<   2007年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

2007.5.27 in ゼフィール

昨日の練習ノートから。
与野本町の駅前で待ち合わせて練習場へ。
着替えてストレッチの後アップしてから二人で合わせる。

まず、ナチュラルターンの反復エクササイズ
 最初、前半の♂前進と後半の♀前進にずれを感じたけど・・・だんだん合ってくる。
次にリバースターンの反復エクササイズ
 前半の♂前進が上手くいかない???♀の右肩へ向けて前進するとまあまあ・・・突っ込んでいたみたい
ベーシックを踊る
 センターコネクションを縦長にとって、歪ませないことをイメージして踊る>結構良い感じ。

気を良くしてバリエーション
h「そうそう、この前のレッスンで忘れたことがあって・・・」
パ「それは・・・」
 ・ナチュラルスピンターンの4歩目、♀の右足は♂の左足(壁斜め)ではなく、右足(LOD)に向かって前進
  ↑回転軸が♂右腿と♀左腿の内側(点)に出来るから
 ・普段は♂のセンターと♀の右ボディがコンタクトしているが、PPの時は♂のセンターと♀の左ボディをコンタクトさせる

僕の課題は大きく3つ
 ・頭をつり上げて動かさない
 ・カウント2でのティクバック
 ・オーバーターンドナチュラルスピンターンの4~5歩目

1つ目は意識し続けるとして・・・2つ目のエクササイズ
 ・スタートは2で左足を前に出す・・・最初ギクシャクしたけど、そのうち慣れてくる
 ・踊っている途中は、広背筋と腹斜筋のストレッチを意識(まだ、しょっちゅう忘れている)

3つ目のエクササイズ
 ・良い時と悪い時でムラがある>練習有るのみ!
 ・5歩目♂右足の軸に左肩を乗せる時、左アームを上に持ち上げてしまうことがしばしば・・・>練習有るのみ

h「あとワルツでやりたいこと、有りますか?」
パ「クイックオープンリバースで・・・」
 ・♀が後退する時hiroが正面から突っ込んで怖い>OPになっていなかったみたい
↑反復エクササイズの後、仮合格を貰う

あと、何やったっけなぁ?ワルツだけで2時間位やったんだけど・・・忘れた。

曲に合わせてクイックを1曲。最初いつものベーシック。途中から以前やったバリエーションを思い出そうと思ったけど・・・NG
昔のダンス日記をひもといてからの楽しみに取っておくことにした。

続いてフォックストロット
 ・スタートをワルツ同様1拍早めて、1stQで左足を出すように心掛ける
ワルツに時間をかけたのが良い方に働いたのか、今までで一番スムーズに踊れたような気がした。

タンゴ
 ・ウォークで二人のボディがぶつかることしばしば>♂3つの柱のイメージがNGかも?
 ・クローズプロムナードの1歩目で二人のコンタクトがずれる???
この問題は先送り!・・・次のレッスンはタンゴにしよう!

休憩を挟んでラテンの練習。
ルンバウォーク、チャチャロックのエクササイズの後、ゆっくりルンバのベーシック
 ・方向変換は軸足のトゥを向けてから、足を出す
 ・4-1を長く取って脚をしっかり伸ばしながら次の準備~ボディを止めない
 ・(1)&で素早く次のアクション開始
 ・2の頭で足が床に着く
曲に合わせて踊ってみると・・・結構良い感じ。

続けてルンバの曲でチャチャのベーシック
 ・4&は半拍なので素早く、次の1は長目にとってメリハリをはっきり!
 ・バックのチェックで音に遅れたり、バックバランスにならないように、ヒップだけ乗せるイメージ

サンバのバリエーションルーティン確認
 ・ゆっくりだと通して覚えてしまった。
 ・曲に合わせてみると・・・8小節は何とかなる。どんどん進んで行くのでわくわくしてきます。

パソのベーシックルーティン確認
 ・1stハイライトの後、アンダーアームターン、バックのチェックからフォーラウェイリバースアンドスリップピボット&オープンテレマーク、グランドサークル、シャッセトゥライト、クードピークまで覚える。

h「2ndハイライトまで後少しですけど、パソを続けるのと、サンバを掘り下げるのと、どっちが良いですか?」
パ「・・・サンバを・・・」

 ・最初のポーズの後、ボディを止めないで交互にストレッチとコンプレスを繰り返す
 ・プロムナードトゥカウンタープロムナードランズは、まず互いの肘と肘でキャッチ!
  ↑ネックは肘、肘、前
 ・ピボットは左足前進後回転して相手の進むスペースを空ける
 ・クリスクロスは両膝を隣り合わせてくっつけて、お尻と両腿をしっかり締める&両脚を開いて両トゥ立ちの繰り返し
 ・スリーステップターンは開く、閉じながら回転、開く
 ・ウォーク、開いて、掛ける。回る(スリーステップターン)
 ・スプリットキューバンブレイク風は歩幅を狭くして、軸を真っ直ぐ
 ・ニューヨーク(風)のライン→内側を縮めて外側を伸ばし、肩胛骨の間に鉛筆を挟みながら3次元のシェイプ?(いきなり格好良くなってびっくり!)
パ「これが一瞬で出来るようになると・・・」
h「そうですね。」

