<   2007年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

カップル解消

Pさんと話し合い、カップルを解消しました。
これから募集活動開始です。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-04-29 16:47 | カップル

2007.4.22 in 富士学院

今日は所用でお休みです。
お出かけ前に・・・先日の練習ノートから。

スタンダード、前々日に受けたタンゴのレッスンの復習
 ・一歩踏み出した流れでぴったり組んで動かない・・・難しい
  ♀右足前進後、左足前進してそのまま組むには、直前の左足の位置が重要(だと思う)
  ↑試行錯誤
 ・肩胛骨を開いたフレーム~アームを下から広げる所までは良いんだけど、そこから更に横に伸ばそうとすると肩胛骨が閉じてしまいやすい・・・
 ・3本の柱~二人のセンターと自分の背骨を分けて相反する運動・・・気を抜くとNG
ここまでで、1時間以上やったかな?

曲に合わせて踊るとオープンリバースターンでばらける。
4Qの足の位置は、ボディの下。

スローとワルツはシャドーで終わってしまう。

ラテン
前回受けたチャチャのレッスンの復習
17-1 ♂&♀が正対してダブルアームホールド
18-2~ ♀のヒップツィスト
h「ブログにも書いたけど、この前言った足形は僕の間違いだったよ。」

21-4~ ♀スリーステップターンの3歩で1回転して♂の左側に移動し、♂に背面して左足を前進から
22-2 ♂下から緩めて♂右足を前進させる
 3 ♂更に上を緩めて♀体重移動後引き寄せて半転のリード。更に互いにボディで引き合って次の準備

この2拍を反復エクササイズ・・・だんだんなじんできたような、まだまだ時間がかかるような???

 4~ ♀スリーステップターンの3歩で♂の右側に移動開始
 1 ♂に背面して左足を前進。右アームを♂右アームと繋いで後に伸ばし、左アームは上にストレッチ
ここから、
23-2 ♂右アームを引く運動で、♀ナチュラル方向に左ボールターン
    ♀が♂と正対するタイミングで、♂右アームを押す運動、♀両脚を揃えて右足に踏み替える
ここから後が、♀の運動と♂のボディの動きがなかなか連携できず試行錯誤

 3 ♀ヒップツィストして左足加重左サイドを後に絞るので、右アームを引く→♂右アームを引く(=右ボディを圧縮)
 4 逆なので♀右アームを押す→♂右アームを押して左ボディを圧縮
 & 更に逆でカウント3と同じ
 1 ヒップを突き出す→♂右アームを押して左ボディを圧縮

P「押したり引いたりするのは♀だけで、♂は手をそのままにしておけば良いんじゃないですか?」
h「そうですよ。ただ、ぼーっと立っていられないから、ボディの動きを合わせたくて・・・」
反復エクササイズで定着を図る・・・もう少し時間がかかりそう。

その他のパートもゆっくり練習して、方向やタイミングを再確認
何となく行けそうな気がして、曲に合わせてみると・・・NG(バタバタして終わり)

ゆっくり合わせてから、ルンバの曲で再確認
4&を素早くやるのは置いておいて・・・その他はまあまあかな?
けど、音の幅一杯にストレッチするのは忘れてしまった。要練習!
もう少し踊り込んで、体に覚えさせないと、30BPmでは踊れそうもない。踊り込み!

曲に合わせてサンバ
 ・プロムナードランズとピボットはまあまあ。やればやるほどスムーズになる感じ
4-1~ニューヨーク風のウォークと正対して後交差のシャッセ?、スリーステップターンを繰り返す2小節で、思いっきりしがみつかれてしまい、指に不安があるので振りほどく
後から聞いてもPさん、記憶無し~お互い自分のバランスで踊れるように!

やりたいことは山積みなんだけど、時間の確保は・・・難しいなぁ~
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-04-26 09:41 | 練習

2007.4.20 タンゴ編

先日のレッスンノートから。

またまたレッスン開始ギリギリのスタジオ入り。

折角習ったけどろくに身に付かなかったタンゴを習うのは、心が痛かったのでワルツを習おう!

