<   2008年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2008.7.10 in 富士学院

先日の練習ノートから。
僕の都合で30分以上遅れて練習場へ。
軽くストレッチの後、流れている曲に合わせてサンバとルンバを2曲ずつ続けて踊る。

サンバ
 ・プロムナードトゥカウンタープロムナードランズのフレームが今イチ
 ・ピボットが終わったときにフレームをキープするのが難
 ・スプリットキューバンブレイク風で8の字を上手く書けず
 ・♀ヒップツィストのフレームがいびつ
 ・クリスクロスの後、一旦閉じてからスパニッシュライン風のシルエットを作るのを忘れがち
 ・スリーステップターンからウォークに繋げるとき、フレームの確保が難しく、都度バラバラ
 ・最後の2小節で進行方向を確認するのを忘れがち、音も曖昧
 ↑踊り込みが必要

ルンバ
 ・&カウントのコンプレスで肩胛骨は動かず
 ・擦るフットワークは今イチ
 ・おっぱいリードは自分なりにまあまあ~音の合間に落ちないようにしっかり絞る!
 ・アームワークはそこそこ大きな軌道だと思うけど、肘から動かすのが今イチ・・・もう少し時間が必要

上手くいかなかったところをカウントで反復エクササイズの後、再度曲に合わせて4曲続けて踊る。
欲を言えばきりがないけど、時間が無いので終わりにして、小休憩を挟んでスタンダード。

タンゴとスローを2曲ずつ続けて踊る。

タンゴ
 ・内回り、外回りの2重円を意識
 ・脚と骨盤の力を抜いて踊る
 ・前回の練習で気になった5ステップの1歩目に注意~今回は良い感じ

スロー
 ・スリーステップの1歩目、2人のラインが重ならないように注意
 ・所々で2人のフレームがいびつになるので、自分のバランスでフレームをキープ
 ・後退の9歩はまあまあ
 ・フロアクラフトは・・・今後の大きな課題の一つ

曲に合わせて上手くいかなかったところをカウントで反復エクササイズ
↑あっという間に良い感じ。

次に曲が掛かるまで待てず、ラテンの練習に戻す。

先ほど妥協した所を反復エクササイズの後、曲に合わせて4曲続けて踊る。

とりあえず、今言われていることはそこそこ出来る状態に出来たような気がしたところで練習終わり。
本番にこの踊りを出せるようにしたいなぁ~(ところが・・・)
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-07-29 23:26 | 練習

2008.7.8 in 富士学院

先日の練習ノートから。

都合で週末の練習が中止となったので、ラテンのレッスンを受けてから、中4日での復習となってしまいました。
軽くストレッチの後、アップを兼ねて流れてきた曲に合わせてサンバとルンバを2曲ずつ続けて踊る。

小休憩の後、ルンバから。
まず、レッスンの復習。
 ・足と足の間でボディを絞り続けて弛めない
 ・おっぱいリード
 ・アームは大きく広げて、空間を確保(ニューヨーク、ハンドトゥハンド他)
 ・8ビートを意識して、足の上でコンプレス~肩胛骨をしっかり使う

次にサンバ。
 ・しっかりヒールにウェイトを乗せる
 ・アームの広がり~スタートから
 ・プロムナードトゥカウンタープロムナードランズ、クリスクロス、ウォークの二人の間隔・・・バラバラ
 ・ウォーク、掛けて、回るパートのフレーム・・・時間がかかりそう(特に一旦閉じてから開くのは難)
 ・ウォークのヒップの持ち上げも、時間が必要
 ・ターンした後の進行方向がLODから中央に入りやすい(回転量不足)
 ↑二人の位置関係が崩れやすいので、途中で止めながら反復エクササイズ

小休憩の後、スタンダード。
基礎エクササイズの後、二人で組んで合わせる。
 ・内回りと外回りの2重円を意識
 ・脚の力を抜いて、上体のフレームをキープ

タンゴ。
 ・結構良い感じ。
続いてスロー。
 ・こちらも良い感じ。
 ・後退の9歩でもばらつかなくなってきた
カウントで合わせた後、曲に合わせて3種目6曲続けて踊る。
 ・ワルツでは固まってしまう
 ・タンゴとスローは力が抜けて良い感じ