課題は山積みですが・・・頑張るぞ~!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-05-30 23:36 | 練習

2007.5.25 ワルツ編

昨日のレッスンノートから。

スタジオに向かう電車の中でイメトレ。
 ・センターコネクションを縦長にキープする
 ・オーバーターンは♀を軸にして、崩さない
 ・ターニングロックトゥライトは♀をLODに前進させる
 ・スローアウェイオーバースウェイで沈まない

スタジオ入りして着替えるとパートナーさん登場。
ストレッチして、アップして、二人で合わせる。まずベーシック。続いて競技用ルーティン・・・パートナーさん、既に個人レッスン受けてきたとのこと!!凄い・・・

10分ちょっとかなぁ?二人の踊りがだんだん合って来たところでレッスン開始。
コ「今日は・・・ワルツですね。この前やったことは出来てきましたか?」
パ「はい!・・・」
コ「それは凄いですね。では、見せて下さい。」
踊るとコーチャーが笑いながら「良いわ~」って、連発???
前回のレッスン日記にもちょっとだけ書いたけど、普段厳しいコーチャーのほめ方が・・・どうも馬鹿にされているようで、素直に喜べない・・・

ルーティン2周したところでstop
コ「良いですよ。この前よりずーっと良いです。(二人の練習の成果かも?)
・・・パートナーさん、(後退の)脚が抜けるようになったので、スタートのところがとても良く見えます・・・組んだとき、どこが見えますか?」
パ「○○が見えます。」
コ「私がhiroさんと組むと・・・××が見えます。・・・」
 ・組んだときに正面を向きすぎ
 ・ネックの向きと進行方向が違うことに慣れる
 ・モデルになって写真を撮られるときにポーズを付けているイメージで、ネックの方向とボディの方向をずらす
 ・スクエアの時のネックの向きとPPの時のネックの向きをはっきりさせ、ポジションが変わる途中以外はネックの向きをどちらかに意識する
 ・最初のナチュラルターンも1歩ずつボディの方向が変わったとき、(ボディとの位置関係を変えずに)ネックがどこを向いているか曖昧にしない

コ「♂は♂らしく力強く、♀は♀らしくしなやかに笑顔を振り向いて・・・hiroさんはちょっと笑顔を振りまきすぎで気持ち悪いわ!」
スマイリー和智選手をイメージして踊っていたんだけど・・・ガックシ

コ「次に・・・」
 ・お腹を引っ込め
 ・肩胛骨を持ち上げ(腰の上に乗せだったかな?)
 ・背骨を1本1本上に伸ばす
↑逆になると猫背になる
コ「この姿勢のままで最初から最後まで・・・hiroさん、試しに私と踊ってみて!」

最初の3歩で右サイドを落とすなってご指導をいただく(恥)

反復エクササイズの後、ドアの法則の復習
 ・ナチュラルスピンターンの4歩目は♂の左サイドが軸、5歩目は♀の左サイドが軸になり、それぞれ相手がドアを開けるように外回り

次に飛行機の法則
 ・下げると回る
 ・どこを下げるかというと肩・・・手は下げない
 ・どこに下げるかというと1の足の上(腰の上だったかなぁ?)に下げる
 ・次のカウント2で逆を持ち上げるのを忘れない~忘れるとヒップが抜ける(ボディが折れる?)

♂オーバーターンドナチュラルターンでは、
2 ネック右向き、両トゥを揃えて右スウェイ
3 右足の上で右→左にスウェイチェンジしながらネックを左に向ける~ボディを緩めずに右肩を右足の上に置く
4 (右トゥが浮くまで)右脚を使って左トゥを内向きにして左足を左斜め後ろに移動させる~左肩を左足の上に置く
5 左脚を使ってネックを右腰の上に移動させながら、左サイドを右腰の上まで放り投げるイメージ(表現は全然違う)
 ↑すーって回転してビックリ!!


4の足は真っ直ぐ出す~ここで何か言われたけど・・・忘れた。

5で右脚を使って、上体は左サイドを持ち上げて前進
 ・何かをやるとヒップが右に抜けないイメージ(忘れた)
 ・♀外回りなので、意識

カウント2の動作を定着させるためのエクササイズ、その1~アンダースロー
 ・2でテイクバックを大きく取る
 ・3で足首を曲げてボディがしなった後、アームのswing開始
 ・1でアームは一番下
 ・2でフォロスルー遠くにストレッチ~ここの動きが重要(他も重要)
  ↑前に伸びると広背筋えお、後に伸びると腹斜筋を、それぞれしっかりストレッチ!

