<   2006年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

故郷からのおくりもの

今日、家族で入間市博物館高橋まゆみ先生の人形展を見に行ってきました。
人形の大きさが想像していたよりも2~3倍大きくてビックリしました。
人形の表情がとても豊かで・・・感動しました。
興味のある方は覗いてみて下さい。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-11-26 17:22 | その他

2006.11.22 ワルツ編

先日のレッスンノートから。

超久々(1か月と11日ぶり)のスタンダードのレッスン。
早めにスタジオに入るとPさん、もう来ている。アップして・・・

P「質問が・・・」
h「何ですか?」
P「・・・」
忘れたけど、方向の確認だったような・・・
 ・説明してからシャドーして見せて
 ・組んで踊ってみて
 ・シャドーで確認
 ・あやふやなところを修正
を繰り返す。

ここまでで止めておけば良かったんだけど、中身についても幾つか・・・
 ・3から3迄を1swingで止めない
 ・ターンの時回り込まず、アンダースローを応用して直線で組み合わせる
P「私この前のレッスンで弘子先生の足を見ていたけど回り込んでいたわ。」
h「回り込むって言っていた?」
P「それは聞かなかったわ」
h「何って習ったの?」
P「何も習っていません。」
h「アンダースローは習ったよね?」
P「はい。」
h「それしか習っていないなら、それだけやろう」
 ・2で横に開いた脚にもう一方の足を引き寄せる間に更に45度回る
閉じながら回れず、閉じ終わってからラテンみたいに回ってしまうので、無かったことにする。
 ・ターニングロックトゥライトはLODに沿って(気持ち壁より)前進

まあ、月曜の練習後位にはなったかなぁ?
休憩してレッスン開始。

コ「久しぶりですね。途中でPさん、一回来たんですよ。あっ、そういえばhiroさんから質問メール貰ったわよね。
名前良く知っていますね。正確に覚えているのには感心しました。
けど、名前を知っているのと正しく踊れるのは違うので・・・じゃあ、二人で踊って見せて下さい。」
曲に合わせて1周ちょっと踊ってstop

コ「はい、いいです。・・・最後は・・・」
 ・フロアが狭いときはスピンターン、リバースターンの後半から、無理してリバースターンに繋げずに省いてホィスクからLOD変更する

 ・お互いに相手の邪魔をしないで、通り道を空けてやる(=LODを横切る)
ナチュラルスピンターンの前半は♀が先行し、途中で♂が♀を追い越す
 そのためには♀が逆壁斜め方向に回り込む
P「hiroさん、さっき真っ直ぐって言ったじゃない!」
h「ごめん、僕が間違えていたよ。訂正。」

コ「hiroさんもその次に♀の邪魔をしているので・・・」
ナチュラルスピンターンの後半は先行している♂を♀が追い越す
 そのためには4で壁方向にLODを横切って、♀の通り道を空ける~この時、♀を引き寄せない!
 この時、コーチャー何て言ったかなぁ?push - upだったかなぁ???
3の足と4の足の間をウェイトが自由に行き来できるバランス~ドスンって乗らないでフワッて避けて、同じように5の足にフワッて乗る
 4の足の上ではタイトにピボットアクションしようとしない~腰を開くだけ
 5の足の上で6の足を壁斜めに前進=LODを横切る
 6の足の上で反転~ここで何か言われたけど・・・忘れた

ターニングロック
 ・LODに沿って後退のロックしながら、♀を前進通過させる

スウェイは・・・
 ・ナチュラルスピンターン:前半右→後半5の足にのりながら左サイドがだんだん上がっていく右スウェイ
 ・ターニングロック:ずーっと右→2の足の上でスウェイチェンジしてPP

ネックは・・・
 ・ナチュラルスピンターン:前半左をキープ→後半5の足にのりながらネック右
 ・ターニングロック:ずーっと右→2の足の上でPPになりながら左

書くと簡単なようで実際にやってみるとなかなか定着せず、
コ「いきなり高等なことを教えすぎました。hiroさんは基本どおりずーっと左を向いたまま踊りなさい。」
h「はい。(とりあえず、今日は左を向いておきます。)」
ここまで反復エクササイズ

