<   2007年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2007.2.25 in すみだ産業会館

先日の競技会ノートから。

今年最初の競技会に臨みました。
JBDF東部総局のラテン&スタンダード、共にE級戦です。
会場に向かう電車の中でイメトレ。
午前中はラテン(C&P)。予選2回に準決勝&決勝。
目標は3回以上踊ること。
始まると次から次と慌ただしいので進行に注意すること。

チャチャチャ
 ・フットワークを丁寧に
 ・上は元気よく、高い位置で踊ること
 ・笑顔を忘れずに
 ・フリーアームは指先まで注意
前日レッスンと練習のビデオを見て感じたこと
 ・ニューヨーク、ハンドトゥハンド、スリーチャチャの時、♀と繋いだ手を突き出して♀を崩しているので、ボディを手から離すこと

パソ・ドブレ
 ・サイドを下げない
 ・2人の位置関係をはっきりと
前日レッスンと練習のビデオを見て感じたこと
 ・足の裏を後に見せるように上げているので、アペルは下に!

ラテンが終わってからスタンダードの1次予選まで4~5時間かかりそうなので、食事・休憩で一旦解放した気持ちと体を前回で動ける上体に持っていくこと。
ラテンの結果にとらわれず、気持ちの切り替えも大事

予選4回に準決勝&決勝( or 下位決勝)。
目標は6回踊ること。

 ・足首と骨盤を緩めてスタート
 ・腹斜筋と広背筋のストレッチを意識してヒップを入れて脚を出す
 ・オンカウントでセンターバランス、&カウントでオンバランス
ここまでは、共通

タンゴ
 ・クローズドプロムナード、オープンプロムナード、チェイスの3歩目をしっかり踊り分けること
前日練習のビデオを見て感じたこと
 ・左肘の鋭角をキープ
 ・PPでネックを引かない

スロー
前日練習のビデオを見て感じたこと
 ・二人のポジションをしっかりキープ
 ・もっと大きくswingしたいけど・・・それは次の課題に取っておく!

早めに会場入りしてつもりが・・・待機場所は椅子一つ(これじゃあ、昼寝は無理だなぁ・・・)
それでも、後から来たカップルはそれすら無理で苦労していたみたい。

受付を済ませて、パンフを確認。
ラテンは予選2回、32組。昇級は5組かなぁ?
着替えて軽くアップして、狭い隙間を使って二人で合わせる。
某MLにアップしたせいか、知り合いの方々からお声がけ頂く。

1次予選のヒート割りが張り出された。
2組欠場して30組、昇級は4位までだ~
この辺からPさん、緊張しまくり。

30組中18組up、3ヒートの2ヒート目。
珍しくゼッケンをコールして頂きながら踊る。
チャチャ
 ・全体に力が入りすぎ・・・気負ってしまった
P「次おどれたら・・・」
アームの力を抜いて、♀を崩さないように気を付けます。
パソ
二人の位置には気を付けていたけど、サイドは???

思った以上に気合いが空回りしてしまったと反省
知「チャチャは良かったけど、パソは・・・Pさんは力が抜けているのに、hiroさんは力が入り過ぎよ。
手をいきなり振らないでもっとゆっくりと胸を出した方が・・・」
h「ありがとうございます。・・・」

チャンスが有ったら力を抜いて練習の踊りを出したいなぁ・・・
成績が張り出される前に2次予選開始。ゼッケンを呼ばれた。良かった~

19組中12組up。2ヒート中1ヒート目。
チャチャ
 ・アームの力は抜けたけど、・・・音をもっとはっきり出さないとなぁ~ボディももっと絞って!
パソ
 ・シェイプ!
P「ようやく落ち着いてきたら、もう終わっちゃって・・・」

もう一度チャンスが有れば、もう少し・・・
未だに1次予選の成績が張り出されていない。こりゃ駄目だって、諦め。後日のweb発表に頼る。

準決勝
ゼッケンを呼ばれた。ここが勝負!
とにかく力を抜いて・・・笑顔で踊るぞー!
パソはぶつかって崩してしまった。シャッセケープを1回分飛ばして、モタモタしながら曲に追いつく・・・僕のミス

終わって確認すると、2次予選の成績のみ張り出されていた。
CP ○○ ×○ ○○ ×× ○× ×× ○× 7点、12位(同点2組)
仕切り点ギリギリだった・・・

決勝のコール・・・呼ばれず。後から成績を見るとノーチェックのビリ・・・

控え室に戻ろうとするPさんを引き留めて、決勝を観戦。
うーん・・・レベルが高い。
同じベーシックとは思えないような踊りでした。
ここまで表現できるんだなぁ~って、感心しちゃいました。
 ・スピード
 ・ボディムーブメント
 ・何よりプレゼンテーション
まだまだこれからの課題が山積みだと感じました。

受付開始まで3時間。1次予選まで4時間半。床で仮眠の筈が・・・椅子しかないので、そのままうとうと。
たまに遊びに来てくれるどらねこさんが激励に来て下さって、お話ししていると・・・あっという間に受付時間が来てありがたかったです。

別な知人からありがたいお言葉。
P「緊張して緊張して・・・」
知「どうして緊張するの?」
P「・・・」
知「自分の実力以上にやろうとするから緊張するのよ。幾ら余分にやろうとしても・・・実力以上にはできないの。落ち着いて・・・」
これで、少し落ち着いたみたい。感謝です。

スタンダード1次予選。104組中63組up。9ヒート中2ヒート目。
タンゴ
 ・上はおとなしく!
 ・下は・・・仕事していなかったなぁ~
次が有れば、下も・・・

知「肩から首のラインが崩れないから綺麗よ~。」
h「ありがとうございます。上は良いんだけど、下が・・・」
知「そうね。もう少し緩めると上が開くから・・・♂の右手は直接♀の頭を持っているイメージで・・・」
h「はい。次があったら気を付けて・・・」

スロー
リバースウェーブからテレマークに入る前に他の組が邪魔で中央斜めに進めず、回転量を減らして壁斜めにスリーステップ&カーブドフェザー
その後も最初の半周を繰り返す事になってしまい、折角練習したナチュラルウィーブは出せずじまい・・・
それ以上に下が使えていない。うーん・・・まずいかも?
次があったら下から行こう!

