カテゴリ:レッスン・L( 149 )

2005.11.18 サンバ編

コーチャーのカウントで、サンバを踊り出す。

ボディでカウントを取って、まず僕がスピン!たまちゃんが合わせてバッ!って開く!

そこから二人のボディが伸びていって、・・・キューバンブレイク風
h(あれ?・・・たまちゃん動いてない・・・)

た「先生、ここがよく分からないんですが・・・」
コ「俺も分からない!hiroさんどうだっけ?」
(結局こうなるんだから、人の話をきちんと聞いて、ビデオを見て、分かんないところは訊いてって言ってるのに・・・)

h「そこは、ですね。・・・」
互いに正対したポジションから
♂&♀同じ動作
1-5 左足チェック
  & 左足を右足に揃えて加重
  6 右足チェック
  & 右足を左足に揃えて加重

 7&8 3歩で左足前進からリバース方向へのスリーステップターン

 7&8& 左足から後退の4歩
コ「そこは♀が4歩後退するの?」
h「はい。」

長考の末、ルーティンを一部修正
 ・5&6&の4歩を♂、♀逆動作に変更
 ・7&8で右足から後退の3歩
 ・カウント8で互いに正対して、♂左手と♀右手を繋げるイメージ
ここから、プロムナードトゥカウンタープロムナードランズに続ける。
ここまで、反復エクササイズ。

プロムナードランズのポイントは、前回と同じ
 ・アームは前にストレッチ。後ろ脚を伸ばして、ヒップを上げる。

3-5~6 スリーステップターン
  7 オープンプロムナードポジションからチェック風に開きながら、♂右、♀左トゥをポイント
  8 それぞれポイントしたトゥに加重して上体を正対させたまま、下半身を逆サイドに絞る
☆ この2歩は、歩幅を狭く!

4-1 サンバウォークでフリーアームを上にストレッチ(一見ニューヨーク風)~ポイントではない!
  a 互いに正対し合って♂左、♀右足加重
  2 上体を正対させたまま、下半身を逆サイドに絞って、♂右、♀左足をアクロスさせる
  3~4 スリーステップターンの3歩
コ「ウオーク!掛ける!回る!・・・・・・・・・」
☆歩幅を広くして、どんどん進む。」

5-1 チェックフロムオープンPPで、♂右足、♀左足に加重
  & ♂左足、♀右足にウェイトを戻す>ここと、
  2 相手と正対して♂右足、♀左足に加重>ここで、しっかりウェイトを移動させること!
  & ♂左足、♀右足にウェイトを戻す
 3~4 繰り返し

♂&♀共通
6-5~8 ポイントした右トゥに加重して、ボタフォゴアクションの6歩
       加重した側のアームを上、反対側のアームを前にストレッチ
  8& 左足軸上でナチュラル方向にボールターン・・・ここでたまちゃん、いつもまごつく。

7-1~4 右足加重から、壁に面してLODにボルタアクションの7歩
       ♂のネックが被っていくので、上にしっかり伸ばす!

  5 左足アクロスして逆壁斜めに前進・・・ここからの1小節もたまちゃん、いつもまごつく。
  6 左足軸上でターン、右足前に残してトゥでポイント~ハンドトゥハンド風
 7~8 右足加重後、ナチュラル方向にスリーステップターンの3歩
8-1~8 左足前進からウォーク&ロックの10歩
9-1~8 ♂ホイスクの12歩
        最初の1小節で早めにアームを下ろしてプラットのリード~いつも遅くて、♀がもたつく
       ♀ホイスクの3歩の後、フットチェンジの2歩で♂と正対し、ホイスクの6歩・・・フットチェンジがいつも曖昧

コ「じゃあ、初めから・・・」
踊る。途中でいっぱいアドバイスが掛かる!

