイライトの後の2小節目、♀の回転量を2→1/2に減らして余裕を持って音に合わせて3小節目のスタートをクリアにする
 ・4小節目をクリアにするため試行錯誤

曲に合わせてルンバのベーシックとパリエーションを1曲ずつ踊る。
 ・ろくにアップしていなかったけど、トーンに注意してベーシック
 ・二人の位置関係に注意してバリエーション
直ぐにパソ・・・間違えてメタメタ(汗)

直ぐに3階に行って微調整の後ルンバとパソを2曲ずつ踊る。
パソはまだ間違えてしまい、最後までたどり着かず・・・
 ・イメトレしていたプレハイライトの後5小節目、クローズ→PPのポジションチェンジでもたもたしてしまい、その後がバタバタになっている
 ・直前に調整した4小節目もクリアにならず・・・
 ・5~6小節目のツイストもコーナーでやるときとLOD途中でやるときで回転量を変えようとするも、上手く行かず・・・
  ↑試行錯誤の結果、コーナーと同様に行い、中央に入り込んでそのまま続け、7~8小節目のスリーステップターンで♂の立つ位置を微調整して元に戻すことにした。
 ・イメトレしていた11小節目から第2ハイライトまでの一連の流れも曲のスピードに付いていけず・・・

またまた1階に下りて、ルンバ×2&パソ×1を曲に合わせて踊る
ルンバ
 ・ベーシックからのコントラチェック風で右足を踏み込む方向に注意
 ↑外側に開くと♀の左足を蹴ってしまう>互いの内腿を感じる位置をしっかりキープ!

パソ
最後は何とか曲に合わせて踊りきった。(初めて)

明日はエスパーニャ・カーニ掛かるかなぁ?

それでも頭の中でしっかり音を取らないと直ぐに外してしまう。
まだ余裕が無くて、フレームやシェイプは意識できず
格好良く踊りたいなぁ~

ビクビクして踊るよりは間違っても堂々と立ちふるまって来たいものです。
(ところがねぇ・・・)
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-03-29 22:46 | 練習

2009.3.13 クイック編

先日のレッスンノートから。

早く向かうつもりが・・・出遅れる。

スタジオに向かう電車の中でイメトレ。
 ・膝と足首を使って柔らかく
 ・右手はいつも♀を感じながら、自分の前をキープ
今日はこれだけ!

10分前にスタジオ入り。
着替えて軽くストレッチしてパートナーさんと合わせる。
 ・ランニングライトターンが前回の練習のように気持ちよく回れず???
ここでコーチャー登場レッスン開始。

コ「練習してきましたか?」
h「はい。」
コ「曲に合わせて踊れるようになりましたか?」
h「はい。」
コ「では、踊って見せて下さい。」
ルーティン1周(LOD2本分)でstop
コ「ランニングライトターンの○○(カウントだったか、ライズアンドフォールだったか曖昧?)が怪しいけど、まあ良いでしょう。
クイックオープンリバースの後に少し追加しましょう。・・・」

ホバー・コルテ
LODに背面して
1S 右足中央斜めに後退し、リバース方向に回転し、壁に正対する
2S 左足LODに前進して、リバース方向に回転し、壁斜めに背面する(右スウェイだったような?)
3S 右足壁斜めに後退

ティプシー・トゥー・ライト
1S 左足壁斜めに後退 T
2Q LODに面し、右足小さく横(壁斜め)に開く(背骨の下) T
3& 左足を右足に揃える
4Q 右足を小さく横(壁斜めに開く) T
   ここで左サイドリード~右足に乗りきると次で遅れるので中間バランス

フォワードロック 2~4
2Q 中央斜めに左足前進 T
   この足を開きすぎるとロアーしてしまいやすいので注意
3Q 左足の後に右足交差して前進 T
4S 左足前進 THT

