<   2005年 11月 ( 38 )   > この月の画像一覧

2005.11.25 タンゴ編

曲に合わせてタンゴを踊る。人が多くて、止まって待つもどいてくれない。
コンペなら他の事して避けるんだけど、レッスン中なので、ちょっと移動して続けようとしたら、
コ「それは何ですか?まさか競技会でもそんなことやっているんじゃないでしょうね。本番みたいにバックコルテでも何でも使って、きちんと避けて続けて下さい。!」
h「はい・・・」
狭いところでごちゃごちゃと動きながら、とりあえず、やるパートはバラバラに繋げたところでstop

コ「分かりました。準備が遅いです。・・・」
 ・脚を出す前にボディの運動
 ・足を出す前に膝を出す
 ・膝が出た後に足を出す
 ・脚を閉じた後直ぐに乗り換え

ウォーク、リンクの反復エクササイズ
2S ♂左足の上でボディをしっかり使ってから、右足を♀両脚の間にしっかり入れる
2Q ♂両膝は内側を向ける。ウェイトを右足の外側におかず、内側へ!

クローズドプロムナード
1S 同様に♂左(♀右)膝が前に出てから、足を出す。
反復エクササイズ

コ「同じように・・・」
バックコルテも同様
見ていて思ったことが一つ。壁斜めに面して始めるとき、hiroは左足を逆中央斜めに後退させるけど、コーチャーは中央斜めに後退させていた。
真似して見る。何も言われなかったので、そのまま続けた。(ここで一応確認しておけば良かったって、後から後悔・・・)

ここから、フォーラウェイ
ここで、何か言われたんだけど・・・前進し続けるだったか、後退し続けるだったか・・・忘れた。
2Q ♂右足を(ボルテクどおり)横に開かず、前進して♀の両脚の間に入れる?
3Q ♂左足を後退せずに前進のイメージでアクロスさせる??
 ・後は・・・浮かない、被らないetc

コ「分かりましたか?」
h「わかりません。」
コ「でしょうね。分からなくて良いんです・・・次、♀の動きを先にやっちゃいましょう!・・・」
コ「分かりましたか?」
た「分かりません。」
コ「分からなくて良いんです。では、分からない同士でやってみて下さい。けど、普通分かりませんってなかなか言えないですよ・・・」
とりあえず、反復エクササイズ
 ・膝から出して、浮かない、被らない・・・先に進む

続いて、テレマークとオーバースウェイ
1S 左スウェイ~逆にして♀にリードして貰う(恥)~直ぐ、コーチャーからチェックが入った。
2S 右にスウェイチェンジ
コ「そこはなかなか良いですよ。」

ハーフシャッセからホィスク
コ「そこで、膝を伸ばさないで・・・」

オープンプロムナード
 ・ボディを♀に向けようとし過ぎて、枠が崩れいてる~前にも言われた

コントラチェック
& ♂右足を出す
S ♂スウェイチェンジ。♂が出るのを受けて、♀が行くイメージ~足とボディが一緒だと弱く見える
h「これは、行けるかもしれない。」
コ「では、やって見せて下さい!・・・良いじゃないですか~・・・一体どうしちゃったんですか?」
h(だから、これはやれるかもしれないって言ったのに・・・)

ファイブステップ
2Q フォーラウェイと間違えないように・・・なんかやる(忘れた)
3Q~4Q 逆LODに後退(前にも言われた)

コ「では、スローに行きましょう!」

スロー編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2005-11-28 23:01 | レッスン・S

蟻地獄?

