<   2008年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

体調不良・・・

一昨日は具合が悪くて練習をお休みにしました。
今日はレッスンをお休みしました。
週末も練習をお休みして体調を整えることにしました。
来週には復活予定です。今日はもう休みます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-02-29 22:37 | その他

2008.2.18 チャチャチャ編

先日のレッスンノートから。

スタジオに向かう電車の中でイメトレ。
・おっぱいリード。
・ホールド
・脚のテンション
・頭と肩の三角形
・音の幅一杯のストレッチ
早めに向かうつもりが・・・着替え終わったのは15分前。
軽くストレッチして8種のシャッセとおっぱいリードの確認。
パートナーさんとルーティンを3周くらい合わせてレッスン開始。

コ「今日はチャチャ?」
h「はい。先日の競技会では1次落ちでした。7人ジャッジでチャチャ2、パソ3の計5点。仕切り点が7点でした。評価の低いパソでもう少しチェックが取れるようにお願いします。」
コ「分かりました。ジャッジ後2人に好いてもらえるようにするには・・・まず、踊って見せて。」

カウントでルーティンを2周してstop
コ「まず、・・・」
 ・頭がうるさいとか何とか
 ・ボディを一生懸命使っても、ボディも頭も動かない方がチェックが入る
 ・頭がぶれないようにするには・・・
 ・ボディを引き上げ、
 ・力強いトーンをキープすることが大事(表現は違った)
 ・これは、初心者から世界チャンピオンまで共通の課題(とか何とか)
h(頭と両肩の3角形には注意していた筈なんだけど・・・ボディが緩んでいたのかなぁ?
おっぱいリードに気を取られて余裕が無くて・・・)
反復エクササイズ

コ「次に・・・」
 ・所々で♀のアームが窮屈に縮んでいる。
 ・♂が押しているか、♀がバランスを崩しているように見える
 ・♀の肘がボディより後にあると弱く見える。
 ・♂の肘がボディより後にあると力強く見える
 ・♂は♀のアームが縮まないように、自分のアームを収縮させて空間を広く確保する

オープンヒップツィスト
予・4~& ♀のアームが伸びた状態をキープ
  1 ♂のアームを畳んで二人の距離が一番近い状態
1・2 二人の距離が一番遠い状態
2・3 ♀のアームが伸びた状態をキープ
    ♀、ディレイドウォークのように足を出すだけ
  & ♀、このカウントで左足加重
3・4~& ♀のアームが伸びた状態をキープ
5・1 ♂のアームを畳んで二人の距離が一番近い位置で♀にヒップツィストさせる
↑この時、左手で♀を押さない(一瞬力を入れるだけ)

コーチャーのリードでhiroが♀の動きをしたとき、押されると戻されるようになって違和感を受けました。

6・2 この前進から♀の反転が始まるので、♂左アームを止めない

h「先生、最初♀がそうやっていたのを、オンカウントで直進して、&カウントで反転するように、僕が・・・」
コ「ルンバじゃないので、それでは遅いです。・・・」
 ・脚は真っ直ぐ出しても、ボディは回転し始める
 ・この時♂が左アームを止めると、♀の回転を阻害するので注意
 ・左手の高さはローホールドをキープ
 ・左ひじをボディに着けて、左手首を折らない

8・4~& ♀のアームが伸びた状態をキープ
10・1 二人の距離が一番遠い状態

ホッキースティック
1・2~1 ♀のアームを崩さない
6・2 音の頭から♀の反転を開始~ここも間違えていた
7・3 ♂ディレイドウォーク風に足を出してもまだ加重しない
  & このカウントで加重~♀との間隔を広く確保できる位置に立つ(♀を追い抜かない)

&カウントでhiroの左アームをストンと下ろして♀を回転させていたところ、軸を崩すからNGとご指導いただく
 ・オンカウントで♀は自分のバランスで自分で回る
 ・♂はただ♀をフォローするだけ
 ・♀はアームを縮めず、逆に突き出すイメージ

コーチャーの左手にhiroの右手を合わせて、コーチャーが左を動かすのに付いていくエクササイズ
 ・力を入れてアームを固めない
 ・アームに力を入れるとスピードが遅くなるし、♀の回転を阻害する

