2008.12.12 ルンバ編(その1)

先日のレッスンノートから。

都合によりhiroの個人レッスンとなりました。
時間ぎりぎりにスタジオ入り。軽くストレッチしたところでレッスン開始。

コ「調子はどうですか?」
h「前回のレッスンで作っていただいたルーティンのうち、バッテリー切れでビデオに撮れなかった分が曖昧で、2人で相談しながら練習しています。
幾つかカウントと歩数が合わないところがあって・・・」
コ「ちょっとやってみて下さい。」

カウントでシャドー。30小節踊って
h「ここまでは、ビデオで確認が撮れています。」

続くアレマーナから2人が入れ替わり
h「ここの歩数が合いません。」
コ「そこは23&4にしましょう!」

コ「この後♀は何をやるんでしたっけ?」
h「僕も分かりません。」
コ「うーん・・・忘れちゃったなぁ~・・・」

試行錯誤の後、
コ「じゃあ、こうしましょう!・・・」
23をスポットターンに変更。
4で右脚後に振り上げ、1で下、2で前にキックして3で着地

h「この後3-4でスパイラルして、2でポーズを決めて、3で戻して、4でスパイラル。ここが慌ただしくて・・・」
コ「C級目指しているんだから出来るでしょう!」
h「練習しているけど、とにかく忙しくて、優雅という言葉にはほど遠いです。」
コ「うーん・・・1拍じゃなくて1小節掛けてもっとゆっくりやるんじゃなかったかなぁ?・・・」

またまた試行錯誤の結果
41でスパイラル
23で脚を掛けて412で左斜め前にポーズ、341で戻って
2で右脚を左足の前に交差して着地。34でスパイラルして最初に戻る。
↑決定!

なかなか覚えられなくて、何度も何度も繰り返す。
三浦先生が藤本梓先生と一緒に踊って見本を見せて下さる。
うーん、エレガント!
↑こんな風に踊りたいなぁ~

この後、幾つか出来の悪いところを直していただく。

その2に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-12-18 23:31 | レッスン・L
<< 2008.12.12 ルンバ編... 2008.12.10 in 富士学院 >>