早めにスタンダードを終えて、再度ラテン。
サンバの上手くいかなかったところを重点的に反復エクササイズ。
続けてルンバ。
とにかく絞りを意識。

曲に合わせて、2種目4曲を続けて踊る。
 ・サンバはまだまだ時間がかかりそう。
 ・ルンバは練習の成果が出てきた感じ。

後は本番までに練習とスタンダードのレッスンが1回ずつ。
自分達のベストを出せるように頑張るぞー!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-07-28 22:56 | 練習

2008.7.3 サンバ編

先日のレッスンノートの続きから。

コ「じゃあ、次はサンバ!」
曲に合わせて踊る。
途中転びそうになってバランスを崩すパートナーさん。
一旦照れて止まってしまったパートナーさんだけど、何もなかったように続けているhiroに会わせて再開

音よりも先に行きそうになるパートナーさんを押さえて、音の幅一杯に使って踊っているつもりが・・・
「one a twoー! three a fourー!」って、カウントをとるコーチャー。
脚の上にいなかったかなぁ?って思ったら、ヒールを床にしっかり着けてしっかり乗るようにご指導をいただいた
自覚が無かったので、自分を戒める

 ・ルンバ同様サンバも横の広がりを意識すること

1-1 ♂最初のスピン
 ・右アームを前に伸ばした状態から上までストレッチする軌跡を大きくする

1-8~ プロムナードトゥカウンタープロムナードランズ
 ・二人の間隔が狭い
 ・2人の位置が都度バラバラなので、♂がしっかりコントロールすること
 ・左側にいる方が常に前方に位置して大きく移動
 ・右側にいる方は小さく移動
 ・1・2の2歩でフレームを作ってしっかりキープ
 ↑定着するまで反復エクササイズ

3-3~ ピボットの後のクリスクロス
 ・二人の間隔を広くキープ
 ・フレームをしっかりキープ

3-5~ 続くスリーステップターンと、ウォーク、掛けて、回るパート
 ・同様に二人の間隔を広くキープ
 ↑そのためには、身体の前方でフレームを丸めてしっかりキープ(表現は違った)

5-1~ スプリットキューバンブレイク風と続く♀のヒップツィストは、練習の成果が少しは出ているのか、何も言われず

6-1 続く♀のニューヨーク風は、2人ともしっかりストレッチ

6-5~ ボタフォゴは両腰をほぼスクエアに保ったまま引き上げて、上体をしっかり絞る

7-1~ クリスクロスで両アームをフラフラさせない
    ↑この終わりで両アームを一旦たたんでから
7-5 右アームを上、左アームを前にストレッチさせながら、左足を右足にアクロスさせて前進
7-6 左足を軸にしてナチュラル方向にターンした後、パソのスパニッシュライン風のシェイプを作る
8-1~ スリーステップターンに続くウォーク&ロック
 ・1拍と半拍の音の幅をしっかり見せる(ビートバリュー)
 ・二人の間隔を広くキープ(スタンダードのイメージ)
 ・ボディをしっかり絞る
 ・後側のヒップをしっかり持ち上げる

8-1でフレームをキープするのがとても難しい。
こっちに気を取られると、7-4&で両アームを一旦畳むのがついつい忘れがち。

コ「いくらやってもきりがないので・・・」
h「しっかり練習してきます。」
コ「本当に良くなりましたよ。・・・」
↑折角何か誉めて下さったのに・・・肝心な部分を忘れてしまった。

h「先生、後1分だけお願いします。」
コ「何ですか?」
h「クリスクロスで加重したときのボディの使い方なんですが、・・・見て下さい。」
hiroがやってみせる。
コ「それは・・・」
 ・加重したサイドのボディを後に絞る
 ・上体は逆に絞って、フレームをキープする(表現は違った)

h「どうも有り難うございました。しっかり練習してきます。」
コ「良い結果報告を待ってます。」

時間が無くて、復習しないで帰路につく。
後は週末の定着を図るだけです。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-07-27 07:38 | レッスン・L