今日は練習日でした。朝からなんだか身体がだるくて・・・

練習を休むかどうか真剣に考えたけど、コンペ前1週間にして最後の練習日だったので、出かけました。
成果は後日の練習ノートを見ていただくとして、それ以上に不快な思いをいっぱいしました。

この時期なので、口には出さなかったけど、コンペが終わってから真剣に話し合うことが山積みって感じです。

パートナーを宝物だと思って大事に思って継続出来るのか、根本的に方針が違って一緒にやっていけないのか、・・・

コンディションも良くないので、悪い方悪い方に考えが行っちゃいます。

サイクルが鬱に入っちゃいました。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2005-11-27 23:15 | カップル

2005.11.25 スタンダード編

昨日のレッスンノートから。
12/4のコンペ前最後のスタンダードレッスンでした。
(ラテンのレッスンはもう終わっている。)

仕事終わり際に一つの電話でバタバタ・・・出遅れてしまう。
スタジオに向かう電車の中でイメトレ。

共通
 ・胸骨を斜め前に向けて丹田を引き上げ続ける!
 ・途中で枠をつぶさない
 ・フレーム(左手)のテンションをキープ

タンゴ
 ・音をはっきり
 ・フォーラウェイで浮かない
 ・オーバースウェイのタイミング
 ・タップエンディングのポジションチェンジ
 ・アウトサイドスウィブルのウェイトとボディの向き
 ・ファイブステップの3~4歩目
スロー
 ・ホールド広く、右にスペース
 ・チェンジオフダイレクションの動作

それでも、45分前には何とかスタジオ入り。なんだかとても混んでいる。
そういえば、僕たちのコンペの日、スタジオのパーティだった。
着替えてアップしていると、たまちゃん登場。

たまちゃんが着替えている間に、コーチャーに挨拶。
h「先生、12/4にDSCJのD級戦に出ます。タンゴ・スローです。」
コ「来週ですね。ルーティンは?」
h「今までと同じベーシックです。」
コ「分かりました。」

ちょこって合わせて、レッスン開始。
コ「今日は何をやりますか?」
h「タンゴとスローをお願いします。」
コ「どちらからやりましょうか?」
h「ひどい方からです。」
コ「ひどいのはタンゴでしたっけ?上手くいかないところはありますか?」
h「僕は別に・・・」
た「音がはっきりしないのと・・・別な人に言われたのですが、脚が汚いそうで・・・」
h「後退する脚が伸びていないって言われました。」

コ「分かりました。では、曲に合わせて踊って見せて下さい。」

タンゴ編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2005-11-26 12:54 | レッスン・S

エキサイト・ザ・マンション

ブログつながりで、エキサイト・ザ・マンションというサイトで、遊び始めて丁度1週間になります。
巨大な集合住宅建造物である”マンション”を舞台にしたバーチャルライフコミュニティサービスだそうです。
今のところは、知り合いを作って、メールしたり、プレゼント交換したり、フリマで稼ぐこと位しか有りませんが・・・何故か、はまっちゃいました。
興味のある方は、左下のリンクからどうぞ。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2005-11-24 22:47 | その他

2005.11.22 in ゼフィール

夕方になってもたまちゃんからメールが来ないので、こちらから確認のメールを送りました。
た「今日はやるつもりで・・・」
おいおい、前日調子が良ければ連絡してってメール送っているんだから・・・
って不満に思いながらも、多分調子が良くてやるのが当たり前って思いこんでいるんだろうなぁ・・・
だんだんこういうお互いの思いこみのすれ違いを減らして、コミュニケーション取れるようにならないとなぁって、感じました。

何はともあれ、久しぶりの練習。電車の中でイメトレ開始!
ラテン
3種目共通
 ・一歩一歩片足の上に立ち、胸骨を斜め上に向ける(腹を引き上げ、ネックを上に伸ばして軸をキープ。視線は2階席を見る)
 ・一歩一歩床をこすった後、トゥの先まで伸ばす
 ・音の幅一杯にボディを絞り続ける
 ・アームを止めずに一番遠い軌跡を通して、空間に広がりを持たせながらストレッチ

ルンバ
 ・両アームで作る輪を意識
 ・最初の立つ位置に注意
チャチャ
 ・4&1でしっかり開閉
 ・(実は他のカウントもだけどとりあえず)1で脚を伸ばす
サンバ
 ・とりあえずルーティンを覚える(その後、ネック、ボディ、アーム)

