カテゴリ:レッスン・L( 149 )

レッスンも再開

ラテンのレッスン帰りです。
久しぶり(中70日ぶり位)に個人レッスンを受けました。

今日のポイントは
 ・コンプレスは下から持ち上げる
 ・圧縮した後にヒップアクション~クカラチャフィーリング
 ・足の裏で床をしっかりプレス~粘着フィーリング
 ・連動してアームを伸ばすとき、肘を入れる~手首を一緒に捻らない
こんな感じかな?

明日から、お見合い開始です。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2011-09-07 23:23 | レッスン・L

2011.5.28 ルンバ編・序章

昨日はラテンのレッスンをカップルで受けました。
前回18小節習ったので、残り半分一気に行けるかと過度な期待をしてしまいましたが・・・
5小節足して終わりました。
どちらかというと、勘違いしているパートを一つ一つ直していただくのがメインになりました。
細部は後日アップするかもしれませんが・・・
2人のコネクションが少しずつできてくることが実感できて、気持ち良いです。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2011-05-29 21:48 | レッスン・L

久しぶり・・・

今ラテンのレッスン帰りです。
最後にカップルレッスンを受けたのは・・・去年の10月か11月です。
久しぶりに幸せを噛みしめています。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2011-05-16 23:44 | レッスン・L

2010.6.29 ルンバ編

今日は久しぶりに富士学院で練習してきました。
混み合ったフロアでフロアクラフトの練習をしたかったんだけど・・・思ったより空いていました。

さて、遅ればせながら先日のレッスンノートから。
(現在に追いつくまで練習ノートは見合わせることにしました。)

1時間前にスタジオ入り。軽くストレッチの後、パートナーさんとカウントで合わせる。

ルンバのベーシック
 ・擦るフットワーク
 ・サイドリード
 ・大きな軌跡で止めないアームワーク
続けてチャチャのベーシック
 ・1&と3&でのボディの切り返し
うーん・・・どっちも今イチ

気を取り直してルンバのバリエーション
前回習ったスイッチバック、ベーシックからの入れ替わり、ダブルアームホールドでの入れ替わり・・・
↑だんだん良くなってきたと手応えを感じたところで小休止

流れてきた曲に合わせてルンバの確認
 ・♀を吊り下げたポーズからフェンシング風にポーズを決めるまでの2小節
 ・ダブルアームホールドで入れ替わりを繰り返す4小節
 ↑音から遅れやすいので、レッスンで見てもらおう!

小休止の後、ムービーをセットしたところで、コーチャー登場。レッスン開始。
コ「お待たせしました。よろしくお願いします。」
h&♀「よろしくお願いします。」
h「先生、しっかり踊り込んできました。」
コ「そうですか。ではまず、踊りを見せて下さい。カウントで・・・」
1周踊りきったところでstop

コ「まず・・・」
 ・スイッチバックで♂が突っ込んでいる

h「2人の間に置いた左手から先に影響を与えないように・・・」
コ「自分が思っていることと実際にやっていることには大きな違いがあって・・・」
h「僕、勘違いしていますか?」
コ「・・・」
何か言われたけど、忘れた。

コ「ここは・・・・(忘れた)2つのパターンが有って、・・・・どっちが良いですか?」
h「見映えの良い方にして下さい。」
コ「分かりました。ここは♀が動きましょう!・・・」

スイッチバック(♀)
予・4 左足をしっかり後退
1・2 右足をしっかり後退
2・& 右足を軸にしてリバース方向に反転
3・3  右足を軸にしてナチュラル方向に反転
4・& 左足前進
5・4 右足前進

h「先生、♀は足を変えていないように見えるんですが・・・」
コ「はい。ツイストしているので、これで良いです。
それよりもhiroさん、・・・」
 ・上体が突っ込んでいる
 ・前に出すのではなく、上に伸ばすイメージ
 ・左手をそのままにして、自分のボディを引きつけようとするのは良いが・・・
 ・自分でやろうとしていることと、実際にやっている(=外から見えている)ことが違う

コ「次に・・・」
ナチュラルオープニングアウトの後
 ・♀反転した後、ボディをしっかり絞る
 ・♀スリーステップターンした後、しっかり前進してから反転させる>♂のリード
 ・続く体の回旋、ボディはそのまま頭だけ回させる>♂のリード次第(一番の問題)

↑♀のアクションを♂のリードでコントロールするにあたり、何をすべきなのか訊かなくてはと思いながら・・・次から次と覚えることが山積みで訊きそびれてしまった(汗)