アンダースローの動きをswingに応用させて、ナチュラルターンの繰り返し
 ・前半♂左手を後→前、♀右手を前→後
 ・後半♂右手を前→後、♀左手を後→前
次にリバースターンの繰り返し
 ・前半♂右手を後→前、♀左手を前→後
 ・後半♂左手を前→後、♀右手を後→前

これらを使ってベーシックを踊る
ナチュラルスピンターン、リバースターンの後半、リバースターン、シャッセフロムPP
コ「hiroさん、この話は何度も聞いているから知っているわよね?」
h「はい、知ってはいます。」
コ「うーん・・・知っているのと出来るのは違うわね。出来るわよね?」
h「出来るとは言い切れませんが、やってみます。」

案の定、最初の1歩でstop
コ「何よ、2で左手を後にやる意識有るの?」
 ・予備歩の前、カウント2で左足を前に出し、左サイドはワインディング開始
気を取り直して続けるが、ナチュラルスピンターン、リバースターンの後半に続くリバースターンに入るところでまたまたNG
コ「何よ!全然分かって無いじゃない!・・・」
 ・右アームをテイクバックする変わりに右肩胛骨の下をテイクバックするイメージ(広背筋のストレッチ?)

気を取り直して最初から。
 ・頭がぶれるので上につり上げて動かさない!
 ↑スタンダードは軸が竹のようなイメージがあって、ヒップがswingした分頭が左右に振れるものだと思っていたけど・・・イメージを修正

コーチャーは渡英のため、次のレッスンは15日。それまでしっかり練習しよう!
コ「ただ闇雲に練習しても上手くなりません。言われたことを良く理解して、・・・(忘れた。)」

コーチャーを信じ、パートナーさんを信じ、自分を信じて頑張ります。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-05-26 14:42 | レッスン・S

2007.5.23 in 富士学院

昨日の練習ノートから。

軽くアップしてワルツから曲無しで合わせる。
オーバーターンドナチュラルスピンターンで♀のバランスを崩してしまう。
何度か練習して曲に合わせて踊る。うーん・・・
そういえば、最初にベーシックを踊るのを忘れていた。
コンタクトを外さず、センターコネクションを歪ませないように気を付けて踊ると、まあまあ。
カウント2のテイクバックを意識して、1swingを止めずに滑らかに踊るように心がけると結構気持ち良くなってくる。
競技会用ルーティンに戻して踊ってみると前回のレッスン直後に近づいた感じ。勘違いでなければいいなぁ。
2ndLODと3rdLODの間にもう少し何か入れたいものです。

週末踊り損ねたので、曲に合わせてタンゴ、スロー、クイックを踊る。

タンゴ
 ・一番合わない感じ
 ・ウォークが気持ちよくない
 ・多分僕の苦手意識が良くないんだろうなぁ・・・
 ・次の次はタンゴにしよう!

スロー
 ・良いときと悪いときのばらつきが大
 ・途中で崩れたときはリカバリー不能

クイック
 ・久しぶりに踊ったなぁ
 ・ベーシック戦は二度と無いので、そのうち格好いいルーティンを作っていただきたいものです。

休憩してラテン

まずルンバウォーク。間にチェックを挟んで前進と後退を繰り返すエクササイズ
 ・擦るフットワーク
 ・トゥを床に突き刺してしっかり立つ
 ・ボディを絞って、足先まで伸ばして、脚を長く見せる
 ・加重したサイドを横に伸ばすアームワーク
 ・軸を真っ直ぐ、お尻の間に十万円挟んで、逃がさないイメージ

次にシャッセ
 ・まず足が出て、そこにボディを乗せて、ボディで足を引き寄せる

ウォークとシャッセを組み合わせてゆっくりベーシックを踊る
 オープンヒップツィスト、ホッキースティック、ニューヨーク、アンダーアームターン、ハンドトゥハンド、スポットターンの繰り返し
 ・4-1で脚を長く見せる
 ・方向変換は軸足を回してから、真っ直ぐ前進・後退

続いてチャチャチャの前進・後退ロック
 ・フットワーク
 ・まっすぐ立つ
まとめてみて、シャッセをやるのを忘れたことに気づく

サンバのバリエーションのルーティン確認
つっかえやすいのは次のパート
 ・6-5~ボタフォゴ×2の6歩に続くカウント8&で左足軸にナチュラル方向に360度ボールターンしてからクリスクロスの7歩に続けるとこ
  ↑完全に覚えてないので、ターンが遅れる、軸がぶれて1回転しにくい
 ・7-5 クリスクロスを右足加重で終えて、左足を右足にアクロスして前進するとこ
  ↑今まで左に進行していたのを一旦止めてから、逆に進むため流れると出来ない
後半は何とかやれたかな?
後は・・・定着するまで練習有るのみ!

試しに曲に合わせて踊ってみると、6小節は遅れずに踊れた。大進歩!

続いてパソのベーシックルーティン
2ndハイライトまで何とかやってみる。
 ・苦手はクードピックかな?