急いで着替えて、Pさんとワルツのルーティンの確認。
P「クイックオープンリバースの足って・・・忘れちゃって・・・」
一緒に組んで合わせるけど、何かおかしい???

ちょうどレッスンの合間だった橘先生に教えて貰う
P「済みません、先生教えて欲しいことが・・・」
橘「僕は何も知りません。(笑)」
P「ワルツのクイックオープンリバースの足形を・・・」
橘「後退、後退、横、前進・・・」
h&P「どうもありがとうございます。」

合わせて、何とか形になった所で橘弘子先生登場。
コ「それでは、始めましょうか。久しぶりですね。hiroさん指の調子は・・・」
h「おかげさまでもう大丈夫です。・・・」
コ「hiroさん、ブログみたけど、私が教えたことと違うことを書いていましたよ。・・・実名で公表しているからには・・・私がいい加減なことを教えているとか、鬼のように厳しいとか誤解されないように・・・」
h「はい、気を付けます。」

「きっと、僕のブログを読んでいる方は、僕が弘子先生のことを大好きだってみんな知っていますよ。
だって、文章に愛情がこもっているでしょう!」とは、言いませんでした。

コ「前回タンゴで終わったと思いますが、上手くできるようになりましたか?」
h「それが・・・結局身に付かないうちに忘れてしまいました。」
コ「それじゃあドブに捨てているのと一緒じゃないですか。まあ、私は同じことをもう一度教えれば良いんですが・・・」
h「今回は本当にドブに捨ててしまいました。折角レッスンして頂いたんですが、復習する前に僕が怪我しちゃって、練習できるようになった時には、二人が覚えていることがかけ離れちゃいました。」

コ「Pさん、前のレッスンで何を習ったか覚えていることを・・・」
P「・・・(上から下まで一緒に移動)」
コ「その考え方は危ないかも・・・hiroさんは?」
h「サポーティングフットの上でウェイト移動が速すぎるので、ヒールの上に残したままで骨盤を前後にストレッチさせてからリーディングフットを・・・」
コ「その踊りを見せて・・・(踊りをみて爆笑)・・・この前のレッスンの終わりには少しはましになったと思ったけど・・・」

コ「・・・の話(何とかのポイント???忘れた)、したこと有ったかしら?」
h「記憶には有りません。」
コ「まず・・・」
 ・3本の柱をイメージ
 ・自分の背骨、二人のセンター(=センターコネクション)、相手の背骨
 ・前進する時は相手の背骨、二人のセンター、自分の背骨の順に進む
 ・後退の時は自分の背骨、二人のセンター、相手の背骨の順に進む
 ・自分の背中はいつも(二人のセンターを突き抜けて)相手の背骨に向けておく(3本の柱は並んでいる)

コ「hiroさんのウォークは・・・」
 ・全部一緒に進めようとして、右サイドが折れる
 ・右足の上で体を回して自分の背骨が相手の背骨を向いていない
 ・前進時二人のセンターを♀に与え、自分の背骨は♀から遠ざける
 ・頭だけ後に引かず、背骨ごと♀から離す(いつも体の中で相反する動きをしている)

それぞれコーチャーに組んで頂いてご指導を受けた後、二人で合わせると・・・結構良い感じ
コ「2歩目も忘れないで!」
反復エクササイズ

コ「クローズプロムナードの時はどうするの?」
h「♂が先行なので、♀のスペースを空けるように・・・」
コ「その考えは危険です。・・・(忘れた。)」
 ・♂の背骨が先行
 ・二人のセンターは、♀に預けて♀の背骨と一緒に後から付いてくる(相反する運動)
 ・♀は(♂に引っ張られるまで)待たずに、二人のセンターを♂の背骨と一緒に先行させる(だったと思う)
↑又ブログに嘘を書いているって言われるかも・・・

