カテゴリ:レッスン・S( 268 )

2010.7.2 クイック編

先日の個人レッスンノートから。

スタジオに向かう電車の中でイメトレ。
 ・頭(顔)をおとなしく、首から下を柔らかく
 ・最初のランニングライトターンをフレームを止めずにスムーズに踊って次に繋げる
目標
 ・今日でルーティンを終わらせられるように、習ったところを一発で決める

45分前にスタジオ入りして、しっかり踊り込んでレッスンに臨む。

途中でコーチャーにご挨拶。
h「先生、8/1のJPBDAのノービス戦にエントリーしました。」
コ「少し早くなりましたね。大丈夫ですか?」
h「はい。明日やっても大丈夫な手応えを感じています。」
コ「勘違いでなければいいですが・・・パートナーさん奇麗なのにリーダーが足を引っ張ってって、評判が立ったらどうしますか?」
h「甘んじて受けて、しっかり練習して、次に臨みます。」
コ「それなら良いですが・・・」
引き続き、しっかりシャドー。

コ「それでは、始めましょう!練習してきましたか?」
h「はい。シャドーだけですが。」
コ「曲に合わせて踊れますか?」
h「はい、大丈夫です。」
コ「それでは、曲に合わせて踊って見せて下さい。」
途中で、音を外してしまった・・・

コ「今のは曲にあっていましたか?」
h「途中、オープンナチュラルで外しちゃいました。」
コ「外したって気付いたときは、どこかで合わせてから続けた方が良いですよ。・・・」
 ・基本は中間バランス
 ・1歩1歩足の上に重心を移動させようとすると曲から遅れてしまいやすい
 ・両脚を開いているときは、両足の中間を重心が通過するイメージ
 ・両脚を閉じているときも、両足の中間に重心を置く
 ・サポーティングフットでボディを運ぶのではなく、体の下に足を置く
 ・ランニングライトターンも足の上にウェイト移動させず、両脚の間のラインに沿って移動させる

コ「次に・・・」
スローアウェイオーバースウェイからオープンナチュラルまで
 ・右→左→右→左と交互にスウェイチェンジ
 ↑合わせて右を前→左を前→右を前→左を前と交互にローテーション
☆こねくり回さず、両サイドを交互にストレッチと言われたのと混同している???(後から確認)
↑下(腰)の向きと上(胸)の向きが違うとも言われた

PP
 ・特にPPで2Qの足の上にウェイトを乗せてスウェイチェンジしようとすると遅れる
 ・1Sの足と2Qの足の中間ラインを重心が移動したときには、左スウェイが出来て、体の下に3Qの足を置くと音から遅れない
↑前回のレッスンで習ったのになぁ・・・

オープンナチュラル
1S 左脚を使って左肩胛骨を前に持ち上げる
   ↑頭固定で下をswingさせて腰を持ち上げるって、前回習ったのに忘れていた
   両アームと一緒に後から前にswing
   更に前上方に振り上げながらネックを右
   ↑ボディと連動した動きが大事~先に切ったり、後から追いかけたりしない

続くオープンインピタスの切り替えは上手くいったみたい

ホップステップ
 ・けんけんってサポーティングフットで床をプレスするイメージがNG
予・Q(L) THでボディを運ぶ
1・Q(R) HTで骨盤を前に振り上げる(ここだけHTで、他はTT)
      連動して左膝が付いてきて、右足が床から離れる(=スキップのイメージ)

そーいえば・・・ホップステップでコーチャーがS&とかって音を取ろうとしたのに、そこはQQでって、口応えをしてしまったところ、そのままやるように言われた
(またまた熟考が足りない欠点をさらけ出してしまったと、後悔)

h「先生、ここは腹筋を縮めて肘を膝にくっつけるイメージで良いですか?」
コ「良いけど・・・やってみて」
 ・最初に骨盤を持ち上げずにNG
 ・骨盤を持ち上げた後に、腹筋を縮めて使うのはOK
 ↑とても忙しい・・・

続くシャッセ。
 ・上体は左に残して、下を♀と一緒に先行させる

一旦止めてシャッセの反復エクササイズ。

その2に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-07-28 23:08 | レッスン・S

今日のポイント

スタンダードの個人レッスンからの帰りです。

今日のポイントは股関節を使う!