コ「ルンバとチャチャは、結構良いですよ。しっかり練習して下さい。期待が持てます。
サンバは・・・とにかくルーティンを覚えて下さい。他のことは、・・・ネックを下げないとか、ボディを絞るとか、アームを伸ばすとかは、その後!
覚えるまで、余分なことは考えないで・・・
hiroさんは、リードしようとしてアームに余分な力を入れずに、ボディで伝えるように・・・あと、ネックを・・・被らない!」
h&た「はい!」

h(あーあ!レッスン受ける態勢を整えられなかったから、踊り込みで終わってしまったなぁ・・・)
た「前回より楽だったわ。何だか、ラテンが楽しくなってきたわ。凄いわかりやすく教えてくれるから、勉強になります。早く足形を覚えて、他のことも注意されるようになりたいわー。」
h(是非、そうして下さい。!僕もスタンダード頑張ります。)

ラテンのレッスンは、コンペまでこれで終わり。
後は・・・練習有るのみだ!気合い入れて頑張るぞー!

ということで、昨日の練習編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2005-11-23 13:00 | レッスン・L

2005.11.18 チャチャチャ編

コ「じゃあ、カウントで踊って見せて下さい。」
ルーティンを一回り踊ったところで、stop

コ「音をクリアにするためには、・・・」
 ・カウント1で脚をしっかり伸ばす
コーチャーのヒップや太ももを触らせて頂く
 ・太もも、臀部その他に力が入って堅くなっている。
た「本当に堅ーい!」
コーチャーに触られる
コ「hiroさんは・・・おおっ!堅い!良いですよ。けど・・・曲がかかるとあたふたして、せっかくの力を出し切れていませんね。脚をもっと使って下さいね。」
h「はい。」

曲に合わせて最初から
 ・踊っていて余裕がない(=あたふたして見える)
コ「歩幅を狭く!」
 ・移動量を減らさないと、余裕は出来ないかも・・・(そういう問題ではないのかもしれないが・・・)

コ「次に、・・・」
 ・♂のフリーアームが下がっているときがある
 ・離れて踊るときでも、両手の枠の中で♀を踊らせる
踊ってみる
コ「スピードが全然違います。」
h(踊っていて実感は全然ありません。)

コ「じゃあ、最初から・・・」
 ・途中でルーティンを間違えて、最後まで続かない。たまちゃんが止めようとすると

コ「止まらないで、踊り続ける!脚伸ばして!・・・」
 ・まごまごしてしまうのは、本番でもやりそう・・・~課題だー

コ「踊っているとき、ネックは・・・」
 ・(ルンバ同様)♀が正面にいるときは正面、違うときは2Fの観客

コ「それから、ナチュラルトップは・・・」
 ・♀ボディ反りすぎ。床に対して真っ直ぐの軸をキープ
 ・♂右手は引き寄せすぎ。もう少しゆとりを持たせる(表現は違った)

h「先生、クロスベーシックのカウント1でシェイプを作るときのネックは、どっちを向くんですか?」
コ「カウント1で・・・」
 ・♂は左手、♀は右手を見る
 ・カウント2でチェックにするときは相手を見る

コ「じゃあ、最初から・・・」
 ・ちょっと気を抜くとフリーアームが下がってしまう
コ「手を下げないで、相手を囲う!」
コ「ほら!手が下がった!!」
何かに気を取られると、あっという間に下がってしまう・・・情けない。

コ「もっと前から、次に何をやるのか考えておかないと・・・その度に今から何やるかって考えていると、どんどん遅れるよ。
だけど、ルンバとチャチャはずいぶん良くなったよ。見違えるようです。・・・じゃあ、休憩して、次はサンバをやりましょう!」

ここで、30分休憩。
た「練習しないで来たっていったら先生怒っていたわね。・・・」
h(だから、レッスン前位しっかり練習しようって言ったのに、・・・)
た「私、ルンバの曲聞いて、最初踊れないわ。」
h「それは、カウントが取れないって事?それとも、どのカウントで何して良いか分からないって事?」
た「後の方・・・。」
h「練習しようよ。」
た「お願いします。」