オープンヒップツィスト同様に、コーチャーのリードでhiroが♀の動きをしたとき、力ずくで回されると、自分の軸が崩されるのが実感できました。

コ「次のシャッセで位置を調整しないで、・・・」
 ・2歩目で二人の位置を決める

続くニューヨーク。コーチャーが♀役のまま、hiroを逆リード
 ・以前習った♀の背骨を軸にした円弧をフリーアームが通過
 ・肩からアームにかけては、カウント2で内側を前に、外側を後に、それぞれストレッチ
 ・脇から下は逆に絞る=広背筋と腹斜筋のストレッチ?
 ↑ちょっと違うかなぁ???

反復エクササイズの後、最後にありがたいお話をいただくも・・・忘れた。

レッスンの後、復習。
 ・二人の位置関係は・・・結構良い感じ
 ・ボディは・・・絞ると緩くなって、伸ばすと絞れず・・・時間がかかりそうです。

しっかり練習しよーっと!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-02-26 23:35 | レッスン・L

2008.2.16 すみだ産業会館

先日の競技会ノートから。

電車の中でイメトレ。
午前中ラテンから。
エントリー数23組(昇級数4組)
予選は1次のみ。
チャチャ
 ・おっぱいリード
 ・脚のテンションとヒップの締め付け(特に4・&・1)
 ・ホールドをはっきり(ハイホールド&ローホールド)~スリーチャチャで低くしない
パソ
 ・ホールドを低く
 ・下から移動
 ・力強いトーン
 ・♀を置いて自分だけ動く

6時間以上空けてスタンダード。
エントリー数70組(昇級数8組)
予選は3次まで。
タンゴ
 ・串を折らない
 ・下からアクション開始
 ・シャッセとファイブステップは左サイドをキープ
スロー
 ・横→縦のswing
 ・二人の位置関係をキープ

会場入りして直ぐに場所をキープ。
スタンダードのD級戦と一緒なので、混雑を避けて早めに確保しました。受付を済ませてパンフを確認。エントリー数、進行等に変更がないのを確かめて、準備開始。

軽くストレッチしてから二人で合わせる。
大きく動けないので二人の位置関係などを重点的にチェックして・・・いざ本番!

1次予選
23組中12組UP。2ヒート中1ヒート目
チャチャ
 ・おっぱいリード、脚のテンション、ヒップの締め付けは・・・忘れた
 ・かろうじて出来たと思うのがホールドのキープとナチュラルトップのおっぱいリード
 ・途中から思い出して笑顔で踊りました
 ・何より・・・音の幅一杯に使ってストレッチが全然出来ず、切れて見えたかも?
パソ
 ・ツイストでもたつく・・・♀を置いて自分だけ行くのを忘れてしまった
 ・下からのアクションも忘れた
 ・かろうじてやれたのはホールドを下げることだけ
 ・何でかなぁ~トラベリングスピンの2回目飛ばしてしまいました???2小節ごまかしてスパニッシュライン&2ndハイライトに繋げたけど・・・端から見たらばればれだったろうなぁ~

これで終わりだと悔いが残るなぁ~
もう一回踊れるかなぁ~

結果
準決勝のヒート割りに僕らの番号は有りませんでした。
後から貼られた成績を確認したところ、
CP ×○ ×× ×× ○○ ×× ○○ ×× 計5点 17位(仕切り点7点)
でした。

前回は22組中17位4点(仕切り点7点)だったので、気持ち良くなったというか、ほとんど変わらないというか・・・微妙です。
時間だけは山ほど合ったので、しっかり反省して・・・一眠りしました。

気持ちを切り替えてスタンダード
1次予選
70組中22組UP。6ヒート中1ヒート目
タンゴ
 ・オープンリバースターンとフォーラウェイのリードの違いが伝わらず、もたつく・・・
 ・ファイブステップで左サイドのキープを忘れる
スロー
 ・組み始めるのが遅れて組むと同時にスタート
 ・踊った手応えは結構良い感じ

結果
70組中44組通過。仕切り点8
TF ×○ ○○ ○× ○× ×○ ○○ ○○ 計10点 19位
よし。もたついた割にはまあまあ。次は落ち着いて、しっかりやるぞ!

