<   2008年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2008.9.28 大さん橋ホール

昨日の競技会ノートから。
会場に向かう電車の中でイメトレ。
まず、スタンダードから。種目はタンゴ&スロー。目標は準決勝進出
 ・落ち着いてゆとりを持つ(=一生懸命にならない)
 ・上をスッキリ(=頭を吊り上げて、ネックを固定、お腹を引っ込めて、あばらを巻き込み、アームの力を抜いて、フレーム固定)
 ・音楽を大切に(=裏からでない)
 ・足の裏を通して床を感じる
タンゴ
 ・中間バランス
 ・内回り、外回りの2重円を意識
 ・PPからのスタートとシャッセで脚を固めない
スロー
 ・テイクバックを大きく
 ・swingを止めずスムーズに
 ・フォロスルーを大きく、シルエットを意識

表彰式まで残ってもラテンの開始まで1時間弱有るので、久しぶりにゆっくり着替えられそう。

チャチャチャ
 ・3&、1&でボディの切り返し
 ・ビートバリュー>4を短く、&を長く、1を大きく
 ・サポーティングフットをしっかり使って、1でボディを運ぶ
 ・ウェイトを床に入れて、アームの力を抜く

パソドブレ
 ・床をしっかりプレス
 ・至るところでシェイプを強調

どれも練習できちっと出来ていないことなので、音楽を感じながら(チャチャを)楽しく、(パソを)たくましく踊ろう!
スタンダードは1時間以内、ラテンは30分以内に1次予選から表彰式まで終わる予定なので、慌ただしくなりそう。出遅れて焦ることが無いように、流れに預けて、慌てず、平常心をキープしたい。

最寄り駅から会場に向かう。
敷地に入ってからが長くてビックリ。雨の日は勘弁して欲しいなぁと思いながら歩く。
中はとても広く、競技会場と控え室が隣接していて、衝立で仕切られている。
すみだ産業会館に似たイメージ。

受付後、パンフを確認。事前にwebで公開しているとおり。
スタンダードを終えてからラテンの受付になるので、忘れないように気を付けよう!

練習タイムにパートナーさんとフロアの確認。
ちょっと滑りやすいので、しっかり立ってからサポーティングフットを使うこと。
タンゴ
 ・PPからのスタートがちょっと固い
スロー
 ・被ってswingがスムーズに動けない
微調整をして本番に臨む。

1次予選。36組中24組通過。4ヒート中2ヒート目。
タンゴ
 ・良い感じ。直前の微調整が良い方向に働いたみたい
 ・終わりの方でファイブステップの4歩目、hiroの右足の下に誰かの足が・・・
 ↑お互い動けずモタモタしてしまった・・・終わりの方で良かったです。
スロー
 ・ルーティンを間違えてしまった。
 ↑しっかりフォローして貰って、パートナーさんに感謝
  hiroは・・・その後落ち着きがなかったかも?

結果が張り出されるが、確認に行く間も惜しく、その場で待機。

2次予選。27組中12組通過。2ヒート中1ヒート目。
タンゴ
 ・良い感じ。
スロー
 ・僕らのルーティンが会場に対して小さすぎる。
 ・しょうがないからアドリブを入れて、パートナーさんに伝えながらお踊った。
 ↑次は中央付近を中心にルーティンを変えずに踊りたい。

終わって、成績を確認
1次予選。仕切り点7
TF ×○ ×○ ○○ ○× ○○ ○○ ×○ 計10点11位
うーん、思ったより評価が低い・・・
自分ではスッキリ立ってフルチェックかと思ってました。
特に、タンゴ。かろうじて過半数の4点。多分自分が思っているほどスッキリしていないんだろうなぁ~

ここで、2次予選の成績を張り出す。
とりあえず自分のゼッケン番号がヒート割りに乗っていることを確認して入場場所に移動する。

準決勝。12組中6組通過。
タンゴ
 ・自分じゃベスト。スッキリ立って余裕を見せて踊ったつもり。
 ・スローが続くの忘れて、観客におじぎしていて次の準備が送れてしまった(僕のミス)
スロー
 ・2回ぶつかってしまった。
 ・今日初めて。その後のリカバリーは・・・今イチだったかも?