繰り返していると、結構良い感じ。
本当はここまでレッスン前にやってから、臨むべきなんだよなぁ・・・
h「ところで、サンバのルーティン、覚えた?」
た「いいえ、まだ・・・」
h「練習しよう!」
た「その前にちょっと休憩・・・」
休憩後、復習するも、結局身に付かず・・・

サンバ編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2005-11-21 22:22 | レッスン・L

2005.11.18 ルンバ編

ルンバの曲がかかる。アイコンタクトで合図して、ボディトーンを強くしながら床をどんどんプレスしてカウント1で、両手を開く、さらに両アームを上げて聞き、絞って、バン!・・・あれれれれー?たまちゃん動かない・・・

コ「はい、最初から・・・」
曲に合わせて・・・たまちゃん、スタートはあったけど、その後すぐにずれる・・・
h(だから、練習しようって、言ったのに!!)
何度かやり直して、カウントを口ずさんでみる。・・・ようやく、ルーティン1周出来た。

コ「続けてチャチャチャも踊って。」
ルーティンを一杯間違える。バタバタと暴れながら、何とか最後まで踊り続ける。
コ「コンペで一番アピールする事は何ですか?」
た「立ち方?」
コ「何ですか?」
h「4&1の脚の開閉です。」
コ「何ですか?」
た「音?」
コ「どの音ですか?」
h「1です。」
コ「どうやって1の音を表現しますか?」
た「脚を伸ばして・・・」
コ「後は何ですか?」
h「アームで空間の広がりを表現します。」
コ「では、自分のやるべき事をやってみせてください。」
h&た「はい。」

踊り直し。二人でアームを伸ばして、立つ位置を確認。
コ「それは、練習でやって二人の距離の感覚を覚えたら、本番ではやらないように!」
h&た「はい。」
踊り始めて、4~5小節でstop

コ「回転するときに、・・・バレエではどうするか知ってますか?」
h「集めて回るんじゃないですか?」
いきなりクルクルクルって回って見せて下さった後
コ「回転するときは・・・」
 ・ボディと両アームで体の前に輪を作り、両手指を会わせた状態で回転
 ・この輪の両手指の間を離しても、繋げた意識は残す
 ・この輪が小さいと素早く、大きいとゆっくり回転する
 ・ニューヨークで開くときなども、考え方は一緒

コ「この輪をキープするには・・・」
輪を作っている僕のアームを、上から下、下から上、外から内、内から外に、押したり、引っ張ったり・・・
コ「外から力を加えても崩さないように、背中の筋肉を使って・・・」
(スタンダードのホールドと一緒)
 ・アームワークやラインを強調するときなども、この意識を忘れない。
反復エクササイズ

コ「じゃあ、最初から!」
立った途端に、近すぎるとご指摘・・・
立ち直して、しっかり踊る
コ「・・・」
何か言われたけど、・・・忘れた。

チャチャチャ編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2005-11-20 17:26 | レッスン・L

2005.11.18 ラテン編

先日のレッスンノートから。

スタジオに向かう電車の中でイメトレ。
2レッスンでラテン3種目を習うコンペ前最終日。
(って、コンペはまだ2週間先なんですが・・・)
共通
 ・一歩一歩片足の上に立ち、腹を引き上げ、ネックを上に伸ばして軸をキープ
 ・視線は2階席を見るイメージ
 ・一歩一歩床をこすった後、トゥの先まで伸ばす
 ・音の幅一杯にボディを絞り続ける
 ・アームを止めずに一番遠い軌跡を通して、空間に広がりを持たせる
ルンバ
 ・オープンフェンシングポジションのカウント4で、右アームを前方にストレッチ
  ~ここ、活字で頭に残っているけど実際のアクションがイメージできず
    ・・・スタジオで試すつもり
 ・アラベスク、アームを横から、縦へとゆっくり動かす
 ・ニューヨーク系のフリーアームは全て上にしっかりストレッチ
チャチャ
 ・4&1の脚の開閉
 ・カウント1の音の幅をしっかり見せる
 ・クロスベーシックのフリーアームは上にストレッチ
 ・ファンポジションのフリーアームは横にストレッチ
 ・ナチュラルトップはしっかり回転