2次予選
44組中24組UP。4ヒート中1ヒート目
タンゴ
 ・串とフロアクラフト、ファイブステップの左サイドは多分OK!
 ・下からのアクションは???
スロー
 ・出だしがどうも気持ちよくいけない???
 ・折角最初見てもらえるように堂々と入って構えているのに・・・気を付けよう!
 ・後退の9歩はもっと大きく進みたい

3次予選のヒート割りに僕らの番号があった!
成績は張り出されず・・・

後からwebで確認したら
TF ○○ ×○ ○○ ×× ○× ×○ ○○ 計9点 14位(仕切り点7)だった。

3次予選
2ヒート中1ヒート目。
タンゴ
 ・ようやく落ち着いて踊れた
 ・後半チェイスの後のシャッセで滑ってしまいあたふた・・・
スロー
 ・周りには結構注意していたにも関わらず、何故か一杯ぶつかってしまった。フロアクラフトには課題を残しました。
これで終わったら悔いが残るなぁ~

何が原因かは分かりませんが、判定が長引いて急遽D級戦の準決勝が先になりました。
出られる前提で準備して待機していたところ、張り出されたヒート表に僕らの番号がありました。

良かった~。これで、成績に関わらず更にもう一度踊れることが決定です。できたら上位決勝で昇級を確実にしてのびのび踊りたいなあと、気合いを入れて準決勝に臨みました。

後からwebで確認したら
TF ○○ ○○ ○○ ×× ×× ×× ×○ 計7点 6位(仕切り点6)だった。

準決勝

タンゴ
 ・気合いが空回りして・・・下からいけず、中間バランスも・・・突っ込んじゃったかなぁ~
スロー
 ・落ち着いて、周りをよく見て・・・それでもぶつかってしまう。けど、その後のリカバリーは今回が一番良かったと思います。

結果・・・下位決勝のコールで一番最初に呼ばれたのは僕らの番号でした。

後からwebで確認したら
TF ○× ○× ○× ×× ×× ×× ○○ 計5点 7位(仕切り点6)だった。
うーん・・・後1点・・・まあ、これが今の実力なんでしょうね。このままでいるつもりはありませんが・・・

下位決勝
後は、上位2組に選ばれて昇級できるかどうか?
とにかく力を抜いて臨みました。
タンゴ
 ・顔はきりっと!
 ・身体は力を抜いて!
スロー
 ・とにかく気取って!
 ・さすがに組数が減るとぶつかることもなくスムーズに踊れました。

結果・・・着替えずに表彰式を迎えましたが、僕らの番号は呼ばれませんでした。
上位の2組はD級戦も掛け持ちで出場して、(準決勝で進行の順序が逆転したため)先にC級への即日昇級を決めていました。

後からwebで確認したら
T 3 5 1 3 7 10 1:3.0
F 5 4 1 6 6 7 1:5.0
の11位でした。
どちらも1位を付けて下さったジャッジがお二人いらっしゃったということはとても嬉しいです。
後は、もっと評価していただけるように頑張るだけです。

前回の最終予選止まりに比べると、昇級には届かなかったけど、手応えを感じることが出来た競技会でした。
ラテン練習にもう少し力を入れないといけないと実感しました。
しっかり練習して次に臨むぞー!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-02-24 23:18 | 過去の競技会

2008.2.14 in 富士学院

先日の練習ノートから。
コンペ前最後の練習。
早めに行ってじっくりアップするはずが・・・所用で遅れる。時間が惜しいので軽くストレッチして、練習開始。

タンゴからゆっくり合わせる。
 ・串をイメージ
 ・サポーティングフットの足首を使い切るまで中間バランスでウォーク
 ・ファイブステップでネックを右側に入れない
身体が強ばっているけど・・・妥協して次に進む。

スロー
 ・フレームを崩さず、二人の位置関係をキープ
 ・横→縦のswing

曲に合わせてタンゴとスローを2曲ずつ続けて踊る。
微調整と小休憩の後、チャチャを2曲踊る。
基礎エクササイズを飛ばして踊り始めたので・・・暴れて終わり
8種のシャッセとおっぱいリードの復習をしてから、曲に合わせてパソ。
 ・フレームを低くして・・・
 ・最初の4拍でウェイトを前に移動するのを忘れた
 ・ツイストで♀を置いていくのを忘れた
 次は全部やるぞー!