スタンダード~先週はラテンのレッスン×2で練習もしていないので、コンペ以来。
タンゴ
 ・音をはっきり
 ・フォーラウェイで浮かない
 ・オーバースウェイのタイミング
 ・タップエンディングのポジションチェンジ
 ・アウトサイドスウィブルのウェイトとボディの向き
 ・ファイブステップの3~4歩目
スロー
 ・ホールド広く、右にスペース
 ・チェンジオフダイレクションの動作
ワルツ&クイック
 ・ホールド広く、右にスペース

早めに行ってじっくりアップのはずが・・・着いたらもうたまちゃん着替え終わっている。
急いで着替えて、軽くアップして、ラテンから。まず、ベーシック、次いでバリエーション。

ルンバ
h「両アームの輪、意識している?」
た「私も意識してやっているんだけど・・・けど、まだ・・・」
それでも、前よりは良くなったかなぁ。

チャチャチャ
h「アーム上に!」
た「こんなに伸ばしているのに・・・」
後から思えば、被っていたかも?
両アームの力を抜くのを忘れていた。(帰りに思い出す)

サンバ
とりあえず、踊ってみて、あやふやなとこをきっちり決める。
1 最初のプロムナードトゥカウンタープロムナードランズに繋げるところ
2 続いてピボットからウォークしてボルタに繋げるところ
3 ボタフォゴからスパイラルしてボルタに繋げるところ
4 続いてボルタから左足アクロスさせて、ボールターン、スリーステップターン、ウォークと繋げるところ
5 続いてウォークの後、ホイスクからのフットチェンジ
その場ではたまちゃん覚えたみたい。
ホイスクやっているとき、僕が左アームを下ろすのが遅れやすいので、要注意!

続いて、スタンダード。
たまちゃん顔つきが変わる。


共通
 ・途中で枠をつぶさない
 ・フレーム(左手)のテンションをキープ
 ・お腹を引っ込める
た「・・・(忘れた)は、我慢大会なので、せいぜいお腹を引っ込めて踊って下さい。
私は顔の向きとか、ホールドとかは言いませんけど(さんざん言っているのでは?)、お腹くらいは引っ込めて踊って下さい。」
h「努力します。」
た「一人で練習するときもせっかくやるなら、せいぜいお腹を引っ込めて・・・」
h「あいよ。」

タンゴ
 ・どっかで被るらしい
 ・途中でお腹が緩むらしい
 ・オーバースウェイで右肩が上がるってノートに書いてたら
た「全部よ!全部!!踊ると上がってくるわ!!!」
 ・それでも、音に対してはクリアになってきたらしい。
た「これで満足しないで、もっと・・・」
h「あいよ!」

スロー
た「何か変えた?」
h「特には変えてないよ。ただ、今まで言われたことをイメトレしてシャドーしてきただけ。」
た「なんだか今日は低くて踊りやすいわ。ただ、しっかり立って低く下げてくれているのか、ボディが緩んで低く感じているのかは、私には分からないの。」
h「ボディが緩んで下がっていたら踊りにくいでしょう。」
た「そうね。けど、これで満足しないで、もっと・・・」
h「あいよ。」

ワルツ
 ・中央斜めからフォーラウェイ、ダブルリバーススピン、コントラチェック、ウィング、テレマーク、シャッセフロムPPのパートで・・・
 ・ダブルリバーススピンの軸が曲がっているらしい
h「この前の練習で、頭を軸の上に置かずに左にって言われて、そのイメージで・・・」
た「けど、軸は真っ直ぐで、・・・」
しばらく練習

た「私の知っているダブルリバースじゃない~こんなの踊りたくないわ!」
h「そんなこと言ったって、練習しないといつまで経っても上手くならないから・・・」
た「レッスン受けないでいくら練習しても無駄みたいな・・・」
h「コンペ終わらないとワルツのレッスン受けないよ。」
た「それまで一杯シャドーして・・・」
h「間違えたことシャドーして定着させるのは・・・」

この後、ウィングの回転量でも一悶着
た「そこ(逆中央斜め)まで回そうとするとホールドが崩れるから、ここ(中央)で止めて・・・」
h「やっていることはともかく、アライメントは2年前のレッスンノートを見てきたので・・・」
た「これもレッスンで・・・」
h「そうだね。」

