<   2008年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

今年を振り返って

慌ただしい年末もようやく終わり、無事新年を迎える準備が整いました。
一息つきながら、久々にブログにアップです。

今年は、お別れと出会いの年でした。

昨年春から組んだパートナーさんとの踊りもだんだん形になって成績も上向きになって

きて、DSCJではオナーダンスも踊ることが出来ました。
これからと言うときに、諸事情でのお別れ。残念でした。

そして今のパートナーさんとの出会い。
短期間ではありましたが、ちょっと無理して頑張ってのエントリーと念願のラテン昇級


カップルとしてはまだまだこれからですが、来年に向けて期待を持てる年になったと思

います。
来年の抱負は年が明けてから、落ち着いてアップしたいと思います。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-12-31 16:31 | その他

ようやく

今日からお休みに入りました。
激務も終わり、今朝は久しぶりに寝坊してから、大掃除(その1)&年賀状でした。
明日中の投函を目指します。
踊り納めは・・・残念ながら21日にその自覚がないままに終わってしまいました。
来年はいっぱい踊りたいです。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-12-27 22:54 | その他

2008.12.15in 富士学院

昨日はせっかくの練習日だったのに僕の都合でお休みしてしまいました。
残念です。今年も残すところ練習が1回となってしまいました。

さて、先日の練習ノートから。

前日の練習で何とか出来上がったルンバのバリエーションを最後にコーチャーに見ていただけたらと、急遽レッスンをお願いしたところ、都合が付かず、サブコーチャーに見ていただこうかと思ったところ、お休み・・・
今年のラテンレッスンは終わってしまいました。

代わりに前日に引き続きの練習となりました。

更衣室を出ると、丁度パートナーさんと同じタイミング。
軽くストレッチ&アップしてからルンバの練習開始。

カウントでベーシックを合わせる。
前日変更したコネクションもスムーズで違和感無し。
僕は自分で踊りながら、もっと絞って、もっとボディをタイトに切り返して踊れるように、練習が必要だと感じました。
あと、アームワーク!ビデオ見て研究しよう!

続いてバリエーションをカウントで合わせる。
終盤の♀のキック、ルーティン変更に伴い脚が逆になってしまいました(気づかなかった)
↑これに対応させて・・・試行錯誤の結果、正面をナチュラル方向に1/4回転させてみると・・・良い感じ!
踊れば踊るほど左にずれているのもこれで解消!

曲に合わせて2曲続けて踊ってみて、ちぐはぐなところを微調整。
 ・とにかく♀の進行方向をふさがない
 ・♀をリードしようとしてアームに力を入れない
 ・自分のアームを伸ばしても縮めても、手の位置は変えない

前回の個人レッスンで習った、♀の重心を常に感じていることと、アームを崩さないリードは・・・時間がかかりそう。

ルーティンを変更して途中で方向を変えた後、♀を抱えてポーズを作るところで方向が曖昧になりがち。
↑軌道を気持ち大きくしただけで、時間を持て余すことはなくなったので、後は方向だけ。早く慣れよう!

ベーシック同様に、1歩ずつフットワーク、ボディムーブメント、アームワークを意識できるように、しっかり踊り込もう!

引き続きスタンダード。

ワルツから。
カウントでルーティン。第3LODで崩れてしまう。
ダブルリバーススピンから反復エクササイズ。
 ・スピンで右手が上がってしまうことがたまにあるので要注意

だんだんスムーズになってきたところで、フォーラウェイリバースアンドスリップピボットから続けてみると、良かったり、悪かったり。
フォーラウェイの終わりで崩れてしまうとNG。崩れずダブルリバースに入れると、良い感じ。

ランニングスピンターンから続けると、悪かったり、まあまあだったり。
フィガーとフィガーの合間に崩れやすいポイントが増えた分だけ不安定な感じ。

気分を変えてタンゴ。
 ・前日♀を引っ張って崩していたテレマーク&オーバースウェイはOK!
 ・アウトサイドスウィブルで♀の居場所を確保=ボディを開かない
 ・コントラチェックから戻るタイミングに違和感あり
 ↑時間がなくて確認できず。