後は明日のレッスンと日曜の練習だ~!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-05-24 23:27 | 練習

パソのベーシック・ルーティン(その2)

第1ハイライトの続きから

11 アンダーアームターン(1,2,&,3,4)
12 フォーラウェイリバーススリップピボット&オープンテレマーク(1,2,3,4,5,6,7,8)
13 グランドサークル(1,2,3,4,5,6,7,8,2-1,2)
14 シャッセトゥライト(3,4)
15 クード・ピック(1,2,3,4,5,6,&,7,8)
16 トラベリングスピン×2(1,2,3,4,5,6,7,8,2-1,2,3,4,5,6,7,8)
17 スパニッシュライン×2(1,2,3,4,5,6,&,7,8,2-1,2,3,4,5,&,6,7,8,3-1,2,3,4)
○左サイドをのばしながら、ネックを右に向けて2ndハイライト

一つ一つの足形は・・・週末かな?
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-05-24 00:13 | ルーティン

サンバのバリエーション・ルーティン♀編(その2)

バックロックスの6歩の後から

11-5 クローズポジションから右足後退して中央に面してCPP。右サイド水平(下げない)
  右膝曲げて右サイドを伸ばす~パソのドラッグの反対のイメージ
6 右膝を伸ばしてスウェイチェンジ
7 左膝が上がる
8 左膝から先を伸ばしてキック

12-1 左足床に着く(前進する)とリバース方向の回転
  & 右足横に開き、男性と正対(壁を向く)
  2 左足加重
  3 右足回り込んで前進・ナチュラル方向の回転
  4 左足前進して、男性と正対(中央を向く)
  5 右足ロンデして後退
  & ボディの絞りを解き、左足横に開く
  6 右足左足にアクロスして逆中央斜めに前進後、リバース方向にターン
   左トゥを立てて壁斜めを向く
  7 左足LODに前進、リバース方向に回転開始
  & 右足前進、回転継続
  8 左足前進

13-1 右足前に出し左サイド伸ばして、右トゥ立ち~中央に面して両膝しっかり曲げて中間バランス
    左サイドが伸びて、ネックは下から見上げて「お控えなすって!」のイメージ
  2 立ち上がる
  3 右足後退
  & 左足右足にアクロスして後退
  4 右足軸にしてリバース方向にターン
  5 左足チェックで前進
  & 右足にウェイトを戻す
  6 左足右足に揃えて加重
  7 右足チェックで前進
  & 左足にウェイトを戻す
  8 右足左足に揃えて加重

14-1 左足を横に開いてリバース方向にスリーステップターンの3歩開始
  & 右足を左足に揃えて回転継続
  2 壁に面して左足を横に開く
  3 右足前進、ボタフォゴアクションの3歩開始
  a 左足前進
  4 右足加重
  5 左足前進、ステーショナリーサンバウォークの6歩開始
  a 右足後退
  6 左足加重
  7 右足前進
  a 左足後退
  8 右足加重

15-1 左足右足にアクロスして逆壁斜めに前進、トゥをポイント
  & 左足加重後、リバース方向にボディを絞りながら右足を揃える
  2 右足加重後ナチュラル方向にボディを絞りながら左足を横に開く
  3 右足を左足にアクロスさせて壁斜めに前進
  4 右足を軸にしてリバース方向にスパイラルクロス
  5 左足LODに前進後、リバース方向に回転開始
  & 右足前進、回転継続
  6 左足LODに前進
  7 右足前進してリバース方向にボールターンし、LODに背面して男性と正対
  & 左足後退
  8 右足後退

2-1に繋げる
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-05-23 23:25 | ルーティン

2007.5.20 in 富士学院

昨日の練習ノートから。

じっくりストレッチしてから、軽くシャドー。ここでパートナーさん、登場。
ちょうど流れている曲に合わせて2曲踊る。・・・うーん・・・やっぱり先にやることがあるって反省。

swingの基本をやって、センターコネクションを崩さないように注意しながら、ナチュラルスピンターン、リバースターンの後半、リバースターン、ホィスク、シャッセを繰り返す。
リバースターンの後半を1swing滑らかに踊れるように微調整。

競技会用ルーティンを合わせる。
オーバーターンドナチュラルスピンターンの4~5歩目で♂左脚を上手く使えず、集中エクササイズ
 ・♀を壁斜めに移動させて自分はLODに前進
 ・♂右足に乗って終わらず、通過して次へ続ける
何とかイメージに近づいたところで次のターニングロックに続ける

空いているところだとまあまあ踊れるんだけど、混んでいて回りが気になると、途端にNG
うーん・・・練習不足を実感。当分ビデオ撮影はいらないので練習場を変えようかな?

スローアウェイオーバースウェイ
 ・パートナーさん、ストレッチしてから踊ると急に動きが良くなる~やっぱりバーのある練習場が良いみたい
 ・レッスンで♂沈まず前に使うようにご指導頂いたけど、♀はどうだったっけなぁ?
  ♂が余り下がらない分♀が沈んでしまうようなずれを感じたので、パートナーさんに訊いてみたけど、レッスンではしっかり沈んでいた(表現は違った)そうだ。>次のレッスンまで保留

反復エクササイズの後、全部通してやってみる
ターニングロックトゥライトの後、二人のボディが離れっぱなし
h「レッスンの時、ずーっとボディコンタクトしていましたっけ?」
パ「うーん・・・余り意識していなかったので・・・」
h「じゃあ、付いているわけないですよね。・・・」
ボディコンタクトを意識して踊ってみると・・・
どうしても離れてしまい、他がガタガタ>元に戻して先送り

だんだん二人の踊りが合ってきたのを実感してスタンダードの部、終了。
時間配分が悪くて、タンゴ、スロー、クイックは踊れず。次から気を付けよう!