ティプシー・ツー・レフト
1S 右足新LODの壁斜めに前進 HT
2Q 逆壁斜めに面し、左足小さく横(壁斜め)に開く(背骨の下) T
3& 右足を左足に揃える T
4Q 左足を小さく横(壁斜め)に開きながら右サイドリード T

バックロック 2~4
2Q 中央斜めに右足後退 T
3Q 右足の前に左足交差して後退 T
4S 右足後退 TH

ランニングフィニッシュに続ける

まず、ホバーコルテになかなかなじめず・・・
 ・ウェイトを左足に移すのがNG
 ↑hiroのイメージではナチュラルターンのカウント2
 ・続くアクション(=左足の上でリバース方向の回転)がNG
 ↑どうも左スウェイでネックを左に向けたくなってしまう
フットワークを気にするとネックとボディが、上を気にするとフットワークがNG

下手は下手なりにそこそこ形になりかけたところでティプシー
 ・シャッセの3歩目を前進してしまい、横に開けず
 ・フォワードロックの2(1歩目)でロアーしたり、腰が開いてしまいがち

新しいことを習うたびに自分の不器用さにうんざりします。
コ「hiroさんはどうして言ったことが出来ないのかしら?」
h「2つのことを一緒に出来ないんです。」
コ「それが悪いところね。2つどころか5つも6つも同時に出来ないとダンスは踊れません。」

やることの整理が出来ないと、脳が体に指令を出せず・・・

コ「hiroさんは何から何まで説明しないと分からないのね。見て覚える事って苦手かしら?」
h「はい。」
コ「ライズ&フォールも、フットワークも、○も、○も・・・(既に項目すら覚えられなかった)」

懇切丁寧に教えていただいたにもかかわらず、覚えているのはここに書いたことだけ・・・

hiroとパートナーさん、交互に組んで教わり、体で覚えた後に2人で組んで踊るも・・・上手く踊れず。
↑一人で出来ないことが2人で出来るわけないよなぁ~

それでも何とかよろよろ動けるようになったところでレッスン終了。

レッスンの途中で言われたこと。
 ・右手が上がりすぎて♀を圧迫しがちなので、しっかりキープ
 ・ナチュラルターンでネックを右に返さない
 ・プログレッシブシャッセトゥライトに続けるナチュラルスピンターンの終わりでは、ボディを開かない~いびつになるので注意
 ↑ボディはLOD、足は中央斜めを向ける
 ・クイックオープンリバースに続けるプログレッシブシャッセトゥライトの終わりも同様に、ボディを開かずに、OPの準備をする。

コ「本当は覚えるまでは毎週来た方が良いのよ。間が空いてしまうと間違って身に付けてしまうこともあるし・・・」
h「おっしゃることはよく分かるのですが、今は平日の練習時間も確保できない位なので・・・」
コ「それでは、今日習ったことだけしっかり練習してきて下さい。」
h&パ「ハイ。分かりました!」

軽く復習して帰路につく。
帰りの電車でまとめていて、ここのカウントがよく分からなくなってコーチャーにメールで質問し、QQSと確認しました。

しっかり練習して次のレッスンに臨むぞー!(って、この時は思ったんですが・・・)
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-03-26 23:59 | レッスン・S

2009.3.8 富士学院

先日の練習ノートから。

2時間前に練習場へ。久しぶりにじっくりストレッチ。
体がすっかり固くなっていて、あちこちから悲鳴が聞こえそう。

スタンダードから練習開始。
ワルツのアンダースロー、カウント1のポイズ、スクエアの反復エクササイズ
タンゴのウォーク、リンク、プロムナード、バックコルテの反復エクササイズ
フェザーステップとスリーステップの前進後退の反復エクササイズ
体が温まったところで、ルーティンのシャドー。
いきなり他のカップルと接触しそうになる。うーん、一人だと危ないなぁ~
曲に合わせて4種目8曲続けて踊ったあと、ラテン。