成績がなかなか張り出されず、2次予選の選手がコールされる。
名前は呼ばれなかった・・・ガックシ

ラテンは実力どおりで悔いはないけど、スタンダードは練習でやって来たことを出す前に終わってしまった。
まあ、それも含めて実力なんだけどねぇ~

成績が分からないのはとても残念。早くHPでの発表を見たいものです。
って、さっき見たら載ってました。
ラテンの1次が
CP ○○ ×○ ○○ ○× ○○ ○○ ×× 10点、13位
2次は
CP ○○ ×○ ○○ ×× ○× ×× ○× 7点、12位(同点2組)
準決勝がノーチェックの12位(同点2組)

スタンダードの1次は
TF ○× ○× ×× ×× ○× ○○ ○○ 7点、68位(同点13組)
仕切り点は8点でした。あと1点・・・残念です。

僕の都合で練習は1週間お休み。
それから・・・今回の足りなかった所をしっかり練習して、次に繋げます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-02-27 23:07 | 過去の競技会

2007.2.21 in 富士学院

先日の練習ノートから。

コンペ前最後の練習。前回の反省点を少しでも活かせればいいかなぁ?
練習場に入るとPさん、鏡に向かって練習中。僕も着替えて軽くストレッチの後、ラテンから。

音無しでパソ。
 ・二人の位置に注意しながらザツイスト
 ・Pさんを崩さないように注意しながらシャッセケープ
P「hiroさんがブログに書いていた・・・」
 ・二人の位置に注意しながらフォーラウェイリバースアンドスリップピボット&テレマーク
まあ、こんなものかなぁ・・・
ジャイブを聞きながらチャチャをやろうかと思った所・・・

P「スタンダードをやりませんか?」
h「良いですよ。」
靴を履き替えて、ワルツを聴きながらタンゴの練習。
 ・サポーティングフットの足首と骨盤を緩めてウォークのスタート~これができないと重くなる
 ・オンカウントでセンターバランス、&カウントでオンバランス~これができないと、ゴツゴツしてしまう
曲に合わせてタンゴを踊る
h「いつもと違って・・・」
 ・何故かPさんの左肘が下がりやすい???
 ・シャッセで跳びはねてしまう???
P「リードが分からなくて・・・」
 ・反応が遅れると焦ってしまうらしい
クローズドプロムナード、オープンプロムナード、チェイスの3歩目の違いを踊り分けるように注意

タンゴを2曲踊って引き続き、曲に合わせてスロー
 ・ボディコンタクトに気を付けると上が不安定~肘が引けて上体が被る
 ・フレームに気を付けると下がゴツゴツ
 ・広背筋と腹斜筋のストレッチを忘れてしまうと、手だけ上がったり、肘が下がったり・・・
クイックを聞きながら↑を修正・・・けど、これは時間がかかることなので、気を付けて踊るだけ

スタンダードを踊っていて一番心配なのはぶつかりそうになった時に止まってしまうこと。
トーンをキープしながら要らない力を抜いてくれれば、どうにかなるけど、固まってしまうと・・・ちょっとピンチ

靴を履き替えて、チャチャのロックとシャッセを少々
曲に合わせて2曲踊る
 ・最初のキャッチボールがNG
 ・オープンヒップツィストの5歩目で♀を引き込めず
 ・ファンに開く前のネックが合わず
 ・二人の間隔にメリハリを付けるはずが・・・今イチ
 ・クロスベーシックのワパチャタイミングもNG
  ↑僕のチェックの歩幅広すぎ&戻すタイミングが遅い
 ・ニューヨークとハンドトゥハンドの繋いだ手はボディから離す

パソ
 ・ツイストで曲から遅れることがたまにあるので注意

このサイクルで曲に合わせて2~3周踊って、最後の練習を終わる。
後は本番に臨むだけ。
急なスキルアップは無理だけど、お互い自分の課題に気を付けて、今日の最後の踊りを出せれば良いかなぁ。

後は落ち着いて、ラテンは音を外さず、スタンダードは止まらず踊り続けること!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-02-24 15:44 | 練習

2007.2.17 in 富士学院

先日の練習ノートから。

ラテンのレッスンの復習とスタンダードの課題の定着を目指して・・・どちらも時間がかかることばっかり。
電車の中でイメトレ
パソ
 ・二人の間隔を広く
 ・サイドを下げず、逆を伸ばす
 ・ザツィストはフレームを奥深、縦長、横広と変化
 ・シャッセケープは直線に進む(為に♂が努力する)
チャチャ
 ・♀のアームの形を変えない(為に♂が努力する)
 ・二人の間隔を広くキープしながら、時に狭くして、また広げる
スタンダード(共通)
 ・広背筋と腹斜筋のストレッチ
 ・オンカウントで中間バランス(ヒップを入れる)、&カウントでオンバランス
 ・足首から始まるウェイト移動で♀をリード
タンゴ
 ・太い樹を抱えた前進、背中で沿わせた後退
スロー
 ・ネックはセンターをキープ
 ・Sで腰を回さない