結局、2年前に難しくて封印していたパートは、一度見てもらうまでまた封印することになりそうです。

クイック
 ・お腹を引っ込めて踊り続けたときは、全然変わって踊りやすいらしい。・・・けど、半周で崩れる。
た「それでも、前よりはずーっとましなので・・・」
 ・全部これが出来るようにならないと、バリエーションは踊れないらしい。

とりあえず、お腹を引っ込めて踊り続けられるように、シャドーしてきます。
金曜のレッスンが楽しみです。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2005-11-23 22:22 | 練習

2005.11.18 サンバ編

コーチャーのカウントで、サンバを踊り出す。

ボディでカウントを取って、まず僕がスピン!たまちゃんが合わせてバッ!って開く!

そこから二人のボディが伸びていって、・・・キューバンブレイク風
h(あれ?・・・たまちゃん動いてない・・・)

た「先生、ここがよく分からないんですが・・・」
コ「俺も分からない!hiroさんどうだっけ?」
(結局こうなるんだから、人の話をきちんと聞いて、ビデオを見て、分かんないところは訊いてって言ってるのに・・・)

h「そこは、ですね。・・・」
互いに正対したポジションから
♂&♀同じ動作
1-5 左足チェック
  & 左足を右足に揃えて加重
  6 右足チェック
  & 右足を左足に揃えて加重

 7&8 3歩で左足前進からリバース方向へのスリーステップターン

 7&8& 左足から後退の4歩
コ「そこは♀が4歩後退するの?」
h「はい。」

長考の末、ルーティンを一部修正
 ・5&6&の4歩を♂、♀逆動作に変更
 ・7&8で右足から後退の3歩
 ・カウント8で互いに正対して、♂左手と♀右手を繋げるイメージ
ここから、プロムナードトゥカウンタープロムナードランズに続ける。
ここまで、反復エクササイズ。

プロムナードランズのポイントは、前回と同じ
 ・アームは前にストレッチ。後ろ脚を伸ばして、ヒップを上げる。

3-5~6 スリーステップターン
  7 オープンプロムナードポジションからチェック風に開きながら、♂右、♀左トゥをポイント
  8 それぞれポイントしたトゥに加重して上体を正対させたまま、下半身を逆サイドに絞る
☆ この2歩は、歩幅を狭く!

4-1 サンバウォークでフリーアームを上にストレッチ(一見ニューヨーク風)~ポイントではない!
  a 互いに正対し合って♂左、♀右足加重
  2 上体を正対させたまま、下半身を逆サイドに絞って、♂右、♀左足をアクロスさせる
  3~4 スリーステップターンの3歩
コ「ウオーク!掛ける!回る!・・・・・・・・・」
☆歩幅を広くして、どんどん進む。」

5-1 チェックフロムオープンPPで、♂右足、♀左足に加重
  & ♂左足、♀右足にウェイトを戻す>ここと、
  2 相手と正対して♂右足、♀左足に加重>ここで、しっかりウェイトを移動させること!
  & ♂左足、♀右足にウェイトを戻す
 3~4 繰り返し

♂&♀共通
6-5~8 ポイントした右トゥに加重して、ボタフォゴアクションの6歩
       加重した側のアームを上、反対側のアームを前にストレッチ
  8& 左足軸上でナチュラル方向にボールターン・・・ここでたまちゃん、いつもまごつく。

7-1~4 右足加重から、壁に面してLODにボルタアクションの7歩
       ♂のネックが被っていくので、上にしっかり伸ばす!

  5 左足アクロスして逆壁斜めに前進・・・ここからの1小節もたまちゃん、いつもまごつく。
  6 左足軸上でターン、右足前に残してトゥでポイント~ハンドトゥハンド風
 7~8 右足加重後、ナチュラル方向にスリーステップターンの3歩
8-1~8 左足前進からウォーク&ロックの10歩
9-1~8 ♂ホイスクの12歩
        最初の1小節で早めにアームを下ろしてプラットのリード~いつも遅くて、♀がもたつく
       ♀ホイスクの3歩の後、フットチェンジの2歩で♂と正対し、ホイスクの6歩・・・フットチェンジがいつも曖昧

コ「じゃあ、初めから・・・」
踊る。途中でいっぱいアドバイスが掛かる!

