<   2006年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2006.2.26 in ゼフィール

先日の練習ノートから。

練習場に向かう電車の中でイメトレ。
今日は、レッスンの課題の他、普段出来ない基礎とバリエーションのチェックも併せて練習したい。

ワルツ
 ・大きなウェーブ(=後からswingを開始し、ためてしならせて、真っすぐ通過)
 ・胸骨を斜め前に向ける
タンゴ~♀を先行させて空いたスペースに自分が進む!
 ・姿勢(=姿勢と右肩)
 ・ウォーク(=フットワークとウェイト)
 ・リンク(=脇のストレッチと右肩)
スロー
 ・アームだけ上下させずに上半身を大きくswing
 ・肘もswingさせる
 ・ドライブ、ローティーション、スウェイ

ルンバ
 ・フットワーク
 ・絞りと圧縮
 ・ウォークを止めずに、寄せてターン
チャチャチャ
 ・ロックとシャッセのフットワーク
 ・ウォークを止めずに、寄せてターン

アップしているとアリアさん登場。
ア「タンゴでスローアウェイってやっていませんよね?」
h「やっているよ。」
ア「ただのオーバースウェイでスローアウェイオーバースウェイじゃないですよね?」
h「そうだよ。ちょっとやってみましょう。・・・ここで僕のボディが反時計回りに行くとスローアウェイオーバースウェイで、そのままスウェイチェンジすると普通のオーバースウェイです。」
ア「スローアウェイオーバースウェイだと、私の左足はこっちに行かないといけないので・・・教えてくれないと・・・」
h「あっ、そうなの?いやあ・・・知らなかったよ。」
ア「前のパートナーさん達ともやっていたんでしょう?気づきませんでした?」
h「気づきませんでした・・・後から練習しようね。」

ワルツ
アンダースロー風のシャドーを繰り返してから、二人で合わせる。
後から始めて前に伸びていくイメージはダイブできてきたみたい。
後は・・・もっと膝を曲げて、もっとしならせて、・・・永遠の課題かも?
オープンインピタスの4でたまにガクって下がるらしい・・・試行錯誤の結果、暫定処置発見!
 ・♂は膝を曲げたままヒールターン
 ・♀は下から大きく前進
この後、PPで♀を締め付けてしまうらしい。~右手はソフトに!(タンゴでのレッスンでも言われた)

スロー
 ・ドライブ、ローティーション、スウェイを意識してシャドー
 ・二人で合わせる・・・後退する方が大きく下がると、良い感じ
 ・曲に合わせて踊る。・・・1Sを意識しすぎてちょっといびつかもしれないけど、もう少し続けると定着しそう。
 ・チェックドリバースターンで左手だけ挙げて♀を引っ張っている・・・要注意

タンゴ
 ・フットワークとウェイト移動に気を付けて、ウォークのエクササイズ・・・どうも不格好(涙)
  まあ、これは一人でも出来るので・・・オーバースウェイの確認
 ・下からのアクションをはっきりやると、リードは伝わるが・・・
ア「私、ここでパッと脚を開くのは・・・」
 反復エクササイズするも・・・今イチ。
 アリアさんの感度が悪いのか、僕の動作が悪いのか・・・どうせ後者なのは理解していますが・・・何して良いのか分からない
ア「この後のシャッセは、脚が開いているので・・・」
膝を緩めてウェイトを移動させ、♀を先行させてから、僕がシャッセすると良い感じ。

とりあえず、先送りにして、最初から練習。
二人の軸は別々、♀を先行させて・・・
ア「今100%右肩出てたわよ。」
h(・・・)
右サイド上腕から、肩胛骨、脇にかけての筋肉を意識して、踊り直す。
何度か繰り返して分かったのは、特にPPになる時、スローアウェイオーバースウェイに開く時などが、要注意!
上の意識を強くすると、スローアウェイオーバースウェイで下の絞りがおろそかになり、リードが通じない。
ここだけやると、何とか両方意識できた。
ア「今のは良かったわ。」
h「けど・・・通して踊った時のフットワークには自信ないなぁ。これを続けて定着させるように・・・」
上と下を一緒にやり続けるのは・・・とても難しい・・・練習有るのみ!

休憩しながらお話
 ・来週の練習で気持ちよく踊れなかったら、次のレッスンはスローを延期して、もう一度タンゴにする。
 ・もう少し効果的に練習できるようにしたい。

気分を変えてラテンモードに変更。
ルンバ
ウォーク、シャッセ、クカラチャアクションのエクササイズの後、曲に合わせてベーシックを踊る。
ア「アームの練習を忘れてたわ。」
h「いま、伸びてないって言おうかと思ったんだ。」
フリーアームのエクササイズの後、カウントで合わせて踊る。
ゆっくり踊っても、足の上で立っていられる時間が増えてきたみたい。
h「一つお願いが・・・」
 ・ナチュラルトップで♀のボディを♂に向けてもらう
 ・足を出す前に、立っている脚を使い続けて・・・
意識すると良い感じで踊れるようになる。・・・気持ち良い!

バリエーションを足形だけ合わせてみる。
良い感じ。次のコンペで使うところ迄のルーティンはほぼ覚えてくれている。
最初の部分の羞恥心も取れたみたい。(多分)

チャチャチャ
ロック、シャッセのエクササイズの後、カウントでバリエーションのさわり&ベーシックを踊る。
 ・最初の6小節が間違えやすいので、要注意。
 ・クロスベーシックで開くカウント1、♂右アームと♀左アームは上にストレッチしていたけど、よく崩れる
  ~フレームをしっかり作ってホールドするように修正。
この後、曲に合わせて踊ってみたが、暴れてしまう。もう少し、ゆっくり踊って定着を図った方が良いみたい。
最後にルンバに合わせて1曲踊ってみる。
 ・脚の上でボディが使えていないかも?・・・4&1以外はルンバウォークなんだけど、意識が変わってしまう見たい。これからも続けていこう!

サンバ
バウンスアクションのエクササイズの後、曲に合わせてベーシックを踊る。
暴れているような気はするけど、レッスン前なので・・・まあいいや!
ローリングオフジアームの後、リバースターンに入るところがギクシャクしているので、メイポールを入れようかと提案したけど、・・・結局止めた。
h「明日のレッスンで見てもらってから、考えよう!」
ア「そうですね。」

バリエーションを前回やったところまで足形だけ合わせてみる。
ほぼOK!続きは・・・またにしよう!

パソ
たまにやっている第1ハイライトまでは、OK。
試しにカウントで第2ハイライトまでやってみる。良い感じ。
h「知らない足形は無いようだね。」
ア「つながりはよく分からないけど・・・」
結構良い感じ!