この後、大きく踏み込んで♀を送り出すとき
 ・♂ボディをしならせる
 ・♀ボディをしっかり絞る
 ・送り出す方向は壁斜め~LODに送り出すのはNG

続くベーシックからの入れ替わり
 ・上から突っ込まない
 ↑上にしっかり伸ばす

吊り下げようとして右手を高く上げすぎ~♀を崩さないように注意

ダブルアームホールドの入れ替わりは良くなった

アレマーナ&スライディングドアー
 ・軸足をしっかりボールターンさせる

続くR-Rホールドのクローズヒップツィスト
コ「hiroさん、それじゃあパートナーさんに持っていかれますよ!・・・」
 ・上体が前に傾きすぎ
 ・重心は左足の上から外さない

プロムナードトゥカウンタープロムナードランズとその後はOK

コ「では、曲に合わせて踊ってみましょう!」
踊り始めると他のお客さんがみんなフロアを空けてくれて、僕らの踊りを眺めている。

hiroの自己顕示欲がむくむくと芽生えて・・・燃えた~!

最後にアレマーナで正面に戻すとき、直前に♂が回り込むスペースが無くなって・・・

強引にアレマーナでオーバーターンさせようとして、♀を崩してしまいあたふた・・・

↑コンペでもありがちなので、気を付けよう!

足を引き寄せるとき、両足のヒールをくっつけること

この後、ボディを切り返す時の使い方についてレクチャー
 ・絞りをそのまま切り替えるのはNG
 ・一旦持ち上げて、逆に絞りながら圧縮する
 ↑言葉にするのは難しい

コ「では、ここまでしっかり練習してきて下さい。
2人とも目立つので、丁寧に・・・」

h&♀「はい!」

コ「hiroさん、パートナーさんの足、とても奇麗ですよ。負けないように・・・」

h「はい。気合い入れて練習します。」

習ったことを復習して帰路につく。

後からムービーを見て思ったこと。
 ・まだまだボディとアームが止まっている
 ↑もっともっと使い続けないとねぇ~
 ・先日習った笑顔が・・・凄いぶっきらぼうで踊っているって、ようやく気付く
 ↑要注意!

何はともあれ、頑張るぞー!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-07-25 22:16 | レッスン・L

2010.6.15 ルンバ編(その2)

今日は早く帰宅して、早寝早起きでワールドカップを観戦しようかと思っていましたが・・・
まだ起きています。

さて、先日のレッスンノートの続きから。

ピボットの後の♀連続回転
 ・その場で回っているので、しっかり移動する
 ↑♂はしっかり付いていく

続くポーズ
 ・♀しっかり傾斜
 ・♂持っていかれないように力強く

最後まで進んで、曲に合わせて踊ってみる
直前に指導いただいたことは、ほとんど生かせず・・・
 ・ベーシックからの入れ替わりが曖昧>反復エクササイズ
後からビデオを見て感じたこと
 ・フリーアームが止まってしまい、垂れ下がっている
 ・ボディが緩んで、弱く見える

コ「後はアームですね。・・・」
 ・手の甲は自分に向ける
 ↑パソ以外は強く見えすぎるので、甲を人に見せない
 ・手の平を見せる
 ・だれに:相手に見せるなら相手に、観客に見せるなら観客に
 ・どこを:自分を見せるなら、ネック、バスト、ヒップなど見せたいところをしっかりアピールする
 ↑パート毎に、どこを見せたいのかを明確にすると、アームも止まらず、ルーティンも間違え難い

コ「次のレッスンまでの宿題にするので、どこを見せたいのか、はっきりさせてきて下さい。」

忘れないようにしっかり復習して帰路につく。
(帰りの電車で既に結構忘れていた)

明日の練習で定着させよう! (っていうのは9日前の話です。)
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-06-24 23:13 | レッスン・L

2010.6.15 ルンバ編

今週は仕事の関係で遅めの帰宅が続きそうです。
練習とレッスンも遅めの設定にしました。

さて、先日のレッスンノートから。

初めてのラテンのカップルレッスンはルンバです。

早めにスタジオ入りして、入会手続きをして、アップの後、ルンバのベーシック。
次いでバリエーション。
(火曜日の夕方、早い時間は混んでいるって知りました。)
みっちり踊り込んで、ムービーをセットして、レッスン開始。

コーチャーとパートナーさんを互いに紹介して、カウントで開始。
12小節終わって、(♀ボディの回旋から送り出すところで) stop

スイッチバック(♀)
1・2 大きく右足後退
2・& 右足の上で反転
3・3 左足の上で反転して右足踏み替え
4・& 左足前進
5・4 右足前進
だったような・・・

♀を送り出す12小節目の終わり
 ・ボディに弓なりのシェイプを付けて、しっかり引っ張る(表現は違った)

続く入れ替わりが曖昧
コ「(ベーシックから)スイッチして、♀スパイラルして、○○して・・・○○して・・・
hiroさん、しっかり覚えて下さいね。」
↑覚えられなかった・・・