コ「どうもぎくしゃくしているわね。Pさん、この前もっと出来たから良いと思ったけど・・・」
 ・余分な力が入っている
h(練習で僕が固めちゃったかなぁ?)
 ・すっきり立つ
 ・両アームを横に伸ばす
 この状態から両アームの下側を前を通して後に回す(表現は難しい)と、両肩が下がって肩胛骨を巻き込むイメージになる
 更に両肘を折って前腕を上や前に回すとフレームになる
 ・両肘はボディより前~余分な力を入れず、押さず、引かず、上げず、下げず・・・

 ・この姿勢をキープ~動いても崩さない
 ・ボディは組んだときのまま、相手に与えてやる=思いやり
 ・相手の通り道を空けて、通過させながらボディは与えたまま
↑言葉の表現は難しいけど、実際に踊るのはもっともっと難しい・・・
(実際、レッスン中は消化不良のまま終わりそうで不安でした。)

コ「じゃあ、最初から踊って見せて。・・・ウィーブって2回やるの?」
h「はい。(そうしたのは先生なんですけど・・・)メールにも書きましたけど、そのうち変えていただこうかとは思っています。」
コ「コンペは今年有るの?」
h「いいえ・・・向こうしばらく予定していないので、1から見直すチャンスではあるんですが・・・」 
コ「じゃあ、変えましょう!」

ターニングロックトゥライトで中央斜めにPPから
シャッセフロムPP
クイックオープンリバース
スローアウェイオーバースウェイ
とりあえず、ここまで。

シャッセ
 ・先行の3からボディの左足の更に左(=進行方向)をキープ
 ・2&で♀を自分の正面に回り込ませず中央斜めに向けて1直線に進む

クイックオープンリバース
 1 OPに右足前進~強調
 2 中央斜めに左足前進
 & LODに右足を開く~ここで左スウェイ(♀ネックを変える)
 3 CBMで左足LODに後退し、加重後この脚を使ってLODにボディを後退させる
カウントが12&3だったか1&23だったか曖昧になって、帰りの電車からコーチャーにメールで確認したところ、12&3で有ることが判明した(感謝)

スローアウェイオーバースウェイ~カウント曖昧(恥)
 1 (先行歩の左足をしっかり使って)右足をLODに後退
 2 右足の上で壁を向き、左足を横(LOD)に開く
   この時、上体は左足の外側に伸ばす
 3 左サイドをストレッチ(=スウェイチェンジ)~お互いの腰を外さない。

ボディはストレッチしても肘は伸ばさない
オーバースウェイで上体を反らせるとき・・・実は反らさない
 ・肩胛骨を巻き込ませるとその下部は前に出る~ここを後に引くと崩れる
 ・上に伸びる延長→懸垂のイメージ

コ「ここから戻るときはどっちの足でもいいですけど?」
h「じゃあ(ウェイトの移動の少ない)♂右足(♀左足)でお願いします。」
 4 左脚を伸ばして右足を寄せる
 5 右足加重、スウェイチェンジしてPP
 6 左足壁斜めに前進

先に進む。シャッセフロムPP、ナチュラルスピンターン、バックロック、レフトホィスク、コントラチェック、シャッセフロムPPまで、何故かすんなり?

オープンインピタスターンからウィーブに続けようとしてstop
コ「ウィングって知ってますか?」
h「はい。」
ウィング、シャッセトゥライト、ウィーブの後半、シャッセフロムPPで最初に続ける

ウィング
 1 中央斜めにPPから右足をCBMに前進
シャッセトゥライト
 1 逆中央斜めに左足前進
 2 逆中央斜めを向いて、右足横(中央斜め)に開く
 & 左足を右足に揃える 
 3 右足を横に開く
ウィーブの後半(PPエンディング)
 1 ボディ逆中央斜めに向けたままCBMで左足を中央斜めに後退
 2 右足を後退してPP~多分ここまで中央斜めに進行していると思う
 3 壁斜めにPPで右足前進
シャッセフロムPPからナチュラルスピンターンに

最後にありがたい話は・・・忘れた(大汗)
h「思いやりが大事なんですね。」
コ「そうです。自分のバランスで立つことと、相手に対する思いやり。どちらかが欠けてもダメです。(とか何とか)」

来週所用で練習は無し。
復習できるのは再来週・・・身に付くのかなぁ・・・ちょっと不安ですが、高価なレッスンフィーを無駄にすることがないようでせっせとイメトレしようーっと!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-11-25 12:51 | レッスン・S

