<   2009年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2009.2.6 富士学院

随分間隔があいてしまいましたが、先日の練習ノートから。

前回の競技会から中4日でダンスシューズを履きました。
週末だし早めに練習場に行ってしっかり練習したいと思いながらも・・・時間ぎりぎりになってしまいました。

今回の課題は2つ。
1 前回のラテンのレッスンで習ったパソのルーティン8小節をスムーズに動けるようにすること(踊れるようにとまでは吹きません)
2 前回の競技会ですっかり忘れていたスタンダードの右手(=♀の背中)と自分の位置関係(の意識)をキープ

軽くストレッチの後ルンバウォーク。
続いてパソの復習。
ビデオでイメトレした和美先生のアームワークを真似しながらカウントでゆっくりシャドーを繰り返す。
流れてきた曲に合わせてシャドーするけど・・・7小節目で遅れてしまう。>レッスン中もなかなか出来なかったところ

アップの終わったパートナーさんとゆっくり合わせる。
同じところでNG・・・一人で出来ないのが2人で出来るわけないよなぁ~
イメージを膨らませていったフリーアームが2人の空間を阻害するって始めて気づく(泣)
7小節目の(♀だけテレマーク&)テレスピンを反復エクササイズ
曲に合わせて踊ってみて感じたこと~2人で組まずにどんどん後退していくのは怖い
何とか曲に合わせて踊れるようになったけど、まだ7小節目はギクシャクしている

次かその次のレッスンで微調整していただくことにしてルンバ

カウントでベーシック
 ・テンションを抜かないこと!

カウントでバリエーション
 ・コントラチェック風で2人のイメージに差・・・(久しぶりだからなぁ~)
問題は先送りにして、他のところはスムーズで良い感じ。
二人の位置関係も少しずつ理解できてきた。

時間の都合で曲に合わせず、スタンダード。

まず流れている曲に合わせてスローを1曲。
 ・右手を♀の肩胛骨から離さずに意識
 ・右手と自分のボディの関係をしっかりキープ
 ・上は左をキープして、被らない

いきなり踊った割には暴れず、突っ込まず、気持ちよく踊れた
↑これを前回出せればもう一回踊れたかも?
次の競技会が楽しみ!(って、この時は思った)

カウントでタンゴ。
良い感じ。試しに口リード無しで踊ってみても、パートナーさんはしっかりフォローしてくれる。
次はこれで行こう!

オーバースウェイで自分の右サイドが折れている感じがして、シェイプを右広背筋を伸ばすように変更したところ、それは以前のレッスンでNGと指導されたとパートナーさんが教えてくれる。

迷いを取り払って元に戻したところで時間切れ。
週末はスローも口リード無しで変化させて、パートナーさんにフォローして貰う練習をしよう!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-02-25 23:35 | 練習

エントリー

先週は本当に忙しかったです。
レッスンの時間を確保するのがやっとでした。
気づくとブログの更新も中8日になってしまいました。
今週は少し体と心に休養をあげたいなぁ~
できたらもう少しこまめにブログも更新したいです。

さて、2009.3.15に横浜文化体育館で開催されるJBDF神奈川支局のラテンD級戦にエントリーしました。
パソのルーティンは現在作成中です。競技会までラテンのレッスンは後2回。
次のレッスンでルーティンを完成させ、直前のレッスンでルンバとパソを見ていただいて本番に臨むつもりです。
今の僕たちの踊りがどれくらい通用するのか、試してきます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-02-24 23:59 | 過去の競技会

2009.2.15 後楽園ホール

今度こそは!と昇級に臨んだ競技会ではありますが、残念ながら最終予選止まりでした。
反省するところは反省して、次に向けて精進します。
トホホ・・・
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-02-15 19:30 | 過去の競技会