微調整と小休憩の後、曲に合わせてタンゴを2曲踊る。
気づくと上体が被っていて微調整。
 ・チェイス&シャッセの後のリンクで♀がバランスを崩しやすいと言ったところ、逆にシャッセをオーバースウェイの後のようにして欲しいと言われる。
 ・変えて踊っているつもりはないので、前回のレッスンでコーチャーに言われた事を思い出す
 ・♀を先行させて♂の左サイドを一緒に運ぶ事を意識して踊ってみると良いらしい。

引き続きスロー
 ・ナチュラルウィーブで二人の位置関係を崩しやすいので注意

微調整と休憩の後、チャチャを2曲続けて踊る。
 ・オープンヒップツィスト、♀を引き込む
 ・ハイホールドとローホールド
 ・前回のレッスンで直していただいたナチュラルトップのおっぱいリード
 ・ニューヨーク、スプリットキューバンブレイク、ハンドトゥハンドのカウント2が不満
 ・ラインがすっきりしないし、音の幅を使ったストレッチが出来ずに止まってしまいがち
 ・格好良く踊りたいのに格好良くなれず・・・
 ・それからフットワーク!

微調整の後、ルンバの曲に合わせてチャチャを踊るが・・・どうも雑。思ったように踊れない。

1曲休んでパソ。万全の体勢で臨んだつもりが・・・最初の4拍でウェイトを移動したらフラメンコタップを飛ばしてしまう。何とかごまかして続けるも・・・ぼろぼろ

翌々日の競技会で踊る4種目を4曲ずつ踊った。

h「一番不安なのは?」
P「ナチュラルウィーブ」
合わせてみると結構良い感じ。
P「チェィスのシャッセも・・・」
僕が左サイドを意識すると良いみたい。

今回くらい踊れたら、結構言い線行くかも?
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-02-23 23:16 | 練習

2008.2.12 パソドブレ編

先日のレッスンノートの続きから。

コ「じゃあ、ゆっくり踊って見せて下さい。」
カウントでパソを踊る。

コ「うーん・・・ホールドが高くて・・・」
 ・埋もれて見える。
 ・肩が上がってる

ケープを取り出してきて、上縁を肩の高さに上げてみせる・・・何だか格好悪い
次にみぞおちからおへその間位まで下げてみせると・・・格好いい

 ・ホールドを全体に低く
 ・肩を下げ
 ・首を伸ばして踊る
↑今まで、シャッセケープはクローズフェンシングポジションで♂左&♀右手を♀の目の高さに上げてキープするものだと思いこんでいました。
定着するように反復エクササイズ~ちょっと気を抜くと直ぐに上に上がりやすいので注意!

コ「次に・・・」
 ・動き出すのはどこからか?
 ・答えは下から動き出す
 ・hiroは上から動き出しているので、雌に圧迫感を与えている
コ「スタンダードでもこの辺(みぞおち)当たりからswingするように言われるでしょう?」
h「はい。(上から進んで♀に被るって言われるところは)スタンダードと同じって今思っていたところです。」
コ「・・・」
何か面白いことを言われたんだけど・・・忘れた。

鏡に向かって歩きながら、コーチャーに尾てい骨の辺りを押される。→ここから移動

次にコーチャーのヒップを押すと、凄い締まっていて綱引きが出来そう。
これだよな~って感心しました。(感心して終わっちゃいけない!)

反復エクササイズの後、各パートの確認
フラメンコタップ
 ・イントロの4拍でウェイトを後から徐々に前足に移動させる
 ・前足にウェイトを乗せきったところでアクション開始
 ・6歩目、再度ウェイトを前足にしっかり乗せて、ボディを左斜め前にストレッチ
 ・7歩目、ボディの絞りを解きながら♀に正対
 ・一歩一歩腰から移動し、床をプレスしながらボディを持ち上げていく