ワルツの新ルーティン

昨日は久しぶりのスタンダードのレッスンでした。
内容はこれからまとめるとして・・・またまたルーティンが変わりました。

壁斜めに面して
1 オーバーターンドナチュラルスピンターン 123456
LODに背面して
2 ターニングロックトゥライト 1&23
中央斜めにPP
3 シャッセフロムPP 12&3
中央斜めにOP
4 クイックオープンリバース 12&3
LODに背面して
5 スローアウェイオーバースウェイ 123456?
壁斜めにPP
6 シャッセフロムPP 12&3
壁斜めにOP
7 ナチュラルスピンターン 123456

新LODの中央斜めに背面
8 バックロック 1&23
壁に面して
9 レフトホィスク 123
10 コントラチェック 132
壁斜めにPP
11 シャッセフロムPP 12&3
壁斜めにOP
12 オープンインピタスターン 123456

新LODの中央斜めにPP
13 ウィング 123
逆中央斜めに面して?
14 プログレッシッブシャッセトゥライト?  12&3
逆中央斜めに面して?
15 ウィーブの後半 123
壁斜めにPP
16 シャッセフロムPP 12&3
壁斜めにOP
17 ナチュラルスピンターン 123456

新LODの中央に背面して
18 リバースターンの後半 123
中央斜めに面して
19 リバースターン 123456
壁斜めに面して
20 ホィスク 123
新LODにPP
21 シャッセフロムPP 12&3
壁斜めにOP・最初に続ける
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-11-23 11:11 | ルーティン

2006.11.20 in 富士学院

昨日の練習ノートから。

またまた、僕の都合でたった1時間の練習に・・・
h「遅れて済みません。今日はどっちからやりましょうか?」
P「どっちでも・・・」
Pさんがスタンダードの靴を履いているので、スタンダードから練習開始。

h「水曜のレッスンの予習をやりましょう。ブログに書いてあるルーティンは覚えてますか?」
P「・・・」
h「じゃあ、シャドーから・・・コーチャーに質問して、最後のLODで方向が少し変わりました。・・・」
組んで踊って説明した後、シャドー。分かってないところを又組んで説明。
反復エクササイズの後、曲に合わせて踊ってみて何とかOKかな?

タンゴ他は・・・時間切れ。
h「先週個人レッスン受けたラテンの復習をやりましょう。何習いましたか?」
P「ルンバとチャチャを習ったんですが・・・」
 ・乗った時には既にニーバックしている
 ・フレームは大きく
 ・乗った方の背筋を1歩1歩思いっきり縮める
 ・相手のボディのリードを感じる
 ・胸から前進~胸が一番先に乗る

僕も出来てない事は先日のビデオで確認済みなので、一緒に練習。
 ・ゆっくりカウントでルンバのベーシック
 ・アームのテンション(コネクション)の話は・・・多分納得してくれたみたい

h「コツコツ2~3年続けていれば、多分形になってくるよ!」
Pさん、嫌な顔していたけど、僕もそう信じて練習するだけさ!
フットワークしかり、ボディムーブメントしかり!・・・継続は力なり!

けど・・・もう少し練習時間を確保しないとなぁ・・・
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-11-21 23:40 | 練習

疑問氷解!

Pさんが個人レッスンで指導を受けたワルツの新しいルーティンについて、コーチャーに質問メールを送っていたところ、先日回答をいただきました。
一部変更にアンダーラインです。
リバースターンの終わる方向が変わって、ホィスクでLOD変更
シャッセで新LODの壁斜めに前進
おかげでスタートと2週目でナチュラルスピンターンの回転量が一定になりました。

壁斜めに面して
1 オーバーターンドナチュラルスピンターン
LODに背面して
2 ターニングロックライト
中央斜めにPP
3 ウィーブフロムPP
壁斜めにPP
4 シャッセフロムPP
壁斜めに面して
5 ナチュラルスピンターン
新LODの中央斜めに背面して
6 バックロック
壁に面して
7 レフトホィスク
8 コントラチェック
壁斜めにPP
9 シャッセフロムPP
壁斜めに面して
10 オープンインピタスターン
中央斜めにPP
11 ウィーブフロムPP
壁斜めにPP
12 シャッセフロムPP
壁斜めに面して
13 ナチュラルスピンターン
新LODの中央に背面して
14 リバースターンの後半
中央斜めに面して
15 リバースターン
壁斜めに面して
16 ホィスク
新LODにPP
17 シャッセフロムPP
壁斜めに面して・最初に続ける
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-11-20 23:42 | ルーティン