最後にお話。
ア「チャチャチャってあれでやるのよね?」
h「そうだよ。」
ア「5月は財団の試合よね?ベーシックじゃなくて良いのかしら?」
h「ああ!そうだね。4月最初はルンバ&サンバのベーシック戦で、その後のJDCは+チャチャで、全部フリーだけど、5月のコンペはチャチャ&パソのベーシック戦だったよ。ゴメン、忘れてた。」
ア「まだ先だから良いけど・・・」
h「そうだね。今度からチャチャのベーシックも練習しよう。」

明日はサンバのレッスン。これで課題が出来て、タンゴが上手く踊れれば、問題なし。
タンゴが今イチだったら・・・早めにレッスンで不安を解消して、ひたすら頑張れるようにしたいです。
そのレッスンノートは・・・今日アップできるかなぁ?
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-02-28 22:14 | 練習

2006.2.24 in アカデミーホール

先日の練習ノートから。
練習場に向かう電車の中でイメトレ。

今日は、スローとタンゴの復習とラテンのベーシックをメインに練習したい。

タンゴ
○姿勢
 ・♀と組んだ時のスペースをキープ~腰を引いて上体が気持ち被るイメージ
 ・上腕を外側に絞り、脇の筋肉を後から前に併せて使うイメージ
○ウォーク
 ・軌跡は左回りの円周上で、二人の軸は別々
 ・左足が前に出るとき、左脇が伸び骨盤の左サイドを前に出す~右サイドを落とさない
 ・突っ込まない~足が出てヒールが床に着く時頭は中間、足が揃う時頭は足の上
 ・トゥは使わず、ボールのインサイドエッジで床を擦って歩幅を広く!
 ・左足が出る時は両内腿が交差しており、右足が出る時は両脚が開いている
○リンク
 ・腰を捻らず、足は横に開くだけ
 ・1Qで左脇を伸ばし、2Qで右脇を伸ばす~右手で引っ張らない
○移動~♀を先行させて空いたスペースに自分が進む!
 ・まず、膝を緩めて右アキレス腱をしっかり伸ばしてから左足前進
 ・腹筋をしっかり使って頭を後に残さない
 ・右手で♀を引き寄せずに気持ち押すイメージ

スロー
 ・アームだけ上下させずに上半身を大きくswing
 ・肘もswingさせる
 ・チェンジオブダイレクションはライズしない
 ・リバースターンはライズし、3Qで降りるとそのままswing、4Sで降りるとチェック
○ドライブ、ローティーション、スウェイ
1Sで大きく踏み込みながら中間バランス&ローティーションを決めて、そのまま大きく送る
2Qで通過後スウェイをかけて、脚を引き寄せる
3Qで降りながらニュートラルに戻した後、ローティーション開始

着替えているときアリアさんからのメールに気づく。30分以上遅れるそうだ。
じっくりストレッチしてから、ワルツのアンダースロー風シャドーやって、身体をほぐす。
次に、タンゴのウォーク。フットワークに気を付けて、二人の軸が重ならないようにイメージしてエクササイズ。
引き続き、スロー。1Sで止めながら鏡でフォームを確認。結局4~50分やったところでアリアさん登場。

普段念入りに足のケアしてから始める人が、ろくにアップしないで踊り始める。
h「アップしないで大丈夫?」
ア「大丈夫よ。」

二人で組んで曲に合わせてワルツから踊る。・・・結構良い感じ。
ア「最初の頃に比べて大きく踊れるようになって気持ち良いわ。」
h「本当だね。」
当分ワルツのレッスンは受けられないので、もっとしならせて、もっと下から大きくおけるように練習しておこうかな?

タンゴは・・・今イチ。
最初のウォークはまあまあだと思うけど、いつの間にかだんだん崩れて、気が通いたときにはリカバリー出来ずに悪循環のような気がする。
だんだんアリアさんが重くなってくる。レッスン前の状態に近づいているみたい。きっと僕が押しのけようとして・・・アリアさんを崩しているんだろうなぁ・・・
先にどかせて空いたスペースに進まないとね。

ア「今右肩が出ているの分かる?」
h「いや、言われるまで気づかなかったよ。」
上腕を上側に回して、同じ向きに脇の筋肉を回して・・・この状態を意識して踊るとそこそこ良いみたい。けど・・・フットワークはめちゃくちゃなんだろうなぁ・・・

ア「私やっぱりクローズなのかオープンなのか、リードの違いが分からないんだけど・・・」
h「3歩目から4歩目のボディの運動は逆なんだけど・・・」
繰り返していると、だんだん通じてくる。
右手がきつくなりやすいので、要注意。肩胛骨の下に置いて、いつも広げておいて空間をキープしないとね。

3歩目で一旦クローズポジションに戻すところで上手くいかない。
ア「なんだか急にいなくなって・・・」
h「そこはクローズでもオープンでも、チェイスでも同じで・・・」
ア「私はこの前のレッスンで言われてから、両アームを前に出して、男性を受け止めることを考えてやっているんだけど、hiroさんが急に感じられなくなるので・・・」
(また、勘違いしていた)
3Qの♂左足の着く位置とボディの向きの話を一生懸命する僕
よく話し合っていると、いなく無くなるのは僕の左手のよう。
両アームのコネクションを意識して踊ると、良いみたい。僕もアリアさんを感じられた。

ア「この4歩目は重心をどうしていますか?」
h「右足に乗っているけど・・・」
ア「よく分からないのに悪いけど、そこは中間バランスじゃないかしら?」
h「どうして?」
ア「全部乗られると私が・・・(ずっこけるとか何とか)」
h「ああ、それは別な話だよ。」
 ・僕がオンカウントで全部乗ってしまったため、アリアさんがひっくり返りそうになる
 ・オンカウントでは足が出てもボディは両足の中間(ひょっとしたら中間より後かも?)
 ・2拍目で右足に乗る
やってみると違和感が無くなったようだ。コミュニケーションは大事だなぁ~って、実感。

Sで両足を揃えた後、バックコルテに繋げようとして、両アームを軽く押すとアリアさん、ネックを返しそうになる。・・・動作が繋がっていないのか、アームで押しすぎているのか、etc・・・原因は分からないけど、練習が必要みたい。

フォーラウェイからテレマークでの回転量不足は、♀を先行させることで解決したみたいだけど・・・スローアウェイオーバースウェイで左足を開くときに♀のバランスを崩してしまう。~どうも♀を左アームで引っ張ってしまうみたい。
ア「私もきちんと立って回転できてないので・・・」
結構シャドーしたんだけど、まだ身には付いていないことが実感できました。
やるべき事は頭では分かっているので・・・とりあえず、日曜日にみっちり練習してみよう!

スロー
最初曲に合わせて踊ってみるが・・・今イチ。レッスン前に戻ったみたい。
曲無しで合わせてみる。1Sで止めて、中間バランスの姿勢をチェック!
この後、急に気持ちよく踊れるようになった。(笑)

ア「ワルツとスローは結構気持ちよく踊れるようになったけど、それに比べてタンゴはちょっと・・・」
h「この前のレッスンが生きてないね。・・・
 ・二人の軸を別々にして踊るつもりだったけど重なってしまっているような気がする
 ・♀を先行させてスペースを作るはずが・・・押しのけて崩しているような気がする
 ・最初だけはサポーティングフットの上で膝を緩められるけど、後は余裕が無くなる
 ・最初広く取っている二人の間の空間がいつの間にかつぶれている
・・・それでだんだん・・・」
ア「そうね・・・」
h「お互いやることを頭では理解できているんだから、週末しっかり練習すれば、来週にはワルツやスローみたいに踊れるようになっているかもね!」

休憩の後、ラテンの練習を少々。
チャチャチャ
 ・バリエーションを曲に合わせて1曲だけ踊る>ルーティンを確認できたので、現時点ではok!