先に練習場に入って、ゆっくりストレッチ。
靴を履いているとPさんも更衣室から出てくる。入れ替わりだったみたい。

アップを終えて、練習開始。ラテンから。
パソ
 ・離れて組んだ途端に思い出したのが、お互いのネックはフレームの外
 ・ツイスト4歩目の二人のポジション(♂伸ばした右手に♀の肩胛骨が触れるまで離れる)
P「いきなりこの位置に来られるようにするには・・・」
h「練習有るのみ。」
この後、入れ替わるたびに二人の位置が近くなってしまいがち
 ・フォーラウェイトゥセパレーション、組んだ時には近すぎなので、要注意!
 ・シャッセケープの進路、前のレッスンで直進にしたつもりが、Pさんはジグザグに???
  シャッセの3歩目で♂が♀を追い越し、次の1拍で♀が♂を追い越す。
  次の1歩で♂は♀を崩さない位置までしっかり進むこと!~届かないと♀がスパイラルできない
 ・フォーラウェイリバースエンドスリップピボットの最終歩で互いに正対
 ・テレマークの1歩目、引き続き正対
 ・グランドサークル、♂のスピードと♀のスピードに差が有って、後半フレームが歪む。
h「ここは、次のクードピックを逆LODに進行したいので・・・」
P「分かりました。」
 ・クードピックはPさんスムーズに入れるようになったので、僕も肩を(比較的)振らずに動けるようになりつつある。>もう少し努力が必要

最初のコンペに向けたレッスンでは両肘を横に強くは立づけるように言われていたので、今までずーとそれだけ注意して練習してきた。
ここに来て、肘を横に張らず、前後に深く組むのは・・・ちょっと気を抜くと忘れてしまいがちなので、要注意!

チャチャ
 ・離れて立ってから、組んで絞って、スタートするまでの会話・・・今イチ
 ・ファンに開く時、♀の後退ロックでネックが進行方向を向いているのを♂の方に変更。
  4・&と見つめ合って、1でネックを正面に変更
 ・ニューヨークとハンドトゥハンドのアームの形は・・・いびつなので、もっと綺麗に突き出し、ボディを手から離す
 ・クロスベーシックの2歩目、ワパチャタイミングのチェックから戻る時のリードに難・・・
  レッスン中、カウント2で戻すきっかけを与えて&はウェイト移動はせずにヒップアクションのみって習った筈が・・戻すリードが早いらしい&力が強すぎて崩してしまう???
  やっていることは一緒だと思うけど、結果が全然違うらしい・・・感覚が狂うのはあっという間で・・・ちょっと辛い
 ・クロスベーシックの3歩目、右を上げるシェイプが遅れやすい~左サイドを下げないこと
 ・同じく5歩目、左ボディは持ち上げても、左手は伸ばしきらないこと~♀を崩してしまう

ちょうど空いていたので、ビデオ撮影しながら、曲に合わせて踊ってみる。
Pさんにファンから♀が前進する時、僕の足が邪魔らしい???
P「後からビデオで確認して・・・」

小休憩後、ビデオを見て確認
チャチャ
 ・音が見えない
 ・脚が汚い
 ・フリーアーム、動きは小さく、意識があちこちで切れている
 ・ファンからの♂スリップシャッセ、二人の間隔を広げるように動くのを忘れていた
 ・クロスベーシックのワパチャタイミングは・・・見えず!
 ・ファンから♀が前進する時の僕の足は・・・???

パソ
 ・二人の間隔が狭い
 ・シャッセケープ、♂の膝が緩んでいて・・・格好悪い
 ・スパニッシュラインのネックは正面か、斜め上か・・・???

見ていて良い所が見当たらず・・・へこむ

気持ちを切り替えて、スタンダード

先日、上村先生の個人レッスンを受ける際、「リードを感じて動き始めることと、ナチュラルウィーブの動き方」を確認するようにお願いした。
h「この前のレッスン、どうでしたか?」
P「足首と骨盤を緩めるように習って終わりました。・・・」
↑表現はちょっと違ったかも?

タンゴから
 ・コントラチェック、一杯下がって、一杯伸びるように言われたらしい
 ↑そこだけ試してみると凄い気持ちいい・・・けど、オープンプロムナードから続けるとNG~もう一頑張り!
 ・ヒップを入れて広背筋と腹斜筋をストレッチするウォーク・・・もう少し時間が必要
 ↑足首から緩めて♀に伝えるリードはもっともっと時間がかかりそう
 ・ボディトーンを強くすると、下の力が入って動きが悪くなり、下を緩めると上も緩んでしまう・・・
 ↑これは時間がかかる所なので、継続して努力することしかないなぁ。
 ・オープンリバースターンの4Q、♂右足はボディの下に置いてるつもりだが・・・自分では分からず

スロー
 ・♀を避けずにヒップを入れてswingするはずだが・・・何かが違う???

練習の終わり頃、ビデオカメラが空くタイミングで曲がかかったので、撮影しながら、曲に合わせて踊り、終わってから確認。

タンゴ
 ・PPのネックが後に傾いている&左肘が伸びている→弱く見える
 ・オープンリバースターンの4Qは体の下にあることはまれで、ほとんど開きすぎ
 ・他も全体に音が見えにくいのはガックシ!

スロー
 ・二人のコンタクトが外れっぱなし・・・違和感はこれかなぁ?
 ・下からのswingもNG

またまたへこんでしまった。

コンペまで練習は後1回。
イメージを作り直して臨みたいです。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-02-20 23:05 | 練習

2007.2.14 チャチャチャ編

先日のレッスンノートから。

パソのレッスンの後、しっかり復習して定着を図り、残った数分でチャチャを合わせる
 ・擦るフットワーク
 ・ソフトなコネクション
 ・目一杯のボディムーブメント(絞りとストレッチ)
 ・歩幅を狭くして音をはっきり!