2次予選の結果
TF ○× ×○ ×○ ○○ ○○ ○× ○○ 計10点4位
↑良かったんだよなぁ~ 

続く決勝のヒート割りに僕たちのゼッケン番号は無かった・・・

結果
準決勝。12組中6組通過。仕切り点7
TF ×× ○× ×○ ×× ○○ ×× ○○ 計6点7位
1点足りなかった・・・残念!

気を取り直して、ラテンの受付後、着替えてアップ。
 ・チャチャのおっぱいリード、ボディの切り替え、ビートバリュー
 ・パソのトーンとシェイプ

1次予選。11組中5組通過。1ヒート(=準決勝みたいなもの)
チャチャチャ
 ・真ん中で踊る。
 ・上をおとなしく、下をバンバン!
 ・ビートバリューとボディの切り替えは少なくても意識はし続けられた
 ・おっぱいリードはすっかり忘れてしまった。
パソドブレ
 ・フレームはしっかり出来たと思う
 ・シェイプは・・・今イチ

結果が張り出され、自分のゼッケン番号がヒート割りに乗っていることを確認して決勝に望む。

決勝、6組。名前を呼ばれてフロアに入るのは何だか久しぶり。
 ・何だかよく分からないうちに終わる。
 ・今度は観客に挨拶せずに、パソの準備が出来た。
 ・気持ちよく踊れたけど、悪いとこが全部出たんだろうなぁ~

表彰式
 ・優勝はメル友さん(♀)カップルだった。
 ・3位迄に呼ばれず、昇級を諦め
 ・5位迄に呼ばれず、ビリって知る。
 ↑まあ、以前は予選落ちだったのが、コンスタントに決勝で踊れるようになった分だけ進歩したと自分を納得させる。

もう一つ上を目指して頑張ろう!
その前に一緒に頑張って下さる方を見つけないとね。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-09-29 23:22 | 過去の競技会

昇級ならず

今日はパートナーさんとの最後の競技会でした。
スタンダードは準決勝まで。ラテンは決勝でビリに終わりました。
W昇級を目指してレッスンと練習を続けてきましたが、残念ながら目標には到達できませんでした。
パートナーさんには、カップル結成以来1年5ヶ月弱のお付き合いでしたが、最後まで泣き言一つ、文句一つ言わず、良く努力して下さったと感謝の気持ちで一杯です。
最後にトロフィーを2つ感謝の気持ちを込めてプレゼントしたかったのですが、それもかなわずリーダーとしての力不足を感じました。
そうそう、ラテンで優勝したカップルのパートナーさんは、メル友でしたが、お祝いの言葉を送るのを忘れてしまいました。
最後に記念写真をお願いすれば良かったなぁ~
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-09-28 22:11 | 過去の競技会

2008.9.26 in 富士学院

昨日の練習ノートから。
やるべき課題はお互い分かっているはずなので、曲に合わせて最後の踊り込みメインの練習。

軽くアップの後、流れている曲に合わせてチャチャ
 ・ビートバリューとボディの切り返しをアピールしたいんだけど・・・暴れて終わり
 ・せめて上をスッキリ見せたいんだけど、気づくと暴れている

カウントで微調整の後、曲に合わせてパソ。
 ・シェイプを強調して踊りたいんだけど・・・余裕無し
 ・シャッセケープはサイドのストレッチを交互に決めたいんだけど、ただ手を上げ下げしているだけ見たい

小休憩の後、スタンダード
とにかくおとなしく、フットワークに気を付けてシャドーの後、

曲に合わせてタンゴ
 ・オーバースウェイのネックとおへそが今イチ
 ・PPからの1歩目が固い

引き続き曲に合わせてスロー
 ・swingがいびつ>swingの終わりに高いところでシルエットを確認し、下りるときに次のswing開始
 ・2人のボディの間に隙間がどんどん広がっていく???