2008.7.3 ルンバ編

先日のレッスンノートの続きから。

曲に合わせてルンバを踊る・・・筈が、音が取りづらくて、しばらく聞いてから踊り出す。
↑ルーティン1周しないうちに、曲が終わってしまう。
h「最初、音が取れませんでした。」
コ「音は外してなかったよ。しっかり聞いてから出ているので、良いです。」
h(ホッ)

コ「それより、踊りが変わりましたね。何かやってますか?」
h「いいえ・・・?言われたことを、少しでも身に付くように一生懸命繰り返しているだけです。」
コ「本当?」
h「はい。」
何か劇的に進歩しているようで、わくわくしてくる。

コ「縦の・・・」
 ・軸がしっかりしてきた
 ・すっきり立ってネックも乗っていて良い
コ「右足の上に立っているときと、左足の上に立っているときではどっちが高くなるでしょうか?」
h「同じです。」
コ「そのとおり。・・・」
 ・ピョコピョコしているので、足の上でしっかり伸びる
 ・足と足の間でボディを弛めない
 ・今は腰だけ動かしているので、もっと上までしっかり使う
 ・縦の線がしっかりしてきた分、横の広さや懐の深さを見せたい

♀最初のポーズ
 ・アームを横に一旦広げてから上に上げる

♂スリースリーズのクカラチャ
 ・アーム(肘)を伸ばしきらない
 ・アームを上げるとき肘から上げるので、一番高いところでも肘を上に向けておく
 ・アームを下げるとき肘から下げるので、一番低いところでも肘を下に向けておく
 ↑肘をさっさと入れ替えていたので、ちょっとタメを作る

ニューヨーク
 ・PPやCPPからチェックに開くとき、アームは横に一番遠い所まで伸ばしてから、上に上げる
 ・ハンドトゥハンドも同様

コ「会場はどこ?」
h「西東京市の体育館です。」
コ「それだと2階席だね。・・・」
 ・ネックはすっと伸ばす
 ・ネックの前や後だけ伸ばして折らない
 ↑2階席を見るのと齟齬するような気がしたので、質問しようと思って・・・忘れてしまった

コ「じゃあ、最初から!」
 ・ナチュラルトップのフレームを横に広げる

この後、何か有り難いお話をいただいたけど・・・忘れてしまった。

コ「じゃあ、次はサンバ!」

サンバ編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-07-26 23:56 | レッスン・L

2008.7.3 ラテン編

先日のレッスンノートから。
スタジオに向かう電車の中でイメトレ。
今日は1レッスンでサンバとルンバを半分ずつ。
 ・とにかく絞って胸を出す
 ・アームを上に上げるときは肘から
 ・ルンバのコンプレスは肩胛骨を意識
 ・サンバのウォークはヒップの引き上げを意識

レッスン開始1時間前にはスタジオ入りするつもりが、実際に着いたのは30分前。
パートナーさんはもう汗びっしょりでシャドーしている。
軽くストレッチの後、ルンバから合わせる。
 ・音の幅一杯にストレッチ
 ・スリースリーズで♀がスピンするカウントは1に統一

続いてサンバ
 ・クリスクロスが何かおかしいけど???
  ↑レッスンで確認しよう!
ルーティンの前半分が終わったところでコーチャー登場。
コ「じゃあ、始めましょうか。」
h(まだ10分有るのに・・・)
何はともあれ、レッスン開始。

h「先生、来週競技会なんですが、今日が最後のレッスンになります。
サンバ、ルンバなので、両方合わせてお願いします。」
コ「分かりました。最初にルンバをかけるので、踊って見せて下さい。」