コ「バックコルテに繋げて」
 ・♂の背骨を先に後退させる
 ・二人のセンターは♀に与えて、♀の背骨と一緒に後から・・・(相反する運動)
コ「2歩目も忘れないで!・・・そのまま続けて!」
これとファイブステップを組み合わせてフロアを1周する。

コ「どうでした?」
P「力が入って・・・」
コ「力が入るとどうして駄目なんですか?」
P「hiroさんにきつく締められて、きちんと動けなく・・・」
コ「それは私が訊いているのと違います。・・・」
 ・力を入れるというのはガチガチになること
 ・右手を引き寄せるのは形が悪いと言うこと(表現は違った)

鏡の前に移動してコーチャーを挟んで3人が鏡に向かう。
コ「これ、出来るかしら?」
両アームを体の正面下方で交差した状態から真横まで広げる
 ・アームだけ振らない
 ・肩胛骨を意識して動かす(下方が広がってハの字に広がる)
コーチャーの体を触らせて貰って筋肉の動きをイメージする~広背筋のストレッチと連動していると感じた
 ・アームが広がった状態から更に横に伸びる
 ・両アームのテンションは同じ
 ・こうして真横に広がった状態から肘を曲げてホールドを作る~いつもこの運動を意識していると、手で引き寄せることはない

完成形のイメージが出来た所で組んでみる・・・いきなりNG~ここからPさんの特訓が始まった
 ・ここのパーツをバラバラに作らない
 ・一歩離れた所から前進swingのイメージ~踏み込みから一連の運動で姿勢を作り、動かない(ぶれない)
 ↑組んでからもじもじしたり、ネックやアームを直さない
 ・ネックを後ろに反らせるには、その分膝を前に送ってバランスを取る必要がある(だったような)
右足前進で作るポーズと左足前進で作るポーズのエクササイズ

一人で作る姿勢の理想が分かった所で、コーチャーの前に立ってみる
 ・コーチャーが方向を変えると、♀も位置を変えて正面に立つ(背骨と背骨を合わせて横にずれない)
 ・(必ず4で踏むので)音楽を良く聞く
 ・きっかけを貰えば即動き出せるような状態をキープする

動き出すと今度は歩幅でチェック
 ・後退は押されるまで待たず、相手の動きを感じて必要な分しっかり下がる(表現は違った)
 ・しっかり下がるには2つの動きが必要
 ・サポーティングフットをしっかり使う
 ・リーディングフットはみぞおちからしっかり使う

相手に任せるのではなく、自分でしっかり動くことが大事!

今回Pさんが言われていることは僕にも当てはまるので、しっかり刻み込んでおく

最後に二人で合わせて踊る。
オープンリバースターンでstop
 ・最初の2歩は♀先行して、入れ替わり
 ・3~4歩目は♂先行
 ↑♀は♂を無視して進まない。(♂が♀の前進を感じてしっかり下がるって言われなかったなぁ・・・)

最後にありがたいお話
 ・常に相手を思う気持ちが大事(表現は違った。)
 ・一人で勝手なことをしない。3つの柱が揃った状態をキープ
 ・常に全体をみる(感じる)ことが大事。ダンスは片手だけとか片足だけと言うことはあり得ない。

二人で復習
P「けど、弘子先生には・・・
 ・途中で見捨てない。
 ・最後の最後までしっかり教えて下さる。
 ・本当にありがたい(とか何とか)

こんどこそ、忘れないうちにしっかり身に付けないとね!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-04-25 23:58 | レッスン・S

思いやりと優しさ

昨日、アダムさんからのアドバイスをいただいてから、過去を振り返りました。
カップル解消後、の募集時期、新カップル結成直後の希望に満ちた時期、
焦らず、ゆっくり、確実に一歩、一歩スキルアップを図っている現在・・・
最近、Pさんの練習に対する熱意が薄れているような気がしていました。
けど、同じことをPさんにも言われたなぁって思い出しました。
ちょっとギスギスしていたなぁ。初心に帰って取り組まないといけないと自分を戒めました。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-04-24 22:28 | カップル