サンバ
 ・曲に合わせてベーシックを2曲踊る。まあまあかな?この状態で月曜にレッスンを受ければ、来週からやるべき課題が見えてくるはず。

ルンバ
 ・曲に合わせてベーシックを2曲踊る。結構ゆっくり目の曲だったが足の上でボディを使い続けられなかった。もう少し使えるようになると良いなぁ~って、人ごとではないのですが・・・

ここまで。
ア「今日はウォークもしないでいきなり曲に合わせて踊っちゃったけど・・・」
h「平日はお互い仕事もあるし、都合の付く範囲内で良いよ。レッスン後の練習は復習中心で、休日は基本に踊り込みに応用までやれるけど、今日みたいな日はポイント決めてそれだけ重視でokさ!」

帰り道。
h「ブログに友達が『(いつも悪いとこしか書いてないから)たまには誉め合いっこしたら?』って、コメントくれたよ。たまには誉め合いっこしようか?」
ア「そうねぇ・・・言いとこって難しいわ!だって、違和感有るとこは直ぐに分かるけど・・・」
h「今日帰ってブログのタイトル決めたよ。『誉め合いっこの筈が・・・』」
ア「そんな~悪い人と比べれば、幾らでも出るけど・・・」
h「先生と比べれば出ない?」
ア「そんなプロと比べるなんて・・・」
なんて言い合ってお別れしました。(実は・・・ちょっとがっかり。)
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-02-25 22:56 | 練習

2006.2.22 タンゴ編

先日のレッスンノートから。

スタジオに向かう電車の中でイメトレ。初めてのタンゴ。
お腹と背中をくっつけて、胸骨を斜め前に向ける。
それから、ご相談。音に対してクリアに、大きく踊りたい
上手くいかないところは・・・フォーラウェイ、余裕があればオープンフィニッシュも見ていただきたい

早めに行ってしっかりアップ。それから二人で合わせる。
フォーラウェイは上手くいったり行かなかったり・・・原因不明

コーチャー登場。レッスン開始。
コ「今日は何をやりますか?」
h「先生、4/2に財団のE級戦があります。タンゴ&スローです。今日を入れてレッスンを4回予定しています。今日はタンゴをお願いします。」
コ「分かりました。この前のワルツはどうですか・・・分かりましたか?」
h「はい。あればっかり練習しています。」
コ「そうですか。じゃあ、ウォーク、リンクを見せて下さい。」
踊る。

コ「まず・・・」
 ・1歩目で右サイドが落ちる
 ・ウォークの軌跡は左回りの円周上
 ・二人の軸は別々
 ・♂は内側、♀は外側の軌跡を描く
 ・1歩目で左足が前に出ると、骨盤の左サイドも前に出す。~引かない
 ・この時、左脇が伸びる
 ・ボディを立てようとして腹が出すぎ。腰を引いて上体が気持ち被るイメージ
コ「ちょっとやってみて!」
急に目の前が開けた。
コ「そう!そっちの方がスペースが広くて格好いいです。パートナーも見えて、周りも見えて・・・次に・・・」

鏡の前に移動して、ウォークを横から写しながらレクチャー
 ・1拍目、足が出てヒールが床に着くが、頭は中間(=足の半分しか進まない)
 ・2拍目、足が揃い、頭は足の上
 ・オンカウントで足の上に頭を置かない=突っ込んでいる(ワルツでも言われた)

コ「タンゴの足は・・・」
 ・獣が忍び寄るように(とか何とか)
 ・トゥは使わず、ボールのインサイドエッジで床を擦って運ぶ
 ・膝が伸びたところでピョコって撥ねる(表現は違った)
 ・コーチャーのウォークは、ヒールが床に着いたと思ったらもうフラットになっている(ここがものすごく速い)
輪を描いてウォークの反復エクササイズ

コ「少しはタンゴらしくなってきたわね。けど・・・」
 ・膝から下だけで動いており、なよってして見える
 ・男らしく見せるには・・・歩幅を広く!
 ・左足が出る時は両内腿が交差しており、右足が出る時は両脚が開いている(表現は違った)

コ「次にリンクを見せて!」
やった途端に・・・
コ「この前のレクチャーで何を言ったか覚えていますか?」
h「覚えていません。・・・(両ボールで左右にヒールを回転させて)これですか?」

コ「それは♀の足でしょ!♂は・・・」
 ・腰を捻らない!
 ・足は横に開くだけ
 ・1Q 左脇を伸ばす(多分・・・ウォークと一緒)
 ・2Q 右脇を伸ばす
コ「やってみて。・・・それは右手を引っ張っているので・・・」
団扇を持ってきて、取っ手をボディの中心に向け、♀にみたてて外側を僕の右アームで抱える
コ「これでリンクをやって、外れなければOKよ。(とか何とか)」

何とか課題をクリアして、クローズドプロムナード。
 ・右肩が前に出る(練習でアリアさんにも言われた)
 ・右手を引き寄せてしまう悪循環の元
 ・上腕を外側に絞り、脇の筋肉を後から前に併せて使うイメージ

コーチャーと組んでウォークから・・・始める筈が動いてくれない。
コ「女性を動かすためには、どうすればいいのかしら?やってみて」
右足の上をウェイトを移動させて、ボディを前に運ぼうとするけど・・・動いてくれない
コ「まず・・・」
 ・まず、膝を緩める=右アキレス腱をしっかり伸ばしてから左足前進(ワルツでも言われた)
 ・頭を後に残さない=腹筋をしっかり使う(これもワルツで言われた)
 ・右手で♀を引き寄せない=両手も残さず、気持ち♀を押すイメージ(やりすぎない)

 ・♀も両アームを突っ張らず、下から上へ使う(表現は違った)
☆ボディで♀を押しのけようとせず、♀を先行させて空いたスペースに自分が進む
 ・クローズドプロムナードは♂先行なので、先に進んで♀が進むスペースを作ってやる

コ「リードというのは、手で♀をどかす事(ボディで押すだったかも)ですか?」
h「違います。自分が正しい動きをする事です。」
コ「言っている事はそのとおりですが、・・・」
やっている事はほど遠いらしいです。(泣)

コ「その後、繋げて見せて・・・今何やったんですか?」
h「フォーラウェイリバース&スリップピボットからテレマーク、スローアウェイオーバースウェイを(やったつもりなんですが)・・・」
コ「そんな難しい事やっているの?」
h「まずいですか?ここがいつも上手くいかなくて、今日見ていただけたらって思ったんですけど、ルーティン替えた方が良いですか?」

コ「2ウォークで・・・」
 ・♀を先行させる
 ・フォーラウェイの3歩目までは・・・とりあえずOK(らしい)
 ・4歩目からテレマークに入るところで・・・勢い付けて流れすぎ(とか何とか)
 ・♂が先行して崩しているが前進するとこなので、♀を先行させて空いたスペースに♂が進む
 ・そこから・・・♂前進、前進、横(だったような・・・前進、横、横だったような?)>ここが曖昧

コ「次のシャッセも♀を先行させて・・・」
h「はい。」
コ「今自分が先に行ったでしょう!」
h「・・・」
ここから、ホイスク、タップして、クローズドプロムナードは♂先行

コ「ファイブステップは♂前進だから・・・」
h「はい。」
コ「今のは良いわよ。」

反復エクササイズ。
とにかく、スペースを空けてから前進!
♀と組んだ時のスペースも確保した状態で踊り続けること!