途中でたまちゃんから風邪気味ってメールを貰う。
いきなりテンションが落ちる。お気楽モードで行くことになるのかなぁ・・・

1時間前にスタジオ入り。着替えて出てきたら、たまちゃんとばったり。
早いじゃない。元気になったのかな?
・・・けど・・・着替えてもなかなか立ち上がらない。やっぱり良くないのかな?
調子悪いときに無理させるわけにはいかないし・・・

h「ルーティン、覚えてきた?」
た「今、思い出しているところです。」
h「僕が送ったレッスンノートのメールは見た?」
た「ごめんなさい。昨日は寝てたから、見てないんです。」
h「調子悪いときはしょうがないよ。僕が分かる範囲で、♀のアームの動かし方を送ってあるから、イメージ作りの参考にして。今日は、無理しないでね。」
た「ありがとうございます。」

ルンバのベーシックをやってから、曲に合わせてチャチャのバリエーションをルーティン確認。
h「ルンバもやろうか?」
た「もう少し、ベーシックを・・・」
h「後10分しかないよ。」
た「あと10分もあるじゃない。」
h「それは、10分間休み無しでやるときのせりふでしょう~」
た「・・・」
まあ、何を言ってもやる気のない人にやる気は出せないので・・・今日のレッスン無駄になるのかなぁ・・・なんて思いながらムービーをセットして、レッスン開始。

コ「あれ(前回のレッスン)から、練習してみましたか?」
h「いいえ!実は・・・全くやっていません。」
コ「全然ですか?それは良くないですねー!・・・じゃあ、曲に合わせて踊って見せて下さい。」

ルンバ編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2005-11-19 14:51 | レッスン・L

2005.11.15 サンバ編

コ「じゃあ、サンバもカウントに合わせて、ゆっくり踊って見せて下さい。」
ルーティンを1周してstop

コ「その繰り返しですか?」
h「ホイスクからプロムナードランズに入るところで、2拍ずれるので・・・」
 ・7&8&で1回転するピボットを、5&6&7&8&で2回転に増やしてみた
実際にやって見せたところ
コ「ダメダメ!それじゃあ難しすぎる!・・・」
 ・12とウオーク入れて、3&45&6とプロムナードランズを入れて、7&8&でピボット
h「分かりました。」~一番の収穫かも?

コ「まず、・・・」
 ・プロムナードランズ、外側のボディとアームをしっかりストレッチ。
反復エクササイズ

コ「じゃあ、最初から。」
踊り始めるが、たまちゃんが動かない。
た「♂が動いている間、私は私は何をしていれば、良いのですか?」
コ「ルンバと同じように・・・(腰振っていれば良い)」
た「それが一番苦手なんです・・・」
コ「じゃあ、・・・」

(二人で腰振りながらスタンバイ)
1-1 ♂スピン(トリガー)
    ♀左足の上に立っていて、右足を開く。センターバランスで、両アームを横に開く
  2~4 ♂右サイドをストレッチしたまま、右アームを上に、左アームを横に徐々に上げていく
      ♀両アームを円を描くようにして上に上げ、正面を通して腰の位置
♂&♀
  5 左足アクロスして前にチェック。右アーム前、左アーム後(気持ち上)にストレッチ。左ボディもストレッチ
  & 左足戻して加重
  6 右足アクロスして前にチェック
  & 右足アクロスさせて後退 

7 左足真っ直ぐ後退
& 右足真っ直ぐ後退
8 左足後退してから、ナチュラル方向の運動開始
& 右足前進

2-1~6 ♂&♀プロムナードランズ
           アームは前にストレッチ。後ろ脚を伸ばして、ヒップを上げる。

3-3~4 ボルタアクション
コ「ボルタは・・・」
 ・開いて進み、閉じて降りる。
 ・両方進めようとすると、逆に距離が進まなくなる
 ・フリーアームは横にストレッチ