コ「ルンバとチャチャは、結構良いですよ。しっかり練習して下さい。期待が持てます。
サンバは・・・とにかくルーティンを覚えて下さい。他のことは、・・・ネックを下げないとか、ボディを絞るとか、アームを伸ばすとかは、その後!
覚えるまで、余分なことは考えないで・・・
hiroさんは、リードしようとしてアームに余分な力を入れずに、ボディで伝えるように・・・あと、ネックを・・・被らない!」
h&た「はい!」

h(あーあ!レッスン受ける態勢を整えられなかったから、踊り込みで終わってしまったなぁ・・・)
た「前回より楽だったわ。何だか、ラテンが楽しくなってきたわ。凄いわかりやすく教えてくれるから、勉強になります。早く足形を覚えて、他のことも注意されるようになりたいわー。」
h(是非、そうして下さい。!僕もスタンダード頑張ります。)

ラテンのレッスンは、コンペまでこれで終わり。
後は・・・練習有るのみだ!気合い入れて頑張るぞー!

ということで、昨日の練習編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2005-11-23 13:00 | レッスン・L

エントリー決定

今日、朝一で12/4のコンペについて、主催者にDSCJ標準様式の競技会出場申込書をfaxしました。
夕方改めて、電話してみたところ、快く受理して頂きました。
12月4日、多摩ダンススポーツフェスティバル2005のラテンC級戦とスタンダードD級戦にエントリー決定です。
今年最後の公式戦、気合い入れて頑張るぞー!
って、まず、パートナーさんの調子を戻さないとね・・・早く、みっちり練習したいです。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2005-11-21 22:41 | 過去の競技会

2005.11.18 チャチャチャ編

コ「じゃあ、カウントで踊って見せて下さい。」
ルーティンを一回り踊ったところで、stop

コ「音をクリアにするためには、・・・」
 ・カウント1で脚をしっかり伸ばす
コーチャーのヒップや太ももを触らせて頂く
 ・太もも、臀部その他に力が入って堅くなっている。
た「本当に堅ーい!」
コーチャーに触られる
コ「hiroさんは・・・おおっ!堅い!良いですよ。けど・・・曲がかかるとあたふたして、せっかくの力を出し切れていませんね。脚をもっと使って下さいね。」
h「はい。」

曲に合わせて最初から
 ・踊っていて余裕がない(=あたふたして見える)
コ「歩幅を狭く!」
 ・移動量を減らさないと、余裕は出来ないかも・・・(そういう問題ではないのかもしれないが・・・)

コ「次に、・・・」
 ・♂のフリーアームが下がっているときがある
 ・離れて踊るときでも、両手の枠の中で♀を踊らせる
踊ってみる
コ「スピードが全然違います。」
h(踊っていて実感は全然ありません。)

コ「じゃあ、最初から・・・」
 ・途中でルーティンを間違えて、最後まで続かない。たまちゃんが止めようとすると

コ「止まらないで、踊り続ける!脚伸ばして!・・・」
 ・まごまごしてしまうのは、本番でもやりそう・・・~課題だー

コ「踊っているとき、ネックは・・・」
 ・(ルンバ同様)♀が正面にいるときは正面、違うときは2Fの観客

コ「それから、ナチュラルトップは・・・」
 ・♀ボディ反りすぎ。床に対して真っ直ぐの軸をキープ
 ・♂右手は引き寄せすぎ。もう少しゆとりを持たせる(表現は違った)

h「先生、クロスベーシックのカウント1でシェイプを作るときのネックは、どっちを向くんですか?」
コ「カウント1で・・・」
 ・♂は左手、♀は右手を見る
 ・カウント2でチェックにするときは相手を見る

コ「じゃあ、最初から・・・」
 ・ちょっと気を抜くとフリーアームが下がってしまう
コ「手を下げないで、相手を囲う!」
コ「ほら!手が下がった!!」
何かに気を取られると、あっという間に下がってしまう・・・情けない。