ここまでかなぁ?

復習
h「この前の練習で、音に乗って大きく動きたいって言ってたでしょう。」
ア「ええ。」
h「今日レッスン前に言いそびれたけど、レッスン受けたら解消できたよ。結局あれって、僕がアリアさんを押しのけようとして崩していたんだね。」
ア「私も・・・が出来てなかったから・・・それより、先生からそんな難しい事やっているの?って言われたじゃない。あれ聞いて私たちには早いって思ったんだけど・・・」
h「それも聞いたけど、そのまま教えてくれたので、続けて練習しておいて、まずかったら直前でも止めれば良いんじゃないかなぁ。」

二人で合わせてみる。上手くいく時と行かない時があるけど(特に踊っているとだんだん崩れてくる)、今やるべき事は分かったので・・・
後は定着するまで練習有るのみ。頑張るぞー!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-02-23 22:46 | レッスン・S

2006.2.20 in 山野ダンススクール スロー編

先日のレッスンノートから。

今年初めての庄司浩太先生のレッスンです。今日はスロー。
スタジオに向かう電車の中でイメトレ。
 ・ネックは左サイド、両足の間を意識
 ・お腹と背中をくっつける
 ・胸骨を斜め前に向ける
 ・常にカーブを意識
どこも、一瞬は出来るんだけど、踊っている間やり続けるのは・・・まだ難しいです。(汗)

高田馬場で待ち合わせて、一緒にスタジオに向かう。
コーチャーとアリアさんを相互に紹介して、入会手続きのあと着替えてアップ。
二人で軽く合わせてみる。
h「カーブを意識してるんだけど、通じている?」
ア「ごめんなさい。」
h(・・・)

日曜に打ち合わせたとおりカーブドフェザーtoバックフェザー&リバースウェーブ4~6&バックフェザー(チェック)を追加してみるが・・・口で(チェック、アウトサイド、インサイド、アウトサイド、チェック)ってリードしないと通じない。(泣)
そのうち、正しい動きが出来るようになって、自然にフォローさせてみせるぞ!(多分)

ここで、コーチャー登場。レッスン開始です。
コ「今日は何をやりますか?」
h「スローをお願いします。」
コ「競技会の予定は?」
h「4月の頭に・・・」
コ「じゃあ時間はたっぷりありますね。どれ位練習しているんですか?」
h「週に4回」
コ「そうではなくて、組んでからどれ位になるんですか?」
ア「今月になってから・・・」
コ「それでは、まだまだですね。」
h「はい、まだ二人で合うところまで行ってません。二人で練習するにあたって、共通の認識を持てるようにご指導お願いしたいのですが。」
コ「分かりました。では、曲無しでゆっくり踊って見せて下さい。」

踊る。フロアが狭いので、ブツブツ切りながら、ルーティンを1周したところでstop
コ「これで、ルーティン1周でしたっけ?思ったより悪くないですよ。ちょっと踊ってみましょうか?」
コーチャーがアリアさんと踊って下さる。
コ「アリアさんの良いところはきちんと立っていられるところです。悪いところは・・・今は言いません。ワルツと比べたスローの特徴はなんですか?」
h「ライズ&フォールが少ない事です。」
コ「そうですね。どうしてそうなるのですか?」
h「・・・」

コ「スローの始まりは・・・」
 ・○○(忘れた)年頃始まった
 ・当時のホールドはコンパクト~チークみたい
 ・お互いに体をずらさず、重なっている→後退する人の歩幅分しか前に進めない

コ「では、どうするかというと・・・」
 ・(アームだけ上下させないで)上半身(脇~胸~肩にかけて)のswingを大きくする
 ・肘も固定しないでswingさせる(肘を固めると堅く見える)
 ・最初はやりすぎる位やってかまわない

二人で踊ってみる。
コ「良いですよ。さっきよりずいぶん良くなりました。とりあえず、二人で練習するポイントを3つ言います。まず・・・」
○ドライブ
 ・ワルツは脚を閉じるから腰がswingする
 ・スローは脚を閉じないので、そのまま通過する
 ・カウントは1S~2Qにかけて大きく進む

(フェザーステップの場合)
1S ♂右足を大きく前進してフラット、左足ボールで立って、中間バランス
   ♀左足を大きく後退してボール、右足は・・・ヒールかボール?で、中間バランス
ア「なんだかコントラチェックみたいですね。」
コ「良い事言いますね。これで絞りを加えたらコントラチェックです。・・・アリアさん、天才かもしれない。・・・」
2Q 脚を直ぐに出さない。1の脚を更に使ってから、歩幅狭く出す。
3Q 歩幅狭く

コ「次も同じように・・・」
フェザーステップ、リバースターン、スリーステップまでを反復エクササイズ
(後から思えばナチュラルターンまで続ければ良かった。)

コ「次に・・・」
○ローテーション
 ・鏡の前でコーチャーを挟んで3人並ぶ。
 ・顔と足は正面を向いたまま、肩幅に開いて体を左右に向ける
 ・膝を使って更に大きく回転させる(ほぼ90度)
 ・この動作を3Qの足の上で始めて1Sで終了し、2Qでは回転しない
 ・3Qの初めでニュートラルに戻す
踊ってみると、回転動作にはいるのが遅れやすいので要注意

コ「最後は・・・」
○スウェイ
 ・2Qの脚をウェイトが通過したらスウェイ開始
 ・タイミングが早いと後退してしまう
 ・スウェイの動作で3Qの脚を引き寄せる

コ「アリアさん、ちょっと踊ってみましょうか。・・・」
 ・肘は前
 ・あとは・・・あちこち直されていた

フェザーステップ、リバースターン、スリーステップまでを反復エクササイズ
ナチュラルターンとオープンインピタスを続けようとして止められる
コ「そんな難しいことしなくて良いですよ。今のところを繰り返して・・・」
反復エクササイズ

コ「はい、いいですよ。今までのところを繰り返し練習して・・・もしやれたら、続きは今の事を応用して・・・」
h&ア「ありがとうございます。」
忘れないうちに二人で復習