2007.4.18 in 富士学院

先日の練習ノートから。
所要で目標より1時間遅れで練習場へ。

軽くストレッチしてラテンから。前回レッスンを受けたチャチャチャの復習。

ニューヨークのシェイプを鑑でチェックしながら、反復エクササイズ
スポットターン、ベーシックムーブメントに繋げる
P「hiroさん、リード無いわよ。」
h「そこはいてくれないと・・・」
 ・3の足の上で♀が待っている
 ・♂が前進前にアームを通じて合図を送り、♀が後退してから♂が前進
 ・3の足の上に立つのが遅くて、時間がないからかそのまま流れて後退しているから合図を送れない
P「ここ忙しいわよね。・・・」
 2 チェック
 3 頭で乗って・・・
反復エクササイズ
3の足の上に早めに立ってくれると、次のリード&フォローが何となく形になってきた。

前進のチェックでstop・・・二人の意見が分かれた
 ・hiroの記憶では、スポットターン同様に♀を押し出してから♂が前進する
 ・Pさんの記憶では、ロックの後♂が近づいてから♀を後退させる
P「ここはビデオに映っていたから・・・」
h「後から確認します。」

Pさんの言ったとおりだった。(ダンス日記修正)

クロスベーシック
 ・以前hiroのチェックした左足がPさんの左足を直撃して爪を割ったことがあるので、Pさんにとっては恐怖のパート
h「二人が重なっているから足を踏んじゃうので、スタンダードみたいにずれれば・・・」
P「そーだったの!・・・」
h「(多分ね)」

P[(カウント)1で二人がくっつくって習ったわよね?」
h「そうだっけ?ゴメン記憶にないなあ。僕が覚えているのは・・・」
 ・(topが開く)シェイプを作ろうとしてボディを折らない
 ・まっすぐ立って、フレームの大きさを見せる
↑これも、後からビデオで確認しよう!

h「僕はそれより・・・」
 ・2&でプレッシャーをかけて♀を大きく後退させる
↑このイメージがとても強かったので、イメージに近づけたくて反復エクササイズ
うーん・・・試行錯誤が結果に繋がらず、先送り。

♂のリードを待っている時の♀のテンションに違いが有りすぎて、うまく合わせられない(=ただ自分が下手なだけ)

レッスンの後で揉めたWアームホールドでの♀のヒップツィストの足形は・・・引き続き保留
ビデオで確認しないと分からないのに、お互い忘れてたので先送り。(ブログで見たらPさんが正しかった。)

そこから続く、入れ替わりのところ。
21-4~1 ♀スリーステップターンの3歩で1回転し、右手を♂左手と繋いだまま男性に背面
22-2 ♂ボディを引いて左アームを緩め
   ♀右足前進
   ♂空いたスペースに右足前進
 3 ♂左アームを更に緩め
   ♀ウェイトが右足を通過
   ♂左アームを引き寄せ
   ♀右足軸にナチュラル方向に反転して♂と正対

この一連の動きが難しい・・・
僕も・・・今イチ。
急に出来るものでもないさと先へ進む

4~1 ♀ スリーステップターンしながら♂右手と繋ぎ変え、♂の右側に移動して背面
23-2 ♂ 左足を右足の後に交差させ
   ♀ 反転して♂に正対
↑この時、右手で♀左手を押して♀の左アームを痛めてしまう・・・
P「ここは腕が伸びていないので、押されると・・・」
僕の右手を引くとPさんがすんなり回転できるって初めて知る。>ダンス日記修正!