この後、ナチュラルオープニングアウトから
2-3 ♀スパイラルして♂の前に移動してシャドーポジション
4-1 そのままポーズ
2-3 ♀左脚ロンデして、右足の後に交差(ここだけ高く)
4-1 ♂回り込む
2-3 ♀左足、右足の後に交差(ここは持ち上げない)
4-1 ♂スリーステップターン

続くダブルアームホールドの入れ替わり~間違えて教えてしまったところを修正していただく
3 ♀ 右バランスのまま、左足を右足の後に交差
1 ♀ 右足加重のまま、左脚を前に伸ばす

その2に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-06-21 23:30 | レッスン・L

2010.6.1 ルンバ編(その3)

先日のレッスンノートの続きから。

コ「hiroさんは、蛇口を捻るのが好きみたいですね。
最近は押すだけで出るのが増えてきたので・・・」
 ・手でこねて、回そうとしない
 ・きっかけを与えるだけ
 ↑あとは、自分で回って貰う
 ・そこまで面倒見無くて良いので、その隙にスッキリ立ってみせる

コ「動き続けるのも大事ですが、止めてみせる勇気も必要です。・・・」
↑(前回も同じ事を言われた)

この後、入れ替わりを続けるところは珍しく、一発でOK

ナチュラルオープニングアウトの後の♀ポーズから右に送り出そうとしてstop
コ「hiroさんは、上から下まで一緒に移動しようとするので、良く言えば大胆。
悪く言えばおおざっぱに見えます。
ジャッジの取り方で、評価は随分分かれると思います。・・・」
 ・上から下までまとめて左に移動して、♀を引っ張っている
 ・フレームを(左手も)残して、ボディだけ先行して、♀に合図を送るリード
 ・次いで、左アームで♀を引っ張る

スリーステップターンの後のフェンシング風でstop
 ・♂がシェイプを作らないと、♀も作れない
 ・♂がしっかり前傾してみせることが大事

続くダブルホールドの入れ替わり
 ・上に伸ばしたアームはその場に残す
 ・横に張ったアームで互いに引き合う
 ・両手で♀を引っ張って、崩さない

コ「hiroさんは・・・」
 ・いつも無表情で踊っている
 ・前のコーチャー(三浦秀康先生)に習っているのをみていた時は、怖そうだった
 ・たまたま三浦先生がお休みの時にレッスンして、初めて優しい人だと分かった
 ・踊るときは常に笑顔で踊ることが大事

コ「では、カメラの前で笑い続けながら踊ってみて下さい。」
踊り出すと直ぐに固まってしまったことに気付く
↑やっていると難しい
 ・笑顔で踊ると力が抜けて踊りが変わる
 ・ジャッジの印象も変わる
 ・たまにスッキリ立つときはパソフィーリングで構わない

コ「私たちもコーチャーに笑顔で踊るように・・・」
 ・去年の全日線で唇がくっつきながらも笑顔取り続けたら、セグエに出ることが出来た
 ・技術を磨くのも大事だが、表情筋を動かすことも大事
 ↑これも技術だと思っている

コ「わざと作ったぎこちない笑顔でも、無表情で踊る余地は良いので・・・
来週は競技会でお休みなので、再来週までしっかり練習して笑顔で踊れるように・・・
人前では変な人って思われないように気を付けて練習するように・・・」
h「分かりました。気を付けます。」

しっかり復習して帰路につく。
次からはカップルレッスンだー!(明日です。)
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-06-14 22:59 | レッスン・L

2010.6.1 ルンバ編(その2)

今日は練習日でした。
3時間ほどみっちり踊り込んで、充実した時間が過ごせました。
これから飲み会です。壊れないように気を付けます。

さて、先日のレッスンノートの続きから。

シェイクハンドから♀を送り出そうとしてstop
コ「その前に・・・」
 ・ボディを♀に一旦近づけてから遠ざけてテンションを加えて送り出す

オープンフェンシングポジションでstop
 ・お腹を引っ込めて、前バランスでしっかり立つ
 ・上体を♀に突っ込まない
 ↑数小節前のベーシックで同じこと言われた

同じところでまたまたstop
コ「正面はどっちですか?」
h「こっちです。」
コ「ジャッジはどっちにいますか?」
h「こっちに多くいます。」
コ「hiroさんはジャッジにどの動きを見せたいですか?」
h「引っ張って背中を見せた後のボディの切り返しを・・・」