ア「私どうもリバースターンとチェンジオブダイレクションのリードの違いが分からなくて・・・」
h「先生、・・・」
コ「それはですね・・・」
 ・チェンジオブダイレクションはライズしない
 ・リバースターンはライズする
h「なら、リバースターンの後でチェックするかどうかは、どのようにして・・・」
 ・3歩目のQで降りると次のswingに続く普通のリバースターン
 ・3歩目で降りず、4歩目で降りると、そのまま回転を伴うチェックの動作になる
h「分かりました。練習します。」

踊ってみると、良い感じ。
ア「ライズを意識すると違いが分かるわ。」
最初から繰り返す。
 ・大きく踏み込みながらローティーション
 ・そのまま大きく送って、通過後スウェイして脚を引き寄せる
 ・降りながらニュートラル
ぎこちないけど、踊りは大きくなったのを実感です。

ア「私どうもスリーステップが上手くいかなくて・・・」
h「それは、スリーステップじゃなくて・・・」
 ・ナチュラルターンの1S二人で大きく踏み込む
 ・2Qで♂が♀を追い越せない???
h「先生スリーステップからナチュラルターンに入るところで、♀を追い越せないのは・・・」
コ「同じです。その前のSを大きく踏み込んで、Qは歩幅を狭くして、♀は内回りなので更に狭く・・・」
h「ありがとうございます。練習します。」

分解してやってみる。コントラチェック風で鏡を見て
h「今中間バランスになっている?」
ア「いいえ、バックバランスになっているわ。」
h「脚をもっと後にやって中間バランスを・・・」
脚を伸ばすと急に格好良くなる
h「いいよ~鏡見て。プロみたいだよ~」
ア「けど・・・ここから・・・上がれないわ~」

h「先生、ここから上がれない時は・・・」
コ「それは・・・」
 気合いが足りないとか、練習不足とか・・・どっちだったかなぁ?
h「分かりました。」
続けると、アリアさん急にばっちり出来ちゃう。
h「今ので気合い入っちゃった?ひょっとして火が付くと止まらないタイプ?」
ア(笑)

反復エクササイズ。良い感じ。後は・・・後退の9歩だ。
1Sで中間バランス&ローティーションを決めて
2Qで通過しながらスウェイをかけて、脚を引き寄せて
3Qでニュートラルに戻した後、ローティーション開始

この前ほどゴツゴツしないで大きく踊れるようになった気がする。
ただ・・・最後のチェックで二人のコンタクトが外れると、次のフェザーステップで空中分解。
h「僕のホールドが崩れているのかな?」
ア「私もおへそを♂に向けるのを忘れていたわ。」
二人で意識して踊ると良い感じ~

せっかくの良いイメージだったので、大事にして復習終わり。

とりあえず?定着するまで練習するぞ~!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-02-23 21:55 | レッスン・S

目から鱗part2

今日は橘弘子先生の2回目のレッスンでした。
タンゴを習いました。詳細は後日アップするとして・・・

前回の練習で「来週のレッスンで、音に対してクリアに踊りたいのと、大きく動きたいってお願いするよ。あと時間があれば・・・フォーラウェイ、もっと時間があればオープンフィニッシュも見ていただきたいなぁ。」と言っていましたが、原因が分かりました。

僕が、「アリアさんが進まないから・・・」と勘違いして、彼女を押して崩していたのです。
結果、僕の進むスペースが無くなって進めないという、悪循環でした。

これで、練習でやることがはっきりしました。
後は努力し続けるだけです。頑張るぞー!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-02-22 23:59 | レッスン・S

2006.2.19 in ゼフィール

先日の練習ノートから。

練習場に向かう電車の中でイメトレ。

ワルツ
 ・大きなウェーブ(=後からswingを開始し、ためてしならせて、真っすぐ通過)

 ・胸骨を斜め前に向ける
ルンバ
 ・フットワーク
 ・絞りと圧縮
 ・ウォークを止めずに、寄せてターン
チャチャチャ
 ・ロックとシャッセのフットワーク
 ・ウォークを止めずに、寄せてターン
後は・・・ボディのテンション重視で行こう!

先に付いたので、念入りにストレッチして、ラテンのウォークから。
いつものように、ルンバウォーク、チャチャのロック&シャッセ。体がほぐれた頃、アリアさん到着。
二人でウォーク、ロック、シャッセ・・・それからアームワーク。
h「苦手って言っていた左手もスムーズに動くようになってきましたね。」
ア(笑)
30分位やったかなぁ?

h「コネクションの練習をしようか?」
僕が左掌を上に向け、アリアさんが僕の掌に右指先だけを当てた状態でルンバを踊る。

オープンヒップツィスト、ホッキースティックから最初に戻り、繰り返す。
ときどき、お互いがいなくなる。だんだん慣れてきて・・・

h「この前の練習でテンションの話が出たけど、他の人にも訊いてみたよ。・・・」
 ・ボディ内部のテンションは一定
 ・動きの中で生じるアームに加わる力は、結果として変化する
ア「先生にはいつも・・・」
 ・お腹を引っ込めて
 ???(手は中間だったかなぁ?おへそを向けるだったかなぁ?・・・忘れた)
h「テンションってボディの事だったの?」
ア「ええ・・・アームはコネクションの方が・・・」

h「試してみようか?」
普通に踊ってみる。
ア「今途中で分からなくなったけど・・・」
お腹と背中がくっつく位引っ込めて(もちろん比喩です)踊ってみる
ア「今ならよく分かるわ!」
h(踊っている時、僕のお腹が緩んでいただけなんだね・・・)

☆ボディトーンを強く!

この後、お腹を意識して曲に合わせて踊り込み。
気のせいか?前よりアリアさんの感度が良くなった気がする。(全部リーダー次第なんだなぁ・・・)

休憩して、ルンバのバリエーションを初体験。
初めて習った時のレッスンを撮ったビデオを基に編集したテープを渡して、イメージだけは作っておいて貰う。
ア「私あれは・・・」
どうも、出だしの振り付けに対して羞恥心が邪魔しているらしい・・・
h「雰囲気はとりあえず、置いておいて・・・足に乗って、ボディを使う事だけ意識してやってみようよ。」
ということで、27小節中15小節やったところで、オープンフェンシングポジションとなり、ベーシックに繋げるところまでこなす。

後は、アレマーナの4~6からロープスピニング・・・と繋げてOK!
h「これは、いけるよ~」
ア「どこが~」
h「とりあえず、足だけ覚えておけば、コンペまでに悪いとこから直して貰って・・・」

ア「・・・」
h「心が拒否してない?」
ア(笑)

休憩してからチャチャのベーシックやって、バリエーションを12小節まで。チャチャはファンポジションで終わるので、アレマーナからハンドトゥハンドとスリーチャチャを交えて・・・30小節になりそう、

続いてサンバのバリエーション。サンバは金曜に編集したテープを渡したばかり。
h「サンバのテープは見た?」
ア「見たけど・・・よく分からないわ。サンバらしくないって言うか、パソみたいな・・・」
h「終わりの方はそういう感じを受けるかもね。けど、今回はそこまで行かないから・・・」
13小節やったところで、ややっこしく感じてstop
h「今日はこれくらいにしようか。バリエーションのコンペまではまだ2ヶ月位有るので・・・」
ア「はい。」
場合によっては、8小節で止めて、メイポールからホイスクやってそのままベーシックに繋げるのも有りかなぁ?