ツィスト
1 アペルして、腰が床をプレスした分ボディが前
2 フレームの力を抜いて、♀を置いたまま自分だけ下から移動。
 ♀を連れていこうとすると余分な力が入って♂が遅れる=♀に追いつけない
 上の力を抜いて、下をしっかり運ぶ。
4 ここまで♂先行
  このカウントで、左膝が曲がりやすいのでしっかり伸ばして、右腰が前のアーチを作る~要注意!(悪い癖が付いてしまったみたい)
5 左脚をライズして右脚を引き寄せる

レフトフットバリエーション
1 下から移動~ネックが一番最初に動き始めているので、一番最後まで残しておく

シャッセトゥライト
 ・同様に下から移動し、ネックは一番最後
 ・徐々にボディを持ち上げていく

セパレーション
1 アペルしたとき、♂右手は限りなく自分の脇に近づける
2 まず、腰が前に移動。次に♂左アームが伸びて、最後にネックを背骨に乗せる(表現は違った)

シンコペーテッドセパレーション
 ・ひざがお腹に付くまで上げる

フォーラウェイエンディングトゥセパレーション
 ・♂右サイドが抜け易い(=引いてしまう)
 ・フレームをしっかりキープ

シャッセケープ
 ・移動は下から
 ・フレームを下げる
 ・♀にシェイプさせた後の入れ替わりで、フレームの中に上体を入れてショートカット!
 ・アンダーアームターンから2ndハイライトまでのアームを低く!

最後にありがたいお話
 ・スタンダードと同じように腰から移動
 ・もう一つは・・・忘れた

h「先生、パソもハイホールドとローホールドを意識した方が良いんですよね?」
コ「うーん・・・」
 ・シェイプが入ったり・・・
 ・○○リードじゃなくて××リードなので・・・
 ・あまりハイホールドとローホールドを意識しないで全体に低めに・・・
↑後からまとめてみると・・・言われた本人が良く理解していなかったことに気づく。~何はともあれホールドは低く!

下からの移動は時間をかけて練習するとして、レッスンの後で低くしたホールドを集中的に復習。

そこそこ形になったところで帰路につく。
後1回練習したら、本番。
少しでも定着を図って、後はbestを尽くすだけです。(って、とっくに終わっちゃいましたが・・・)
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-02-21 23:51 | レッスン・L

2008.2.12 チャチャチャ編

先日のレッスンノートから。
競技会前最後のレッスンはパソにしました。

早めにスタジオ入りして軽くストレッチの後、チャチャの復習。
 ・おっぱいリード
 ・(ハイ&ロー)ホールド
8種類のシャッセの反復エクササイズの後、ルーティンでおっぱいリードを確認。
先日の練習でも上手くいかなかったナチュラルトップ
 ・右脚をアクロスするとき、左胸を出すのは間違いないとして・・・
 ・左脚を開くときに右胸を出そうとすると、全体としての回転運動に逆行するようで???
これはレッスンの最初に質問しよう!

次に、パソ。
 ・両肘をしっかり張って
 ・シェイプをしっかり作って
 ・入れ替わりを素早く

準備の出来たパートナーさんとカウントで合わせて、先日の練習並に踊れるようになったところで休憩。

コーチャー登場。レッスン開始。
コ「今日はパソドブレ?」
h「はい。その前に、前回チャチャのレッスンでおっぱいリードを習ったんですが、ナチュラルトップの時の使い方が分からないのですが・・・」
コ「ナチュラルトップは・・・」
↑実演して下さった。

 ・開いて右、閉じて左の胸を前に突き出す
h「そうなんですか~僕は逆にやって上手くいかなくて・・・」

コ「それはやりづらかったでしょう。シャッセの時・・・」
 ・4・&・1で、開いて、閉じて、開くサイドの胸を突き出す。
コ「(前進)ロックの時も・・・」
 ・4・&・1で、開いて、閉じて、開くサイドの胸を突き出す。
コ「ナチュラルトップの時も同じように・・・」
h「分かりました。どうも有り難うございます。しっかり練習します。」

疑問が解決したところで・・・パソ編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-02-19 23:20 | レッスン・L

2008.2.10 in 富士学院

先日の練習ノートから。

練習場に向かう電車の中でイメトレ。
タンゴ
 ・下からアクション開始
 ・串のイメージ
 ・足首を使い切るまで中間バランス
スロー
 ・横→縦のswing
 ・二人の位置関係をキープ
 ・前進後退の法則
チャチャ
 ・ハイホールドとローホールド
 ・おっぱいリード
パソ
 ・両肘のキープ
 ・シェイプを意識しすぎてつぶさない