ここまで。

コ「続きは、次回にしましょう!・・・見違えるように良くなりましたよ。コンペも期待が持てるかも?」
h&た「ありがとうございます。」

休憩後、復習。
た「(ラテンの)カップルレッスンって、全然違うのね。一寸だけ面白かったけど、もの凄く疲れたわ。・・・」
相当お疲れモード。
h「もう練習無しで、週末のレッスンだよね。明日か明後日、テープをダビングして持って行ったら金曜までに見る?」
た「ごめんなさい。・・・」
h「今できないことは次のレッスンでも出来ないけど、今出来ているとこも忘れるかもしれないじゃない。・・・まあ、しょうがないかぁ・・・」
♀「しっかり復習してくるから・・・まず、・・・」
メモし始める。ひょっとしていけるかも?

この後、疲れた~って、泣きの入ったたまちゃんにお願いして、3種目とも習ったことを復習。

この成果が金曜(明日)のレッスンまで持つかなぁ?
[PR]
by hiro_08_2003 | 2005-11-17 22:01 | レッスン・L

2005.11.15 チャチャチャ編

コ「では、カウントに合わせて踊って見せて下さい。」

オープンCPPからバリエーションで14小節踊ってファンポジション。ここから、ベーシックを20小節踊るはずが・・・ホッキースティックから最初に戻ってしまった。
コ「これで終わりですか?」
h「ルーティンを間違えました。」
コ「もう一度最初から見せて下さい。」
ルーティン1周ちょっとで今度は♀が間違えてstop

コ「先ほどのルンバの立ち方はしっかりやるとして・・・チャチャは距離を稼ごうとしなくて良いので、・・・」
 ・4&1の脚の開閉をしっかり見せる
 ・1の音の幅を長く見せる
コ「そのためには・・・」
忘れた。

バリエーションの途中でstop
コ「ネックは向き合っているときと、外側に開くときで・・・」
 ・向き合っているときは互いを見つめ合う
 ・外を向いているときは、外側を見る
 ・自分の正面にいる人を見ているとネックが折れやすいので、2階あたりを見ているとちょうど真っ直ぐに見える
反復エクササイズ

コ「では、続けて!」
 ・クロスベーシックでシェイプを作るカウント1、フリーアームは上にストレッチ!
 ・ファンポジション、フリーアームは横にストレッチ!
 ・ナチュラルトップは回転量をしっかり見せる!
反復エクササイズ

コ「じゃあ、最初から!」
 ・フリーアームは頑張りすぎると低くなるので、真上に伸ばすイメージ~ニューヨーク、ハンドトゥハンド他全部同様
反復エクササイズ

この後、何か言われてやろうとしたところで、コーチャーに電話が入る。戻ってきて
コ「じゃあ、・・・」
h「先生、この後サンバもあるんですけど、時間大丈夫ですか?」
コ「止めましょう。続きは次のレッスンで・・・とりあえず、ルーティンは覚えてきて下さい。」
h&た「はい、分かりました。!」

後からビデオを見て思ったこと。
 ・フットワークが汚い
 ・フットスピードが遅い
 ・ネックの切れが悪い
 ・音の幅が短い
 ・フリーアームに張りが無くて、偶に垂れている
見ていて、情けなくなりました。

サンバ編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2005-11-17 21:51 | レッスン・L

2005.11.15 ルンバ編

コーチャーのカウントで踊り始める。ルーティン1周して最初に戻ったところで、stop
コ「これで1周ですか?ほとんどベーシックですね。」
h「はい。」

コ「まず・・・」
 ・立ち姿を見せる
 ・片足の上に立ち、頭の上まで1本の軸を作る
 ・軸の上で腹を引き上げ、首を伸ばす
 ・もう一方の脚をトゥの先まで伸ばす(=軸の上で引き上げているので、トゥは小指しか床に着かない)
コ「これを1歩1歩、全部見せます。脚を閉じたときも同じです。」
立ち方のエクササイズ

コ「じゃあ、最初から・・・」
立ったところで直ぐにstop
コ「間隔が狭いね。・・・」
 ・互いにアームを伸ばして、手が重なる位置に立つ
 ・立ち姿をスッキリと!