ルンバ編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-07-24 23:29 | レッスン・L

2008.7.1 in 富士学院

ようやく今月に入りました。何とか現在までワープしたいものです。

さて、先日の練習ノートから。
僕の都合で練習に1時間も遅れてしまう

着替えて軽くストレッチの後、流れている曲に合わせてルンバを踊る。
 ・8ビートで&カウントのコンプレスを意識
 ・更に絞りを意識~もっともっと絞り続ける!
 ・アームを肘から上げるのがどうも上手くいかない
 ↑明後日のレッスンまでに何とか形にしておかないと、また同じ事を言われて終わってしまいそう

続いてカウントでサンバ
 ・最初の2小節のカウントを合わせて
 ・前回ぎこちなかったプロムナードトゥカウンタープロムナードランズ、ピボットは何故かスムーズに
 ・トラベリングボルタの2と4は加重したサイドのボディを後に絞る
 ・サンバのフットワーク、一旦膝を伸ばして床をキャッチし、ウェイトを加えてから膝を曲げる
 ↑この時、頭の位置を下げないように反対側のボディを持ち上げる
 ・スプリットキューバンブレイク風とキューバンブレイク風で、8の字を意識したボディムーブメント

まだまだ暴れていて、スムーズに踊れるように定着するにはまだまだ時間がかかりそうです。

曲に合わせてサンバとルンバを2曲ずつ続けて踊った後、小休憩を挟んでスタンダード。

曲に合わせてワルツ、タンゴ、スローを2曲ずつ、続けて踊ってから、カウントでタンゴの反復エクササイズ。
 ・あちこちで2人のボディが衝突?
 ・内回りと外回りを意識
 ↑5ステップの1歩目も同様

だんだんスムーズになってきたところでスロー。
 ・タンゴ同様に内回りと外回りを意識
 ・自分のバランスで立って、自分で踊る
 ・脚の力を抜いて柔らかく!~PPからのスタートも同様

曲に合わせてタンゴとスローを2曲ずつ踊って終わり。
ただでさえ回数を減らしているのに、都合で時間まで短くなって・・・残念!
何とか時間だけは確保できるように努力しよう!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-07-23 20:36 | 練習

2008.6.29 in 富士学院

先日の練習ノートから。
練習以上に向かう電車の中でイメトレ。
ラテン
 ・フレームをキープして、とにかく絞りまくる
 ・フリーアームは肘から上げる
 ↑今まで練習してきて思うこと~アームを真上まで上げるとき、肘から上げていくと、肘から先は身体から一番遠い軌跡を通ることなく、最短距離を通る(ような気がする)
  肩胛骨から肩にかけて固すぎるhiroだけなのかなぁ?
 ・コンプレスは肩胛骨から!
スタンダード
 ・外回り、内回りの二重円
 ・脚の力を抜いて自分のウェイトを運ぶ

早めに行って念入りにストレッチの後、アップを兼ねて基礎エクササイズ。
ルンバウォーク、クカラチャ。
 ・肩胛骨と肘を意識するが、まだまだぎこちない。
8種のシャッセ。
 ・4&1の開閉をしっかり意識。
開いたポーズと閉じたポーズ、ボタフォゴ、ボルタ、サンバウォーク。
 ・床を引き寄せてからヒップを持ち上げて、肩胛骨をコンプレス
 ・開いたときは進行方向、閉じたときは逆のボディを後にしっかり絞る
基礎エクササイズの動作をルーティンと結びつけてから、2人で練習開始。

ルンバウォーク
 ・とにかく絞りまくる
クカラチャ、タイムステップ、前後のチェック
 ・同様にとにかく絞りまくる
8種のシャッセ
 ・ボディを止めない
 ・脚を閉じるときに両腿を締める

曲に合わせてサンバを踊るが、ピボットで空中分解・・・
 ・曲のテンポにボディが付いていけず雑
 ↑これでは意味がないので、カウントで練習
 ・軸がぶれないようにしっかり作ってから回転
 ・音をはっきりと見せる
 ↑動きにメリハリ
各パート毎にゆっくりと確認&反復エクササイズ
パートとパートを繋げていく

続いてルンバ
 ・最初の2小節の動きに齟齬有り???
 ↑次のレッスンで見ていただこう!
 ・なかなかレッスンのようには行かず、曲に合わせてみるとすっかり元に戻ってしまう???
こればっかり1時間以上やってしまった。

小休憩の後スタンダード。
曲に合わせてタンゴ1曲とスロー2曲続けて踊る。

どうも脚の力が抜けず・・・カウントで力を抜いて踊る練習
パ「hiroさんの右手が・・・」
 ・フラフラしているらしい
 ↑意識を途切れさせずにしっかりキープして踊るぞー!