考えてみたら、1カ月半後に財団のベーシック戦でR&Sをやるのに、サンバのベーシックをやるのを忘れてしまった。大失敗。

休憩してスタンダードモードに移る。
同じコーチャーに習っている先輩のレッスンノートを印刷していき、アリアさんに見せる。
スローは前進というのはなく、右か左にカーブしていくというくだりを読んで、
h「僕たちがつまずいているのは、これじゃないかな?・・・」
フェザーステップを右カーブで、スリーステップを左カーブで踊ってみる。
ア「今までよりずっと踊りやすいわ。」
h「後から一杯踊ろうね。」

鏡の前に移動して、アンダースロー風のシャドーから。
ア「ラテンはやる事一杯出来てきたけど、スタンダードはこれだけね。」
h「そうだけど・・・もっとレッスンの回数増やそうか?」
ア「それは良いけど・・・」
h「2週に1回をもう少し見直そうか?」
ア「火曜日のキャンセル待ちって・・・」
h「今度のレッスンで相談しよう!」

ア「わたし、他の何人もの人からもっと下から出た方が良いって言われて・・・」
h「僕たちがやっているのは完成形じゃないから・・・」
 ・アプローチは幾通りもある
 ・どの方法を取り入れるかはコーチャーを信じるだけ(信じられないコーチャーなら替えるだけ)
h「ちなみに・・・」
 ・今やっているシャドーが身に付いて、3の足をしっかりしならせてから膝を伸ばして1の足に繋げる
 ・それだけで、下から出るのでは?

組んで練習。ワルツから。
 ・最初ゴツゴツしたけど、頭の位置を微調整すると、OK。~結構定着しつつあるような気がする
 ・最初のナチュラルターンは結構イメージどおり大きなウェーブを作れている
 ・後半のスピンターン、リバースターンの後半、リバースターン、ホィスクは3の足が上手く使えない
 ・シャッセフロムPPの後のナチュラルターンはまあまあ。~シャッセで脚を使わない分、次の余裕がある
 ・シャッセで脚を使わない事の是非は・・・後日の課題に取っておく
もう少し踊り込めば、結構良い線行くような気がする。

タンゴ。オープンフィニッシュの練習から。
 ・続けているうちにだんだんリードが伝わりだした。何が違うのか・・・。
 ・PPで♀を引きつけてしまい、きついらしい
 ・右肩が出てしまうのと、右アームを引きつけてしまうの。どっちが先でどっちが後か・・・
先日アリアさんが教えてくれた三輪知子先生から習った練習法を思い出す。
 ~肩を下げて上腕を水平にし、肘を直角に曲げて、前腕を上下にゆっくり回転させる

 ・可動域が広くなる
他にも、
 ・上腕裏側の筋肉を意識できる
 ・右上腕水平から右肘を下げても右肩が出なくなる
ような気がする。

h「今鏡に映った自分を見て感じたんだけど、コントラチェックの時、ひょっとして僕のネックが被ってない?」
ア「ええ、なんでネックがこっちに来るのかなぁって思ってました。」
h(・・・)

気を取り直して練習。
h「タンゴ踊っていてなんか気持ちよくないよ。」
ア「私が気持ちよくないのは、腰の高さが変わるからだと思っていたわ。オーバースウェイで引っ張られて・・・」
h「それは、違う話だなぁ。ちょっとやってみようよ。」

オーバースウェイ
1S 左アームを残してボディを♀に向けたまま、背中から横に開いて、ネック左
   ~ここで左アームを残さず、一緒に開くと♀を引っ張って崩してしまう
ア「今のは良い感じだわ。」

h「テレマークの最後をクローズポジションで、♀を向いてから、&カウントで左足を緩めておき、一気に開くと決まるんだよねぇ・・・
で、テレマークの最後を決めるには、最初でLODを向いてないと、回転量が足りなくて、上手くいかないんだよ~」
ア「どんどん前に行くのね。」
h「そう、どこかでこけると僕が♀を引っ張っちゃうわけ。結局その前のフォーラウェイなんだよね。」

ア「前に習ったんだけど、フォーラウェイの3歩目で・・・」
 ・二人の膝(♂右&♀左)が、互いに押し合う(だったような?)
h「ちょっとやってみよう!」
試行錯誤の結果?、何度かすっぽり僕の前の空間に♀が収まる。
良い結果のイメージを大事にして、反復エクササイズ
ゆっくりやっていると、たまに良い感じに収まる。・・・その前の何が違うのかは・・・分からない。
けど、音に合わせようとすると、崩れる。(泣)

ア「あと、ファイブステップで・・・」
 ・方向変換は1歩目の筈>はい、そのとおりです。
 ・2~4歩目で余分な動きがあるような?
h「それは・・・」
 ・二人のボディがずれて♀3歩目のスペースが無さそうな時に微調整している
 ・なぜ、ボディがずれるのかは・・・分からない。

多分・・・フォーラウェイと同じなんだろうなぁ・・・
僕のボディが開いているのかも?
水曜のレッスンで解決しよう!

h「来週のレッスンで、音に対してクリアに踊りたいのと、大きく動きたいってお願いするよ。あと時間があれば・・・フォーラウェイ、もっと時間があればオープンフィニッシュも見ていただきたいなぁ。」
ア「そうね。」

スロー
フェザーステップは右カーブ、スリーステップは左カーブを意識して踊る。気持ちいい。何だか得した感じ。
ア「わたしバックフェザーが苦手で・・・」
h「僕も後退が苦手でやってないって気づいてた?試しにやってみようか?」
第3LODの最後にチェンジオブダイレクションをして、LODチェンジ。
第4LODの中央斜めに面して、カーブドフェザー&バックフェザー、リバースウェーブの4~9、最後にチェックして最初に繋げる。

2Qでポジションを入れ替えて、脚を残して・・・
イメージはともかく、アクションは???
ホールドは崩れるし、動きはガチャガチャで・・・
まあ、僕が正しい動きになれば、アリアさんもフォローできるんだろうなぁ・・・
月曜日、庄司先生に直してもらおーっと!