ビデオを見て・・・

キャンセルしたコンペ直前の練習ビデオと再開してからの練習ビデオを見ました。
うーん・・・思った以上に崩れていました。
ラテンは音が見えず、軸がずれて、足の使い方がとても汚いと感じました。
スタンダードは被っていて、足だけ動かしている感じ・・・
現実を直視して、やるべき事をやるつもりです。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-11-19 15:33 | 練習

2006.11.15 in 富士学院

先日の練習ノートから。

曲に合わせてラテンを踊る。
チャチャのベーシック
 ・相変わらず、緩い
 ・時間があったらルンバの曲に合わせて音の幅一杯に使う練習をしたいところだけど・・・
同じくバリエーション
 やっぱり緩い
 ・パートを決めて集中的にやらないとクオリティが上がらないかなぁ・・・
サンバ・バリエーション
 ・プロムナードトゥカウンタープロムナードランズの肘キャッチが曖昧
 ・ツィストシャッセの後特に音が曖昧
ルンバ・バリエーション
 ・テンポが遅くなっても、音の幅は使えず・・・
 ・スロールンバで練習したいなぁ・・・
パソ・ベーシック
 ・一昨日通して踊れたのが、何故か繋がらない

ジャイブ1曲分休憩してから、曲無しで練習
P「この前の練習で何も考えないで踊っているって言われて腹が立ったから、家に帰って練習のビデオを見たら本当に何も考えてないのが分かったわ。」
 ・ホッキースティックの5歩目などで、チャチャは&カウントで、ルンバはaカウントで回す
 ・サンバのツィストシャッセ、スパイラルから続くスリーステップターン×2のビートバリューに注意
口では、タ、タ、タン、タ、タ、タンって言いながら、3歩目のタンで足の上にいられず、次のタで乗って回るアクションが遅れて1拍使ってしまうため、タァ、タァ、タァ、タ、タ、タ、タに見えてしまう。
 ・音の頭で足を床に着ける
 ・残った時間を足の上でボディを使う(言うのは簡単だけどやるのは大変)
 ・もう一方の足をしっかり伸ばしたり、揃えたり、アクションをはっきり見せる
 ・後は・・・ネックを切る意識
ゆっくりやると出来るけど、曲に合わせると全部飛んでしまう。
後は、練習だ~

h「この前揉めたアームのコネクションなんだけど、ブログとビデオ見てくれた?」
P「ブログは見たけど、よく分かりませんでした。ビデオって借りていましたか?」
h「ラテンのレッスンの時、自分で取ったやつと、僕が取って交換したやつって、消しちゃうんですか?」
P「帰って探してみます。」

とりあえず、♀は広げて、♂は閉じる・・・釣り合った手を二人の中間にキープ。
この手の感触を残しながらベーシック。
前後、左右に動くたびに、互いの手の感触に前後左右のテンションが加えられたり、引かれたり・・・
しょっちゅう消えては、再確認。
Pさん、納得出来たのか、出来なかったのかは、???付き合ってくれたので、助かった。
後は納得できないようなら、レッスンで確認して貰うだけ。

スタンダード
ワルツのシャドーをしてみて気づいた事が一つ・・・
ナチュラルターンの前半からターニングロックトゥライトには入れない。
足が合わない。合わせようとするとカウントに合わない
12&3?
1&2&3??
確か前の方だよなぁ~
どうしてやれたのか・・・???(大恥)

ルーティンの最初をナチュラルターンの前半、ターニングロックトゥライトからオーバーターンドナチュラルスピンターン、ターニングロックトゥライトに修正して、組んで試してみると、スッキリした。
h「最初はやっぱりナチュラルスピンターンをオーバーターンしないと・・・」
P「私オーバーターン出来ません!」
h「シャドーは出来ないかもしれないけど・・・」
P「組んでも出来ません。」
h「今やっていたじゃない。」
P「えっ?・・・」