知人からワンポイントアドバイスを貰った。
 ・レフトホィスクは、フレームを自分の正面から外さない
 ・左足に右足を交差させる時、♀を自分の左腿に座らせるイメージ
 ・解く時、左腿で♀を送り出すイメージ
 ・右足を開いた時、左スウェイからコントラチェックに繋げる
 ・オーバーターンドナチュラルスピンターンは、5の足の上で止まらず、その先までボディを運ぶ
 ・オーバーターンドナチュラルスピンターンとターニングロックトゥライトを別々に練習する
  ↑ターニングロックトゥライトに入る時のポジションを理解して、ナチュラルスピンターンをその形で終わる
 ・練習前に手を繋いで歩いてから、両アームで輪を作って向き合いながらお風呂でリラックスのイメージ
 ・それから練習した方が結果的に効率的だとアドバイスをいただく

休憩してから、ラテンの練習

ルンバ
まず、ウォーク。次にシャッセ
 ・フットワーク~擦って寄せて、擦って送り出す。いつでも綺麗に見えるようにトゥをしっかり立てる。脚を長く見せるため、しっかり伸ばしてボディを絞る
 ・ボディムーブメント~&カウントで圧縮と伸張
 ・アームワーク~乗った側のアームを横に伸ばして、逆を畳む
 ・アームのテンション~お腹を引っ込めて、サイドからアームにかけて♀の広がるテンションと、♂の包み込むテンションが釣り合っているイメージ

ゆっくりベーシックを踊る
 ・歩幅は頭と軸をイメージすると自然に決まる
 ・脚を残して長く見せる

そういえばチャチャのロックとシャッセのエクササイズを忘れてしまった。次から気を付けよう!

サンバのバリエーション
いつものとこまでやって、つっかっていた所がスムーズになっているのにビックリ!
h「練習してきましたか?」
パ「はい。・・・」
h「先に進むのとパソやるのとどっちが良いですか?」
パ「先に進んで下さい。」

終わりまで通してしまった
 ・「お控えなすって」の後、右足後退、左足を右足の後に交差、リバース方向に回転して右足加重~ここが曖昧
 ・ツィストシャッセからスパイラルクロスした後、左足からスリーステップターンで1回転、右足前進後リバース方向に半回転して♂に正対して2歩後退~ここが曖昧
↑後は・・・OK!(ビックリ)

試しに曲に合わせてみる
 ・ピボットは前進加重後ターンして相手の前進スペースを空ける
 ・最初の5小節位でばらける。まだ体が覚えるまで時間はかかりそう(当たり前)

パ「パソの続きってどういうのですか?」
h「やってみますか?」
第2ハイライトまでやってしまった。
h「これを覚えるのは次にしましょう!」
パ「そうですね。」

休憩して曲に合わせてワルツを2曲踊って終わる。
結構良い感じになってきた。次のレッスンが楽しみです。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-05-21 23:50 | 練習

2007.5.18 ワルツ編

昨日のレッスンノートから。
新パートナーさんとカップルを組んで初めてのスタンダードのレッスン。種目はワルツ。

レッスンを受けるに当たって・・・ポイントを3つ。
 ・滑らかなswing
 ・左をkeep~♀の右肩に前進し、自分の右肩に♀を前進させる
 ・ボディを緩めない

1時間前に駒込駅前で待ち合わせてスタジオ入り。
入会手続きを済ませて、着替えてアップしていると、レッスンを終えた方から、「失礼ですけどhiroさんですよね。・・・ブログ見てますよ。・・・」なんて、お声掛けいただいて、有り難いような、気恥ずかしいような・・・
そういえば、コメントを残していただけると有り難いですってお話しするのを忘れてしまいました。

混んでいるフロアでパートごとに分けて合わせてみる。ちょっと気を抜くと右に行ってしまっていることに気づいては修正・・・そういえばって思うとボディが緩んでいて修正・・・
まあ練習並には踊れていると言うことで小休憩を挟んで・・・弘子先生登場。
初対面の挨拶交換と、募集活動で3週間レッスンをお休みしてしまったご挨拶のあと、ワルツのレッスン開始。

曲に合わせてワルツを踊って見ていただく。
最初何て言って下さったっけなぁ?
笑顔で誉めて下さっているんですが、コーチャーの目が笑っていて、誉められているのか、反語なのか分かりませんでした。

コ「hiroさんは私のレッスンを何回も受けているのでよく分かっていると思いますが、ワルツの3のカウントでは何をやるのですか?」
h「ヒールを床に着けたまま足首を使って、ボディをしならせて・・・」
コ「そんな細かいことは聞いていません。一言で言うと何をやるんですか?」
h「swingの開始です。」
コ「3でまず、ロアーしますね。(3で)もう一つやることがありますが、それは何ですか?」
h「・・・」
コ「通過です。・・・」
 ・ボディは足と足の間にある
 ・サポーティングフットの上をボディが通過して初めて次の移動が出来る
前進時
 ・3で両膝が揃う(だったような?)
後退時
 ・2の足が3の足の横をすり抜けて後ろに移動する(床を滑らせる状態で固定しない)
 ・この時1のサイドの腰を開く(表現は違った)~骨盤?と腰が固いとおじぎになってしまう
 ・上体を床に対して垂直な状態にkeepしながら下だけ動かす~バーを使って開くエクササイズ(継続していると効果が出てくるらしい)
 ↑下がいっぱい仕事をするから上の形が変わらずおとなしく見せることが出来る