このレッスンノートは・・・今日アップできるかなぁ?
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-02-21 22:02 | 練習

スロー

正月明けから渡英していた庄司浩太先生のレッスンを今年初めて受けました。
今日のお題目はスロー。
組んで一月に満たないアリアさんと練習していくための3つのポイントを習いました。
そのこころは・・・後日アップします。(笑)
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-02-20 23:50 | レッスン・S

テンション

今日は練習日でした。
さて、今日の練習ノートは、明日以降アップするとして・・・
テンションについては・・・解決できたかどうかは分かりませんが・・・

お互いの言葉の使い方が違っていたことは、理解できました。
ボディ内部のテンション(=トーン?)は一定に!
お互いを繋ぐアームのテンションは、ケースバイケースで・・・

二人で作り上げるダンスが一皮剥けた今日この頃でした。(笑)
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-02-19 20:42 | 練習

2006.2.17 in アカデミーホール

先日の練習ノートから。

練習場に向かう電車の中でイメトレ。

ルンバ
 ・一方の脚にボディを引き上げてしっかり立ち、ボディをしっかり絞って他方の脚をトゥの先まで伸ばす
 ・ここからボディをしっかり圧縮
 ・トゥを擦って引き寄せ、膝と膝を擦り合わせ、トゥを擦って送り出す
 ・ウォークを止めずに、寄せてターン
チャチャチャ
 ・ロックとシャッセのフットワーク
ワルツ
 ・大きなウェーブ(=後からswingを開始し、ためてしならせて、真っすぐ通過)
 ・胸骨を斜め前に向ける

練習場に入るとアリアさんはまだ来ていない。さっさと着替えてストレッチ。
アリアさんが来て、アップしながら少しお話。
前回ラテンに時間をかけすぎたので、今日はスタンダードから練習することにした。

まず、アンダースロー風のシャドーから・・・延々30分以上やったなぁ。
その後、休憩。
ア「昨日2週間ぶりに先生の個人レッスン受けてきたわ。」
h「何やったの?」
ア「スロー」
h「何習ったの?」
ア「まず、・・・」
 ・両肘の位置が高いので、みぞおちの横くらいの高さを意識する
 ・直ぐ動きすぎるので、男性のリードを待って動く
 ・スローでリバースターンとチェンジオブダイレクションの違いは、先に動かず、足(腿だったかも?)で男性の足を感じると自ずから分かる
h「試してみよう!」

合わせてみるが・・・伝わらない・・・
ア「・・・(なんか言っていたけど忘れた)」
h「ちなみに先生と踊ると上手くいくんだよね?」
ア「はい。昨日は違和感を感じませんでした。」
h「やっぱり僕かぁ・・・」

気を取り直して、曲無しでワルツから合わせてみる。
踊り始めはごつごつぶつかって、とても違和感があった。
h「僕突っ込んでいるかなぁ?」
ア「そうね。少し・・・」
右を落とさないように頭を左に残すことを意識して反復エクササイズ
ア「今横目に入ってきたんだけど、頭が3の足の上まで突っ込んで・・・」
h(そーいえば、頭は両足の間だったなぁ・・・)
やり直し。急に良くなった感じ。
h「頭を左に残すことに意識が行って、両脚の間に置いておくことを、今まですっかり忘れていたよ。教えてくれてどうも有り難う。」
ア「今のは踊りやすかったわ・・・」

曲に合わせてワルツから各種目を踊る。
ワルツ。
良い感じ。強いて言うなら・・・3の足にもっと居続けて、もっとしならせると良いのだろうなぁ。

タンゴ
 ・テレマークの回転量不足
 ・オープンフィニッシュのリード
 ・何より・・・音と移動量が・・・
早くレッスンを受けたいです。

スロー
 ・男性の足で女性にリードを伝えるつもりで・・・
ア「なんだか、スリーステップもリードが分からなくなっちゃたわ~」
h「・・・」

クイック
 ・踊っていて、せわしい
 ・簡単なフィガーの繰り返しなので、もっと脚やボディを使ってゆっくり大きく踊りたい

クイック1曲踊ってから、休憩しながらお話
h「月曜日、庄司先生のレッスン受けてみませんか?水曜にタンゴを習うとして、スローとクイックをもう少し気持ちよく踊れるようにして練習しましょう!」
ア「分かりました。」

休憩してラテンモードに!
ウォーク、ロック、シャッセとアームワークのエクササイズを約30分。

その後、組んでカウントでルンバを踊る。
オープニングアウトはアリアさんが回転量を増やしてフォローしてくれた。
h「足の上にいられるときと、崩れる時って自分で分かりますか?」
ア「はい。」
h「足の上にいられる時間が増えてますよね。バランスが良くなっているの感じますよ。」
ア「有り難うございます。」

続いて、チャチャの練習
ゆっくりやっているので、フットワーク重視

休憩してから、曲に合わせて踊る
チャチャ
早いとどうしても暴れてしまう
サンバ
習ってないので、踊り込めればいいかな?
ルンバ
課題に集中して1曲踊る。うーん、・・・今はこんなものかなぁ?
h「もう1曲はチャチャ、踊ってみましょう!」
遅くなっても、雑だったかなぁ?
日曜に同じようにして、もっと丁寧に練習しよう!
パソ
1回だけ、第1ハイライトまで踊ってみる。まあ、こんなものでしょう!

休憩しながらお話
ア「私も一つお願いが有るんですけど・・・」
 ・ルンバのスパイラル3歩目(4-1)で、回転後の二人の間のテンションが無くなる
 ・テンションは常に一定に保つって習っている
 ・回転が終わった後に、互いに引き合って釣り合う状態が欲しい
h「ちょっとやってみようよ。・・・」
 ・女性のアームを高く伸ばして軸を作り、ゆっくりとしなやかに回転させたい
 ・上で時間をとると下でゆっくりする余裕がないのでは?
 ・上でも一定、下ろすときも一定、降りたときには互いに引っ張り合っていると、女性が崩れそう???
 ・互いに引き合うのは、次がスリーステップターンなど素早く移動するなら分かるが・・・
ア「次が早くても、早くなくてもテンションは一定で・・・」

二人の話し合いでは解決できそうもないので、アリアさんのコーチャーにレッスンをお願いしてみることにしました。

帰り道でのお話
h「僕はアームのテンションが一定って信じられないんですよ。・・・」
 ・アームが伸びたときと縮んだとき、半拍しか足の上にいないときと2拍いるとき、次歩がゆっくり移動するときとスピーディに移動するときetcで状態が変わると直前にお互いの間のテンションが強くなったり弱くなったりする

ただ・・・相手を否定するなら別な人と組めば良いのであって、自分が選んだ(僕を選んで下さった)方を尊重する中で、答えを出すには・・・
二人で同じ時間に、同じ場所で、同じ先生に習って、共通な認識として再確認する!
やっぱ、これでしょう~

月曜の予約・・・取れるかなぁ?