たまたま居合わせてたPさんの知人にターニングロックトゥライト♀の足形を教えて貰う。
 ・LOD(気持ち壁側)にロックで前進
 ・2の足の上でターン~この時、上体は中心軸から離れた大きな軌跡をイメージ

二人で合わせる
P「もっと歩幅を広くすればいいのね。」
h「歩幅を意識するより、フレームの中にいるように意識してくれた方が・・・」
(前回の練習でタンゴのチェイスに続くシャッセの時にも同じ話をした。)

ウィーブフロムPPに繋げて2歩目
P「ここで(3の)足が浮いちゃうのよ。・・・」
さっきの女性に聞きに行く。
h(足形はともかく技術はコーチャーに訊けばいいのに・・・)
答えは出たような、出なかったような・・・

2ndLOD
中央斜めにバックロックに続ける時のナチュラルスピンターンの6歩目、♀ネックを返す(って個人レッスンで習ってきた)のを、忘れやすい。
h「次のレフトホィスクとコントラチェックのポーズは大丈夫?」
P「私は出来ています。」
h「(そのセリフ、なかなか言えないよ?)自分で出来ていると思っても、ビデオで見たら・・・」
P「そうなのよ。今日テープ忘れちゃって・・・」

タンゴ
もっと送り足をしっかり使ったウォークが出来るように心掛けないとNG
 ・1歩ずつ脇をストレッチ
 ・忍び寄るフットワーク
 ・センターバランスとオンバランス
 ・後退時の膝も緩みっぱなしかなぁ?

スロー
Pさん、急に重くなる。
h「どうしたの?」
P「分からなくなったら立っていろって・・・」
h「そう。分からなくなったら立っていると♂が動くから、その動きを感じてから動けば良いんだよ。それをリード&フォローって言います。」
P「・・・」

クイック
曲に合わせて1曲だけ踊ってきた。
Pさん、何か言っていたなぁ・・・忘れた。

このペースで練習しながらスキルアップを図るには・・・やり方を変えないと駄目かもしれない。
一つに課題を絞って集中すると他を忘れそうだし、まんべんなくやるには時間が足りず・・・
どうするべきか、悩みます。

ラテンは・・・どこか自作のcdを掛けて練習出来る所無いかなぁ?
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-11-18 10:01 | 練習

2006.11.13 in 富士学院~練習編

先日の練習ノートの続きから。

とりあえず、ルーティンの追加について理解したという事で、先に進む。
h「後は、何を言われました?」
P「まず・・・」
 ・(上手く行かない)リバースターンは、下半身が回ってから、上半身を回す
 ・背骨ごと前後に移動する
h「それって、アンダースローをしっかりやれっていうことですよね?」
P「そうです。それから・・・」
 ・踊っている最中右手をしっかりキープ
 ・組んだ時の姿勢をキープ
 ・ピクチャーポーズ(レフトホィスクとコントラチェック)の上体の姿勢
h「分かりました。ピクチャーポーズは自分でやって貰うとして、他を気を付けて踊ってみましょう!」
シャドーで反復エクササイズ

P「あとタンゴで・・・」
 ・(上手く行かない)CBMの前進は、腰は正面を向けて、上体を♂に向ける
 ・最初に組んだ時からボディの感覚が違う
h「僕は弘子先生じゃないので、違って当たり前。せめてもう少し具体的に・・・」
 ・どうやら横の位置がずれているらしい?

ここで、曲がかかる。曲に合わせて踊る。
ワルツ
 ・最初のLOD1本分がなかなか曲に付いていけない
h「曲無しでやりましょうか?」
P「折角曲がかかっているので、曲に合わせて・・・」
2曲分繰り返しているうちにだんだんスムーズになっていく。
細かいところは、レッスン受けてからにしよう!

タンゴ
 ・CBMは意識しているとまあまあ
 ・横の位置は組み始めに合わせるが踊っている途中でずれてしまう
  意識して練習を続けていると直るものなのか、根本的に原因があって幾らやっても直らないのか・・・
  Pさんがずれるのかとも思うけど、コーチャーと組んだらきちんと踊れるという事は、僕のほーるどがわるいのかなぁ?・・・レッスンが必要だぁ~
 ・チェイスの後のシャッセでばらける。フレームを意識してその中で移動する事。

スロー
h「来年は1級戦なので、4種目何でも有りだよ。」
P「えーっ!」
h「全部まんべんなく練習するから、そのつもりで。」
P「はい。」
 ・スリーステップの3歩目で僕の左脚が♀の右脚を一生懸命押して運んでいる~僕が脚を出すのが早いのか?Pさんが脚を引くのが遅いのか・・・?