以前、学連出身の格上女性と一緒に練習したときにいただいたアドバイスについて、
ようやく理解できました。

しっかり練習してワンランクアップを目指します。

詳細は・・・後日アップするつもりです。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-07-23 23:49 | レッスン・S

今日のポイント

橘ダンス教室で土屋美哉先生のカップルレッスンを受けた帰りです。

今日のポイントは、
ワルツ
 上を広く、下を一杯動かす
タンゴ
 PPのシルエット
です。

詳細は後日アップします。
↑どんどん溜まっちゃって・・・どうしようか思案中です。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-07-22 23:25 | レッスン・S

2010.6.23 タンゴ編(その3)

昨日、今日と猛烈な暑さで、夏ばて寸前です。
ここで疲労を蓄積すると、秋になって、がくって来るので要注意です。

さて、先日のレッスンノートの続きから。
コ「では、ルーティンを1周分見せて下さい。・・・hiroさん、・・・」
 ・♂はとにかく余分なことをしない
 ・軸をしっかり絞って、頭を上に引き上げる
 ・リンクなど右サイドリードから左サイドリードの切り替えは首を柔らかくして、ボディだけ動かす
 ・(相変わらず)右肩が上がりやすいので、下に押しつけて、右肘を遠くに伸ばす
 ↑この時、右手を引かず、ボディの前に置いておく

コ「ほら、hiroさん首長いじゃない。それを縮めるなんてもったいないわ。」
h「僕も自分のネックのラインが好きなので、ネックからショルダーのラインはとても意識している踊っているのですが・・・」
コ「それは大事なことよ。・・・」
 ・首を上に引き上げるイメージを合わせて持つ

チェイス
 ・♀は♂と一緒に後退せずに、♂だけ先行する
コ「hiroさん、第1コース、第2コースって教えたの覚えているかしら?」
h「はい。(今思い出しました)」
 ・LODに進行しながら中央から壁に向かって第1コース(♂)、第2コース(♀)を進む
 ・4Qで♂は第2コースを横切って、第3コースに移動する
 ・♀は引き続き第2コースを進む
 ・♀左足の後退量は少ない
続くシャッセ
 ・♀先行させる

コ「オープンプロムナードはこうして(左スウェイを付けて)も良いのかしら?」
h「この前財団のチェッカーにはぼろぼろに指摘されましたが、JDCのチェッカーは知りません。
先生の方がよく知ってるでしょう。教えて下さい。」
コ「あまり派手にしないで・・・」
4月の競技会みたいに左スウェイで踊る
コ「もう少し・・・」
 ・自分の中では15度の傾斜
 ・♂の前進と一緒に♀後退

アウトサイドスウィブル&コントラチェック
 ・&Sの音をはっきり
 ↑コントラチェックの戻りも同様
 ・コントラチェック直前、上体は今までどおり左スウェイ(表現は違った)
 ↑左足の位置は右足と平行から中央斜めに開いた位置
 ↑ネックは今までの気持ち壁斜め→気持ち中央斜め

通して踊った後、微調整していただく。

コ「今日は、ここまでにします。」

習ったことの定着を目指してしっかり踊り込む。
次のレッスンの邪魔にならないように、角度を変えたり、クローズプロムナードやバックコルテを追加しながら踊り続けて・・・しっかりフォローしてもらえた。
良い感じです。
週末しっかり踊り込もう!(って、それから1ヶ月が経過するところですが・・・)
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-07-21 23:28 | レッスン・S

2010.6.23 タンゴ編(その2)

金曜は職場を周辺地域に開放しての盆踊り大会でした。
hiroは所属しているよさこい同好会のお披露目で3曲踊りました。
しばらくして、盆踊りで知らない曲を素敵に踊っていらっしゃる女性の後について、真似しながら踊った後の出来事です。
h「とても素敵に踊っていらっしゃいますね。どこかで習っているんですか?」
♀「いいえ!」ビックリした顔して走って逃げていきました。
誤解されたのは悲しかったです。
この後、記憶が無くなるまで飲んで、昨日も狭山市でよさこいの活動。
2曲踊って、仲間と打ち上げ・・・気付いたら終電ギリギリ。
今日は一日寝てました。