2009.2.1 in 後楽園ホール

先日の競技会ノートから。

JBDF東部総局のスタンダードE級戦にエントリーしました。
先日、燕尾服を中に入れられる大きなバッグを購入して、今回デビューでした。
ところが、自転車にくくりつけて駅に向かう途中で荷崩れ・・・
おかげで電車1本遅れてしまいました。
↑これで暗雲のイメージを感じてしまいました。

気を取り直して会場に向かう電車の中でイメトレ。
 ・両手と背骨の3角形をキープしながら
 ・背中を使って
 ・♀の重心を意識して
 ・サポーティングフットを使ってボディを運ぶ

早めに会場入りするはずが、丁度受付開始時間になってしまった。
後楽園ホールは久しぶり。(過去の競技会を検索してみると2004.9.5のラテンF級戦以来だった。)
パンフを見ると、事前にwebで公表されているとおり、40組、予選2回だと確認。
着替えて軽くストレッチして、開放されたフロアで軽く合わせる。

1次予選。38組中24組up。4ヒート中4ヒート目。
タンゴ
 ・良い感じ。
 ・フォーラウェイ、テレマーク、オーバースウェイのパートが気持ち良い。
スロー
 ・第2LODでhiroがルーティン忘れてあたふた・・・チェンジオブダイレクションで最初に戻して何とか乗り切る。
 ↑ウィーブフロムPPを踊りながら、第3LODのベーシックウィーブとナチュラルウィーブとどこをやっているのか、混乱してしまった。

練習でもたまにあって、コーナーから次のコーナーまでしっかりイメージして踊ろうと思いながらも、周りを気にすると意識が飛んでしまいがち・・・

結果
38組中24組up。仕切り点8点
TF ○○ ○○ ○○ ○○ ○× ○× ○○ 12点、5位

次はルーティンを間違えないようにしっかり踊ろう!

2次予選。24組中12組up。2ヒート中2ヒート目。
フロアに12組で混んでいた。
タンゴ
 ・出だし、微妙に音を外してしまった(恥)
スロー
 ・第3LODの途中、スリーステップで進む方向が塞がってしまい、チェンジオブダイレクションで最初に戻した
 ↑サイドの練習の成果が出せて良かった~
 ・一昨日のレッスンの成果は・・・微妙

結果
24組中13組up。仕切り点7点
TF ○○ ○○ ○○ ○○ ×○ ○× ×× 10点、5位

残るか否か、ギリギリのところなので、次が正念場。
フロアは一番混んでいるので、落ち着いて音をしっかり聞くこと
♀のウェイトを感じて、背中をしっかり使って、サポーティングフットをしっかり使う!

準決勝。13組中6組up。1ヒート。
タンゴ、スローと続けて踊る。
自分の中では良い感じ。

結果
13組中8組up。仕切り点6点
TF ×× ○○ ×× ×× ×× ×× ×× 2点、ビリだ~

自分では良い感じで踊れたと思うんだけどなぁ・・・
3回踊って一番出来が良いと思ったところで突き落とされたような気がしました。

パートナーさんと話してみると、スタートで詰まっちゃっていたとのこと。
そーいえば・・・♀が進んだ分だけ♂が進むっていう一昨日のレッスンで習ったことが出来ていなかったって、終わってから気づきました。

結局、冒頭に書いた♀の重心を感じ続けることが全く出来ていなかったということが自覚できました。
↑次の課題です。

残念ですが、先週保険として投函した2/15のエントリーはがきが効力を発揮しそうです。
同じ後楽園ホールでリベンジを果たすべく・・・しっかり練習します。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-02-09 23:31 | 過去の競技会

2009.1.30 タンゴ編

先日のレッスンノートの続きから。

h「今まで暴れていたところを押さえて二人の位置関係を崩さないようにしてみたんですが・・・」
コ「暴れていたのはどっち?」
h「僕です。」
コ「踊って見せて。・・・良いじゃない。スッキリして見えるわ。
最初から踊って見せて。」

踊る。いきなりだったけど、両手と背骨を意識するだけで随分変わった感じがする。」
コ「2人ともスタンディングポイズがとても奇麗だから・・・」
 ・組んでから踊り出すまでの時間を長めに取る
 ・出だしが決まるとチェックが取れる
 ↑いつもこれを狙っています