クイック
 ・踊っている途中で曲から遅れてしまう。(恥)カウントを良いながらだとずれない???

7曲踊って、クイック1曲分休憩しながらラテンシューズに履き替える。
曲に合わせてチャチャから7曲踊り続ける。

チャチャ(ベーシック・バリエーション)
 ・テンポが速い曲ほど音が曖昧

サンバ・バリエーション
 ・途中で他のカップルと接触したらPさん、止まって謝っている。僕はそのまま踊り続けるけど・・・P散逸まで立っても付いてこない???
h「何で来ないの?」
P「私のために見本を見せてくれているのかと思って・・・」
h「・・・」
 ・他の組とぶつかった時はきちんと謝って下さい。(もちろん僕も謝っています。)
 ・それでも、踊りは止めないで下さい。
 ・どうしても止まってしまう事は(コンペでも)有ります。その時は、相手が踊り続けているので、直ぐに追いついて、一緒に踊りを再開して下さい。これも練習です。

ルンバ・バリエーション
 ・緩い

パソ・ベーシック
 ・ようやく1曲通して踊り続けられるようになった(笑)・・・次はシェイプ!

休憩しながらお話
h「前にも言ったけど・・・」
 ・音が見えないというか、意識しているように感じられない。
 ・オンカウントと&カウントで何をやるか自分で決めてやるように努力する。・・・そうするといつかやれるようになる。
 ・音がクリアになってくると、フットワーク、ボディムーブメント、アームワーク等も見えてくる
P「私送れていると思わないわ。」
h「じゃあ(今撮している)ビデオを見よう!」
実際に見てようやく納得してもらう
 ・音の頭で足が床をキャッチ(したり、乗りきったり)!
 ・&カウントでウェイトを乗せたり、ボディを使ったりetc
 ・半拍ごとに自分が何をやるかを意識する
 ・やるのは技術。身に付くまでやる事を意識して練習を続けていると・・・いつか出来る(日がきっと来ると思う)
 ・サンバも一緒・・・バウンスアクションやスリーステップターンなどのビートバリューをしっかり意識すること!

ルンバ
 ・ゆっくりな曲で手を抜かない・・・&カウントを意識して、音の幅一杯に使い続ける

踊っていて手を捕まれたり、急にコネクションが無くなるのが気になっていたので、アームのトーンについて確認
 ・アームのテンションを♂は内側に、♀は外側に張り続けておき、釣り合った状態を二人のボディの中間にキープする
P「アームは前後に・・・」
h「前習わなかったっけ?」
P「私は習っていません!」
h「じゃあ、次の個人レッスンで三浦先生に訊いて。違っていたらカップルレッスン受けに行くから、合っていたら直して貰ってきて。」
P「分かりました。」

後半会話で終わってしまって不完全燃焼の練習になってしまった。
けど、コミュニケーションは必要だし、不信感を抱きながらの練習じゃあ全く意味ないし・・・
全部僕の都合なんだけど、もっと時間が有ればって思います。

けどねぇ・・・焦りは禁物!無い物ねだりはしない事!
ちなみに、以前のダンス日記でコネクションの記述を見つけました。
Pさん、思い出してくれるかなぁ?

*******2006.7.13 ルンバ編から、抜粋*******
立っている♀を反らせたり、後に倒したりして、支えてみる。~アームの力は抜いて、ボディで止める。
 ・♀は外に開いて見せたがる
 ・♂は内にこもって守りたがる
 ・お互いのテンションが中間で釣り合うところで二人のバランスがキープ出来る
 ・♀は自分で立って、自分で止まる。そのためには絞りを利用する
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-11-17 00:36 | 練習

2006.11.13 in 富士学院~ワルツのルーティン編

昨日の練習ノートから。

練習場に入るとスタンダードが掛かっている。着替えながらラテンの曲が流れ終わるまでにPさんが土曜に個人レッスンを受けたスタンダードの復習を終わらせるって勝手に決める。
h「スタンダードの復習から始めましょう。土曜日、何習いましたか?」
P「ワルツのルーティンを変えちゃったんだけど、よく分からなくて・・・」
h「紙に書いて貰いましたか?」
P「いいえ。」
h「次から名前と方向は紙に書いて貰った方が良いですよ。」
P「分かりました。」