カウントで確認後、2ラウンド目
チャチャ
 ・サポーティングフットを使ってボディを運ぶのはNG
 ・ネックも・・・1曲最後まで意識できず
パソ
 ・ツィストでボディを折らない
 ・アームを固めない
タンゴ
 ・PPからのスタートが急にスムーズに
スロー
 ・swingが急にスムーズに
スタンダードは急に良い感じに化けたなぁ。
後はラテンだ~

カウントで確認後、3ラウンド目
今まで出来なかったことが急に出来るはずもないし・・・
やってきたことを確実にやれるように落ち着いて踊る

チャチャ
 ・おっぱいリードを意識しながら、上の吊り下げを忘れない
パソ
 ・とにかくフレーム
 ・運動は下から
 ・肘をしっかり張って
 ・アームの力を抜いて
 ・ボディトーンをしっかりキープ

小休憩を挟んでスタンダード

タンゴ
 ・その前の練習で良かったのが、嘘のように重くなる
疲れたようなので、1曲で止める。

スロー
 ・swingがぎこちなくなってしまい、1曲で止める

結果、最後のスタンダードは余分だったみたい

ラテンはビートバリューとおっぱいリード
スタンは上をおとなしく、下をしっかり使って、頑張らない!

明日は今年最後の昇級のチャンスになるかもしれないので、悔いの残らないようにbestを尽くすぞー!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-09-27 18:44 | 練習

2008.9.24 in 富士学院

先日の練習ノートから。

競技会報告をしたところ、橘弘子先生からアドバイスをいただいた。
 ・上体をスッキリ!
 ・音楽を大切に!
 ・必死、あるいは一生懸命にならずにゆとりを持つ!
 ・足の裏を通して床を感じる!
これらはラテンにも繋がるので、これを集中的に練習しよう!

ラテンから。
アップの後、ルンバの曲に合わせてチャチャを踊る。・・・雑。
足の上にいて上をスッキリさせたいんだけど・・・気づくと前屈みになっている(恥)

カウントで修正してから、パソの練習。
アームの力を抜いて、フレームをキープ・・・できず
シェイプを見せるように努力中。

曲に合わせて踊ると・・・余裕無し
カウントで修正後、曲に合わせてチャチャを踊る。
 ・サポーティングフットを使ってボディを送れず
 ・サポーティングフットの上でボディを切り替えられず
 ↑立ててないってようやく気づく

チャチャもパソもどうしても余裕を持って踊れない。
もっとゆっくりな曲で繰り返し踊らないといけないんだろうなぁ~

今更言っても始まらないので、スタンダード

タンゴ
カウントで踊る
 ・余分な力を抜いて
 ・首を吊り上げて
 ・床をプレス
続いてスロー
 ・フットワーク
 ・スムーズなswing
曲に合わせて踊る
タンゴ
 ・PPからのスタートでばらける
 ・事前に準備を済ませる
 ・音の頭でサポーティングフットでボディを運び始める(しゃがまない)
 ・1の脚を固めず、最後まで使い切る
 ・2の脚は腹斜筋を意識
 ・被らない
 ・シャッセも柔らかく
 ・コントラチェックで被らない
スロー
 ・ロアーしてもボディを弛めない
 ・swing前(テイクバックを大きく)中(スムーズな振り子運動)終(大きなフォロスルーとシルエットの意識)
 ・PPからのスタートで被らない
 ・バウンス、ウィーブの後半、アライメントを意識するとボディが緩みがちなのでしっかり注意
 ・フォーラウェイ、オーバースウェイも同様

カウントで微調整
 ・とにかく上から吊り下げるイメージを忘れないように注意
 ・やるべきことに気を付けているときもネック一定にキープ
 ・アームで♀を押したり、引いたりしない

結果は・・・簡単には得られないようです。

金曜日にラテンのレッスンを受けようと思ったのですが、選手権の移動日で受けられませんでした。
しっかり踊り込んで本番を迎えようと思います。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-09-27 18:23 | 練習