さて、先日のレッスンノートの続きから。
合流したパートナーさんと少しお話しして、レッスン再開。
コーチャーと一緒に踊っていただきながらのレクチャー
 ・足首と股関節を柔らかく
 ・右手小指からのコンタクトを意識 
2ウォーク、クローズプロムナード、バックコルテ
 ・バックコルテの1S、ボールバランスで右膝を前に使って♀を後の反らせてから
 ・ウェイトをボール→ヒール→左足
 ・♀を右手で抱えない
 ・ウェイトはセンターを通過して真っ直ぐ後退

ここで着替え終わったパートナーさんと合流。
コ「では、ルーティンを1周分見せて下さい。
hiroさん、とにかく余分なことをしちゃダメよ!」

その3に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-07-18 23:45 | レッスン・S

ワンピース

先ほどスタンダードのレッスンから帰宅しました。
今日はいつものコーチャーではなく土屋美哉先生のレッスンでした。
今日のポイントは「ワンピース」です。
詳細は後日アップします。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-07-15 23:58 | レッスン・S

2010.6.23 タンゴ編

先日のレッスンノートから。

パートナーさんが遅れて、一人でレッスンを受け始める。
h「前回の練習からタンゴを加えました。」
コ「ルーティンは?」
踊りながら
h「2ウォーク、リンク、クローズプロムナード、バックコルテ、オープンリバースターン、ファイブステップ、クローズプロムナード、リンク、ナチュラルツィストターン、クローズプロムナード・・・」
コ「うちの教室は狭いけど、会場では短すぎるでしょう?」
h「その時はリンク、クローズプロムナードを加えます。」
コ「それで伸び縮みには対応できるのね?」
h「はい。その後、オープンプロムナード、アウトサイドスウィブル、コントラチェック、クローズプロムナード、ファイブステップ、チェイス、シャッセ、リンク、クローズプロムナードです。」

コ「バックコルテのフットワークが曖昧でしたよ。もう一度踊って見せて下さい。」
2Q、3QをIEの中間バランスでしっかり止めて踊る。

コ「では、一緒に組んで・・・hiroさん、・・・」
 ・♂のボディで♀のボディを押している
 ↑2人の間の空間がつぶれているということ
 ・股関節を使わず前進しようとしている
 ↑上体が前や後に傾きやすい
 ・右サイドの意識が強すぎるので、左サイドを意識する

やり直して踊り始めようとするも、動いてもらえず・・・
コ「hiroさん、反時計回りの前進では・・・」
 ・左サイドを後に引きたくなりがち
 ↑それはNG

♂左&♀右手のコンタクトだけで前進するエクササイズ
コ「そこから左右に曲がるリードを・・・」
直ぐにstop

コ「ちょっと待ってて!」
なんと!奥から腕の骨の模型を持ってくる!!

コ「hiroさん、前腕って2つの骨で出来ているって知ってる?」
h「はい。」
コ「あれ?教えたかしら?」
h「いいえ。けど、尺骨と何とかっていうので出来ていることは知っています。」
コ「とう骨ね。尺骨というのは・・・」
↑多分小指側の骨

ここでパートナーさん、スタジオ入り。直ぐに着替えに向かう。

h「で、尺骨と何でしたっけ?」
コ「とう骨というのは・・・」
 ・親指側の骨は肘より先と繋がっていて、ひねりに弱い
 ・小指側の骨は肘と直接繋がっている
 ・小指側をしっかり意識してリードを伝える

足首、膝と股関節を柔らかくして、右手小指からのコンタクトを意識しながら踊る
ウォーク、リンク、クローズプロムナード、バックコルテ
 ・ボールバランスで右膝を前に使って、♀を後に反らせてから
 ・ウェイトをボール→ヒール→左足
 ・右手で♀を抱えない
 ウェイトはセンターを通過して真っ直ぐ後退

ここで着替え終わったパートナーさんも合流

その2に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-07-14 23:28 | レッスン・S

ルーティン完成!