やり直した途端にまたstop
コ「フリーアームは・・・」
 ・一番遠いところを通過させて、空間に広がりを出す
アームワークのエクササイズ

コ「じゃあ、最初から・・・」
1-4~1 ♂両アームをリバース方向に巻き付ける
       ♀♂を追うように目一杯前に伸びる
2-2 ♂オンカウントでシェイプ
    ♀オンカウントで戻り、アームは両肘を引いて、両手を腰付近へ~空手の押忍のイメージ?
  3~1♀ヒップツイストしながらウェイトを右、左、右
       アームは体の横を通して、上で交差させ、正面まで下げる
3-2 ♂&♀左足を横に開いてクカラチャアクション、左アームを下から斜め上まで上げる
  3 ♀左アーム横に伸ばしたまま、右アームを横に広げる
  4 ♀左足をアクロスして前進しながら、右アーム上、左アーム横のラインを作った後、両アームを巻いてスピン
  1 ♀右足に乗り換えて、両アームを横に開く

スリースリーズ
4-2~4 ♀ウェイトを左、右、左と乗せ替えてリバース方向にスピン。両アームは肘を引いて両手を腰付近に引き寄せてから、横に開く
5-2 ♀右足後退。左アーム横、右アーム上のラインを作る。手指はきつね形。右手は横~上を向けて、空間に広がりを出す
    ♂左クカラチャ時には左アームを斜め上まで上げる(今まで横に目一杯伸ばしてた)
  3 ♀左足に体重を戻す
  4 ♀右足前進
  1 ♀ナチュラル方向に右ボールターンして男性と正対
6-2 ♀左足前進、左サイドとアームを目一杯伸ばして♂に近づく~♂を誘うイメージ
      ここから、ナチュラル方向にボールターンして男性と背面
  3 ♀右足に体重を戻してナチュラル方向にボールターンして男性と正対
  4 ♀左足後退。左アームは後方上に伸ばす
    ♂右アームを前方に伸ばす・・・アームの運動がその前と上手く繋がらないかも?

ここから、オープンヒップツィスト風
7-1 ♂ヒップツイストさせる時、左アームをボディ横に付けず、左脇に空間を空ける
8-2 ♀左足前進後リバース方向に回転開始
  & ♀右足前進後回転継続
  3 ♀(1回転後、右手は後ろに伸びる)左足前進
  & ♀(♂に背を向けたまま)右足前進
  4 ♀左足前進しながらボディをナチュラル方向に開いてファンポジション。左アームは横に開いてラインを作る

ここからアレマーナ
10-4 ♀左足を横に開いてダブルホールドで♂に正対

11-2 ♀両アームを伸ばして右足後退
   3 ♀左足にウェイトを戻しながら、♂のリードでリバース方向にボールターン
   4 ♀シャドーポジション?で両脚を揃えて♂の前にすっぽりと入る
   1 ♀両膝を曲げてネックを下げる~左足前、右足後で1本に見えるように揃える
12-2 ♀ネックを起こす
   3~1 ♀両膝を伸ばす運動継続。両アームを横に広げてラインを作り、更に上で交差させ、正面に下ろす
   ♂&♀一旦縦のラインを作ってから次の動作(アラベスク)に移る

アラベスク
13-2~1 ♀左脚を後に伸ばして持ち上げながら、左アームを前、右アームを上にストレッチ
        ♂動作はゆっくりと。♀の左脚を持ち上げるまでを特にゆっくり

14-2~1 ♂&♀左(♀は右)足加重、ボディが上に伸びて反る。両アームをしっかりストレッチ

15-2 ♀左足でキック
   3~4 ♀左足前進後リバース方向にスリーステップターンして左足後退後、男性と正対してオープンフェンシングポジション

ここからベーシックのルーティン
オープンヒップツィスト、ホッキースティック
19-2~4 ♀ホッキースティックの後半は左斜めにカーブする(真っ直ぐ進みやすい)
 
