2009.1.18 in 富士学院

先日の練習ノートから。

前日に爆睡して、ようやく連日の疲れが取れた感じ。
諸事情で出遅れて、練習場に入ったのは練習開始1時間前。

軽くストレッチして、スタンダードのシャドー。
アンダースローとカウント1のシェイプの確認。
広背筋のストレッチをしっかり意識
続いて、ネックを意識しながらスローのシャドー。
 ・ウィーブの後半、ボディを弛めない
いけそうな気がしてきたところで、ワルツとタンゴ
 ・背中の使い方は多分同じ筈
 ・上の3角形を崩さず踊るように心掛ける

30分で切り上げて、ラテン
 ・ルンバウォーク、クカラチャ、8種のシャッセ、開いたポーズと閉じたポーズ、ボタフォゴ、ボルタ、ホィスクの基礎エクササイズ
 ・左アームに注意しながらルンバのベーシックルーティンをシャドー
 ・ボディのシェイプ、絞り、アームワークを意識しながらルンバのバリエーションをシャドー

アップの終わったパートナーさんと組んで、ルンバのベーシックをカウントで踊る
 ・クローズヒップツィストがスムーズに踊れない
 ・カウント2、♂左アームがフラフラすると、♀に後退する方向が伝わらない
 ・カウント4、♂左アームで♀を押しているため、フロー図フェンシングポジションがいびつになってしまう

今まで、強引に♀を振り回していたってまたまた気づかされた

続いて、ルンバのバリエーション

自宅でビデオを見て気づいたこと
 ・4小節目、♂右足ボールターン後ホッキースティック風に繋げるとき、右足がその場ではなく、中央方向に踏み込んで小移動
 ↑♀が無理して壁側に踏み込んで、次の進行ルートを確保していたので、少しは楽できるかも?

早速試してみたところ、結構良い感じ
↑お互いエレガントにプレゼンテーションするには、無理は禁物

 ・8小節目の終わり、♀の右アームを崩さないように、内側に入れず、押さず、引かず、良い位置をひたすらキープ
 ↑ちょっとずれると、♀が踊り難そうなので一目瞭然
 ↑たまにキャッチし損ねて、♀の前腕を掴んでしまう>♀の動きを阻害してしまうので要注意

 ・12小節目、ベーシックに入る直前のカウント3&で♂左足前進(今までやっていなかったって、ビデオを見て気づく)、4で右足前進

 ・16小節目、アレマーナに入るとき、♀の進むコースをしっかり確保(=左サイドを開ける)

 ・27小節目、クカラチャに入るとき、もっと早く回って余裕を持って踊りたい

曲に合わせて2曲踊る。
周りが気になって動きを小さくしたり、回転量を変化させると、次のパートで二人の間隔が詰まってしまったり、広がりすぎてしまったり・・・
↑コンペで失敗しないように、位置関係をしっかり把握できるまで踊り込もう(時間はかかりますが)

続いてスタンダード
軽く身体をほぐしてから、曲に合わせて3種目6曲続けて踊る。

ワルツ
 ・前回も良かったけど、今日はもっと良い感じ

タンゴ
 ・プロムナードリンク、フォーラウェイリバースアンドスリップピボット、テレマーク、オーバースウェイのパートを暴れず、押さえて踊ってみた
 ↑♀に感想を聞くのを忘れてしまった

スロー
 ・出来ているかどうかは別にして、背中を意識して踊るだけでswingがギクシャクしなくなった

曲が終わってから、2人で組んで広背筋を伸ばしたピクチャーポーズの確認
 ・1swingずつ、このポーズを作る意識を忘れない
何か、良い感じ~↑本番でこれを出せるといい結果に繋がりそう!

3種目1曲ずつ踊って確認
フロアも込んでいて、フロアクラフトの練習も合わせて効果的

ワルツとタンゴは良い感じ

スロー。
ナチュラルウィーブ4歩目、hiroの左ヒールが他のカップルのパートナーさんのすねを直撃
うーん・・・、もっと周りを見られるように、だんだん気を付けていこう!

次の練習はスタンダードのみ。
競技会に向けて踊り込みだ~!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-02-03 23:12 | 練習
<< 2009.1.21 in 富士学院 昇級ならず >>