2009.1.30 タンゴ編

先日のレッスンノートの続きから。

h「今まで暴れていたところを押さえて二人の位置関係を崩さないようにしてみたんですが・・・」
コ「暴れていたのはどっち?」
h「僕です。」
コ「踊って見せて。・・・良いじゃない。スッキリして見えるわ。
最初から踊って見せて。」

踊る。いきなりだったけど、両手と背骨を意識するだけで随分変わった感じがする。」
コ「2人ともスタンディングポイズがとても奇麗だから・・・」
 ・組んでから踊り出すまでの時間を長めに取る
 ・出だしが決まるとチェックが取れる
 ↑いつもこれを狙っています

コ「オーバースウェイをもう一回やってみて。・・・」
 ・上下の差をしっかり出す
 ・アームの上下は意識しない
 ・頭の位置を変えるには、腰を逆に動かす=頭は背骨を介して腰と繋がっている

h「オープンプロムナードが踊っていて違和感あるんですが。」
コ「そこは・・・」
 ・ベーシックだと余分なアクションはNG
 ・バリエーションのピクチャーポーズが入って見える
コ「チェッカーによって微妙ね。見映えは良いので試しにやってみて、チェッカーに呼ばれたら・・・」
h「当日の混乱を避けて地味にやります。前半でチェックを取れるように心掛けます。」

コ「競技会の前だから褒める訳じゃないけど、hiroさん少し良くなってきたわよ。・・・それじゃあ申し訳ないけどこれで・・・」
レッスン時間通常の半分で終了。

ふたりで復習
たまたま、他のお客さんがいなくて、フロアを貸し切り状態で練習させていただく。
(曲も好きに掛けさせていただけた。)

二人の位置が崩れにくくなって、topが開いた分周りが見やすくなって、踊っていて気持ち良い!
↑この踊りを出せれば結果がついてくるような予感。

明後日の競技会は
 ・二人の位置関係を崩さないようにして
 ・♀のウェイトを感じるように心掛けて
 ・自分の両手と背骨も崩さないで
踊ってこよう!

当日が楽しみです。目指せ、昇級!(ところがねぇ~・・・)
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-02-08 22:50 | レッスン・S
<< 2009.2.1 in 後楽園ホール 2009.1.30 スロー編 >>