スタンダードのレッスン帰りです。
なんとかクイックのルーティンが出来上がりました。
後は踊り込み!
詳細は後日アップします。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-07-09 23:32 | レッスン・S

2010.6.18 クイック編(その4)

今週は仕事関係の飲み会が週の頭から続いて、1週間がとても長くなりそうです。

さて、先日のレッスンノートの続きから。

反復エクササイズの後、オープンナチュラル
1S PPから右足前進
   ウェイト右足に移動し、左足を使った分だけ左サイドを前上方にストレッチしながらネックがナチュラル方向を向く
   ↑ネックを向けるのが目的ではなく、ボディの動きに連動する
2Q 左足加重
   ↑この足の上で右足を後に抜く・・・ここまでがカウント2~ランニングライトターンに似ている
   結果的に右サイド前のローテーション(=ネックナチュラル方向、ボディリバース方向の動きで絞り(=軸)が生じる)
3Q 右足柔らかく床をキャッチ>ドスンって、落ちない
  ボディを♀と接したまま、右足の上まで真っ直ぐ後退(アウトサイド)

なかなか出来が悪くて・・・
簡単に「はい。」って返事をしながらろくに踊れず・・・ありがたいご説教をいただく。
コ「hiroさんって、本当に一つのことしか見られないのよね。・・・」
 ・言われて直ぐに理解できずに入って言わない
 ・熟考が必要
 ・理解できたと思ったら、ゆっくり動いて確認する
 ・それで分かったと思いこむ前に、確認(質問)する
 ・出来たと思ってから分かったと返事する

オープンインピタス
1S 左足後退~このウェイト移動の間に右サイドリード(あごの下に右肩)からニュートラル、アウトサイドパートナー(あごの下に左肩)
   ↑hiroのは右サイドリードのまま左足に乗って、ヒールターンで左サイドリードにしているので、音から遅れやすい
2Q ヒールターン時、右足の上に乗りきらない
   ↑ウェイト前(中間)に残して、右ヒップを突き出すイメージで下だけ回転させる
3Q 音の頭でボディの下に左足を置く~これで音がクリアになる

ホップステップ
5&6&のシャッセ、音をクリアに
前進のシャッセ&ロック(1&234)、後退のシャッセ&ロック(1&234)も同様に音をクリアに

プロムナードウォーク?
1 右足前進(HT) 足の上をしっかりウェイト通過~乗り越えるイメージ
2 左足前進(TH) ここまでPPでネックは進行方向

ホップステップ
3 右足前進(HT)で床をプレスしながらスクエア
  ↑ネック進行方向から左手(実はフレーム)に連動して左斜め前
4 右足床をキャッチ

コ「hiroさん言葉で覚えても体がバラバラなので・・・」
 ・一つ一つを集めて全体を作るのではなく、内部の動きに連動して一つ一つの動きになる
 ↑表現は違った

有り難いというか、耳に痛いお言葉をいただいて・・・
開眼には未だ至らず・・・繋がるように週末しっかり練習しよう!(って終わっちゃいましたが・・・)
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-07-07 23:20 | レッスン・S

2010.6.18 クイック編(その3)

今日は練習日でした。
どんどん息が合ってくるのが実感できて、気持ち良いです。

昨日届いたアクセラスポーツのi-stopは・・・とても新鮮です。

さて、先日のレッスンノートの続きから。

クイックオープンリバースに続く、フォーラウェイリバースアンドスリップピボット
3Q 両トゥ立ち
4Q 右足外回りの後退、THF~ここで右ヒールをゆっくり下ろす
   中間バランスから左ヒールをゆっくり下ろした後、ロアーしても中間で右足に乗りきらない>遅れる

続くテレマーク&テレスピンも中間バランスで回転

スローアウェイオーバースウェイ
 ・右脚トゥまで伸ばして、親指の内側で床をプレスして、ヒールを床に着けない
 ・左サイドを上にストレッチ
 ・右サイドを落とさない

ネックがぶれるようで、左右のストレッチのエクササイズをパワーアップ?して反復エクササイズ
 ・顔を固定して動かさない
 ・ネック左右の筋肉を柔らかくして交互にストレッチ
 ・下を左右に大きく移動
 ↑この動きに合わせて腰を交互に持ち上げ、逆を落とさず、ネックをぶれないようにしっかり固定

スローアウェイオーバースウェイの右スウェイから、♀を右に送りながらスウェイチェンジして逆動作
↑ここから♀を追い越してスウェイチェンジ、更にスウェイチェンジしてPP
 ・下を暴れず、固めず、ボディ(アームも)の逆サイドを落とさず
 ・下を♀から離さない
 ↑実際に動くのは、とても難しい・・・

反復エクササイズの後、オープンナチュラル

その4に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-07-04 22:55 | レッスン・S