ルンバウォーク、クカラチャ、8種のシャッセ、開いたポーズと閉じたポーズ、ボタフォゴ、ボルタ、ホィスクの反復エクササイズ。
曲に合わせてルンバのベーシックとバリエーションを1曲ずつ続けてシャドーしたあと、パソ。
曲に合わせてシャドーしてみると・・・付いていけず、まごまご。

アップの終わったパートナーさんと、カウントでパソから合わせる。
なかなか合わせられないところ
 ・プレハイライトの後3-1~3、CP→PPとポジションを変えるところがぎこちない
 ・第1ハイライト直前の3歩で音から遅れる
 ・第1ハイライトの後2-4~6、♀の回転軸を崩さない位置に右手を動かし、下げすぎて回転を阻害しない>ここで遅れると、次のカウント10までがNG
 ・3-4、ツイストで2人のボディがずれやすい
 ・7-1~8、ボタフォゴからの2小節が曖昧

集中的に練習して曲に合わせて踊るも・・・付いていけず、パソが2曲続けてかかる
3階に移動。

ルンバの曲に合わせて、ベーシックとバリエーションを1曲ずつ続けて踊る。
 ・音に対して緩い
 ・フットワークをもっとしっかり擦る
 ・ボディを力強く、しっかり絞る
 ↑しっかりやらないとスピードが出ないと実感

引き続き、パソ
他の組にぶつかったり、その前によけて方向が微妙にずれたりすると、微調整できず、本番前に課題有り。

1階に戻ってルンバ2曲とパソ1曲を続けて踊る。
パソはハイライトがよく分からない曲で、スムーズに踊れなかったけど、時間なのでスタンダードに切り替え。

シャドーの後、曲に合わせて4種目踊る。
ワルツ
 ・床に優しく(足首と膝)
 ・パートナーに優しく(右手と上体)
 ・背中をバンバン使って踊る
 ↑まだちょっと?難しいなぁ~

タンゴ
 ・前々回のレッスンで習った体全体で音を取るのは難しい
 ・床に優しく、パートナーに優しく

スロー
 ・床に優しく
 ・パートナーに優しく
 ・ボディを弛めず
 ・背中を使う
↑うーん・・・

クイック
 ・ルーティンを間違えて覚えていた
 ↑クイックオープンリバースの後、フォワードロックを忘れない
 ・スタート位置をLODの端から、LODの1/3位内側に入れてみる
 ↑2周目以降も位置がずれず、流れがスムーズになった気がする

最後に曲に合わせてパソ
 ・途中で他の組とぶつかって途切れてしまう

ハイライトの音が取れない曲や、エスパーニャカーニでもぶつかってしまったときなど、戻すのに時間がかかってしまう
↑もっともっと踊り込まないと、すぐに戻すには時間がかかりそうです。

初めて3階で練習して思ったこと。
若くてスピードのある人達と同じフロアで練習しておかないと、本番勝負にならないということ。
早くルーティンをマスターして、しっかり踊り込みたいです。

本番まで後1週間。未だにパソは曲に合わせて通して踊りきったことがありません。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-03-25 23:54 | 練習

2009.3.6 パソ編

先日のレッスンノートから。

スタジオに向かう電車の中でイメトレ。
エスパーニャカーに合わせて、ルーティンをイメージするけど、幾らやっても足が合わない???

30分前にスタジオ入り。
軽くストレッチとアップのあと、(ずれているんだけど)ルーティンを復習。
アップを終えたパートナーさんと久しぶりに合わせる。
第1ハイライトから一緒に習った10小節をカウントで合わせ、ムービーをセットしてレッスン開始。

コ「hiroさん、ルーティン覚えましたか?」
h「途中カウントがあやふやで、曲に合いません。」
コ「まず・・・」
第2ハイライトまでしっかり教わる。

コ「hiroさん、ここ(最後の3拍)慣れたら飛びましょう!・・・ナチュラル方向のターンは難しいので、止めます。」
h(今回は時間がないのでこのままやりますが、こんどリバース方向に変えて飛びたいです。)