コ「その前に・・・二人が組むときは疑問が有りませんか?」
パ「・・・(無いことはないとかなんとか)」
コ「そこで・・・」
 ・♂左&♀右の空間に余分なスペースが出来ている
  ↑二人の両肩が平行な上体をkeepした方が、より広くなる
 ・二人の重なり具合が今は互いの右あばら骨同士が重なっている
  ↑♂の中心に♀の右あばら骨を当てる位置まで重ならせた方がずれにくい
 ・互いのみぞおちから太股の付け根付近までを一つの面だと思ってずらさないように踊る(とか何とか)

コ「次にカウント1では何をしますか?」
h「通過します。」
コ「1では・・・」
 ・止まらずに脚を開く(表現は違った)
  ↑1の足の上にボディを乗せて止めない~スムーズなswingをイメージ(とか何とか)

コ「では、2では何をしますか?」
h「ウェイトを移動しながら脚を閉じます」
コ「その前に・・・」
 ・1の脚を使ってボディを移動させる~今は開いたところでそのまま閉じようとしている
 ・開いた脚はまだ滑る上体にしておき、1の脚を使ってから床に固定し、そこまでボディ(=腰)をしっかり移動させる
  ↑♀は♂を追い越さない

コ「私がhiroさんと久しぶりに踊ってみるので、それを見ながら良くイメージしてみて下さい。」
パ「はい。」
コ「ただhiroさんは・・・」
 ・パワーだけはある
 ・上手く使えるときは良い感じに踊れる
 ・悪いときは独りよがりで♀に悪影響
コ「今日はどうかしら?・・・」

一回踊ってNG>遠慮しないでしっかり踊れってご指導される
2回目、オーバーターンしてターニングトゥライトで「そこダメ!」って言われた後、スローアウェイで下に落ち過ぎってご指導いただく。パートナーさんのところまで戻りながら
h「先生ロックのところでダメって・・・」
コ「あそこはその場で回っているから!」

パートナーさんの前で
コ「hiroさん、スウェイって何かしら?」
h「傾きです。」
コ「傾きって言っても色々あるわよ。前に傾いたり、後に傾いたり・・・」
h「軸を床に対して・・・」
コ「横に傾けるのよね。どっちに傾けるか知っているかしら?」
h「軸です。」
コ「回転の中心よね。・・・」
 ・回すから傾くのではなく、傾けるから回る=飛行機のバンクのイメージ
 ・3の脚は1の足を通過した後、持ち上げるのでロアーで終わらない
 ・1のサイドが下がるから回転する~手まで下げない

コ「hiroさん、スピンターンの4で何をやるって習ったか覚えていますか?」
h「ボディを♀に向けたまま、ドスンって降りないで、左足を軸にしてピボット使用としないことです。」
コ「その前にもっと大事なことが・・・スウェイはどうするの?」
h「カウント4でスウェイチェンジです。」
コ「どっちからどっちに変わるの?」
h「最初の3歩が右スウェイで、次に左にスウェイチェンジです。(最初から答えられないとなぁ~)」

コ「そうですね。スウェイは・・・」
 ・1のサイドを下げて、3のサイドを上げる
コ「では・・・」
パートナーさんと組んで踊って下さる
ナチュラルスピンターン、リバースターンの後半、リバースターン
コ「パートナーさん、器用ですね。」
h「はい。練習でもちょっとお願いしたら直ぐに出来ちゃいます。」
コ「パートナーさん、hiroさんは努力家で練習熱心で・・・」
h「不器用なんです。」
コ「ちゃんと分かっているじゃない・・・二人で踊ってみて」

同じようにナチュラルスピンターン、リバースターンの後半、リバースターン
下のコンタクトは外れないし、とても気持ちいい。
気持ちよくなってみて、今までの悪いとこが分かってきた
 ・アームに余分な力が入っていた 
 ・二人の空間が歪んでいた
↑願わくば・・・パートナーさんも気持ち良くなっていてくれると良いなぁ~

今までのルーティンに戻す
オーバーターンドナチュラルスピンターンのカウント5でNG
 ・4の脚をしっかり使って5の脚を前進>その場でウェイト移動していた
 ・5で♀のいる壁斜めに突っ込まないでLODに前進
カウント6
 ・♀の左足を軸にしてその周りを回転するようにLODを横切る位置に左足前進

ここまで、相手をドアの軸に見立てて、相手の軸を崩さずに、自分はドアの取って付近のイメージで移動
まっすぐ立ったバレリーナの軸を崩さず周りを回る♂のイメージも同様

ターニングロックトゥライト
 ・♀を自分の方(=壁斜め)に引き寄せず、LODに前進させる
  ↑ドアの軸と取っての立場を交代
 
反復エクササイズの後、先に進む
PPからシャッセ、クイックオープンリバース、スローアウェイオーバースウェイ
コ「そこは・・・」

 ・下に沈まない~左膝を前に使ってトップを開く(って感じた)
 ・右膝は緩めない(多分)
 ・ネックは♀の頭上を通過して前を見る

 ・右トゥを右45度から左45度にボールターン
 ・左膝を前に使ってトップを開く(♂と表現は一緒だがやることは全然違う)
 ・両手(肘?)を前に使って押し出す反作用でトップを開く(表現は違った)