2008.9.21 シーバンスホール

先日の競技会ノートから。
会場に向かう電車の中でイメトレ。
まず、スタンダードから。種目はタンゴ&スロー。目標は準決勝進出
タンゴ
 ・ボディを弛めず(特にスタート)
 ・上から吊り下げてネックは不動
 ・下は固めずに床をプレス
 ・中間バランス
 ・内回り、外回りの2重円を意識
 ・チェイスで右サイドを折らない
 ・シャッセで脚を固めない
 ・フォーラウェイリバースアンドスリップピボットの1歩目左をキープ、3歩目、4歩目で前の足の裏を床から剥がし、4歩目コンパスのイメージで回転
 ・テレマーク、1歩目ボディが左足を通過、2歩目ウェイトを残して回転
 ・オーバースウェイ、ネックを曲げず、おへそと逆方向
 ・タップのタイミングはQQ
 ・オープンプロムナードの1歩目、左足を伸ばして右足加重
 ・アウトサイドスウィブル、1歩目右足を伸ばして左足に加重して右トゥで床をプレス、2歩目オンカウントで右足に立って左足を寄せる
うーん・・・一杯有りすぎ!
上をおとなしく、頑張りすぎない!
↑これで行こう
スロー
 ・上の力を抜いて
 ・下はバンバンswing
 ・ネックは一点をしっかり見つめる
 ・バウンスフォーラウェイ、6の足を使って上一定のまま下だけ開く
 ・同じくボディを壁に向けたまま、7の足(トゥ)を壁斜めに向ける
 ・ウィーブフロムPP、ベーシックウィーブ、ナチュラルウィーブも同様
 ・リバースウェーブ、1の終わりでしっかりライズ
 ・スリーステップ、下から進めて被らない
 ・ナチュラルウィーブ、一旦中央斜めに進む
時間がほとんどないので、ラテンの準備を事前にしておくこと!
チャチャチャ
 ・3&、1&でボディの切り返し
 ・ビートバリュー>4を短く、&を長く、1を大きく
 ・サポーティングフットをしっかり使って、1でボディを運ぶ
 ・ウェイトを床に入れて、アームの力を抜く
パソドブレ
 ・フレームをキープ
 ・アームを固めない
 ・サイドを折らない
 ・至るところでシェイプを強調

会場に入ると・・・狭いのにビックリ。
練習場?の一部を仕切って、更衣スペースを確保している。
流れている音楽に合わせてフロアをチェック。滑りすぎず、滑らなすぎず、良い感じ。
人が多くてストレスが溜まるので、ちょっと合わせて終わりにする。

スタンダード。1次予選。35組中24組UP。4ヒート中1ヒート目。
タンゴ
 ・2度ぶつかってしまう
 ・スローは逆から入場しよう
スロー
 ・逆から入場したんだけど、スタート位置が悪くて、対角側の逆LODを進んで交差してしまった
 ↑バウンスがメタメタ
 ・おまけに途中でルーティンを間違える
 ↑落ち着いているはずなのに・・・何やっているんだろう???
これで1コケなら、悔いが残りすぎ!
次があったら、とにかく上を整斉と!
結果。35組中26組通過。仕切り点8
TF ○○ ○○ ○○ ○○ ○○ ○× ○○ 計13点、5位(同点3組)
思ったより良くてビックリ!昇級の可能性が見えてきた。

2次予選。26組中12組UP。
成績の張り出しを見ていたら、もうコールされている。
慌てて上着を着て、落ち着いた振りをして入場。
タンゴ
 ・自分ではまあまあ
スロー
 ・1回バウンスでもろにぶつかって止まってしまう
 ・終わり間際にもう一度ぶつかり、モタモタしそうになるも堂々とそのまま終了

結果が張り出されない内に準決勝のコール
17組2ヒート。呼ばれて良かった
タンゴ
 ・オーバースウェイでネックとおへその方向を意識するのを忘れていたことに終わってから気づく
スロー
 ・混雑に巻き込まれて、大きな声で叫びながら続ける
 ↑パートナーさん、よくフォローしてくれたと感謝
 ・けど、周りが気になって堂々とは踊れなかった気がした。

結果、決勝のヒート割りに僕たちの背番号はなかった。
後から確認したところ、
2次予選。26組中17組通過。仕切り点5
TF ×× ○○ ×× ×× ○○ ×× ×○ 計5点、12位(同点6組)=ぎりぎり
準決勝。17組中6組通過。仕切り点6
TF ×× ×× ×× ×○ ×× ×× ×× 計1点、13位(同点3組)=ビリ2
という成績でした。