最後に曲に合わせてワルツを1曲踊る。
結構良い感じ。
スピンでは右手の位置がしっくり行くと、2人の遠心力で気持ちよく回れるって実感。

次は週末のレッスンだー!(って、終わった話ですが)
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-12-23 23:42 | 練習

2008.12.14 in 富士学院

先日の練習ノートから。
練習場に向かう電車の中でイメトレ。
ルンバのルーティン
 ・一昨日習った変更分をしっかりイメージでなぞる
 ・♀のウェイトを常に意識~親指、小指、踵の3角形を小さく
 ・♀の軸とアームの位置関係を常に意識

スタンダード
ワルツのルーティン
 ・前回習った追加分
 ・フォーラウェイリバースアンドスリップピボットの2&、ヒールを下ろしてもボディを弛めない
 ・ダブルリバーススピン、2歩前進&二人の位置関係を崩さない
 ・コントラチェック、右回転→♀を3歩前進させる
 ・ツイストターン風mの1歩目、Xラインを作る
 ↑ここまでの4歩を一連の動作として迷わずスムーズに踊れるようにしよう!

まだ風邪が完治していないので、早めに行っての個人練習は中止。
着替え終わると丁度パートナーさんが準備中。

まず、前回個人で受けたレッスンの内容をビデオで確認。
ルーティン変更分の概要を理解して貰って、ストレッチ&アップ開始。

身体がほぐれたところでルンバのベーシックをカウントで合わせる。
 ・♂左&♀右手のコネクションを微調整。
 ↑親指と人差し指で挟む部分は♀小指側の肉球(?)部分~♀は4指を揃えて伸ばしたまま

前回のレッスンでの変更分をゆっくり合わせながら確認。
 ・今まで2小節でやっていたことを4小節でやるので、随分余裕が出来た。
 ↑時間を持て余しがち。余った時間を優雅に使えるように踊り込もう!
 ・その前の2小節も良い感じ。
曲に合わせて2曲続けて踊る。
 ・音に遅れず踊れるようになった。
 ・後はつなぎの確認&踊り込み!
後、1回ラテンのレッスン受けられるかなぁ?
コーチャーに相談してみよう!

続いてスタンダード
曲に合わせてワルツ。
 ・前回習ったところで、曲から遅れてしまう。
 ・フォーラウェイの後、ダブルリバーススピンに入るところで余裕無し
 ・ダブルリバーススピンの後、コントラチェックに入るところで突っ込みがち
 ↑2で戻れず、遅れてしまう
次にやることをしっかり理解して、コントラチェックからXラインを作るまでをスムーズにしたい。

そのまま、曲に合わせてタンゴ。
 ・フォーラウェイ、テレマーク、オーバースウェイのパートで、下を見ない!

続いてスロー
 ・だんだんその場でロアーできず、骨盤が伸びてきて、♀を押してしまいがち。
 ・曲の始めから終わりまで、姿勢を崩さずに踊れるように努力しよう!

小休憩の後、カウントでワルツ。
 ・とにかく、真っ直ぐ立って、♀の居場所を確保して、♀を先に動かせて空いた場所に自分が進む
 ・スローアウェイオーバースウェイで♀を左手で引っ張って崩してしまいがちなので、肘から先を弛めておく
 ・フォーラウェイは、ステイロアー、右サイドを引き上げながら左方向内回りの前進
 ↑ダブルリバーススピンも同様
 ・ダブルリバーススピンの終わりに上体を左にキープできると、次のコントラチェックで突っ込まない

とりあえず、目先の問題を何とか解決できそうな気がしてきたところで、曲に合わせてワルツを2曲続けて踊る。
スムーズとは言い難いけど、何とか次のレッスンで見ていただく段階にはなったかな?
スローアウェイオーバースウェイと第3LODをしっかり見ていただこう!