コ「今日はここまでにします。今日何を習いましたか?重要だと思うことを何でも良いから思い浮かんだことから言ってみて。」
パ「1,2,3でやることを・・・」
コ「他には?」
h「センターバランスを縦に長くkeepすることです。」
コ「他には?」
h「ナチュラルスピンターンのスウェイチェンジです。」
コ「他には?」
パ「・・・(何か言っていたけどわすれた)です。」

コ「そうですね。しっかり整理して・・・練習してきて下さい。」
h&パ「はい!」

復習がてら二人で一つ一つ習ったことを確認して、合わせて踊ってみて、結構良い感じ。
パ「けどまだ考えないと出来ないので・・・」
h「そうですね。身体に指令を出すのは脳なので、考えないでも指令を出せるように・・・練習しましょう!」

明日の練習が楽しみです。

そうそう、今後のレッスンについて弘子先生に相談したところ、レッスンを続けて入れるか、一つ入れて習ったことの定着をはかってから次のレッスンを入れるかは・・・人によって違うので、一概に言えないって言われました。
二人の踊りを見て僕たちにとってのあり方のアドバイスをいただきたいと再度お願いしたところ、理想のあり方から入るよりは、金銭的、時間的等の問題を考慮して現状の有りがままをうけれいて?その中でどうやってやっていくかを検討した方が良いとアドバイスをいただきました。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-05-19 22:18 | レッスン・S

2007.5.15 in 富士学院

今日の練習ノートから。
普段は帰りの電車でまとめて、帰りが遅いので翌日以降にアップしているんですが・・・
明日はイベントでその後も・・・
ちょっとだけ頑張って打ち込んじゃいます。

早めに向かうつもりが、所用で遅れて、慌ただしく練習場へ。
着替えて軽くストレッチしてから、二人で合わせる。

音無でワルツから。
前回ぎくしゃくしていたところがほとんど良くなっていてビックリ
h「練習しました?」
パ「はい。・・・」
h(すげー!)

h「この前はやらなかったんですが、組み始めるとき・・・」
 ・5小節目からボーカルが始まることが多いので、4小節聞いたらスタートしたい
 ・向き合ってから、♂左手&♀右手→互いのボディ→♂右前腕&♀左上腕→♂右手、♀左手と互いのコンタクト
↑これが3小節かかると1小節で予備歩まで、2小節なら1小節横に振ってから次の1小節で予備歩
パ「分かりました。」

試してみると直ぐに対応できちゃう・・・凄い!

パートナーさんの心配するより自分の課題に集中
 ・3つの柱を意識!
 ・互いの右肩に丸太を乗せたイメージで♀の右肩に前進し、自分の右肩に♀を前進させる
↑先送り・・・負けているかも?

タンゴとスローを曲に合わせて踊る
 ・同様に前回ぎこちなかったところはクリア!
h「ひょっとして全部シャドーできますか?」
パ「スタンダードはだいたい・・・」
h「・・・」

h「後は早めのテイクバックですけど、ワルツは2で、スローは1stQで・・・」
パ「はい。」
これもOKみたい。

金曜のレッスン前に合わせようと思ったことが全部終わっちゃって、早めにラテンの練習に切り替える。

まず、ルンバウォーク
 ・脚を伸ばしてボディを絞り、長く見せる~送り足の足首を最後まで使って床をプレス
 ・足を運ぶときは甲を立てた状態を長く保っていつでも綺麗に見せる
 ・軸を真っ直ぐに保つと歩幅が決まる
次にシャッセ(new)
 ・ウォークと一緒
チャチャのロック
 ・フットワークに注意
次にシャッセ(new)
 ・ルンバと一緒

前回やったサンバのバリエーションのルーティンを復習
つっかえやすいとこは次の流れの3カ所

 ・ニューヨーク風にチェックして戻った後
6-3 左足からリバース方向にスリーステップターンの3歩開始
& 右足を左足に揃えて回転継続
4 (LODに面して)左足後退して加重、右トゥを立ててポイント

 ・続いてボタフォゴ×2の後
ボタフォゴアクションの6歩開始
6-8& 加重している左足をそのまま軸にしてナチュラル方向にボールターン

 ・続いてクリスクロスの後
7-5 左足を右足にアクロスして逆壁斜めに前進
6 左足軸上でナチュラル方向に1/2回転し、右足前に残してトゥでポイント~ハンドトゥハンド風
7~ 右足その場で加重後、ナチュラル方向にスリーステップターンの3歩

けど、後はほとんどOKだから・・・超感心!