気を取り直してラテンの準備。

1次予選。5組中5組通過。
チャチャチャ
 ・脚が伸びず
 ・1&と3&でボディの切り替えを見せられず
 ・4を短く取れず
パソ
 ・ツィストで遅れた
 ・シャッセケープ、♀ロックの3歩目で脚を伸ばして見える
h「ロックの時シェイプ作りながら脚を伸ばしていませんか?」
パ「はい。」
h「決勝でチェッカーに引っかかったら、びりですよ。」
結果。全員フルチェックで通過。

2次予選
ノートに1次予選の感想を書いていると、コールされる。
↑本末転倒!
チャチャチャ
 ・どうも動きが重い?
パソドブレ
 ・シェイプを見せるはずが・・・NG
踊り終わって見るからに動きの良い若者3組がチェッカーに呼ばれる。棚からぼた餅で昇級かと胸をドキドキさせながら表彰式を待つも・・・
結果。ビリ。
後からよくよく考えてみると、チェッカーに一度引っかかっても何ら制限はないみたい。
予選で3回引っかかると失格。決勝で3回目引っかかるとビリ。(だったような?)

後日webで確認したところ、
チャチャチャ 5545455:5.0
パソドブレ  5545444:5.0
で、完全ビリでした。
まあ、チャチャは2人、パソは4人がビリじゃないって評価して下さったのがせめてもの救いです。

現実を直視して、最後の競技会に向けて努力したいと思います。
って、いよいよ明日になりましたが。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-09-27 17:25 | 過去の競技会

最後の練習

今練習帰りです。
競技会に向けて、今のパートナーさんとの最後の練習を終えました。
欲を言えばきりがないけど、今の僕たちのbestの踊りを確認できました。
あとは明後日の競技会で今日の踊りを出すことだけです。
カップルを組んで1年5ヶ月弱でしたが、今までにあったことの全てを出せればいいなぁと思います。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-09-26 23:31 | 練習

2008.9.19 スロー編

機嫌の悪かったmy pcも何とか持ち直したようで、ほっと一息です。

さて、先日のレッスンノートの続きから。

コ「次、スロー。スローもタンゴと同じようにすっきりと・・・」
ルーティン1周踊ったところでstop

コ「hiroさん、もっと力抜ける?」
h「力入っていましたか?」
コ「入っているわよ・・・」

 ・まずお腹を引っ込めてあばらを巻き込もうと努力して縦の軸を作って上に吊り上げる
 ・肘から肘まで引っ張って横の軸を作って、その先はぷらぷら
 ・脚と骨盤の力を抜いて、ウェイトを床にしっかり入れる

コ「パートナーさん、バウンスの・・・」
 ・ネックは6歩目まで逆LODを向いたまま
h「先生、ここでしょっちゅう他のカップルとぶつかってしまうんですが・・・」
コ「リバースターンに戻す?・・・フェザーステップの間に進行方向を確認して・・・」
 ・動線をどう取るか考える
 ↑難しい
最初の2歩は男性が、その後の2歩はブランクで、4歩目の終わりに♀がネックを返すので、♀がしっかり見ているものだと思いこんでいました。
↑やっていることも違うし、役割そのものを勘違いしていました。(反省)

コ「そこリバースウェブだから♀ヒールターンよねぇ?」
パ「済みません、間違えました。」
コ「今のはhiroさんが♀にヒールターンさせるように・・・」
 ・スリーステップは通過なので、1Sライズ無し、2Qでライズ
 ・リバースターンはライズなので、予Qサポーティングフットを使ってライズの準備、1Sの終わりでライズ

ウィーブフロムPPでコーナーに進もうとしたところ、他のお客さんがいたので、新LODの壁斜めにアライメントをずらしたところお叱りいただく
コ「どっちに行くの?」
h「壁斜めに行きたかったんですが・・・」
コ「私が行けって言ったら行くのよ!・・・どうしたら行けると思う?」
h「歩幅を狭くして・・・」
コ「それはダメよ。・・・」
h「角度を深くして・・・」
コ「そうよ。そうじゃないと次が詰まって余計踊り難く・・・」
h「そういうときはLODを斜めにとって・・・」
コ「LODは決まったもので動かないのよ。」
h「言葉の定義を間違えました。動線を勝手に変えてしまったので・・・」
コ「動線は変えて良いのよ!
h「今まで勘違いしていました。・・・」