僕の体調が今イチなので、早めに終わらせていただく。
体調が復帰したら、ガンガン踊り込みたいなぁ~
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-12-21 23:24 | 練習

2008.12.12 ルンバ編(その2)

先日のレッスンノートの続きから。

コ「hiroさん、アレマーナはランジラインを決めている時間ないんじゃないの?」
h「ランジラインって何ですか?」
コ「ランジラインというのはこういう・・・」
↑hiroが今まで2拍掛けてカウント3で決めていたやつ

カウント2で普通のアレマーナを右足後退せずに横に軽く開く
 ・hiroは左手を振り回して♀を回そうとしすぎ!
 ・アームを下ろそうとして力を入れない
 ・♀回転の軸をその場に作ろうとせず、♀右手がいつも♀の前方にあるようにフォロー
 ・♂は回転のきっかけを与えるだけ、後は♀の仕事

また梓先生と一緒に見本を見せて下さる。
とても自然でスマートって言葉を連想した。

最後、♀がキックした後、スパイラルする軸
 ・♂のボディ(胸)と右手のプレッシャーを等しくして、中間に♀のボディをキープ
 ・軸足の親指、小指、踵の3角形のどこに♀の重心があるかを常に意識すること。
 ↑この3角形が小さくなればなるほど、軸がぶれず、奇麗に踊れる。

コ「いつも意識して練習していると、腕が上がるよ!」

 ・リードしようとしない。
 ・自分のバランスと♀のバランスを意識しながら、立ち位置を決めて、正しく動くだけ。
 ↑「だけ」って、とても難しいことをさらりと言われちゃいました。

たまたま、その前のスタンダードのレッスンでも同じことを言われているので、今一番足りないことなんだろうなぁって実感しました。

何はともあれ、ルンバのルーティンは決まったので、来年の前期に向けてしっかり練習します。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-12-20 23:55 | レッスン・L

2008.12.12 ルンバ編(その1)

先日のレッスンノートから。

都合によりhiroの個人レッスンとなりました。
時間ぎりぎりにスタジオ入り。軽くストレッチしたところでレッスン開始。

コ「調子はどうですか?」
h「前回のレッスンで作っていただいたルーティンのうち、バッテリー切れでビデオに撮れなかった分が曖昧で、2人で相談しながら練習しています。
幾つかカウントと歩数が合わないところがあって・・・」
コ「ちょっとやってみて下さい。」

カウントでシャドー。30小節踊って
h「ここまでは、ビデオで確認が撮れています。」

続くアレマーナから2人が入れ替わり
h「ここの歩数が合いません。」
コ「そこは23&4にしましょう!」

コ「この後♀は何をやるんでしたっけ?」
h「僕も分かりません。」
コ「うーん・・・忘れちゃったなぁ~・・・」

試行錯誤の後、
コ「じゃあ、こうしましょう!・・・」
23をスポットターンに変更。
4で右脚後に振り上げ、1で下、2で前にキックして3で着地

h「この後3-4でスパイラルして、2でポーズを決めて、3で戻して、4でスパイラル。ここが慌ただしくて・・・」
コ「C級目指しているんだから出来るでしょう!」
h「練習しているけど、とにかく忙しくて、優雅という言葉にはほど遠いです。」
コ「うーん・・・1拍じゃなくて1小節掛けてもっとゆっくりやるんじゃなかったかなぁ?・・・」

またまた試行錯誤の結果
41でスパイラル
23で脚を掛けて412で左斜め前にポーズ、341で戻って
2で右脚を左足の前に交差して着地。34でスパイラルして最初に戻る。
↑決定!