早めに行ってじっくりストレッチ。
休日くらいしか伸ばせないので、どんどん固くなってきたような気がする。
アップを兼ねてアンダースロー、スクエア、フェザーステップ&スリーステップの後、タンゴウォークの反復エクササイズ
ルーティンをシャドー

パートナーさんのアップが終わって、タンゴから合わせる。
 ・♂は突っ込まず、♀を先行させる。
 ・チェイス4Qのシェイプ、5QのOP後退、6Q~8Q♀先行のシャッセ
 ・ファイブステップ、串のイメージをキープ~意識が途切れると右に入ってしまう(らしい)
 ・フォーラウェイリバースアンドスリップピボット、テレマーク、オーバースウェイのパートは空中分解しやすいので要注意!
 ・オープンプロムナード、アウトサイドスウィブル、コントラチェックのパートは・・・今回は使うの予想!
 ・気を抜くと前進の内腿が♀の右脚を擦っていない・・・がに股注意!

曲に合わせて4種目7曲続けて踊り、小休憩の後、カウントで練習
タンゴ
 ・きっかけと方向を♂、先行して下がるのは♀>これだけで随分感じが変わった
スロー
 ・1swingずつ止めて次の準備
  ↑サポーティングフットをしっかり使って次のswing
 ・ナチュラルウィーブでボディが折れやすいので注意
曲に合わせて3種目6曲続けて踊る。
結構混んでいて、精一杯避けながら踊るも・・・何度もぶつかってしまう。
ぶつかった後のリカバリーは・・・今イチ!~今後の課題です。

休憩を挟んでラテン
ルンバウォーク、8種のシャッセの反復エクササイズの後、カウントでゆっくりチャチャのルーティンを合わせる。
 ・8種のシャッセとおっぱいリードを盛り込みたいけど・・・定着には時間がかかりそう
 ・オープンヒップツイスト5歩目の引き込みは上手くいったりいかなかったり???
 ・ホールドに注意するとおっぱいリードがおろそかになり、おっぱいリードに注意するとホールドがおろそかになってしまう。(ショルダーも暴れがち)
  ↑いつもながら自分の不器用さにはがっくりします。
 ・やっていて迷うのがナチュラルトップ・・・次のレッスンでコーチャーに確認しよう!

曲に合わせてチャチャを2曲踊り、微調整の後、サンバ1曲とルンバ2曲を続けて踊る。
引き続き、パソ。
うーん・・・ツィストで遅れがち。シャッセケープでホールドが崩れがち。
次のレッスンで見てもらおう!

スタンダードの曲が掛かっている間に、チャチャのタイミング、ホールド、パソの入れ替わりを微調整。

曲に合わせてチャチャ2曲、ルンバ1曲、ルンバの曲でチャチャを1曲、パソ1曲踊って終わり。

質はともかく、量的には結構ハードな練習でした。

競技会までラテンのレッスンと練習が1回ずつを残すのみ。
後はbestを尽くすだけです。(って、終わっちゃいましたが・・・)
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-02-17 22:56 | 練習

2008.2.6 in 富士学院

先日の練習ノートから。

雪のためキャンセルした先週末の練習の代わりに急遽入れたんだけど・・・僕の都合で大幅にスタートが遅れてしまう。着替えてアキレス腱だけ伸ばしてさっさと練習開始。
タンゴから。
案の定身体がぎくしゃくして気持ちよく動かない。
 ・下からアクション開始
 ・串をイメージして二人の位置を崩さない
 ・中間バランスを意識して、サポーティングフットの足首を使い切るまで送り続ける
 ・相手の右脚に太股の内側をこすりつけるウォーク(=がに股注意)
理想と現実の狭間で・・・ひたすら反復エクササイズ

 ・右サイドで蓋をしたままバックコルテ
 ・4QからOPに後退後ターンするチェイス、♀の前進に合わせて前進一体のままシャッセ
パ「5ステップで頭が右に入ってくるので・・・」
h「ごめん、気を付けるよ。」

フォーラウェイリバースアンドスリップピボット、テレマーク、オーバースウェイのパートは周りに人がいるとバラバラになりやすいので、競技会では混み具合を見てルーティンを変える必要があるかも?
オープンプロムナード、アウトサイドスウィブル、コントラチェックのパートは・・・とりあえず封印する方向で考えようかなぁ?