コ「オーバースウェイをもう一回やってみて。・・・」
 ・上下の差をしっかり出す
 ・アームの上下は意識しない
 ・頭の位置を変えるには、腰を逆に動かす=頭は背骨を介して腰と繋がっている

h「オープンプロムナードが踊っていて違和感あるんですが。」
コ「そこは・・・」
 ・ベーシックだと余分なアクションはNG
 ・バリエーションのピクチャーポーズが入って見える
コ「チェッカーによって微妙ね。見映えは良いので試しにやってみて、チェッカーに呼ばれたら・・・」
h「当日の混乱を避けて地味にやります。前半でチェックを取れるように心掛けます。」

コ「競技会の前だから褒める訳じゃないけど、hiroさん少し良くなってきたわよ。・・・それじゃあ申し訳ないけどこれで・・・」
レッスン時間通常の半分で終了。

ふたりで復習
たまたま、他のお客さんがいなくて、フロアを貸し切り状態で練習させていただく。
(曲も好きに掛けさせていただけた。)

二人の位置が崩れにくくなって、topが開いた分周りが見やすくなって、踊っていて気持ち良い!
↑この踊りを出せれば結果がついてくるような予感。

明後日の競技会は
 ・二人の位置関係を崩さないようにして
 ・♀のウェイトを感じるように心掛けて
 ・自分の両手と背骨も崩さないで
踊ってこよう!

当日が楽しみです。目指せ、昇級!(ところがねぇ~・・・)
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-02-08 22:50 | レッスン・S

2009.1.30 スロー編

先日のレッスンノートから。

競技会直前のスタンダードのレッスンです。
タンゴとスローを合わせて最終チェックをお願いするつもり。
1時間前には着くはずが・・・都合で遅れる。
そんなときに限ってコーチャーからは30分早く来て欲しいって、
パートナーさんからはレッスンギリギリか遅れるかもって、
メールが届いている・・・???

スタジオに向かう電車の中でイメトレ。
スロー
 ・3Qで広背筋を伸ばして
 ・1Sでネックが返って
 ・2Qでネックを戻す
 ・ウィーブで沈まない(ボディを弛めない)
タンゴ
 ・アクションは足首から
 ・ボディは左をキープして、右を折らない
 ・第3LODで暴れない

スタジオ入りすると、あっという間にコーチャーが出現して
コ「hiroさん、本当に早くして。キャンセルしたんじゃかわいそうだから・・・
あと40分でここ出ないと・・・
ところでパートナーさんは?」
h「今日は遅れるから、レッスン開始に間に合わないときは先に始めて欲しいと言ってました。」
コ「・・・」

着替えてろくにアップしないうちに個人でレッスン開始。
コ「前回、何をやったんでしたっけ?」
h「スローのレッスンで、Sのタイミングで背中を伸ばしているので、第2Qで背中を伸ばすように・・・」
コ「背中を伸ばす準備をするのよ。」

h「それで疑問が解けました。・・・」
 ・今までリバースターンの後半、♂後退時に左が開くので蓋をするように指導されていた
 ・3Qで左の腹斜筋を伸ばすと、左サイドが開いてしまうので矛盾を感じた
 ・それとも、♂後退時は前進する♀が先に広背筋を伸ばして、後退する♂が後からフォローするのか?