3~1 ♀がヒップツィストし続けるとき、互いのアームを利用しあう~連携するには時間が必要みたい・・・

短くなった練習時間のほとんどをこの復習で使ってしまった。サンバとルンバは週末の練習にとっておいて、スタンダードを少々

丁度流れている曲に合わせてクイックを踊る。
下は固いけど上は結構しっかりしている。
h「今日どうしたの?今までで一番良いかも?」
P「庄司先生方式で・・・」
 ・ボディ、ネック、フレームを固めてみた。
 ・余分な力を抜くと、ボディまで緩んでしまうので試してみた。
h「脚のテンションを抜けないけど(それは僕も)、上は歪まないで繋がっている感じがするよ。」
(ただ、クイックはスクエアのままでポジション変わらないからねぇ・・・)

ラテンの曲の間にワルツのシャドー
 ・Pさん、どうしても小さく歩くだけになるので、久しぶりにアームを振りながらシャドー
 ・カウント2でテイクバック
意識してシャドーするとゆがみが取れるのが分かる

曲に合わせて踊ると・・・コントラチャックの戻りが遅れやすいので注意
ターニングトゥライトで崩れることがたまにある
↑レッスンで見てもらおう!

タンゴ
 ・ウォークの乱れは・・・二人のイメージが違うので先送り
 ・フットワークの練習
 ・曲に合わせて踊ると・・・NG
酷すぎて・・・レッスンに頼るだけ???

スローは時間切れ。週末の練習に取っておく

練習時間の確保が一番の問題みたい。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-04-23 23:25 | 練習

2007.4.16 チャチャチャ編

先日のレッスンノートから。
超久しぶりのラテンレッスンです。あいにく三浦秀康先生の予約が取れず、小形和美先生にお願いして、チャチャチャのレッスンを受けました。
時間設定に若干の無理が有ったようで、僕がスタジオ入りしたのはレッスン開始の15分前。(今度からもう少し余裕を持って予約しよう。)
慌てて着替えて軽くストレッチの後、二人でルーティンを合わせる。
前日練習したばかりなのに、もうルーティンがちぐはぐ。・・・何とか1周回るようになった所で和美先生登場。
Pさん、慌ててムービーをセットに向かう。

h「先生、よろしくお願いします。今日はチャチャをお願いします。レッスンを受けるにはまだ仕上がりが悪いんですが・・・」
和「いいえ、大丈夫ですよ。・・・」
Pさんが戻って来て、レッスン開始。

和「ではゆっくり踊って見せて下さい。」
途中でつっかえてはやり直し。めためたになりながら1周踊る。

和「まず、hiroさんは・・・」
 ・ニューヨークで、上体が歪んでいる~内側を縮めようとしてボディが折れている
 ・後ろ足をもっと使い続けて腰を開く
 ・胸を開き続けてフリーアームをもっとストレッチ

h「先生、まさにこれで揉めているんですが・・・」
 ・立ち姿を強くするために、後ろ足はボールで床をプレスしようとしている
 ・後ろ足を使い続けてトゥで立つのは繋がるか?

和「繋がりますよ。・・・」
 ・背の高い人の方が強く立って見えるとか言う人がいるが、そんなことはない
 ・ボディを止めずに最後まで使い続けることで力強さが見えてくる(表現は違った)
和「hiroさんは途中で止めてしまうので・・・」
h「はい、分かりました。(三浦先生にもそれは言われていました。)」
定着するまで反復エクササイズ
 ・1歩目で上体が♀に寄っていきやすい~♀と繋いだ手からボディを離す
 ・3歩目で上体をお互いに近づける~メリハリを見せる

和「次に・・・」
 ・踊っていて音が見えないので、どの音を強調したいのか、表現しながら踊る
h「はい。」
 ・1の音をはっきり見せたい
 ・4、&を素早く
 ・1の頭で立って、音を長く使い、次を素早く出せるように、ボディを使って準備
 ・2を一番速く
↑って、表現するように心掛けて踊る

和「hiroさんの踊りは全部一緒に見えますね。(ガックシ!)・・・」
 ・4、&を素早く(短く)
 ・1を長く

h「先生、1の頭で高く立って、&でボディを使うように心掛けているんですが、同じことですか?」
和「そうです。最初からボディを使おうとしないで・・・
 ・ボディを使ってから2の脚を出す
h「分かりました。」
↑ちょっと違ったなぁ。&というよりは、もっと長く立ってからaのタイミングでボディを使って見えた。