ポイント
 ・とにかく肘を張る
 ・奇数カウントにアクセントを表現=スピードを早くして止めてみせる
 ・伸ばしてみせるとき(上に上げたアーム等)は、目一杯ストレッチ
 ・外してしまったときは、上に伸ばしたポーズを見せてごまかし、おたおたしない

何はともあれ、競技会まであと9日。しっかり練習して本番に臨みたいです。
(結果は伴いませんでしたが・・・)
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-03-24 23:51 | レッスン・L

2009.3.3 パソ編

ようやく今月の分に入りました。
どこかで追いつきたいものです。

さて、先日のレッスンノートから。

諸事情により、ムービー抜きで個人レッスンを受けてきました。

電車の中でイメトレ。
ダンス日記も持ってきておらず、ルーティンはうろ覚え・・・
右と左があやふやな状態で出来ることは、ボディトーンとシェイプ、あとは・・・覚えているところをしっかりやるだけ!

スタジオに入ったのはレッスン開始20分前。
着替えて、軽くストレッチして、分かる範囲でシャドー。

コ「それでは、始めましょうか。・・・」
第1ハイライトのあとからルーティンを踊っていただく。
10小節はOK。続く2拍は時計回りから反時計回りに変更。

それから続きの6拍と1小節と
タラー、タラララタラー、タッタタッタタンタンダン!(第2ハイライト)
の8+5拍が完成。

コ「決勝まで行ったら、ここから最初に戻って踊れるので、第2ハイライトで止めて、続いたときに焦らないように・・・」

頭で理解して、脳から指令を出さないと、体が動かない不器用なhiroには、習ったその場でルーティン(に限らず新しいこと)を身に付けることがとても苦手です。

終わってすぐに復習していても
 ・カウントが曖昧
 ・コーチャーと一緒だと出来た気がするけど、一人だともうあやふや

途中で習ったこと。
1 ♂はぼーっとしていない
 ・ネックは正面をキープ
 ・両アームをゆっくり開きながらシェイプを見せる
 ・足は止めてもボディとアームは止めない
2 シェイプを作ろうとして、腰を曲げない~背筋をしっかり伸ばす
3 パソは背中を相手に見せない(刺される)~肩口を相手に向けてボディを絞る
4 パソは回転する前に上体を一旦逆方向に絞ってから、ほどきながら回転することが多い
5 ウォークは後ろ足(サポーティングフット)を意識(ここちょっと自信なし)
 ・最後は膝を伸ばしきる
 ↑サポーティングフットをしっかり使うのか?>ルーティンに気を取られてしまい、意味を確認せずに終わってしまった(失敗)

次のレッスンでパートナーさんと一緒にもう一度やるときまでに、やれる範囲でしっかり覚えて臨みたいです。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-03-23 23:32 | レッスン・L

2009.2.27 タンゴ編

先日のレッスンノートの続きから。

コ「じゃあ、タンゴ!」
ルーティンを一通り踊ったところでstop

コ「hiroさん、チェイスのフットワーク教えたかしら?」
h「はい。習いました。」
コ「じゃあ口で言ってみて。」
h「HT、HT、TH、THです。」
コ「なんでタンゴにトゥを使うのよ?」
h「済みません。ボールの間違いでした。」

コ「hiroさん、全然考えてないんでしょ!・・・」
 ・ネックは下げない
 ・足首を固めない
 ・ウェイトを感じ続ける
 ・前進は突っ込まず、後退は足を突っ張らず
 ・相手と床を意識しながら踊る

あと何か習ったけど忘れた。
一杯習ったのに、・・・帰りの電車では疲れて思い出せませんでした。

珍しく、2人の踊りが合ってきたって褒められた。
確かに2人のフレームが崩れなくなってきたって実感です。

最後に総括。
 ・2人の関係~コネクション、タイミング等
 ・床との関係~自分のバランス、自分の重心の運動、(移動)
どちらか一方だけではダメ。両方兼ね備えること!