つまずくところを繰り返した後、ホイスクのエクササイズ
続いてプラットのチキンウォーク・・・これはまだ早かったみたい
飛ばしすぎって反省

続いてパソのベーシック
前回同様、ドラッグとフォーラウェイエンディングトゥセパレーションの入りで間違えやすい
まあ、これぐらいで丁度良いんじゃないかな?

最後に曲に合わせてワルツ、タンゴ、スローを踊る
だんだん馴染んでくるのがよく分かって気持ちいい

金曜のレッスンが楽しみです。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-05-15 23:52 | 練習

2006.5.13 in 富士学院

昨日は新パートナーさんとの初練習でした。
早めに行ってじっくりアップ。ここ何日か急にさぼってこわばった身体をしっかりほぐしてからシャドー。

一汗流して休憩していると、パートナーさん登場。ご挨拶の後、スタンダードから。

まず、ワルツ。
お互いに習っていることを確認。
h「まずswingはシャネルのマークのように・・・4方向に分かれて・・・僕はブログにはアンダースローのエクササイズって書いています。足首、膝って曲げて身体がしなって、踵が離れるときに・・・」
パ「私も同じです。」
合意に達したところで音無でワルツをパートごとに分解して合わせる。
一緒に踊るのは今日で3回目。だんだん合ってきた感じ。

ワルツを集中的にやろうかと思っていたけど、予想以上にしっくり来たのでスローも合わせる。
リードが伝わりにくいところがリバースウェーブとナチュラルウィーブの2点
まあ、時間が解決すると思う。

更にタンゴ
♂右腕&♀左腕のコンタクトをもう少ししっかりするようにお願いしたけど・・・実は僕の右手が低いだけだったりして?

休憩してから8曲通しで踊り込む練習をするが・・・W×2+T×2+F×1の5曲で止めた。
↑だんだんに体力向上を図ろう!

休憩を挟んでラテン。
まず、一番最初に作ったサンバのバリエーションのビデオを見て、イメージを膨らませてからエクササイズ開始

まず、開いた姿勢。頭の高さを変えずに膝を曲げて、逆のボディを引き上げる
次に閉じた姿勢。

2つの姿勢を覚えてから、バリエーションのルーティン。
途中で切って繰り返し。何とかうろ覚えで先に進む。繰り返してから最初から通す。
↑この繰り返しで21小節進めた。残りは9小節。
覚えの早さにビックリ!

続いてルンバの基礎を少々

脚を長く見せるには?
 ・膝と足首をしっかり伸ばす
 ・ボディを絞る

フットワーク~伸ばした脚を奇麗なまま運ぶには?
 ・足を立てて床を擦って引き寄せる
 ・両膝を擦り、くるぶしを擦って通過
 ・足を立てて床を擦って送り出す
 ・そこにボディを乗せて、足首を使い切ると、脚が長く見える

特に、カウント4で足首を使い切ることに気を付けてベーシックをゆっくり踊る
オープンヒップツィスト、ホッキースティック、ニューヨーク、アンダーアームターン、ハンドトゥハンド、スポットターンの繰り返し

軸は真っ直ぐ=足は頭の下

チャチャ、前進後退のロックのフットワーク

前進ロック
 4 前足にしっかり乗る(フラット)
 & 後ろ足のヒールをしっかり持ち上げる(ボール)~前膝を曲げない
 1 前膝を曲げ、トゥを立てて前進(フラット)
   後ろ脚側のボディを持ち上げること!(だったと思う)
後退ロック
 4 後ろ脚を伸ばす(ボール)
 & 後ろ足のヒールをしっかり持ち上げて、前足を引き寄せる(フラット)~前膝を曲げない
   前足を引き寄せながら、後ろ脚を前に押し出す!
 1 止まる時はウォークなのでフラット。ロックを続ける時はボール
&カウントは、前進も後退も同じ形

パソ
ベーシックのルーティンを最初から第1ハイライトまで。
ドラッグとフォーラウェイエンディングトゥセパレーションに入るところがあやふや・・・
というか、こんなに出来て、凄い!

最後にサンバのルーティンを復習して終わりにする。

パートナーさんがどんどん覚えてくれるのには、本当に感心します。
こんなに出来てって誉めて、さっさと止めればいいのについつい先に進んでしまいがち。
僕もせっかちだけど、パートナーさんも多分相当せっかちなんだろうなぁ・・・

けど無理は続かないので、はやる心を抑えて、焦らずコツコツやっていこう!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-05-14 23:32 | 練習

タンゴのベーシック・ルーティン

同じく方向は♂基準です。

壁斜めに面して
1 2ウォーク
2 プログレッシブリンク
 LODにPP
3 クローズドプロムナード
 壁斜めに面して
4 バックコルテ
 中央斜めに面して
5 2ウォーク
6 オープンリバースターン
 壁斜めに面して
7 ファイブステップ

 LOD変更・新LODに対してPP
8 クローズドプロムナード
9 プログレッシブリンク
10 チェィス・シャッセ・プログレッシブリンク

 LOD変更・新LODに対してPP
11 オープンプロムナード
12 アウトサイドスウィブル
13 コントラチェック
14 クローズドプロムナード
15ファイブステップ

 LOD変更・新LODに対してPP
3に続ける
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-05-13 22:15 | ルーティン