コ「hiroさんがあっちに行けないのは・・・」
ウィーブフロムPPの5歩目
 ・右足真っ直ぐ後退し、下からリバース方向の回転
 ・この時左サイドはまだ開かない
 ↑ここで開くと♀がPPと勘違いする(だったような?)
  方向が曖昧になって、ジャッジにコントロールできてないって思われてしまうとも言われた
同じく6歩目
 ・ボディは壁を向いて 
 ・トゥは壁斜めを向ける
 ・ここで左足に加重してウェイト通過した時、OP完成
 ↑4歩目で開いてしまうと、ここで横を向いてしまい、アライメントがずれる=NG
これは、バウンスフォーラウェイとナチュラルウィーブも同様です。

LOD終わりのコーナー付近に他のカップルがいたなら、中央側から迂回してリバースウェーブの1~4を行い、チェックの後新LODの中央側から迂回してベーシックウィーブを行い、結果的にナチュラル方向に回転して進むイメージ

モタモタしていると、
コ「段取りが悪い!hiroさんっていつも行き当たりばったりで計画性がないタイプかしら?」
h「そんなことはありません。」
コ「とてもそうは思えないんだけど・・・」
h「まだしっかりまとめて理解できていないんです。」
コ「いつまとめるの?」
h「帰りの電車の中です。」
コ「全くあー言えばこー言うんだから・・・」
なんて一時の後

☆踊る前に流れの終わりを先に決めて、そこまでどのルートを通ると行けるか考えてから進む
 ↑一番初めに橘組のレクチャーを受けたとき、この話をしていらしたのを思い出しました。(すっかり忘れていた)

先に続けて、ナチュラルウィーブの後stop
コ「hiroさん、ルーティンはフロアの上をどんなイメージで流れていくか、紙に書いてみて。
その間パートナーさんを見ているわ。」
散々苦労して最初黒でフィガーの名前付きで書いているとチェックにきてNG
コ「私に名前を教えてくれなくて良いわ。一つ一つ切らなくて良いから全体の流れを書いて見せて!」
赤で書き直して書き損じて、最後は青で書いて見ていただく。
コ「hiroさん、そんな直線のイメージで踊っているの?
なんでナチュラルウィーブがLODに進むのよ。そういう踊り方をしているから確認してみたのよ。一旦中央斜めに進んで、その後壁斜めに・・・」
↑紙に書いた後なので、あー言われてもこー言えなくて、黙っていると橘正幸先生が笑いながら肩をポンポンって叩いて下さる。
いつもこういう思いをされていらっしゃるんだなぁ~って、同士の絆を感じました。

続くスリーステップでNG
 ・上から突っ込んでいる
 ・上をおとなしく、下から運動を開始して♀を先行させて、空いたスペースに進む
 ・カーブドフェザーも同様

後退の9歩は特に言われず

最後に総括(表現は違った)
 ・上をおとなしく、下を一杯swing
 ・ボディの方向とトゥの方向
 ・サポーティングフットをしっかり使ってライズのタイミングで♀ヒールターンと後退(通過)を踊り分ける
 ・♀に感謝の気持ちを忘れず、優しく踊る

コ「結果はメールで教えて下さい。」
h「はい、頑張ります。」
コ「hiroさんは頑張りすぎると力が入るので、とにかく優しく・・・」
h「はい。気を付けます。」

軽く復習して帰路につく。
後は本番有るのみ!(結果はNGでしたが・・・)
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-09-25 23:32 | レッスン・S

PC故障

練習帰りです。
急遽my pcの電源が入らなくなりました。
webは他のpcでも覗けますが、メールの確認ができません。
修復するまでの間、ブログお休みします。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-09-24 23:25 | その他

2008.9.19 タンゴ編

先日のレッスンノートから。
スタジオに向かう電車の中でイメトレ。
タンゴ
 ・フットワーク
 ・中間バランス
 ・肩の力を抜いて二重円を意識
スロー
 ・二重円とフットワーク
 ・アームだけ上下しない
今日はこれだけ。
終わったら弘子先生にきちんとご挨拶しよう!