いろいろ聞いて、確認して・・・多分こんな感じ。

ワルツルーティン
壁斜めに面して
1 オーバーターンドナチュラルスピンターン
LODに背面して
2 ターニングロックライト
中央斜めにPP
3 ウィーブフロムPP
壁斜めにPP
4 シャッセフロムPP
壁斜めに面して
5 ナチュラルスピンターン
新LODの中央斜めに背面して
6 バックロック
壁に面して
7 レフトホィスク
8 コントラチェック
壁斜めにPP
9 シャッセフロムPP
壁斜めに面して
10 オープンインピタスターン
中央斜めにPP
11 ウィーブフロムPP
壁斜めにPP
12 シャッセフロムPP
壁斜めに面して
13 ナチュラルスピンターン
新LODの中央に背面して
14 リバースターンの後半
中央斜めに面して
15 リバースターン
壁に面して(斜めかなぁ?)
16 ホィスク
壁斜めにPP
17 シャッセフロムPP
壁斜めに面して・最初に続ける

これで間違いなければ、最初にLOD1本分追加しただけ。
後半の2本分は無くしても良いかも?
とりあえずコーチャーに確認して、これで良ければ当分これで練習しておいて、そのうち少しずつ変えてもらおうかな?

練習編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-11-16 23:05 | ルーティン

2006.11.8 in 富士学院

昨日の練習ノートから。

今日も踊り込みの筈が・・・僕の都合で1時間の練習に・・・
P「今日はサンバのピボットを重点的にやりたいので・・・」
h「じゃあスタンダードを3種目曲に合わせて踊って、ラテンやりましょう!」

ワルツ
1曲踊ってswingがぎこちないのが気になってしょうがない
h「swingを意識していますか?」
P「はい。」
h「・・・僕が合図するのでしっかり意識してやってみて。」
2曲目、前のカウント2で次にswingする方を右~左~って伝えながら踊る。
P「あんなに早くから意識して踊るんですか?」
h「3でswing開始するには、その前の2でテイクバックの意識を持たないと・・・」

タンゴ
CBMでの後退は相変わらずNG~オンカウントで中間バランス、&カウントでオンバランス

スロー
 ・Pさん脚を出すのが早くて、僕より先に決めてしまうので、しょっちゅう踏んでしまう。~オンカウントで中間バランス、&カウントでオンバランス
 ・スリーステップからのナチュラルターンは引き続き練習が必要~上と下の運動のイメージがNG(=脳が命令を出せない・・・)

ラテン(というかサンバ)
チャチャの2曲分、プロムナードトゥカウンタープロムナードランズからピボットのパートを反復エクササイズ
 ・まず、お互いの肘をしっかりキャッチ!~肘をしっかり極めると二人の間隔が崩れない
 ・入れ替わりと回転の時の二人のポジションは半歩ずれた位置をキープ
 ・♀は♂を押しのけるイメージで下から突き上げながら前進
 ・♂は高い位置をキープ
これだけなんだけど、なかなか上手く行かない。
曲が流れて・・・合わせてみるけど、失速してしまう。

試行錯誤の後・・・互いにシャドー
僕のシャドーを見てpさん、笑ってる。
P「hiroさん、疲れたの?やっている事違うわよ。」
h「???それは、Pさんが違うんだよ・・・とりあえず、これでやってみて、帰ってからブログとビデオで確認して。」
修正して定着するまで合わせる。
繰り返しているうちにだんだんスムーズになってきた。
けど・・・来週まで残っているかなぁ?
僕もイメトレの他に、昼休みを使ってしっかりシャドーしておこう!

9年前、僕に初めて競技ダンスを教えて下さった先輩から、ブログの再開を祝して?メールを戴いた。
 ・家族を第1に!
 ・焦らず、急がず、基本技術を高めていけば、結果は付いてくる!
 ・パートナーのペースに合わせて大切に!
アドバイスをいただけるって本当にありがたい事です。
肝に銘じて練習に取り組んでいきたいと思いました。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-11-09 22:51 | 練習