コ「本当に黒子なんですね。わたしなら・・・」
 ・引っ張って背中を見せた後にスッキリした立ち姿を見て欲しい
コ「もっともっとアピールして良いんですよ。・・・」

その3に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-06-13 18:41 | レッスン・L

2010.6.1 ルンバ編

今週は飲み会が多く、帰宅後PCに向かえない日が多かったです。

先日のレッスンノートから。
ようやく今月に入りました。

前回習った、手を固定して、この手を引くように前進し、押すようにして後退することを
しっかりイメージしてスタジオへ。

1時間前には入りたかったけど・・・着替え終わったのは10分前。
軽くストレッチして、ルーティンをシヤドーしながら前回言われたことを一つずつ思い出していく。
ひととおり復習して、ムービーをセットして、小休憩。

コーチャー登場レッスン開始。
コ「練習してきましたか?」
h「はい。けど、手を固定してアームを使うのは、一人では難しいです。
出来ているのかどうか・・・」
コ「練習していれば・・・では、最初から・・・」

組んでいただき、カウントで踊る。
2で開いた途端にstop
 ・止めずに開き続ける
 ・左肩が上がる

4小節目、♀スパイラルからのポーズ
 ・止めずに右アームを上にストレッチ

6小節目、オープンフェンシングポジション、左アームでボディを引き寄せて・・・NG
 ・左肩が上がる
 ・前に突っ込みすぎ
 ・お腹を引っ込めて、前バランスでしっかり立つ
 ↑上体を♀に突っ込まない

8小節目、クカラチャでNG
鏡の前に移動して、コーチャーに両肩を下に押さえつけられながらクカラチャアクションを続ける
コ「こういう風に・・・」
h「浮いていましたか?」
コ「いいえ。・・・」
 ・動き過ぎなので、足の上からはみ出さない

その2に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-06-12 23:10 | レッスン・L

2010.5.24 ルンバ編(その3)

先日のレッスンノートの続きから。

ナチュラルオープニングアウトに続くポーズ
コ「hiroさん、そこは・・・」
 ・右トゥの位置を決めずに、後にスライドさせる
 ・♀のスリーステップターンを迎えに行くのはボディの正面まで
 ↑それ以上♀の方に近づかない(=左に行きすぎない)

続く、♀ボディの回旋
コ「私は(♀が)次に何をやるか分かるから動けるけど、hiroさんの動きからは次の動作が伝わりません。・・・」
 ・ボディを回旋させるリードは・・・忘れた
 ・続く♀の2回転は、右手で♀を引く前に、ボディを♀に一旦近づける

続くベーシックムーブメント
 ・無理矢理立とうとしてボディが歪んでいる(=右に傾いている)
 ・♀とコネクションしている左手を固定して、ここにボディを引き寄せるイメージ
 ↑真っ直ぐ、高く、力強く立てる
☆肘を曲げたり、伸ばしたり出来るのは♂の特権!

ここから♀と互いに入れ替わる度に、ボディを緩めてしまいNG
 ・ボディを平坦にして、正面を♀に向けない
 ↑必ずどちらかに絞る
 ・腰が引けてバックバランスになりがちなので、腰を前に突き出すイメージで前バランスをキープ 
 ・お腹を引き込むことは大事
 ↑引っ込めた後は引き上げる(にもかかわらず、下に緩めているのはNG)
 ・左右にシェイプを作るときも、落とさない
 ↑伸ばした足で床をプレスしてシェイプを作る

最後のナチュラルオープニングアウト
 ↑その前と同じシェイプ

コーチャーのボディを一杯触らせてもらいながら確認
 ・ツイストターン風で左を伸ばして右を縮める
 ・オープニングアウトで右を伸ばして左を縮める

ベーシック風に向かい合っている時は、前に出した脚サイドのヒップを後に送っていた(と思う)

♀の吊り下げから左に送るとき、左肘を下げない

続くツイストターン風は、軸足ではなく、後に掛けた足で床をプレスし続けて、ボディを回転させる

スリーステップターンからのポーズ
 ・左足の位置を決めず、後にスライドさせる

2回転させてからのファンポジションでstop
コ「アームを下ろすのは♂ですか?♀ですか?」
h「それは♂の役割です。」
コ「それでは・・・」
 ・素早く下ろして回転終了を伝える
 ・ボディだけのリードには限界がある
 ・アームはボディの一部なので、正確に伝えてやる
 ・音の頭でファンポジションを作って一瞬止める

アレマーナ
予・1 左腰をしっかり引いて、ボディの切り返しをはっきり見せる
1・2 右腰をしっかり引く
3・4 左腰をしっかり引く

スライディングドアー
1・2 右腰をしっかり引く

R-RホールドのクローズヒップツィストでNG
 ・余分なことはしない
 ・人のことをしてやろうとするのは大きなお世話
 ・人のことを手伝うより自分のことをしっかりやる

コ「では、今日はここまでにしましょう。」
h「はい。これだけみっちり練習してきます。」
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-06-06 23:19 | レッスン・L