なかなか覚えられなくて、何度も何度も繰り返す。
三浦先生が藤本梓先生と一緒に踊って見本を見せて下さる。
うーん、エレガント!
↑こんな風に踊りたいなぁ~

この後、幾つか出来の悪いところを直していただく。

その2に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-12-18 23:31 | レッスン・L

2008.12.10 in 富士学院

先日の練習ノートから。
病み上がりに付き、ルンバとワルツに限定した練習にして貰うつもり。
↑この前のレッスンで弘子先生に風邪うつされたかなぁ?
1時間前に練習場に入り、無理せず、ゆっくりとストレッチ。

身体がほぐれたところで、ワルツの復習。

コントラチェック
2 ウェイトを戻すとき、♀を前進させながら、♂ネックと背骨は右内回り開始
3 ♀前進させて、♂は後退しながらピボットアクション

ツィストターン風
1 右足ボディの下、ウェイト横、1瞬Xラインを作って
2 (♀ロンデの右足着地後)左足回り込んでスウェイチェンジ
3 右足アクロス

スピン?
4~7 絞りを解き、ノースウェイで回転。右手に注意
8 回転終了。PP
9 前進

何とか形になったところで、ラテン。
久しぶりなので、ルーティン忘れそう。
ゆっくりだと繋がるけど、曲に合わせると、まだちぐはぐ・・・

アップの終わったパートナーさんと合わせる。
曲に合わせてルンバのベーシックを1曲。

つづけて、バリエーション。
2回目のレッスンで追加した部分で音から遅れる。
カウントで復習。
コントラチェック風に入る直前のカウント4で、♀がウェイトを乗せてから&カウントの体重移動
↑一人だけ先走らない!

続くアレマーナ。オンカウントで♂左サイドをナチュラル方向に回転させないと、♀の進む場所が無くなる
↑忘れやすいので注意!

R-Rホールドのクローズヒップツィスト風の3歩目、二人の位置が重なると、その後♀がキックする時邪魔してしまうので、ポジショニングに注意!
↑♀が前(壁側)

キキウォーク、♂左手は♀の左脇に添える~忘れがちなので注意!

♂が振り返って向かい合う26小節目、・・・遅い!もう1拍早く回って、クカラチャ前のアクションを見せたい
↑ここに限らず、入れ替わりのアクションをはっきり見せたい

アレマーナのコネクション、♂左手シェークハンド風、♀右手の平上向き

この後のカウントが曖昧。・・・途中を曖昧なまま飛ばして最後。

カウント3でウェイトをしっかり戻さないと、♀の左アームを抜けない。
カウント4で♀スパイラルしながら♂から離れるので、♂が位置関係を微調節

後は、レッスンで解決しよう!

スタンダード。
前回レッスンの後におかしくなってしまったダブルリバーススピンは二人の位置関係をより重ねてみるとOK。
↑ずれないように気を付けよう!

新しく習ったところ。
コントラチェック
 ・♀の居場所をはっきり示すこと!~特に3歩目
 ・花束を抱えて、右肩越しに開くイメージ

ツイストターン風
 ・1歩目、♀ロンデのきっかけを与えられず???
 ・2歩目、♀の右足が床に着くまで待ちきれず・・・
 ↑ここまで、♀先行、
 ・3歩目、回り込んでから♂先行
 ・4歩目、絞りを解いて♀先行(だと思う)
まだイメージに身体が追いついていないので、早く風邪を治して、しっかり踊り込もう!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-12-17 23:19 | 練習

2008.12.5 ワルツ編(その3)

先日のレッスンノートの続きから。
追加分のフィガーの注意点をまとめました。

コントラチェック~1歩1歩♀のウェイトがどこにあるか意識すること
1 down
  ♂右脚を弛めて左足逆壁斜めに前進チェック
  ♀右足後退のチェック
2 up
  ♂右足にウェイトを戻して、上体(ネックから肩胛骨)リバース方向への回転運動開始=ネック先行、フレームを回さない
  ♀左足の上にウエイトを戻す
3 ♂左足をやや後退して、ピボットアクション風~上体の回転運動継続
  ♀右足の上に前進させる

ツィストターン風?
1 down 
  ♂先行させていたネックを止めて方向を決定し、右足その場について加重
   ↑前進しようとすると♀が反っくり返ってしまう
   右足加重後膝を緩め、左スウェイで右サイドにウェイト移動してXラインを決める
   ↑ウェイトはサイドに移動させ、前後に移動させない(表現は難しい)
   ♀にロンデさせるとき、左手首を変えずにフレームをキープ
  ♀左足前進後、ナチュラル方向に右脚をロンデ
2 up
  ♂(♀が右脚を床に着けてから)右スウェイで左足前進~パソのツィストターンのイメージ
  ♀ ロンデした右足を床に着けてから、絞りを解いて♂(中央)に正対
3 ♂ 右足を左足の後に交差してトゥでポイント
  ♀ ???