コ「もっと前から、次に何をやるのか考えておかないと・・・その度に今から何やるかって考えていると、どんどん遅れるよ。
だけど、ルンバとチャチャはずいぶん良くなったよ。見違えるようです。・・・じゃあ、休憩して、次はサンバをやりましょう!」

ここで、30分休憩。
た「練習しないで来たっていったら先生怒っていたわね。・・・」
h(だから、レッスン前位しっかり練習しようって言ったのに、・・・)
た「私、ルンバの曲聞いて、最初踊れないわ。」
h「それは、カウントが取れないって事?それとも、どのカウントで何して良いか分からないって事?」
た「後の方・・・。」
h「練習しようよ。」
た「お願いします。」

繰り返していると、結構良い感じ。
本当はここまでレッスン前にやってから、臨むべきなんだよなぁ・・・
h「ところで、サンバのルーティン、覚えた?」
た「いいえ、まだ・・・」
h「練習しよう!」
た「その前にちょっと休憩・・・」
休憩後、復習するも、結局身に付かず・・・

サンバ編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2005-11-21 22:22 | レッスン・L

2005.11.18 ルンバ編

ルンバの曲がかかる。アイコンタクトで合図して、ボディトーンを強くしながら床をどんどんプレスしてカウント1で、両手を開く、さらに両アームを上げて聞き、絞って、バン!・・・あれれれれー?たまちゃん動かない・・・

コ「はい、最初から・・・」
曲に合わせて・・・たまちゃん、スタートはあったけど、その後すぐにずれる・・・
h(だから、練習しようって、言ったのに!!)
何度かやり直して、カウントを口ずさんでみる。・・・ようやく、ルーティン1周出来た。

コ「続けてチャチャチャも踊って。」
ルーティンを一杯間違える。バタバタと暴れながら、何とか最後まで踊り続ける。
コ「コンペで一番アピールする事は何ですか?」
た「立ち方?」
コ「何ですか?」
h「4&1の脚の開閉です。」
コ「何ですか?」
た「音?」
コ「どの音ですか?」
h「1です。」
コ「どうやって1の音を表現しますか?」
た「脚を伸ばして・・・」
コ「後は何ですか?」
h「アームで空間の広がりを表現します。」
コ「では、自分のやるべき事をやってみせてください。」
h&た「はい。」

踊り直し。二人でアームを伸ばして、立つ位置を確認。
コ「それは、練習でやって二人の距離の感覚を覚えたら、本番ではやらないように!」
h&た「はい。」
踊り始めて、4~5小節でstop

コ「回転するときに、・・・バレエではどうするか知ってますか?」
h「集めて回るんじゃないですか?」
いきなりクルクルクルって回って見せて下さった後
コ「回転するときは・・・」
 ・ボディと両アームで体の前に輪を作り、両手指を会わせた状態で回転
 ・この輪の両手指の間を離しても、繋げた意識は残す
 ・この輪が小さいと素早く、大きいとゆっくり回転する
 ・ニューヨークで開くときなども、考え方は一緒

コ「この輪をキープするには・・・」
輪を作っている僕のアームを、上から下、下から上、外から内、内から外に、押したり、引っ張ったり・・・
コ「外から力を加えても崩さないように、背中の筋肉を使って・・・」
(スタンダードのホールドと一緒)
 ・アームワークやラインを強調するときなども、この意識を忘れない。
反復エクササイズ

コ「じゃあ、最初から!」
立った途端に、近すぎるとご指摘・・・
立ち直して、しっかり踊る
コ「・・・」
何か言われたけど、・・・忘れた。

チャチャチャ編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2005-11-20 17:26 | レッスン・L

健康第一

夕方、たまちゃんからメールが届きました。
調子が良くないので、明日の練習をお休みしたいとのことでした。
目先で考えると、せっかくレッスン受けて直後の練習ですから、定着のためにも少しでも練習しておいた方が良いのは分かっているんですが・・・
それ以上に健康は大事ですね。
まあ、早く良くなって、きっちり練習して次のレッスンやコンペに臨みたいものです。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2005-11-19 23:44 | 練習