反復エクササイズ。
(前後の)ロックは比較的やりやすいんだけど、(左右の)ロックで素早く体重移動するのはとても難しい。
最初に習った脚を使い続けるのがここで繋がる。
(当たり前のことですが・・・)前後でも左右でも伸ばした足を使い続けると、それだけボディを絞ることが出来る。
↑今まで腰だけで絞ろうとして、ボディが平坦になっていたのは、このせいだと気づく。

フィガーのあちこちで絞った時にボディを開く向きを直される。
基本的にネックの向く方向(♀や外)だったような気がする。

和「hiroさん、一人でそこを踊って見せて下さい。」
スポットターンから前進のロックを踊ってstop
和「hiroさんアメリカの水泳と一緒で・・・」
h「???」
和「フライングしているので・・・」
 ・スポットターンの3歩目が音より早い
 ・2歩目の左足の上で♀に後退のリードを与えてから、空いたスペースに前進(スタンダードと一緒)
↑いつもここで♀が邪魔でしょうがなかった。ターンしてから前進したいのに目の前にいて・・・自分のせいだったとはねぇ~

和「次のチェックも同じように・・・」
 ・二人がいつも同じ間隔を保ったままで動くのではない
 ・♂前進して間隔を詰めてから♀後退
 ・♀を後退させてから空いたスペースに♂前進
 ↑開いて縮む動きを繰り返す

反復エクササイズ
和「クロスベーシックの1は・・・」
 ・シェイプを作ろうとして上体が崩れている
 ・トップを開こうとするより、まっすぐ立ってフレームを広く見せる
 ↑(言われていないけど)♂左&♀右サイドを折らない、下げない、緩めない!
・次のチェックもフライング~♀を押し出してから左足前進のチェック

h「先生、ここでワパチャタイミングを使う時は・・・
 ・チェックの時間がとても短い
 ・(2)&、3と素早く取っている
 h「それでも♀を押し出してからチェックするように改めた方が良いですか?」
和「そうですね。やった方が良いですよ。・・・」
 ・&で♀を後退させる
 ・aで♂前進のチェック
 ・3でウェイトを戻す

反復エクササイズの後、先に進む
和「hiroさん、そこのツィストシャッセで・・・」
 ・上体が崩れる
 ・スッキリ立って、脇から下だけを動かす

和「hiroさん、体形はブライアンワトソンみたいなので・・・」
カウンターに移動してダンスビューに乗っているブライアンワトソンの写真を提示され、
和「ブライアンは激しく動くけど、肩から上が全く動かないのが特徴で・・・」
 ・銅像のように!とか、ブライアンを意識して!なんて言われながら、上をおとなしくするエクササイズ

続くWアームホールドでの♀のヒップツィスト
和「前にも言ったと思いますが、二人は逆になっていて、おなべとおかまみたいです。・・・」
 ・♂はネックから両肩までをどっしり構えて動かさず、そこから下をぐいぐい動かす
 ・♀はもっとボディを使う

和「多分、こんなに動かない・・・って不安に思っているかもしれませんが、今の方がずーっと力強く動いて見えると思いますよ。
h「はい!」

この後、何習ったっけなぁ?忘れた。

最後にまとめ。
 ・上をどっしり
 ・4&を素早く、1を長く
 ・&の足を止めずに使って、ボディを絞る

久しぶりに良い刺激になりました。頑張るぞー!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-04-21 11:22 | レッスン・L