小休憩してレッスン開始
コ「それでは、チャチャに入る前に・・・前のパソは大丈夫ですか?」
h「ツイストの♀の足形があやふやなんですが・・・」
コ「・・・11&12」
h&P「分かりました。(偶然?仮にやっていたとおりだったので安心しました。)」
コ「では、ゆっくり踊って・・・」
ルーティン1周踊ってstop

h「今のルーティンは24小節なんですが、Pさんはしょぼいから長くしたいって言うんですよ。」
P「先生、何だか同じことを繰り返していると・・・」
コ「1曲90秒として・・・フロアに12組いるとして・・・1組当たり何秒ですか?」
h「7~8秒です。」
コ「紙にチェックいれる時間を引くと1組5秒位かな?ルーティンなんて・・・」
P「分かりました。」

コ「それよりも・・・
 ・フットワーク
 ・ボディムーブメント
 ・空間の支配
 ・音の表現
 ・???(もう一つ何かあったけど忘れた)
の方が大事です。」
↑表現は違ったけど多分内容はこんな感じ
P「分かりました。」

コ「まず・・・」
 ・オープンヒップツィストの3歩目、♂の右手をボディの背中まで引いて♀をもっと引き込む
 ・クロスベーシックの1歩目、ワパチャタイミングを使っているにもかかわらず、1拍に見える

h「先生、二人が繋いだ手は常に二人の中間に置いておかなくて良いのですか?」
コ「離れていて繋ぎ始める時は中間ですが、踊り始めると変化します。・・・」
 ・♀の肘の形を変えないようにする(と♀が楽に踊れる)
 ・♂の手の位置やアーム、ボディはどんどん変化させることが必要(♂は大変な思いをして♀に楽をさせる)
h「分かりました。」

P「先生、ベーシックの時もボディは絞るんですか?」
h「前のスタジオでバリエーションだと絞るけど、ベーシックだと体を♂に正対させて平坦にするように習ったらしいです。」
コ「ああ、そう言うこと。それは・・・」
 ・一番最初に離れて向き合っている時は互いに平坦
 ・手を繋いで、♂がボディを絞ると、♀も合わせて絞る
 ・♂が脚の上でボディの移動を始めると、♀も合わせる
 ・こうして二人の会話があってダンスになる
P「そういえば、hiroさんそーやって(ボディを絞って)いたけど、そういう意味だったの?」
h「・・・」

コ「じゃあ、初めから・・・」
踊る。
コ「ハンドトゥハンドの後のスリーチャチャはロック、ロック、シャッセってやっているの?」
h「はい。去年チェッカーに引っかかって、テクニックブック見たら書いてありました。」
コ「じゃあ、・・・」
 ・ニューヨークの内側のアームが下に下がって弱く見える
 ・二人が正対した時の間隔を広く
 ・♀のアーム(繋いだ時の肘から手まで)の形を変えない(=内側のアームを前に突き出す)

h「先生、外側をストレッチして、内側をコンプレスすると・・・」
コ「それは・・・」
 ・外側を上にストレッチしながら、ボディを前に出した手から離す(=内側のコンプレス)
h「分かりました。」
コ「この時・・・」
 ・♀の回転軸を♀の軸足上に置く
 ・この軸と♀のアームの形を崩さないで横を向かせるには・・・今まで直線的に動かしていた内側の手の軌跡を♂側に食い込むような円弧に変える
試してみると、Pさん気持ちよかったみたい

コ「次にアンダーアームターンの時も・・・」
 ・♀の右肘から立てた右手までの形を変えずに回転させる
足形を変えて対応しようとしてNG
 ・♂は苦しい思いをしながら、ボディムーブメントだけで精一杯動く

ハンドトゥハンド
 ・ニューヨーク同様に、♂側に食い込むような円弧を描く
 ・繋いだ手は前に突き出す
 ・ボディは手から遠ざける

ファン
 ・♀2歩しっかり前進してボールターン後後退のロックの3歩
 ・♂ツイストシャッセは方式変更
 従来:4でボディをリバース方向に絞って右足ポイント、&で右足に乗ってナチュラル方向に絞って、1で左足に乗ってボディを開く
 今回:4で右足を♀側へ前進、&でボディをナチュラル方向に絞って左足ポイント、1で左足に乗ってボディを開く
↑二人の間隔を一旦縮めてから二人のアームが延びる位置まで開く

ここからのフィガー(ホッキースティック、アレマーナetc)
・♀2しっかり前進してから前進のロックの3歩
・♂前進のチェックから体重を戻して・・・スリップシャッセの方式変更
 従来:4で左足を後に伸ばしてポイント、&で右を後にスリップ、1で左足を右足に揃えて加重
 今回:4で左足を♀の進行方向と反対に伸ばしてポイント、&で右を後にスリップ、1で左足を右足に揃えて加重>???(何か違う)
 4で♀に正対して♀の前進と一緒に後退、&でナチュラル方向に回転しながら右足を横に開き、1で左足を右足に揃える>???
うーん・・・忘れた(泣)

今回のポイント
 ・一杯移動する
 ・二人の間隔は基本的に広くキープしながら、時に狭めて、また広げる
 ・♀の右アームの形を崩さないように、♂がいろいろ工夫して動きまくる
こんな感じかなぁ?

最後にコーチャーと組んでチャチャを踊る。
クローズドヒップツィストで何かやる
↑後からPさんに聞いたら、3~5歩目でツィストシャッセしていたけど、Pさん自分ではやる気無し

最後にありがたいお話
 ・一番大事なのはプレゼンテーション=いかに魅せるか(表現力)
 ・それが足りないから技術を見せるように努力している
 ・フットワーク
 ・ボディムーブメント
 ・アームワーク
 ・etc(忘れた)
コ「・・・だから、・・・」
↑一番肝心なポイントを忘れてしまった。(汗)

コ「それでは、頑張って下さい。」
h&P「ハイ。頑張ります。」

復習
 ・早速僕のリードを無視して踊り出すPさん
h「今のはPさんのリードで踊っていたよ。」
P「私hiroさんの足の動きを見ながら踊っているのに、どうして私がリードしているって・・・」
h「足見なくて良いから会話しながら踊ろう!(って、おしゃべりしようって言うのとは違うよ。)」
ようやく繋がり出す。