結構しつこく繰り返してからスロー
 ・横のswingから縦のswingは自分ではまあまあ
 ・リバース系の左サイドへのストレッチは・・・今イチ
 ・二人のポジションは、ナチュラルウィーブで崩れやすい

やりたいことはいっぱいあるけど、時間の関係でワルツ、タンゴ、スローをそれぞれ2曲ずつ続けて踊ってラテンに切り替え

ルンバウォーク、おっぱいリードに注意して8種のシャッセのエクササイズの後、カウントでチャチャのルーティンを踊る
 ・おっぱいリードとホールドの確認

そこそこ出来てきたところで、ルンバの曲に合わせて踊ってみるが・・・まだ定着には時間が足りないみたい。

 ・テンポが遅いときほど、やるべき事を全部やれるように動作に注意が必要。
 ・外見の動作が止まっても中身の運動を止めないこと!

パソ
 ・カウントでルーティン確認
 ・ツィストの入れ替えを素早く
 ・セパレーションのアームは重いものを持ち上げるイメージ
 ・シンコペーテッドセパレーションは足の甲を立てて素早く上下
 ・シャッセケープから第1ハイライトまでのパートは、前後のアイコンタクトを確実に
 ・スパニッシュラインは胸を突きだして格好良く

曲に合わせて踊る
トラベリングスピンの後、スパニッシュラインから2ndハイライトに繋げるところでhiroがルーティンを間違えてしまう(恥)・・・反省

スムーズにいかないところを再確認して練習終わり
 ・ツィストの入れ替わり
 ・シャッセケープから1stハイライト

着替える前にシューズの裏をブラシで擦っていたら、他のお客さんにパソが格好いいってお声掛けいただいた。
h「いやーそんなー・・・」
嬉しいような恥ずかしいような・・・
有り難いことです。励みになりました。(笑)
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-02-13 23:57 | 練習

2008.2.4 チャチャチャ編(その2)


先日のレッスンノートの続きから。

コ「じゃあ今のことに注意して最初から・・・」
踊り始めると、注意しているはずが、次々とご指導をいただく。

 ・ローホールドの手は自分の腰の高さに合わせていたため♀のアームが上がっているので、気持ち下げる
 ・上でもなく下でもない肩の付近の高さで保持していることが度々あるので、ホールドをどうするかはっきりさせる。
 ・ナチュラルトップは回り始めてから♂左&♀右手のAラインを意識して直していたので、組んだときに決めて後は動かさない!
 ・FPからの1歩目でお互いにアームを突き出すため、上に上がりやすいので、ローホールドをキープ
 ・ニューヨークとハンドトゥハンドのコネクションは
1 CPPとPPの時、つい上の方で肘を横に張りがち。2 チェックの時、内側のアームを下げすぎ(前にも言われている)
定着には時間が掛かりそう・・・

随分前のレッスンで、両肘の位置はしっかりキープするように言われていたにもかかわらず、最近おろそかにしていたことを自覚しました。(=フラフラしすぎ!)

何度も直されているうちに少しずつまともになってくる(と思う)

コ「それくらいの方が落ち着いて見えるよ。・・・(何か言われたけど忘れた。)
次に・・・」
 ・昔の言葉でショルダーリード、今はサイドリードといわれる「おっぱいリード」
 ・前進時ウェイトが乗った方の胸を前に突き出す
 ・後退時は逆。
ウォーク、シャッセ、タイムステップ、前進&後退のチェックを実演して下さったけど、理解する前に終わってしまい、整理できず・・・

シャッセは開・閉・開のカウントで開いた足、閉じた足、開いた足側の胸を突きだしていた(ような気がする。)

チェックは複雑すぎて理解不能・・・ルンバと一緒の筈なんだけど、hiroが普段やっているのとは違う使い方をしていた(=ルンバのボディの使い方が間違えているみたい)