コ「♀が先に動き出すことはありません。そこをやってみましょう・・・」
直ぐにNG
 ・サポーティングフットをしっかり使ってボディを運ぶ
 ・♂右手と自分の左肩胛骨を結ぶ線を意識
 ↑これを勘違いして、左斜め後ろに後退しようとしてNG

☆♀右足に乗っている状態から、左足前進&加重
 ↑♀のウェイトを左足の上に乗せる軌跡を意識して、♀前進からリバース回転させる
 ・♂右&左手と頭の位置関係を崩さない
 ↑左手で押しながら、右手で引くイメージ>この関係が崩れるとボディが開いてしまう
  ボディの前で両手を合わせて両アームの輪を作りながらシャドーするのも効果的

基本に戻って前進時のウォーク
 ・まずサポーティングフットの上でウェイト移動=♀後退のリード
 ↑♂右手がついていく>右手の移動に合わせて背骨が移動
☆それ以上前に出ない、先に出ない

同様に後退時のウォーク
 ・両手と背骨の関係を崩さない
 ↑これがずれると上体が右に傾き、♀の領域に入ってしまう

コーチャーに組んでいただき、しばらくウォークの反復エクササイズ

次いで、ルーティンをシャドー。
フェザーステップ&バウンスフォーラウェイでstop
 ・回転を伴うフィガーでも同様に、両手と背骨の関係を崩さない
 ↑ボディの回転に伴い、右手をボディの前に連れてくる

ルーティンを先に進めて、リバースウェーブやウィーブフロムPPでも同様のご指導をいただく
↑しっかり意識すると結構出来ちゃったりして、良い感じで踊れた。
コ「hiroさん、良いわよー」
h(スゲー!久しぶりに褒められた。)

ここでパートナーさん登場。いきなり合わせる。
両手と背骨を意識して踊ると、結構気持ちよく踊れた。
コ「二人の位置関係がずれなくなってきましたね。・・・」
 ・もう少し2人のトップを開く
 ↑パートナーさんの背中をギューッて振り回すというか、引っ張るというか・・・

この後有り難いお話
 ・何かの例にたとえて(忘れた)、自信を持って臨むことはとても大事
  ↑自己暗示に結びつく
 ・失敗しても堂々としていることも大事
 ・この2つはそれだけでジャッジへのアピールに繋がる
 ・もちろん、技術も大事。
 ・メンタル面と技術を合わせて、スキルアップしていくこと(表現は違った)

h「先生、中途半端で申し訳ありませんが・・・」
コ「良いわよ。タンゴでしょ。・・・」

タンゴ編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-02-07 22:55 | レッスン・S

2009.2.15 後楽園ホール

今練習帰りです。

JBDF東部総局のサイトに2/15の予定が公表されました。

わが、スタンダードE級戦は・・・
エントリー数49組で、予選は3次まで。

昇級は6位迄です。

今度こそ昇級目指して頑張ります。
何とか5回踊ってくるつもりです。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-02-06 23:58 | 過去の競技会

2009.1.26 パソドブレ編

先日のレッスンノートから。

5年間お世話になった三浦秀康先生が昨年末をもって安東ダンススクールを退職されました。今後のことは未定とのこと・・・
今年からJBDFラテンA級のパートナー、小形和美先生にお世話になることにしました。

年明け早々海外留学のため、ようやくレッスンを受けられます。
事前にパソのルーティンを作っていただくお願いをしておきました。
どんなルーティンになるのか、わくわくしながらムービー持参でスタジオに向かいました。

早めにスタジオ入りして、軽くストレッチの後、シェイプを作る基礎エクササイズ。
レッスンバーを両手で掴んで、ボディを一杯絞ってアーチを作る
ラテンは最近ルンバばっかりで他の種目はさぼり気味だったため、身体が眠っている感じ。

身体がほぐれてきたところで、パートナーさんと合わせる。
 ・スパニッシュライン
 ・ツイスト
 ・シャッセケープ

ムービーをセットして、レッスン開始。

和「よろしくお願いします。」
h&パ「よろしくお願いします。」
h「先生、以前お願いしていたパソのルーティンなんですが・・・」
和「大丈夫ですよ。最初離れたまま移動してから組んで・・・という感じで作っていきます。まず・・・」

hiroのパートを教わり、反復エクササイズの後、パートナーさんのパート。
これの繰り返し。
和美先生のレクチャーや反復エクササイズの合間にカメラの方向を微調整するんだけど、移動しっぱなしなので直ぐにアングルからはみ出してしまう。