 ・二人の間隔の変化
h「次にオープンヒップツィストの3歩目なんだけど・・・」
僕の右手を背中の位置まで引こうとすると、付いてきてくれず、しばらく試行錯誤・・・
P「今のは出来たわ。」
h「比較的ましになってきたね。」
P「・・・」

こうして一つずつクリアになるように努力しながら・・・
お互いの理想には相当の隔たりがあることが分かりました。
何はともあれ、週末の練習と来週のコンペの足がかりにはなりそうです。

しっかり練習しよーっと!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-02-17 23:35 | レッスン・L

2007.2.14 パソ・ドブレ編

先日のレッスンノートから。

念願のラテンのレッスンを受けてきました。パソとチャチャの2レッスンです。何と・・・今年初めて!
今までの練習で上手く行かずに迷っていたことを一気に解決して、来週のコンペに向けて見栄えをよくして貰おう!

最初のレッスンはパソ。早めに行って二人で合わせて・・・ルーティンが1周続かない(レッスン以前)
何とか第2ハイライトまで間違えずに続いたり続かなかったり・・・
小休憩の後、Pさんはムービーをセットしていると、三浦先生登場。ルーティン間違えずに踊れることを祈りながらレッスンを迎える。

コ「お久しぶりです。今日は?」
h「今月の25日に財団のE級戦があります。チャチャとパソのベーシック戦です。初めにパソをお願いします。」
コ「分かりました。ではゆっくり踊って見せて下さい。」

僕のエスパーニアカーニをなぞったダン・ダ・ダ・ダン・ダ・ダ・・・というカウントで踊る。
第2ハイライトからプロムナードトゥカウンタープロムナード、グランドサークル、ザツィストの途中でstop

コ「Pさんは、ルーティン覚えましたか?(とか何とか)・・・」
P「ハイ、大丈夫です。(って、大丈夫じゃないように見えたから聞かれたような?)」
コ「hiroさんは・・・」
 ・シェイプを作る時にサイドを落としているので、下げずに逆を更に引き延ばす

スパニッシュライン
 ・二人の間隔を広く(今まで両手を広げた位→腕1本分位)
 ・ボディの前方下側で交差した両手をそれぞれ回してポーズ
 ・前足は後トゥより外側にトゥ立ち
 ・上体をつぶさず、上に引き上げる
 ・両肩を引かずに胸を突き出す

フラメンコタップからドラッグ
 ・二人の間隔をキープ
 ・サイドを落とさない

ザツイスト~最初の難関
 ・二人の間隔が狭くて窮屈に見える→最初の間隔をキープ
 4 このカウントからは♂が先行
   ♂左足は♀の進行方向を横切る位置まで前進
   二人の間隔は広く
   ♂左サイドを上にストレッチ、右手は目一杯♀側(逆LOD)に伸ばす~縦長のフレーム
 5 ♂右ボディを絞り、♀の通り道を空けながら、右足を後退して左足の後に交差
 & ♀の通過後反転
   右手は腰より下げない(表現は違った)~横長のフレーム
   アームが切れやすいので余分な力を入れて固めない
   二人の間隔は比較的狭かったような???
 6 ♀をどかせて左足前進~足が床に付くタイミングは♂&♀共同時
   ♂ボディの進行は♀がどいて反転した後に進むイメージ
   二人の間隔は奥深く
パソの足運びは出した脚でボディを引き寄せるイメージ

レフトフットバリエーション
 ・二人のポジションはハイホールド=立てた前腕は肩より外
 5 沈まない。左サイドを下げずに右サイドを上げる

シンコペーテッド・セパレーションの脚の使い方を質問するのを忘れてしまった。

フォーラウェイエンディングトゥセパレーション
 4 左サイドを下げずに右サイドを持ち上げて、このボディで左脚を引き寄せる

シャッセケープ
 ・♂シャッセ&♀ロックの3歩、お互いずーっとシェイプしっぱなしで辛そうに見える
 ・まっすぐ立って移動し、3歩目移動してから(&カウント)シェイプ!
 ↑♂♀と繋いでいる左手の位置を変えず、ボディを移動させる
 ・♀のロックは真っ直ぐ前進
 ↑♂はシャッセの3歩で♀を追い越す=脚を先に出して、その位置までボディを引き寄せる
♂シャッセ&♀ロックの3歩の後、♂の頭は♀から一番遠い軌跡を描く
次の1拍で体を起こして(まっすぐ立って)入れ替わり
↑♀は後退しないでしっかりスパイラルで回転して前進
 ♂はボールターンで♀に正対~ここで抜かれる
コ「この入れ替わりで♂が♀を抜くのはとてもきつい!それでも♂は苦労して・・・」
 ・乱れてきた時はジグザグに進むと楽
 ・シャッセケープは元々ジグザグに進むフィガー
h「先生、そんなこと初めて聞きましたけど?」
コ「教えたこと無いかもしれない。コンペなんだから苦労してもよく見せて・・・」
h「それはそうですが、基本を知らずに・・・」
コ「苦労して上手く行かないから分かることもあるので・・・」
h「(分かったような、分からないような)・・・」

コ「では、ここまで。」
h「先生、あと一つだけお願いします。」
コ「何ですか?」
h「フォーラウェイリバースエンドスリップピボット&テレマークが上手くいかなくて・・・」
コ「それは・・・」
 1~2 クローズポジション=互いの立てた前腕は肩の外側
 3 フォーラウェイポジション(4歩目だったかも?)
 4 両トゥ立ち
 6 ♀の両足の間をめがけるイメージで左足真っ直ぐ前進

ここまでかなぁ?