コ「じゃあ、今のことに気を付けて最初から・・・」
踊っている最中に「もっと出して!もっと!」って、何度も連呼される。

踊りを止めた後に有り難いお言葉
 ・一番良いのは一歩ずつ交互に胸を突き出すこと
 ・次に良いのはずーっと両胸を突き出していること
 ・一番良くないのはどっちの胸も出さないこと
 ・お腹を引き込んでボディを引き上げて踊ることは大事だが、それはパンツを履いているようなもの。
 ・いつもはいているけど、それを他人に見せることはない。
 ・最初に姿勢を作って崩さずに踊りながら、別なものを見せていく
 ・プレゼンテーション=ストレッチ、コンプレス、スクイーズ、そして???(おっぱいリードのことを英語で何か言っていた。日本語訳も付けて下さったけど・・・忘れた)

 ・突き出した胸と同じ側の肘を引くと、胸を突き出しやすい
 ・胸を突き出すと足の上にしっかり乗れて力強く立ちやすい
 ・ヒップムーブメントは出来ている
 ・胸を突きだすとボディムーブメントが容易
 ・胸を突き出すと今まで動いていなかった部分(背中や脇)も動き始めた
 ・アームを動かすから他の部分が付いてくるのではなく、ボディを動かすからアームや他の部分が付いてくるのが良い
 ・スピードも付いてきた

この後、もう一つ何か習ったんだけど・・・最後の有り難いお言葉と一緒に・・・忘れた。

レッスンの後復習。億敗リードはもう少し整理して身に付くまで時間が掛かりそう。

ホールドを中心に反復エクササイズ
他は結構すんなり治せたけど、ニューヨークとハンドトゥハンドのPPとCPPで肘を横に張らないのは・・・やってから思い出すことがしばしば(汗)
最初から出来るようにしっかり定着を図ろう!
後は練習あるのみ!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-02-11 23:19 | レッスン・L

2008.2.4 チャチャチャ編

先日のレッスンノートから。
遅まきながら今年始めてのラテンレッスンを受けました。

スタジオに向かう電車の中でイメトレ。今日はチャチャ。
 ・4&1をはっきり~8種類のシャッセをルーティンに活かす
 ・二人の空間を広く~FP、ニューヨーク、ハンドトゥハンドetc
 ・オープンヒップツィストで♀の引き込み
 ・ニューヨーク、ハンドトゥハンドで内側のボディを折らない

余裕を持ってスタジオ入りするはずが・・・着替えて出たのは30分前。
軽くストレッチして、ルンバウォーク、8種類のシャッセの反復エクササイズ
身体がほぐれたところでルーティンのシャドー
 ・擦るフットワーク
 ・ボディを高い位置でキープ

パートナーさんの準備が出来たところで二人の位置関係を重点的にチェック
 ・オープンヒップツィスト:前半で目一杯離れてからギリギリまで引き込み、目一杯離れてFPで終わる
 ・ホッキースティック:♀の右アームを崩さないように気を付けて、前半ギリギリまで寄せて、後半広い間隔のCPPで終わる
 ・ニューヨーク、スプリットキューバンブレイク、スポットターンとこの間隔をキープ
 ・スポットターン、ベーシックムーブメント1~5に続くナチュラルトップ:♂左&♀右アームはAラインをキープし、二人の間隔を広く保つ。この時、♀は♂のセンターに向かって前進
 ・クローズヒップツィスト、前半、後半が終わったときの間隔を広く

ギリギリまで練習してレッスン開始
コ「今日は何をやりますか?」
h「今月の16日に財団のE休戦にエントリーしました。CPです。今日はチャチャをお願いします。」
コ「分かりました。曲をかけましょう!」
h「出来は悪いです(ボソッ)」
ルーティンを2周位してstop

コ「まず・・・」
 ・ホールドがバラバラでうるさく(騒がしく?)見える
 ・ハイホールドは♀の目の高さ
 ・ローホールドは♀の腰の高さ=♀の前腕を水平にキープ
 ・ニューヨークとハンドトゥハンドでPP、CPPの時はローホールド。両肘を横に張りすぎなので、ボディの脇に付きそうな位置まで狭める

その2に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-02-10 23:31 | レッスン・L