ニューヨーク
20-2 ♂&♀両トゥは互いに外側を向ける。下腹を引っ込める。
 
アンダーアームターン、ハンドトゥハンド、スポットターン、ベーシックの前半、アレマーナの後半、ロープスピニング、オープニングアウトツーR&L、スパイラル(ファンエンディング)、ホッキースティック、ベーシックの前半からスリースリーズに戻る。

ここまで、細かくなおしながら、反復エクササイズ。

コ「見違えるように良くなりましたよ。・・・軸を立てて、脚を伸ばして、首を伸ばして、余裕があったらしっかり絞る!・・・
では、チャチャにしましょう!」

チャチャチャ編に続きます。
けど・・・↑これ見てイメージ湧く人いるかなぁ?
[PR]
by hiro_08_2003 | 2005-11-17 21:43 | レッスン・L

2005.11.15 ラテン編~序章

昨日のレッスンノートから。

二人でお初のラテンレッスン。実は僕も超久しぶり。レッスンノートで確認すると、9/1のパソ以来なので、2ヶ月半ぶりでした。
今回と11/18にそれぞれ2レッスンで3種目ずつ見ていただいて、12/4に開催されるJDCのC級戦(SCR)に臨む予定です。
(実は、まだエントリーの調整が済んでいないので・・・若干の不安が・・・)

スタジオに向かう電車の中でイメトレ
3種目共通
 ・まず、ルーティンの確認
 ・高く立って、音の幅いっぱいに止まらず使い続けて、目一杯絞りとストレッチ!
 ・脚はしっかり伸ばして、動かすときは床を擦り続ける!
どこまで、出来るかなぁ?
それから、サンバのルーティンが2拍ずれちゃうので、ピボットで吸収するところを見ていただいて・・・

1時間前に待ち合わせて、スタジオ入り。
たまちゃんの入会手続きを済ませ、念入りに体をほぐしてから、まずベーシック。
体を慣らしてからバリエーション・・・
た「まだ体がほぐれないからもう少しベーシックを・・・」
踊る。

h「じゃあ、バリエーションを・・・」
た「少し、休ませて・・・」
どうやら、未だにしっくり来ないスタートの部分を人前で踊りたくないみたい。
h「別に良いけど、しばらく(11/6以来)ラテンやってないんだから、レッスン前にルーティン位は身につけておかないと・・・」
た「・・・」

渋々バリエーションの練習開始。予想どおり結構まごつく。これを見越して早く待ち合わせたんだけど・・・
チャチャ、サンバに続いてルンバを始めたところで時間切れ。急いでムービーをセットしてるとコーチャー登場。

コーチャーとパートナーをそれぞれ紹介して、レッスン開始。
h「先生、今日と金曜に2レッスンずつ受けて、JDCのラテンC級戦に出ます。種目はCSRです。」
コ「人はそれを無謀と言います。で、今日は?」
h「基本が大事なのは重々承知していますが、コンペを見越して、3種目の見てくれを少しでも良くなるように・・・」
コ「分かりました。ルーティンは前のやつですか?」
h「前のを1/3位やって、ベーシックを1/3位繋げて・・・短めのを繰り返すことにしました。」
コ「では、ルンバから・・・曲かけて踊れますか?」
h「カウントでお願いします。」
コ「では、始めて下さい。」

ルンバ編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2005-11-16 22:52 | レッスン・L

2005.9.1 パソ編

先日のレッスンノートから。

スタジオに向かう電車の中でイメトレ。
コンペ前最後のラテンレッスン。
 ・胸を広げて、サイドを下げない~逆を上げる
 ・高い位置でシェイプ
 ・足を素早く開いて、閉じる!
 ・ザツイスト 道を空けてから、前進(音に間に合うかなぁ・・・)
 ・シンコペーテッドセパレーション 腿高く、しっかり締める
 ・シャッセケープのツイストターン風の所はよく分からない。訊こう!
 ・シャッセケープ、1で高く!&でシェイプ!