コ「では、頑張って下さい。」
h「早く昇級して、先生にパソのバリエーションを作って貰えるように頑張ります。」
コ「バリエーションやっていてもベーシックに戻るんだけどね。」
h「ベーシックが大事なのは分かっています。練習やレッスンは継続しますが、コンペでは格好いいルーティンで踊りたいです。」
コ「そうですね。頑張って下さい。」
h&P「はい。」

1レッスン間に挟んで復習
 ・ザツィストの4歩目の二人の位置が噛み合わない
  ♂ 間隔広く確保したい
  ♀ しっかり揃うとすると♂との間隔が狭くなる
 ・同じくザツィストの3小節目、♀の足形が曖昧・・・暫定的に11・&・12として続ける

ゆっくり繰り返して、二人の間隔を微調整
速いカウントで調整しないでも合うようになるまでには・・・相当の練習(時間)が必要になりそう。

P「パソって難しいわね。」
h「(難しいけど)僕はチャチャの方が難しいし、サンバはもっと難しいなぁ。」
P「・・・」

何はともあれ、本番では鏡はないし、ゆっくりお互いのポジションを確認することもできないので・・・
少しでも形になるように、練習有るのみ!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-02-17 07:05 | レッスン・L

2/25

今日JBDF東部総局のサイトに2/25の競技会の出場者と進行予定が掲載されました。

E級ラテンの受付が受付が9:50から。
32組エントリーなので昇級は5組。
予選が2回。狭き門だなぁ~

スタンダードが107組なので昇級は準決勝組。
予選4回。
1次予選が夕方からで、D級の4次予選以降とセットで進行予定です。
最終が20時なので、残れたら丸一日です。

ペース配分考えないと自滅しそうです。
気合いが入ってきました。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-02-15 23:04 | 過去の競技会

2007.2.11 in 富士学院

先日の練習ノートから。

練習場に向かう電車の中でイメトレ。
スロー
 ・Sの足はヒップを入れる
 ・Sのサイドの腹斜筋と広背筋をストレッチ
 ・ネックはセンターをキープ
タンゴ
 ・ヒップを入れたウォーク
 ・太い樹を抱えた前進ウォークと背中に沿わせた後退ウォーク
 ・サポーティングフットの膝を緩め、腹筋を縮めながら頭を残さずに、右手も連れてウォーク開始

練習場に着くと、Pさんアップが終わって休憩中。僕も軽くストレッチして二人でシャドー
スローから。
 
 ・アンダースローのエクササイズ
 ・9歩続けて前進&後退して、動作の確認~1swingを止めず、swingとswingを切らずに!
 ・スローのカウントで腹斜筋と広背筋をストレッチ・・・腰はまだ回さない

二人で合わせる。
 ・お腹を緩めない。
 ・コンタクトに注意するのを忘れていた
  ~フェザーステップはLODに向けて、中央斜めに前進。互いの右腰のコンタクトを外さず、♀を抜かない

微調整の後、曲に合わせて踊る
 ・動作が切れやすいので注意
 ・swingの中でやることが一杯有るので、手を抜かない!

続いて、タンゴ
 ・中間バランスの練習とスタートのきっかけの練習は足りなかったかも?

曲に合わせてワルツ、タンゴ、スローを2曲ずつとクイックを1曲踊って休憩後、ラテンモード。

ウォーク、クカラチャ、前後のロックとシャッセでボディをほぐす。
 ・コネクションを柔らかく
 ・フットワークをしっかり
 ・ボディムーブメントをしっかり
シャドーして、二人で合わせて・・・曲に合わせて踊る

僕がチャチャのベーシックルーティンを間違えた。
 ・リカバリーに時間がかかりすぎ。

後からビデオを見て気づいたこと
 ・フットワークがNG。足元が汚すぎてショック!
 ・フットプレッシャーを強く
 ・床をしっかり擦る
 ・1歩1歩脚を開いたり閉じたりする時に負荷を掛けるイメージ 
 ・脚を絞って伸ばす時を長く

パソ
 ・ルーティンを間違えない~特にクードピックに入るとこ

Pさんからの提案
 1 休みの時位は練習前に念入りにストレッチしたい!→採用
 2 チャチャのルーティンが短くて見劣りするので増やしたい(表現は違う)→保留

ちなみに今のルーティンは
1 オープンヒップツィスト(2小節)
2 ホッキースティック(2小節)
3 ニューヨーク×2(2小節)
4 スプリットキューバンブレイク(1小節)
5 ニューヨーク(1小節)
6 アンダーアームターン(1小節)
7 ハンドトゥハンド(1小節)
8 スリーチャチャ(1小節)
9 ハンドトゥハンド(1小節)
10 スリーチャチャ(1小節)
11 スポットターン(1小節)
12 ベーシックムーブメント1~5(1小節)
13 ナチュラルトップ11~15(1小節)
14 クローズヒップツィスト(2小節)
15 アレマーナ(2小節)
16 クロスベーシック(2小節)
17 ホッキースティック(2小節)
最初に戻る
の24小節です。

前にも書いたけど、ルーティンを増やすより、クオリティを上げない。
迷いながら練習してもしょうがないので、早々にレッスン入れて、コーチャーに伺いを立てよう!

・・・って書いたけど今日伺いを立ててきました。結果は・・・後日のラテン日記にアップします。 
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-02-14 22:52 | 練習

2007.2.7 スロー編

先日のレッスンノートから。

スタジオに向かう電車の中でイメトレ。
今日はスロー。
 ・Sのサイドを下げる(縮める)
 ・ナチュラルウィーブ2Qの切り返しを素早く!

スタジオに入るとPさんシャドー中。僕も着替えて軽くアップして・・・二人で合わせる。
 ・スリーステップでぶつかることしばしば
P「私チェンジオブダイレクションと勘違いして・・・」
 ・オープンテレマークで壁斜めにPPになれない
P「ヒールターン忘れちゃって・・・」
↑僕のリードが悪いのかなぁ?
コーチャーに訊いてみよう!