これにプラスしてプレゼンテーションとフロアクラフト!

次の競技会に向けて、もっとしなやかに踊るようにしっかり練習するぞ~!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-03-22 21:32 | レッスン・S

2009.2.27 スロー編

今日は久しぶりによく寝ました。
連日の疲れが少しとれたような気がします。

さて、先日のレッスンノートからの続きから。

コ「タンゴとスローも見せて下さい。丁度スローが流れているから・・・」
曲に合わせてスローを踊る。

コ「はい。確かに音は外していませんが・・・まだ足りません。
hiroさん、今の曲を聴いてどんなイメージを感じましたか?」
h「中年のナイスガイが雨の中で濡れながら哀愁を漂わせているイメージです。」

コ「それを表現するには・・・」
 ・足の裏でウェイトを感じる~どこに集まっていて、どこをどのように通過するか
 ・足首をしっかり使って柔らかく踊る(表現は違った)
 ・体を固くしないで柔らかく使う
 ・♂右手はパートナーを意識し続け、足は床を感じ続ける~両方兼ね続けることが大事
 ・スウェイは回転時に体を支えるために行う~外回りは伸びる(=内側を下げる)
 ↑内側の回転軸にウェイトを乗せる~ほぼ3歩(=1小節)に1回内側を床に入れる
あと何習ったっけなぁ~
 ・後退時はインバイト
 ・前進時は突っ込み注意
 ・後退時内側の軸に背骨を乗せて、一旦ニュートラルの状態を作る

曲に合わせて踊る。
踊っている途中でコーチャーから「しっかり見せて!そう、上体がしゃんとしたわよ。いつもそれを意識して・・・」って、言われた。
内側を下げようとすると上体が右に入ってしまったり、気が抜けるとボディが緩んでしまいがち。
恥ずかしいです。

コ「じゃあ、タンゴ!」
タンゴ編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-03-21 23:08 | レッスン・S

2009.2.27 クイック編

あっという間に時は過ぎてしまい、気づくと随分ご無沙汰してしまいました。

さて、先日のレッスンノートから。

早めに向かうはずが、出遅れてしまい、15分前にスタジオ入り。
今日はクイックのバリエーションのルーティン(簡単で見映えの良いやつ)を作っていただくようにお願い済み。
どんな格好良いのを作っていただけるのか、楽しみ。
難しかったら少しずつになるかも?

軽くアップの後、パートナーさんと以前使っていたベーシックのルーティンを合わせる。実はこれが2人で踊る始めてのクイックだったかも?

壁斜めに面して、ナチュラルスピンターン、V6、フォワードロック、ナチュラルターン、バックロック、ランニングフィニッシュ
新LODの壁斜めに面してナチュラルスピンターン、プログレッシブシャッセ、ナチュラルスピンターン
新LODの中央斜めに背面して、プログレッシブシャッセ、クイックオープンリバース、プログレッシブシャッセ、ナチュラルターン
新LODの中央に面して、ランニングライトターンで最初に戻る

一度ですんなり踊れてビックリ。おお!今日はいけるかも?
ここで、コーチャー登場、レッスン開始。

コ「この前は・・・(惜しいとかおかしいとか?)調子はどうでしたか?」
h「自分では普段どおりに踊れてと思います。」
コ「そう思っても力が入ってしまって・・・」
h「最近ようやくそういうのが無くなったような気がします。」
パ「レッスンや練習と同じ感じで・・・」