なんやかんやで、1小節聞いた後の8小節分(=前奏)が出来上がり。
♂のパートをパートナーさんと、♀のパートをhiroと踊っていただき、ムービーに納める。
2人で曲に合わせてゆっくり踊るところを和美先生が撮って下さる。
最後にhiroと和美先生が曲に合わせて踊るところをパートナーさんが撮影してレッスン終了。

h「先生、3/15に財団のD級戦があります。ルンバ&パソなんですが、その前に何とか形にして下さい。」
和「えっ!・・・」
h「何なら第1ハイライトまでやって、何かちょっと加えて繰り返しても・・・」
和「小節数が違うので・・・」
h「じゃあ次のレッスンでルーティンを完成させて下さい。」
和「分かりました。」

2人で復習。
終わりの方が曖昧。ビデオで確認しても、きちんとうつっていない。
後からテレビで音量を大きくして確認してみよう。

週末にスタンダードのレッスンを受けて、競技会。
それまでにムービーを編集してルーティンの確認を終わらせて、来週はパソの練習だー!
(って、まだ一度も合わせていませんが・・・)
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-02-05 23:39 | レッスン・L

2009.1.21 in 富士学院

先日のレッスンノートから。

競技会まで中11日にして最後の練習日
やる気があるのか、ないのかって聞くのは勘弁して貰うとして・・・スタンダードに専念した練習。
早めに練習場に行って踊り込みたい気持ちは置いておいて・・・いつものごとくギリギリの練習場入り。
↑いつになったら余裕が出来るんだろう?

軽くストレッチして練習開始。
アップ代わりに曲に合わせてワルツを1曲踊る。
シャドーを挟んで、タンゴとスローを曲に合わせて2曲ずつ踊る

タンゴ
 ・ファイブステップ&プロムナードリンクで暴れると、続くフォーラウェイでバラバラ

スロー
 ・バックフェザー&リバースウェーブの4~6で他のカップルとぶつかって立ち往生

カウントで微調整
タンゴ
 ・暴れない=♀とのコンタクトを意識して踊るとすっきり
 ↑けど、移動距離は半減・・・

とりあえず、スペースがいっぱい余ったときは最初に戻ることにして、次のレッスンで訊いてみよう!

スロー
 ・とりあえず、基本は口リード>色々なパターンで止めて繋げる練習を繰り返す
 ・♂がLODに背面して止まってしまったときは、チェンジオブダイレクションで最初に戻る
 ・♂が中央に正対して止まってしまったときは、最初に戻る

曲に合わせてタンゴとスローを2曲ずつ続けて踊る
 ・タンゴは良い感じ
 ・スローはカーブドフェザーで止まってしまい、強引にオープンインピタスで2ndLODに繋げて踊った

カーブドフェザーで止まってしまったときは、オープンインピタスで第2LODに戻る

去年の最終戦は、僕がルーティンを間違えていきあたりばったりで踊ってしまい、組んで間もないパートナーさんがフォローしきれず、自滅してしまったので、今度は落ち着いてしっかり口リードして、練習の成果を発揮したいと思います。

 ・両肩をしっかり下げて
 ・頭との3角形をキープして
 ・優雅に踊りたい

まとめていて思い出したこと
タンゴ
 ・5ステップの前に♀後退の合図(=右足首をしっかり使うこと)
スロー
 ・フェザーフィニッシュとウィーブの後半で、左肩を早く開かない(=しっかり蓋をして左足のTHを使う)

広背筋を意識しているけど、ネックはまだ上手く使えてないので、連携して使えるようにイメトレ&シャドーして競技会直前のレッスンに臨みたいです。(ってもう終わっちゃいましたが)
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-02-04 23:33 | 練習