合間にタンゴのオープンプロムナード、アウトサイドスウィブル、コントラチェックのパートを合わせてみる
まあ、こんなものかなあ?という状態まで持っていって小休憩の後、レッスン開始

コ「今日は何をやりますか?」
h「スローをお願いします。」
コ「先週やったことは大丈夫ですか?」
P「はい。」
コ「Pさん、何をやったか一つだけ言ってみて。」
P「アウトサイドスウィブルで・・・(軸足をしっかり回すこと)」
コ「それはできるようになりましたか?」
P「はい。3回に1回はできます。」
h(だから・・・できますって言うと・・・)
コ「それは素晴らしい!できるってなかなか言えませんよ。・・・
 ・たとえ今はできなくても口に出すことによって実現する~言霊
 ・たとえリーダーにできてないって言われても、自分を信じる
 ・するといつかできるようになる(とか何とか)
それでは、曲無しで踊って見せて下さい。」

1周踊ってstop
コ「hiroさん幾つか・・・(フレームが歪む所がある)」
h「???」
コ「Pさん、私とhiroさんの踊りを見ていて。」
一緒に踊っていただく。
コ「どうでしたか?」
P「hiroさんが前進する時に・・・(被るらしい)」
h「自覚無いです。」
コ「hiroさん前進する時・・・どこから動かそうとしていますか?(どういうイメージで前進していますか?だったかも)」
h「振り子です。・・・
 ・脚を緩めて
 ・下りる体重を前に送る

コ「フェザーステップのシャドーを見せて。・・・今のは良いけど、さっきのは・・・」
 ・進行方向は中央斜めなので、脚を出す方向は中央斜め
 ・ボディの向きはLODまで。~今は壁斜めまで向けている
 ・お互いの右ボディのコンタクトを外さないで♀の背中から前進~♂の左脇から前進してコンタクトが外れている

コ「次に・・・」
一歩一歩ボディの位置と足の関係を訊かれた。
ポイントは脚が前に出た時は中間バランス、ウェイト移動して足に乗って(通過して)、次の足が出る(中間バランス)
↑ところが、hiroの運動はウェイトが足の上を通過しないでヒップ抜け=ボディが折れている
1S 中央斜めに踏み込んだ右足の上をボディが通過(=タンゴのウォーク1歩目で左ヒップを入れるように右ヒップを入れるイメージ)

コ「この時・・・」
 ・左サイドを前に出すのではなく、広背筋をストレッチするだけ(横に回さず、斜め前に引き上げる)
 ・片方だけ伸ばすと逆が落ちる
 ・右サイドの腹斜筋を同じ力でストレッチ(同様に横に回さず、斜め前に引き上げる)
 ・フレームは一定ではない
 ・広背筋を伸ばすと胸と手の間隔が広がる
 ・腹斜筋を伸ばすとやはり胸と手の間隔が広がる
 ・肘はボディより前をキープ。筋肉をストレッチしないで回そうとするとどちらかの枠が歪む(=hiro)

☆下はしっかり運ぶ
☆上の軸はセンターをキープ(スウェイが付いて真っ直ぐのイメージ)
☆サイドをローティーションするイメージを捨てて、広背筋と腹斜筋をストレッチするだけ

コ「じゃあリバースターンはどうやると思いますか?」
1S 左ヒップを入れて左足前進
   右広背筋と左腹斜筋をストレッチ
コ「良いわよ。次の後退は?」
h「・・・」
4S 左脚を使って、右足後退しながら
   右広背筋と左腹斜筋をストレッチ
   この時ネックの向きをボディの移動に合わせて変える

定着を図って反復エクササイズ
 ・右サイドの意識を忘れて落としやすい
 ・ネックがボディとなかなか繋がらない
コ「hiroさんそこまで一人で練習していて!Pさんは、今のを見ていたわよね。同じように・・・」
 ・ストレッチ
 ・コーチャーを引っ張って前進&後退
 ・逆にコーチャーにしがみついて前進&後退

コ「hiroさん、Pさんと踊ってみて。生まれ変わった所だから、壊さないようにね。」
組んだ途端に存在感を感じる。フェザーステップ、リバースターンから、そのまま続ける。
スリーステップで躓いてstop
h「ボディトーンをとても感じます。」
コ「ボディトーンってなかなか身に付かないんだけど・・・続けて。」

 ・swingの途中でボディが後ろに伸びるのは折れていない
 ・swingが終わって真っ直ぐじゃないのは折れている
↑表現は違った

カーブドフェザー
3Q 左広背筋と右腹斜筋をストレッチ
   ボディはセンターをキープ(=右にスウェイのイメージ→ネックは連動して右を向く)
このままオープンインピタス
1S そのままヒールターン
2Q~3Q 右広背筋と左腹斜筋をストレッチ
   ボディはセンターをキープ(=左にスウェイのイメージ→ネックは連動して左を向く)

ピンと来ないので、鑑の前に移動
 ・両脚を肩幅に開いて固定し、駆け足のように肘を振るエクササイズで広背筋と腹斜筋の運動をイメージ
 ・腰を正面に向けたままサイドをストレッチ~左が前に伸びるとカーブドフェザーで右が前に伸びるとオープンインピタス
  ↑腰を回すと簡単だけど、正面向けたままだとろくに伸びない
 ・逆に胸を正面に向けたまま、両トゥを回転させる
  ↑胸を正面向けたままだと僕のトゥは横がせいぜいだけどコーチャーのトゥは後ろを向いている
コ「hiroさんはパワーはあるけど、・・・体は私の方が柔らかいわね。・・・」
 ・急にやると張ってくるので少しずつ継続して伸ばすことが大事!