スピン?
1 ♂ 絞りを解きながらナチュラル方向に回転開始
  ♀ ♂を軸にしてナチュラル方向に回転開始
4拍掛けて、2人のセンターを軸にして回転
  ♂ 絞りを解いた後は、回転の軸を♂背骨から2人のセンターに移動し、スウェイを解く
   ↑右手の位置を高くしないように注意 
5 ♂&♀ 壁斜めにPP
6 ♂左足前進
  ♀右足前進

こんな感じかな?間違いは都度正していきます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-12-16 22:32 | レッスン・S

2008.12.5 ワルツ編(その2)

先日のレッスンノートの続きから。

コントラチェック
コ「まず、私がやるのをよく見て・・・」
1 ♂右脚を弛めて左足逆壁斜めに前進チェック
  ♀右足後退のチェック
2 ♂右足にウェイトを戻して、上体(ネックから肩胛骨)リバース方向への回転運動開始
  ♀左足にウエイトを戻す
3 ♂左足をやや後退
  ♀右足前進

ツィストターン風?
1 ♂右足その場について加重
  ♀左足前進後、ナチュラル方向に右脚をロンデ
2 ♂(♀が右脚を床に着けてから)左足前進
  ♀ ロンデした右足を床に着けてから、絞りを解いて♂(中央)に正対
3 ♂ 右足を左足の後に交差してトゥでポイント
  ♀ ???
4 ♂ 絞りを解きながらナチュラル方向に回転開始
  ♀ ♂を軸にしてナチュラル方向に回転開始
4拍掛けて、2人のセンターを軸にして回転
8 ♂&♀ 壁斜めにPP
9 ♂左足前進
  ♀右足前進
 
パートナーさんは、自分の動きを直ぐに覚えちゃったんだけど、hiroは相変わらず覚えが悪くて、何度もNG
コーチャーからは「hiroさんは全然理解していないのね!」
「分かってないのに、入って返事するの止めて!」
「肝心なところを見ていないのね。私の動きをよく見て!」
「♀のバランスが今どこにあるのか感じようとしないのね!」
「少しは深刻な顔をしなさい!」
等々キツイお言葉をいっぱいいただきながら、たった4小節の動きをようやく理解し(たつもりになっ)て、体が何とか動くまで30分以上掛けてしまいました。
↑この間、パートナーさんはずーっとシャドー・・・
(その1に書くのを忘れたけど、コーチャー風邪で声があまり出ず、今日は優しいイメージでっておっしゃっていたのに、大きな声は出させるは、身体は酷使させるは・・・悪いことしました。)

ここのポイントはその3にまとめます。

パートナーさんと組んで、Wリバーススピンから続ける
いきなりNG
 ・スタートから右に傾くので注意(さっき言われたばっかり)
 ・上体を直立できず>骨盤を折って腹筋をしっかり使う(これもその前に言われた)
 ・♀と一緒に前進している>先行させて空いたスペースに前進(来る前からイメトレしていたにも関わらず、その前のレッスンで言われたばっかり)
☆互いのサポーティングフットを弛めるので、♂右膝と♀左膝は互いの相手のボディの下まで(もっと?)前に出る。

何度か繰り返して仮合格の後、フォーラウェイから続ける
コ「hiroさん、何そのライズアンドフォール!そういえば、前のレッスンの後、メールで質問してきたけど、その通りにやって見せて。」
1 ライズ
2 アップ
& ロアー
3 フラット
コ「そういうのは・・・」
↑肝心なところを忘れてしまった。
&はTHなので、ロアーという表現をするが、・・・(ベントしない。NFRみたいなイメージだったような?)