曲に合わせてワルツ、タンゴ、スローの3種目計6曲を続けて踊る
途中からボディが無くなって重くなる
h「疲れましたか?」
パ「少し・・・」

もう少しやりたかったけど、スタンダード1時間弱で終わり。
来年は3種目、後半出来たら4種目の競技会に出たいので、技術の向上と合わせて、体力の向上も図りたいです。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-07-21 23:13 | 練習

2008.6.26 サンバ編(その2)

先週はずーっと深夜の帰宅が続いて・・・本当に疲れました。
昨日は一日ほとんど寝て過ごしました。
今日は練習でしたが、ようやく疲れがとれたような気がします。

さて、先日のレッスンノートの続きから。
曲に合わせてサンバのルーティンを1周とちょっと(1分半かなぁ?)踊る。
コ「続いてルンバ!」
バリエーションのルーティンを1周ちょっと踊って終わり。
コ「ボディをもっと絞って・・・ルンバも・・・じゃあ、サンバから!1234・・・」
コーチャーのカウントで最初から。
1-1 ♂ナチュラル方向のスピン
   ・今まで肩の高さで前に伸ばしていた左アームを腰の高さまで下げる
   ↑右腰を後に絞る
 -8~プロムナードトゥカウンタープロムナードランズ
   ・上体前、ボディ後に絞りながらストレッチ
   ・フレームの意識をしっかりキープ!
2-7~ピボットの3歩
   ・右サイドで♀を引っかけて回そうとして力むと曲から遅れる(しかもキツイ)
   ・下腹部を引き締めて自分だけ回る(すると♀も自分で回る)
   ↑最初の1歩を最短距離で逆壁斜めに出して、中央を向くと楽
3-1~プロムナードランズの3歩
   ・ここでピボットを継続しようとしない
   ・上体前、ボディ後に絞りながらストレッチ
  3~トラベリングボルタの3歩
   ・両トゥ立ちで開脚しているとき、進行方向のボディを後に絞る
   ・閉じるとき、前足にしっかり加重し、ボディを後に絞る
  5~スリーステップの3歩
   ・フレームをキープし、動きを止めずに回転を継続する
4-1~ウォーク、開いてかけて回る6歩×2
   ・1歩目チェックフロムオープンPP風にウォークするとき、フレームをキープしながら、外側のボディを後に絞る
   ・3歩目互いに正対したまま逆LOD側の足を後にアクロスしながらボディを後に絞る
   ・スリーステップターンの3歩目の足が床に着いたとき、下は回転を継続してボディを絞る準備
5-1 チェックフロムオープンPP
   ・互いに繋いだ内側のアームを前に伸ばす
   ・フリーアームは後に伸ばす
   ・ボディはチェックに合わせてインサイドを後に絞る
  & 外側のボディを後に絞る
  2 互いに正対して、逆LOD側のボディを後に絞る
  & ボディを止めずにUターンしてLOD側のボディを後に絞る
  5~♀ヒップを突き出してからヒップツィスト
   ・ここでも何か言われたけど・・・忘れた
6-1 互いに繋いだアームを引っ張らず、♂左&♀右手をそのままキープしながら、ボディを一番遠くまでストレッチ
  3~パソのスパニッシュライン風
   ・左サイドを後に絞って、右胸を突き出す
  5~ボタフォゴ
   ・フレームをしっかりキープ
   ・ボディを縮めながら持ち上げるサイドのボディを前にストレッチ
   ・ウェイトを乗せるサイドのアームを上にストレッチ
   ↑ボディを平坦にしない
8-1~ウォーク&ロック
   ・1歩1歩ボディを後に絞って持ち上げる
10-1~プラット
   ・フレームを崩さないようにしっかりキープ
   ・♀前進しないでスウィブル
   ↑コーチャーが♀の腰を掴んで真横に進めている
   ・♂後退のチェックのイメージ
   ↑アクロスするサイドの胸を突き出す(ナチュラルトップのイメージ)
11-1~バックロックの6歩
   ・ロックの&カウントでボディを逆側までしっかり絞る
  5 LOD側に開いたサイドが前バランス、逆LOD側を後に絞る
  7 シェイプを逆にして、LOD側のボディを後に絞る
12-1~近づいたり離れたりしてメリハリを出したいけど・・・なかなか上手くいかない
 -8 高く立つ
13-1 ♂低くしゃがむ
  2 高く立ってメリハリを出す
  5 キューバンブレイク風に左足前進のチェック
  & 右胸を前に突き出す
  6 右足にウェイトを戻して、左胸を前に突き出す
  & 左足を右足に揃えて、右胸を前に突き出す
14-5~ステーショナリーサンバウォークの6歩
   ・後ろ脚をしっかり開く
15-1~ツィストシャッセ
   ・左ボールでしっかり立って加重(今まではポイントしていた)
   ・上体は壁、左足は逆LODを向ける
  2 右サイドを後に絞る
  3 右脚をCBMPに伸ばしてポイント
  ↑今までは完全に乗って左脚を後に伸ばしていた
  & 右足加重
  4 スパイラルクロス(ディレイドウォーク風)