最初からやり直し・・・リバースウェーブでstop
コ「そこは、リバースターンと同じで・・・」
1S 左ヒップを入れて左足前進~ここでヒップが抜けていた(恥)
   右広背筋と左腹斜筋をストレッチ
4S 右足後退のチェック
   左広背筋と右腹斜筋をストレッチ
ベーシックウィーブ
2Q 右足にウェイト移動しながら
   右広背筋と左腹斜筋をストレッチ
↑今までより1拍早いスウェイチェンジ(?)
♀はこのスウェイチェンジ(?)の度にネックを返すので
ネック左から
1S ♀ネック右
4S ♀ネック左
ベーシックウィーブ2~7
2Q ♀ネック右
6Q 多分このカウントで♀ネック左

コ「最初は・・・」
 ・形から入ってとりあえずやっておく
 ・そのうちにボディの動きと繋がってくる
 ・どうしてこうするか自ずと分かる時が来るので、それまで続ける(とか何とか)

最後にありがたいお話
☆まとめ
 ・Sで足を前進しながら、逆サイドの広背筋を(=前に出したサイドの腹斜筋も)ストレッチ~後退の時は逆
 ・このタイミングで腰は回さない(落ちる)

コ「これは・・・」
 ・ワルツも同じ
 ・タンゴもロアーはしないが腹斜筋と広背筋のストレッチは同じ
 ・下はいっぱい働いて、軸はぶれず、スッキリと!(後半の表現は違った)
 ↑ぶれないようにって固めると余計に崩れる
 ・センターをキープしながら左右にストレッチ!(横には回さない)

前回のレッスンで習った「Sで肩を下げる」ことを、逆のアームを上に上げない為の表現って勝手に思いこんで、形だけ真似して全然違うことをしていた。イメージ修正!

コ「次のレッスンはどうしますか?」
h「先生、今月は多分もう来られないと思うんですが・・・」
コ「1ヶ月後でも1年後でも良いですよ。」
h(そんな見放すような言い方しなくても・・・)
コ「前回と今回やったことはとても大事です。それが身に付かないで他のことをやっても・・・」
 ・種はまいた
 ・水の撒き方も教えた
 ・芽を出すのは自分たち
 ・まず、自分。次いでカップル!
h「せっせと練習しますが・・・崩れる前に習いに来ます。」
コ「そうですね。水はやりすぎても根腐れするので・・・」

何はともあれ、頑張るぞー!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-02-10 23:00 | レッスン・S

エントリー

本日、JBDF東部総局のE級ダンス大会(2/25:
ラテン&スタンダード)へのエントリー手続きをしました。
練習どおりの踊りが出せるように頑張ります。
結果は・・・付いてくるような手応えを感じています。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-02-08 22:51 | 過去の競技会

2007.2.5 in 富士学院

昨日の練習ノートから。
前日の練習が中止となったにも関わらず・・・僕の都合で余り時間を掛けられないのでタンゴとスローに絞って特訓!

軽くアップしてタンゴから。
音無しで組んで先日のレッスンの内容を復習。
 ・前進ウォークはヒップを入れて
 ・1歩1歩準備をしてからフレームごと移動
 ・中間バランスを作ってからウェイト移動~乗りかけてから戻せる状態をキープ
 ・オープンリバースターンの4Qは♂右足をボディの下~背中に太い樹をイメージ
 ・チェイスからのシャッセは♂右&♀左サイドを止めずに進行
 ・オープンプロムナード、アウトサイドスウィブル、コントラチェックのパートは「ト」で膝を使ってウェイト移動
 ・↑「ス」で♀のウェイト移動を感じてから、♂「ロ」のアクション開始
 ・コントラチェックは♂左サイドのストレッチのみ!
反復エクササイズ

最初はぎこちなかったけど、だんだんなじんでくる。
P「前はただはい!って返事していたけど、最近ようやく言われていることが分かってきたわ。」
とか何とか。

たまに足を先に決められるとお互いの脚がゴツゴツするけど、気を付けるとまあまあ。
下を意識すると上が固くなって、上を意識すると下がゴツゴツ・・・
良い時のイメージを大事にしながら、時間を掛けて踊り込んでいくしかないんだろうなぁ。

スロー
 ・まずルーティンをしっかり覚える・・・まだうろ覚え
 ・オープンテレマークとナチュラルウィーブのパートは、次のレッスンに期待
 ・調子が良い時は軽い
 ・中間バランスが作れる時は良い感じ。先に足を決めてしまうと途端にNG
次のレッスンで微調整したら・・・後は、練習有るのみ!

Pさんからのご相談
 ・ラテンもレッスンを受けたい。
 ・シャッセケープのお互いの位置が曖昧
 ・チャチャのルーティンが短い
 ・チャチャの横のスリーチャチャが不安(ロック、ロック、シャッセを間違えそう)なので、縦に変えたい

レッスンは早々に受けてパソのポジションはさっさと解決するとして・・・
スタンダードで弘子先生は短いルーティンを繰り返していると自信が無さそうに見えると言っていたけどラテンもそうかなぁ?
今までF級戦には何度も何度もエントリーして、昇級には至らなかったけど、何度か入賞して感じたこと
 ・ルーティンは見ていない(と思う)
 ・ルーティンは短いほど頭を使わなくて良い(と思う)
 ・スッキリ立って、音を見せて、のびのび踊っていればチェックが入る(と思う)
背の高いカップルがスーって立って、のびのびと踊っていたなー
そう言えば・・・ニューヨークとハンドトゥハンドしかしていなかったかもしれないなー
なんて感じで臨みたいです。

とりあえず、
 ・バタバタしないでしっかり擦るフットワーク
 ・伸ばす脚
 ・絞るムーブメント
で、音を見せて臨みたいです。
 
Pさんには、とりあえず、1回出てみてからと言いましたが・・・通じるかなぁ?
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-02-06 23:32 | 練習