2009.1.18 in 富士学院

先日の練習ノートから。

前日に爆睡して、ようやく連日の疲れが取れた感じ。
諸事情で出遅れて、練習場に入ったのは練習開始1時間前。

軽くストレッチして、スタンダードのシャドー。
アンダースローとカウント1のシェイプの確認。
広背筋のストレッチをしっかり意識
続いて、ネックを意識しながらスローのシャドー。
 ・ウィーブの後半、ボディを弛めない
いけそうな気がしてきたところで、ワルツとタンゴ
 ・背中の使い方は多分同じ筈
 ・上の3角形を崩さず踊るように心掛ける

30分で切り上げて、ラテン
 ・ルンバウォーク、クカラチャ、8種のシャッセ、開いたポーズと閉じたポーズ、ボタフォゴ、ボルタ、ホィスクの基礎エクササイズ
 ・左アームに注意しながらルンバのベーシックルーティンをシャドー
 ・ボディのシェイプ、絞り、アームワークを意識しながらルンバのバリエーションをシャドー

アップの終わったパートナーさんと組んで、ルンバのベーシックをカウントで踊る
 ・クローズヒップツィストがスムーズに踊れない
 ・カウント2、♂左アームがフラフラすると、♀に後退する方向が伝わらない
 ・カウント4、♂左アームで♀を押しているため、フロー図フェンシングポジションがいびつになってしまう

今まで、強引に♀を振り回していたってまたまた気づかされた

続いて、ルンバのバリエーション

自宅でビデオを見て気づいたこと
 ・4小節目、♂右足ボールターン後ホッキースティック風に繋げるとき、右足がその場ではなく、中央方向に踏み込んで小移動
 ↑♀が無理して壁側に踏み込んで、次の進行ルートを確保していたので、少しは楽できるかも?

早速試してみたところ、結構良い感じ
↑お互いエレガントにプレゼンテーションするには、無理は禁物

 ・8小節目の終わり、♀の右アームを崩さないように、内側に入れず、押さず、引かず、良い位置をひたすらキープ
 ↑ちょっとずれると、♀が踊り難そうなので一目瞭然
 ↑たまにキャッチし損ねて、♀の前腕を掴んでしまう>♀の動きを阻害してしまうので要注意

 ・12小節目、ベーシックに入る直前のカウント3&で♂左足前進(今までやっていなかったって、ビデオを見て気づく)、4で右足前進

 ・16小節目、アレマーナに入るとき、♀の進むコースをしっかり確保(=左サイドを開ける)

 ・27小節目、クカラチャに入るとき、もっと早く回って余裕を持って踊りたい

曲に合わせて2曲踊る。
周りが気になって動きを小さくしたり、回転量を変化させると、次のパートで二人の間隔が詰まってしまったり、広がりすぎてしまったり・・・
↑コンペで失敗しないように、位置関係をしっかり把握できるまで踊り込もう(時間はかかりますが)

続いてスタンダード
軽く身体をほぐしてから、曲に合わせて3種目6曲続けて踊る。

ワルツ
 ・前回も良かったけど、今日はもっと良い感じ

タンゴ
 ・プロムナードリンク、フォーラウェイリバースアンドスリップピボット、テレマーク、オーバースウェイのパートを暴れず、押さえて踊ってみた
 ↑♀に感想を聞くのを忘れてしまった

スロー
 ・出来ているかどうかは別にして、背中を意識して踊るだけでswingがギクシャクしなくなった

曲が終わってから、2人で組んで広背筋を伸ばしたピクチャーポーズの確認
 ・1swingずつ、このポーズを作る意識を忘れない
何か、良い感じ~↑本番でこれを出せるといい結果に繋がりそう!

3種目1曲ずつ踊って確認
フロアも込んでいて、フロアクラフトの練習も合わせて効果的

ワルツとタンゴは良い感じ

スロー。
ナチュラルウィーブ4歩目、hiroの左ヒールが他のカップルのパートナーさんのすねを直撃
うーん・・・、もっと周りを見られるように、だんだん気を付けていこう!

次の練習はスタンダードのみ。
競技会に向けて踊り込みだ~!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-02-03 23:12 | 練習