こんな感じかなぁ~
その時はしっかり理解したつもりが、後から振り返るとうろ覚え。

コ「それでは、今習ったことをルンバにも応用して下さい。」
h&パ「はい、分かりました。」

時間が無くて復習せずに帰路につく。
週末も都合で時間を短縮することになった。
何とか復習して少しでも定着を図ろう!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-07-20 22:51 | レッスン・L

2008.6.26 サンバ編(その1)

先日のレッスンノートから。
サンバとルンバを合わせて見ていただく。
スタジオに向かう電車の中でイメトレ。
サンバ
 ・高く踊る
 ・床を引き寄せて、背中を意識するウォーク
 ・ウェイトをしっかり床に入れる
ルンバ
 ・肩胛骨を意識したコンプレス
 ・下ろすアームの肘をボディから極力遠ざける
 ・上げるアームは肘から~難しい

着替え終わったのがレッスン開始30分前。(1時間前には来たいなぁ~)
軽くストレッチの後、肩胛骨を使うコンプレスと肘からアームを上げる練習。
↑普段から暇を見ては動かすように気を付けているんだけど・・・肩が固くて、情けなくなってくる。

アップの終わったパートナーさんと合わせる。
ゆっくりとルンバ。続いてサンバ。
ニューヨークやハンドトゥハンドのように、ボディの回転に合わせて肘を引くようにしてアームを持ち上げるのは比較的容易。
けど、ボディの回転を追いかけるようにアームを回しながら上に上げるとき、肘から上に上げるのは・・・とても難しい。

ここで、コーチャー登場。レッスン開始。
コ「今日は何をやりますか?」
h「7/13にJDSFのD級戦があります。サンバ、ルンバです。今日と来週の2回のレッスンで何とか見映え良くしていただきたいです。今日は両方合わせてお願いします。」
コ「どちらから?」
h「サンバからお願いします。」
コ「じゃあ、曲を掛けるので・・・」
曲に合わせてルーティンを1周とちょっと(1分半かなぁ?)踊る。

その2に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-07-17 23:19 | レッスン・L

惨敗

西東京ダンススポーツ大会に参加してきました。
ラテンD級戦は準決勝まで。スタンダードD級戦は2次予選まででした。
悪いところはある程度分かっているので、微調整して後期の財団の競技会に臨みます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-07-13 20:53 | 過去の競技会