コ「何で最初に質問しないのよ?」
h「メールでいただいたアドバイスを勘違いして、もう分かったつもりでいました。」
コ「今日はもう時間がないから、次のレッスンの始めに必ず質問するのよ!」
h「はい、分かりました。」

レッスンの後、2人で復習。
Wリバーススピンのカウント3&で♀が左足を右足の前に交差させようとすると、♂右足にぶつかってしまう???
↑ついさっきまで上手くいっていたのに???

先生に訊いたけど、自分で考えるのも勉強だって教えて下さらず・・・
2人の重なり具合を減らして広くしてみたけど、NG
次の練習で問題を解消したいものです。

ロンデの後の2回転、当初1小節で回ろうとして忙しかったので、2小節にしてみると優雅な感じ。
コーチャーに確認して、2小節に決定しました。

次の練習までにイメトレ&シャドーして、自分の問題を解決して、次のレッスンまでには2人でしっかり踊り込んで臨みたいと思います。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-12-14 22:35 | レッスン・S

2008.12.5 ワルツ編(その1)

やたらと慌ただしい毎日に宴会が重なり、おまけに風邪で寝込んでしまいました。
気づいたらブログが随分遠のいてしまいました。
また、合間を見てコツコツアップして行くつもりです。

さて、先日のレッスンノートから。

超久しぶりにスタンダードのレッスン。
スタジオに向かう電車の中でイメトレ。
今日はワルツのバリエーション。
今まで使っていたルーティンの3rdLODにフィガーを追加していただき、4thLODを新たに変更していただきたい。
今回と次回の2回で来年使うルーティンを固めたい。
今日は
 ・上をしっかり(頭と両肩の3角形をキープ)
 ・同心の2重円を意識
 ・骨盤を曲げて♀の居場所をキープ
 ・背中を使ってswing
この4つで臨もう!

45分前にスタジオ入り。パーティ前のせいか、フロアはお客さんで一杯。
じっくりストレッチのあと、アップを兼ねて基礎エクササイズ。
アンダースロー、カウント1のシルエット、スクエアの反復エクササイズのあと、ルーティンをシャドー。

アップの終わったパートナーさんと組んで合わせる。うーん、結構良い感じ。
課題の残っていたスローアウェイオーバースウェイとランニングスピンターン&サイドロック&フォーラウェイリバースアンドスリップピボットは特に訊かなくても良いから、ルーティンの追加をお願いしようかな?
↑この独りよがりな判断ミスが・・・

パートナーさんと相談する前にコーチャー登場、レッスン開始。
コ「今日は何をやりますか?」
h「ワルツをお願いします。今までのバリエーションのルーティンをそのまま練習しているのですが、3本目が短いので、少し追加して下さい。
あと、4本目もベーシックっていう感じなので、新しくして欲しいのですが。」
コ「分かりました。ではそのルーティンを踊って見せて下さい。」

1周半くらい踊ってstop
コ「練習してきましたね。踊りがだんだん合ってきました。
そこは、フォーラウェイの後、Wリバーススピン、コントラチェック・・・
(実際に踊って見せて下さって)こんな感じでどうかしら?」
h「よく分からないけど、格好いいです。それでお願いします。」

コ「hiroさん、ダブルリバーススピン分かるかしら?」
h「昔習ったことあるけど、最初からお願いします。」
コ「まず・・・」
1 ♂左足前進
  ♀右足後退後ヒールターン
コ「そのためにはどうすればいいのかしら、hiroさん?」
h(・・・)
 ・♀と一緒に突っ込まない、=♀を先に後退させて、空いたスペースに♂が前進
 ・腰を♀に押しつけない=その場にロアーしながら、上体を真っ直ぐキープ
  ↑骨盤を折って腹筋を使わないと真っ直ぐ立てず、イメトレどおり二からだが動かないことを実感(汗)
☆右に傾いたり、お腹で押しがちなので要注意

2 ♂右足外回りに前進
  ↑回り込もうとしない
3 ♂左足を横に開く
  ↑床にポイントするだけで、ウェイトを乗せない(だったような?)

その2に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-12-13 21:01 | レッスン・S