1時間前にスタジオ入りするつもりが・・・着替え終わったのが30分前。
弘子先生登場。
弘「早くやったほうが良いなら今からでも・・・」
h「15分下さい。まだ合わせてないんです。」

タンゴから
 ・被らないようにキープしながら力を抜いて・・・なかなか抜けない
 ・クローズプロムナードでばらける
 ↑直前のQで準備、リーディングフットの力を抜いて、Sの前半にサポーティングフットをしっかり使う
 ・ファイブステップの1歩目、左キープしながらしっかり前進
 ・チェイス、サイドを折らずに、シャッセで脚を固めない
 ・フォーラウェイ、足を止めず、軸の上と中間の踊り分け
弘子先生がこっちを見て笑ってる・・・不格好なんだろうなぁ~

何とかまとまってきたところでスロー。
 ・被らないように左キープで・・・swingがぎこちない
 ・swing前の準備=大きなテイクバック
 ・スムーズなswing=前進のパーツをswing
 ・swing終わりのシルエット=大きなフォロスルー
とにかく繰り返して終わり。タンゴ5分にスロー10分くらいかな?
またまた弘子先生が笑ってる。うーん・・・悩む間もなくレッスン開始

弘「始めましょうか?」
h「実は先週競技会の予定だったのですが、直前に都合で取りやめました。」
弘「どうしたの?」
パ「それが・・・」
弘「他のお客さんがhiroさんのブログを見てそんなことが書いてあったと言っていたから、今日は聞こうと思っていたんだけど・・・」
h「ところが明後日と翌週の28日にも財団のE級戦にエントリーしていまして、是非21日に昇級を決めて、トロフィーをパートナーさんに渡して、終わりにしたいと・・・」
コ「分かりました。どっちからやりますか?」
h「タンゴからお願いします。」
コ「さっき練習見ていたけど、hiroさんもっと肩の力を抜いて、しっかり下げて・・・」
h「上がってましたか?」
コ「こんなだったわよ~」
↑文字にするのもおぞましいような格好悪さでした(汗)

音に合わせてルーティン1周踊ってstop
弘「さっきよりはすっきりしているわ。前回より良いわよ。」
h「有り難うございます。」
弘「フォーラウェイが・・・」
h「先生、その前に・・・テレマークで回転するときは膝を緩めておくのでしょうか?」
弘「足を出すとき伸びて、ウェイト移動するとき曲げて・・・緩みっぱなしということはありません。・・・」

フォーラウェイ
1Q HB?
2Q HFH?
3Q (2の脚、足の裏を床から剥がして)TH
4Q TF?
1、2、4歩目のフットワークがうろ覚えとうていたらく(恥)
覚えているのは、2、3歩目でサポーティングフットの足裏を床からしっかり剥がして、ヒールでボディを運ぶこと(表現は違った)

テレマーク
1Q ウェイト左足を通過し、腰をしっかり入れる
2Q 右足背骨を超えてから回転
h「先生、前回軸の上、中間、中間って習ったんですが?」
弘「それは・・・」
 ・頭の位置ではなくて、腰の位置
 ↑頭だけ乗せようとすると、腰が引ける
 ・逆に腰を入れようとすると通過して中間になる(とか何とか)

オーバースウェイ~ネックとおへその方向は逆にする
1S コーチャーは左トゥを内側に向けていた(確認しようと思って忘れてしまった)
   ♂おへそ右斜め前でネックは左斜め前
2S ♂おへそ左斜め前でネックは右斜め前
3Q ♂おへそ右斜め前でネックは左斜め前

hiroは2Sで背骨とネックが湾曲してしまうので、軸を真っ直ぐキープしながら、鼻の方向だけ回す(表現は違った)


シャッセ、ホィスクの後のタップでstop
弘「そこのカウントは?」
h「ホィスクのSに続けてQ&Qです。」
弘「そこはQQにして」
h「ネックはいつ返すんですか?」
弘「特に決まりはないので、好きなときに・・・」
h(それでQ&Qなんだけどなぁ~)
↑これも訊けば良かったです。

オープンプロムナード
4S ボディを開かず、右膝を深く曲げて左脚を伸ばす

アウトサイドスウィブル
1S 右脚を使ってウェイトを左足に移動
   右足をトゥの先まで伸ばして、小指で床をプレス
2S 右足加重、左足を寄せる
   ここまでフレーム一定のまま開かずキープ
   音から遅れがちなので、ト(頭)で乗る