P.S.
某先輩から「テンションを一定に保てば,コネクションの強弱は変化します。」
って、アドバイスと一緒に練習方法を教えていただきました。明日早速試してみます。

P.S.2
アリアさんから連絡が来て、月曜のレッスンは時間的に無理とのこと。
庄司先生にスタンダードのレッスンをお願いしました。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-02-18 23:09 | 練習

2006.2.15 in アカデミーホール

先日の練習ノートから。

練習場に向かう電車の中でイメトレ。
ラテン
 ・擦って寄せて、擦って送り出す
 ・乗って絞りながら圧縮
 ・脚をトゥの先まで伸ばす
 ・ウォークを止めずに寄せてターン or 足を残したまま乗ってターン
ワルツ
 ・大きなウェーブ(後からswing開始、溜めたまましならせて、真っ直ぐ通過して伸びる)
スタンダード
 ホールドを下げずに、胸骨を斜め上に向ける

練習場に着くと、アリアさんはもうアップしているところ。急いで着替えて、アップしながらお話。
h「一つご相談があるのですが・・・」
ア「なんですか?」
h「3/26のコンペなんですが、ちょっと都合が悪くなって、1週間前か後にずらしたいんですけど・・・」
ア「別に良いですけど、どれもC級戦なんですか?」
h「幾つか選択肢があって・・・」
相談の結果、昨日アップしたとおりとなりました。

ラテンから練習スタート。
ルンバウォークのエクササイズから。延々40分以上続けて、フリーアームのエクササイズ。
チャチャの前進後退のロックとシャッセ。ちょっこってバウンスアクションやって、チャチャのルーティン確認。
カウントでゆっくりとフットワークを確認しながら合わせる。
曲に合わせてやってみると、フットワークはバラバラ。まあ、こつこつやっていけばそのうち出来る日が来るでしょう!
続いて、サンバ。まだ習っていないので、とりあえず踊り込み。・・・次のレッスンが楽しみです。
曲に合わせてルンバ。
 ・お互い足の上に立っていられる時と崩れる時があるので、コンスタントに立てるようになりたい。
 ・フットワークは・・・今イチかな?意識だけは保ちたいけど・・・いつの間にか抜けています。

ア「私ニューヨークの時、・・・
 ・向かい合った時にはボディを閉じておく
 ・横を向いた時にボディを開いてメリハリを付ける
って、習っているんですが・・・」
今まで、次のフィガーが♀後退なら反転させるだけで、横に開かせる時はオーバーターンさせるために反時計回りに回転を継続させていた。
二人の閉じた世界と外にアピールする開いた世界を分けて、メリハリを付ける事には賛成なんだけど・・・リードが通じるかなぁ?
h「そうだね。ちょっとやってみようか?」
ホッキースティックの6歩目で僕の右サイドが開いている・・・修正
リードは僕が忘れず余分に回さなければ、上手くいくようだ。・・・アリアさんの提案、採用!

ア「もう一つ、オープニングアウトなんですけど、・・・」
 ・やっていて、何だか狭い
 ・もっと開きたいのに、何故か、二人がくっついているような気がする
h「それは、表現の部分なんだけど・・・」
 ・♀は直線上をハンドトゥハンド風に往復している
 ・♂は広がりを見せようとして、直線ではなく余分に約90度回転しているため、二人の間隔が狭くなっている
 ・カウント2で一杯開くには、カウント1で♂と一緒に回転するか?
試してみる。
ア「こんなに回らないと駄目なんですか?」
h「僕が自分でこっちの方が良いのではないかって、勝手にやっているだけ。競技会が近くなると、コーチャーに見て貰って、採用するか、しないかを決めるので、それまで保留で良いかな?」
ア「どうしてなのかが分かればいいです。」

休憩しながらお話。
ア「三浦先生ってどんな踊り方するんですか?」
h「習っているとおりだけど・・・僕の感じ方としては、ねちっこいダンスかな?」
ア「ねちっこいって?」
h「音の幅一杯にボディを使い続ける感じかなぁ?」
ア「私はG先生に一杯移動しなさいって習っているのよ。・・・」
h「フィガーによって、移動する距離を見せる時と、足の上でボディムーブメントを見せる時があるって習っているよ。ただ、僕は・・・歩幅が大きくなりすぎてボディが動かない事が多いので、歩幅を狭くしてもっとしっかり動かせって言われる事が多いなぁ。・・・もし疑問を感じるようなら、一緒にG先生のレッスン受けてみようか?」
ア「そんな・・・いいです。」
h「1点でも曇りが有ると、いつの間にか頑張れなくなるから、その前に無くせるように協力するけど?」
ア「曇りが出来たら言うので、その時お願いします。」

スタンダードモードに移行
前回同様、アンダースロー風のシャドーから。
体が慣れてきたところで、カウントに合わせてワルツを踊る。
良い感じ。大きく踊れて、気持ちが良い。

h「僕は気持ちよく踊れているんだけど、どこかで突っ込んでいるかな?」
ア「そうね・・・どこって言えないけど、何度か突っ込んでいたような気がするわ。」
もっと左に伸びて試してみる。

ア「私一つだけ違和感があるんだけど、ホイスクの1歩目で歩幅が大きすぎて・・・」
h「前回のレッスンで・・・」
 ・ナチュラル方向だと思っていたボディの使い方が逆で、リバース方向
 ・リバースターンの1歩目と同じイメージで・・・
ア「じゃあ、私も同じようにして踊らないといけないのかしら?」
h「完成形がどうかは分からないけど、僕は言われた事以外を練習でやるつもりはないよ。」
ア「そうですね。・・・」
二人で合わせてみると、今まで以上に気持ちが良い。

ナチュラルスピンターン、リバースターン、ホィスク、シャッセだけを曲に合わせて2曲続けて踊る。
凄い気持ちよかった。当分はこの状態を続けていきたいなぁ。

タンゴ
 ・踊っていて気持ちよくない。
 ・前にも書いたけど、大きく動けない。
 ・音がクリアにならない。
 ・何だか水の中であがいているような気がしてくる。
僕のどこかが悪いのは間違いないとして・・・次のレッスンで、問題を解決出来たらいいなぁ。

ア「スローアウェイオーバースウェイって、左右の腰の高さが変わらないって習っているんですが・・・」
h「僕は最初習った先生には、Sで右を高くして左上に伸びて、&で右が高いまま下げて、Sで垂直って習ったし、次の先生には、Sで右を高くしてナチュラル系の絞り、Sで両腰が一緒でリバース系の絞りって習ったなぁ。
まあ、二人で習っている先生の言うとおりにして、それぞれ個人で習った先生には、カップルで橘先生にこう習ったので、それでやりたいって言えば、多分問題は解決するんじゃないかな?」
ア「そうですね。」

休憩中(スタンダードの競技会のビデオ=ホーソンが初優勝したやつを見ながら)の会話から
ア「私はタンゴが一番好きなんですよ。こんな風にパッパッて踊れたら良いですね」
h「そうですね。(このレベルはともかく、早く音に乗って軽快に踊って、気持ちよくさせてあげたいです。)」

スロー
 ・踊っていて気持ちよくない。
h「同じswing系なのに、どうしてワルツみたいに気持ちよく踊れないんだろう?」
ア「そうよねー。けど1回レッスン受ければ・・・」
h「最初のコンペはタンゴ&スローになったから、早くレッスン受けたいねー」

クイック
 ・とりあえず、踊り込み。
 ・内容は・・・時間が解決してくれる(と思う)

ここまでかなぁ?
ちょっとルンバウォークに時間をかけ過ぎちゃいました。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-02-18 17:59 | 練習