2007.4.15 in 富士学院

先日の練習ノートから。

久しぶりの休日の練習。なまった体を絞るのと、基本技術の向上を目標に臨む。

ワルツ
 ・脚のテンションを緩めてswing開始
 ・ボディを折らず、面を崩さずに運ぶことを意識して踊る
 ・二人のswingが噛み合わないのは次のレッスンまでガマン
 ・オーバーターンドターニングロックが今イチ
h「♀が回り込んでいるように感じるんだけど、真っ直ぐ進むのに僕が邪魔している?」
P「私は・・・」
 ・ナチュラルスピンターンの4歩目とターニングロックの1歩目を下から進むように言われている
 ・進もうと思った時には♂が後退していて、下から進めない
試行錯誤の結果、
♂:♀の前進を待って後退開始
♀:トップを開いて下から真っ直ぐ前進
↑で、何とか形になったような気がする

タンゴ
 ・ウォークは・・・お互いのイメージの違いに目をつぶって・・・次のレッスンまでガマン
 ・フットワークは・・・もう少し時間がかかりそう
 ・クローズプロムナードの3歩目は、出来たり出来なかったり。
 ・オープンリバースターンの4Qは、忘れやすいので要注意!
 ・ファイブステップの5歩目、♂のリードを感じてでPPに!

スロー
 ・脚のテンションを緩めてswing開始
 ・ボディを折らず、面を崩さずに運ぶことを意識して踊る
↑ワルツと一緒(というか、これを習ったのはスローのレッスン)
 ・大きなswingで踊りたいんだけど・・・どうしても脚に力が入ってしまう

クイック
 ・超久しぶりに1曲だけ踊ってみる。
 ・焦って曲より早くなりがちなので、背骨の移動と、足を頭の下に着くことを忘れない!

休憩してラテン

チャチャのベーシック
 ・フィガーの合間で向き合う時、アイコンタクトをしっかりと!~流さない
 ・両膝を緩めず、しっかり伸ばす
 ・片足加重から横に重心移動して逆に乗る時、一瞬中間バランスをしっかり作る(らしい)
 ・ハンドトゥハンドやスリーチャチャで♀が♂の手にしがみつくことがしばしば。その度に振りほどいて(しがみついているって合図して)いたけど、踊ってから聞いたら覚えていない???

チャチャのバリーション
 ・踊り込み不足
 ・1つ1つひもとく練習が必要だと実感>まだまだ時間がかかりそう。

サンバのバリエーション
 ・スタートからピボットまでが前回の練習のように気持ち良く行かない
 ・スタートで♂が出遅れるとずーっと出遅れ or カバーしようとすると、ずーっと歩幅が広いままばたばたしてしまう~最初に二人のテンションを利用しての加速が重要
↑踊り込みながら確認
 ・後半は・・・踊り込み不足
 ・2周目にはいる所では落ち着いて繋げられず・・・相当時間がかかりそうなので、二人のテンションではなく、直前歩の勢いを利用して続けることにして、問題を先送り

ルンバのベーシック

ロープスピニング
 ・スパイラルの後の1歩目は、やって来た方向に踏み出す
 ・ここでも回転量についてやり取りがあったけど、結論が出たのでOK

ルンバのバリエーション
 ・踊り込み不足
 ・これもそのうち、1つ1つひもとく練習が必要です。

パソ
 ・心の準備が出来ていないとルーティンに付いていけない~踊り込み不足

ブランクを埋めるのにもう少し時間がかかりそうです。
焦っても良いこと無いので、着実に行くぞと自分を戒めます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-04-17 22:56 | 練習

2007.4.11 in 富士学院

先日の練習ノートから。

練習場に入った階段でPさんとバッタリ。
着替えて念入りにアップの筈が、軽くストレッチして・・・指に不安があるのでスタンダードから練習。
久しぶりにアンダースローのエクササイズを少々してから、流れているスローの曲に合わせて、二人でシャドー。
リバースウェーブからのウィーブでPさん、混乱している。
一歩一歩おさらいしてから、フェザーステップとスリーステップの繰り返しを向かい合ってシャドー。
 ・1swingを止まらず、滑らかに・・・できず、反復エクササイズ
 ・組んで踊って・・・しっくりいかず、???