コントラチェック
1& 音の頭でチェック~ここで何回割れたけど忘れた(音の頭で立つだったかなぁ?)
 S ネックを返して、右アームを開く(表現に難あり)
   ↑下げない、被らない

最後にありがたいお話
 ・タンゴはとにかく頑張らない
 ・上をすっきりおとなしく
 ・下はウェイトを床に入れる
 ・上(フレーム)も下(脚、骨盤)も力を抜くこと
 ・トーンだけはしっかりキープ

スロー編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-09-23 22:41 | レッスン・S

2008.9.18 in 富士学院

先日の練習ノートから。
考えなければならないことが一杯有ったけど、後回しにして、練習に臨む。
フロアの上に立ったときくらいは、雑念を捨てて、ダンスに専念しよう!
アップしているパートナーさんの調子を確認してから、軽くストレッチして練習開始。
丁度流れているルンバの曲に合わせてチャチャ
 ・アームの力を抜いて
 ・サポーティングフットにしっかりウェイトを乗せて
 ・サポーティングフットをしっかり使ってウェイト移動
 ・3&と1&のボディの切り返し
 ・ビートバリュー
 ・スポットターン、脚をしっかり伸ばして床をプレス
 ・ニューヨークから戻るとき、下からのスパイラル

引き続き、パソ。
 ・フレームをキープしながら、アームの力を抜く
 ・サイドを折らない
 ・ウェイトをしっかり床に入れる

小休憩の後、カウントで練習
サポーティングフットに重点
 ・ナチュラルトップでしっかり使ってボディを送る
 ・チャチャロックでボディを切り返した後、しっかり運ぶ
 ・♀アレマーナの7歩目、横にしっかり開く
 ・シャッセの3歩目、しっかり開く

続いてパソ
 ・サイドを折らない
 ・フレームをキープしながらアームの力を抜く
 ・スパニッシュラインの両トゥの開き具合を揃える
 ・胸を突き出す

曲に合わせてチャチャを踊る
 ・どうしても雑
 ・ゆっくり練習して体に覚え込ませようとしてきたけど、まだ結びつかない

やりたいことは一杯有るけど、スタンダードに切り替え

お互いシャドーの後、カウントでタンゴから
 ・肩の力を抜いて、しっかり下げて、ネックを上に伸ばす
 ・脚と骨盤の力を抜いて、ボディトーンだけしっかりキープ
 ・フットワークに注意して、&カウントで中間バランス
 ・チェイスでサイドを折らない
 ・シャッセで脚を固めない
 ・フォーラウェイ、足を止めず、ヒールの方向に注意
 ・テレマークは重心を中間に置く

スロー
 ・フットワークに注意してフェザーステップとスリーステップの反復エクササイズ

小休憩の後、曲に合わせてタンゴとスローを続けて踊る
タンゴ
 ・前の音の内に、次の準備>準備が遅れると、音の始めに動けない
 ・チェイスで折れたり、脚が固くなったり
 ・フォーラウェイはレッスン前に戻ってしまった感じ
うーん・・・

スロー
 ・バウンスで音から遅れにくくなってきたような気がする
 ・バウンスで他のカップルとガツッってぶつかってしまう
 ↑後からコーチャーに訊くとして、♀が進行方向を向いていないのは2歩だけなので、直前にぶつからないように進行方向を確認してもらう
 ・スリーステップ&カーブドフェザーが音に合ってきたような気がする
 ・リバースウェーブでもっと大きく動けると良いなぁ~
お互い自分のバランスで踊れるようになりつつあるような気がする。

スローはばっちりとは言えないけど、今までより良い方置くに進みつつあるような気がする。
↑勘違いでありませんように(祈)

スタンダードは明日弘子先生のレッスンを受ける。
コンペ直前なので、効果的なポイントを教えていただきたい。

このあと、先日アップした今後の方針について、お話し合いの時間を持ち、今回エントリーしている一連の競技会を持ってカップル解消することに、双方同意しました。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-09-22 22:37 | 練習