30分前にスタジオ入り(もう30分早く来たかった・・・)
アップして、イメトレの復習?
ゆっくりやると、良い感じ?音には・・・合うかなぁ・・・
♀は10分前のスタジオ入り。1回合わせていると、コーチャー登場。

コ「アームのリードは、今の10分の1で良いよ!・・・じゃあ、最初から!」
いきなりレッスン開始。踊る。
コ「もっと高いところで踊ろう!それじゃあ、まるでタンゴだよ!・・・」
 ・ルンバウォークの最後で踵が出るイメージ

次にポジションの話
コ「ベーシックでは・・・」
 ・クローズポジション、PP、CPP、お互いにおへその向きを合わせる
 ・ネックは直立
 ・それ以上のシェイプは崩れるだけ
 ・頭の高さは最初から最後まで一定
 ・リードしようとしない。自分のバランスの中で最高のスピードで動く
 ・後は、♀がフォローするだけ
 ・大きく移動しようとしない。歩幅を狭くして、シェイプを見せる!

コ「じゃあ、最初から細かいところをひとつひとつ見ていこうか!」
フラメンコタップ
予・1~4 最初まっすぐ立ち、4拍かけてだんだんシェイプ!
 ・腹を引き締め
 ・みぞおちまで真っ直ぐ立て、胸からシェイプ
 5 前足にしっかり乗る
 6、& しっかりタップ~前足に乗らないと出来ない
 7 後ろ足にしっかり乗る
 8 前後にストレッチ
   右肘を曲げて、手は二人の中央
   左アームは上にストレッチ

シャッセトゥライト?
 1 右足にしっかり乗って、右腰前のシェイプ
 2 オンカウントでボールターン
   右サイド上、左腰前のシェイプ
   ~フレームを残しておかないと、ターン後止まれない
 4 右手♀の肩胛骨の下に当ててクローズポジション
   左サイド上にストレッチ

ドラッグ
 1 オンカウントで右サイドを伸ばす~左サイドを下げない
   右膝を曲げるので、歩幅を広くする数少ないパート。
   フレームをキープして、ボディを素早く切り替えるだけ
2-4 だんだん左サイドが上がる

ザツイスト
 1 アペルしてPP、右腰上がる
2~歩幅を狭くして、シェイプを見せる
 4 一旦クローズポジション
   右腰前、左サイドをしっかり上にストレッチ
   胸を引き込み、ネック後へ~互いにトップが開く
   右肩を上げないで、両手前~ここを長く取る
 5& 右腰前、両肘横、右サイド上のシェイプを素早く
 6 クローズポジションのまま、OPに前進
コ「ツイストはポジションが入れ替わるので、非常に難しい。
ここをきちっとやると、ワンランク上に行けるので・・・」

セパレーション
 ・♀は♂のリードを感じて自分で動く
 ・早いとすっぽ抜け、遅いと重くなる
 ・歩調(ボディのスピード)を♂に合わせる
 ・♂は手でリードしない。フレームをキープして、自分のボディだけを動かす

ここまで。
最後にありがたいお言葉。
 ・♂は内回り、外回りの距離差など多少は気を遣うが、
基本的にマイペースで自分のやりたいことをしっかりやる!
 ・すると、♀に伝わる。伝えようとするとスピードは遅くなるし、形も崩れる
 ・エントリーから全てに共通
 ・手を握らない。最初滑らす。後は、勝手について来させる。
後は・・・忘れた。

シャッセケープを訊くの忘れてしまった。
元通りにするしかないなぁ。
そこまで行けなかったので、最初からツイストまででチェックを取るしかない・・・

終わりにメイさんカップルのお礼。
コ「喜んでくれたかな?」
h「普段の練習方法まで教えて頂けたって、喜んでました。」
コ「だけど、インターネットって凄いね。色々な繋がりが出来るんだ!
俺もやろうかな・・・」

打ち合わせしているうちに時間切れで復習せずに帰路につく。
後は、翌日の練習のみで本番を迎える。
条件は最悪?だけど、やれる範囲内で精一杯やるだけ。
頑張るぞ!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2005-09-01 10:36 | レッスン・L