h「ただ直前のレッスンで習った事を練習で身に付けたような気がしても、本番が終わってからああ、忘れたーって思い出すことが多いです。」
コ「そんな簡単に身に付くわけないでしょう!」
h(レッスンの時は週末までに覚えなさいって言ったじゃないですか~)
h「はい、まだまだ練習不足だと感じました。右手と♀肩胛骨の関係も、練習では結構身に付いてきたと思っていたのですが、本番ではすっかり忘れていました。」
コ「それを普段からしっかり練習して、意識しないでも本番で出せるように・・・」

h「はい。それ以上にコーナーからコーナーまで3次元でコースをイメージするようにっていうのがなかなかできません。意識してもLODの半分くらいまでで、それから先は1小節ずつ先のことで精一杯で・・・」
コ「・・・」
↑ここで有り難いお話をいただいたんだけど・・・忘れた。

コ「タンゴの方が悪かったの?」
h「当日は貼り出された成績を見てそう思ってメールしたんですが、後からwebで確認したら勘違いでした。
ジャッジ7人で1次が10点、2次が12点で3次が5点。タンゴが3でスローが2でした。
スローはぶつかって身動きできない時間があったので、次は気を付けます。」

コ「折角タンゴを見てあげようと思ったのに~
誰かさんがクイックのルーティンを作って欲しいって言うから・・・
私もお金を貰ってレッスンしているのに、お願いされたら作らないとねぇ~
それでhiroさんったら、簡単で見映えの良いのだって・・・
ところでクイックのステップはどれくらい知っているのかしら?」

h「さっき合わせたら、ナチュラルスピンターン、V6、フォワードロック、ランニングフィニッシュ、プログレッシブシャッセ・・・」
コ「ランニングライトターンは?」
h「はい、さっきやりました。」
コ「hiroさん、シャドーして見せて。」

踊ってみるけど、何か変。さっきと違うよなぁ~???
コーチャーも笑っている。

コ「それはちがうでしょう。V6みたいじゃない。こうやるのよ。」
踊って見せて下さってから
コ「はい。やってみせて!・・・違うでしょう。どこを見ているのよ!」
↑これを何度か繰り返す。

ランニングフィニッシュがバックロックになってしまっていたところを修正して踊ってみせる。
コ「けどライズ&フォールが違うわよ!・・・」

ナチュラルターンの3歩に続けて
1S(L) T-TH-T
2S(R) HT~ここでupしない
3S(L) T~ここでヒールを下ろさない。ここまで緩やかに上がっていく(5Sで急に上がると、ここで下りてしまうので注意)
4Q(R) TH~ここで緩く下りる。内回りなので、大きく後退しない。(OPにするため上体は左サイドリード
5Q(L) T~OPで後退
6S(R) TH(ここいいかげん)

反復エクササイズの間、パートナーさんにレッスン。
二人で合わせて、先に進む。

試行錯誤の結果新ルーティン(暫定)完成?

壁斜めに面して
1 ナチュラルスピンターン
2 プログレッシブシャッセ
3 クイックオープンリバース
4 フォワードロック
5 ナチュラルターン
新LODの中央に面して
6 ランニングライトターン
新LODの壁斜めに面して
7 ナチュラルスピンターン
8 V6
9 フォワードロック
最初に戻る
 
h「先生、この続きも作って下さい。」
コ「まだダメ。これを次までに曲に合わせて踊れるようになったら先に進みます。」
h「先生。今日習ったのは全部ベーシックですよね?」
コ「そうです。ベーシックが奇麗に踊れるまでは・・・(バリエーションは教えないだったかな?)」
これで終わりにはしません。タンゴとスローも見せて下さい。丁度スローが流れているから・・・」

スロー編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-03-20 22:43 | レッスン・S

悲しい知らせ

昨夜、某MLで知人の死去を知らされました。
たまにこのブログにもコメントを載せて下さった元ラテンファイナリストの熨斗秀行さんです。
3月8日の日曜日に京急にはねられてしまったとのこと。
細部については未だ情報が入ってきません。
とても輝いていた方だけに信じられず・・・とてもショックです。
ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-03-11 23:57 | その他