曲無しでワルツに切り替え
 ・シャドーでルーティンの確認
 ・今度は僕が3rdLODがあやふや
P「そこはPPからウィングで・・・」
h「思い出したよ。」
 ・やはりswingがぎこちない
 ・脚のテンションを上手く抜けない
 ・ふたりのswingがばらばらなので、お互いに

相手の足を引っ張っている感じかな?
 ・先に止まる♀が悪いのか、♀を運べない♂が悪いのか・・・両方だろうなぁ
踊り込み不足というか、練習しないとこうなるという悪い見本を実感。

曲に合わせてワルツを踊った後、引き続きタンゴ。1曲踊った所で
P「hiroさん、ウォークがいつもと違うみたい。」
h「この前習ったことを・・・」
P「その場で動いていないから・・・」
h「ウェイトをヒールの上に置き続けてサイドだけ・・・」
P「それでも背骨は動き続けて・・・」
噛み合わないので問題を先送り。
フットワークに気を付けてウォーク、リンク、プロムナード、バックコルテ、オープンリバースターン、ファイブステップを繰り返すも、ちぐはぐ・・・
二人のイメージがかけ離れていると実感。折角のレッスンだったのに、消化する前に別物になってしまったみたいで、とっても残念でした。

休憩してラテン。
鏡に向かってルンバウォークから。ちょっとやっただけで、背中が痛くなる。・・・さぼりすぎたと反省。
クカラチャやっても腰だけ振っているようで格好悪い。もっと脇から動かせるように・・・少しずつ頑張ろう!
チャチャのロックとシャッセ、サンバのベーシック、ウォーク、ボタフォゴやって・・・曲に合わせてルンバを合わせる。

ベーシックを1曲。全然リードが通じず、がっくり。
合図を伝えようとするけど、その前に動かれてしまう。
4から1の前半までボディを圧縮して、&カウントでターンするようにお願い。
最初に話しておいたので、僕の手にしがみつかないようにしてくれたので、安心して踊れた。

曲に合わせてチャチャのベーシック。
いきなり音を外したってPさんに言われる。・・・ガックシ
気を取り直して踊る。リードを感じてから動いてくれると、まあまあ。
そのうち、スピードが付いてくると良いなぁ。

バリエーションはまだまだ踊り込み不足。ルーティンを追いかけてバタバタしている。まあ、時間が解決しているでしょう。

曲に合わせてサンバのバリエーション。
最初に組んだときの二人の距離を広く取りたいPさん。
試行錯誤の結果・・・Pさんに引っ張って貰うまで待っていることに。
プロムナードトゥカウンタープロムナードランズは、二人の間隔を広く(=お互いの肘で相手の肘をしっかりキャッチ!)

次のピボットで失速してしまういつもの問題を何とか解決したくて試行錯誤
 ・進行方向に背面している方は早めに相手の進路を空ける
 ・右脚をしっかり使って前進
 ・左足が床に着くと直ぐに軸にして回転(=相手の進路を空ける)
これで、急にスピーディになる

P「私ずっとhiroさんが間違っていると思っていたわ。ご免なさい。」

何はともあれ、問題を一つクリアできて、気持ちよく帰路につきました。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-04-14 18:09 | 練習

久しぶりの練習

先ほど練習から戻りました。
首を痛めて・・・ようやく回復したと思ったら指を痛めて・・・
ダンスシューズを履いたのが先日のスタンダードのレッスン以来で中13日。富士学院に行ったのは中29日かな?
ろくに運動せずに連日の歓送迎会であっという間に体重過多・・・結構きつかったです。
なにより、指に不安を抱えての練習でしたが、そこそこ成果がありました。
詳細は後日にアップするとして・・・今まで無駄にした分をこれからしっかり取り戻す感触が得られました。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-04-11 23:51 | 練習

入学式

昨日は次男の中学校への入学式でした。
あの甘ったれが・・・とうとう中学生です。
色々書きたいけど、次男のプライバシーもあるので我慢しますが・・・思うことがいっぱいでした。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-04-10 22:47 | 家族