2008.10.26 in 富士学院

先日の練習ノートから。

練習場に向かう電車の中でイメトレ。
チャチャ
 ・4&で両脚をしっかり閉じる~内側の筋肉をしっかり意識
 ・2人の空間を広く確保
 ↑フレームを大きく、♂左肘の位置を調整して、♀の動きを邪魔しない
 ・おっぱいリード~目一杯絞る
 ・コネクション~組むときから♀右手小指の外側を意識し、♂左手を内側に入れない
 ↑クロスベーシックで上に上げるタイミングを早めに取る
 ・フリーアーム~1を強くアピールし弛めない。(アームワークはオフシーズンの課題の一つ)
 ↑♀との間は上下を通し、圧迫感を与えない
パソ
 ・最初の位置関係に注意して、右手の位置を決める(2人の中間)
 ・高くスッキリ踊る
 ・床をしっかりプレス
 ・目一杯シェイプ
スロー
 ・横のswingを意識~♀が高くキープすることが出来ないのは♂が突っ込んでいるからって今初めて気づいた
 ・脚と骨盤を固めず、最後まで使い切る~PPの3Q、バウンスの2Q、5Q、7Q他
 ・♀のヒールターンで両足が揃ったら、縦→横のswingに変えてショートカット
 ・後退時、脚と骨盤を固めず、床にウェイトを入れて、腿を相手にあずけるようにして横にswing
タンゴ
 ・ファイブステップの1Q、足首を弛めてボディをしならせる(ボディは弛めない)
 ・同じくファイブステップの2Q、右肘の方向にボディを絞って後退
 ・オープンプロムナードの1S、脚と骨盤を固めない
 ・同じくオープンプロムナードの3Q、ウェイトを通過すると左脚を弛める
 ・オープンプロムナードの4S、右脚を固めないで♀をキャッチ~このとき上体を突っ込まない
 ・コントラチェック右脚を弛めて上体を残し、♀をキャッチするとき上体を突っ込まない

ここまでしっかりシャドーしてから練習に臨みたい。今日は踊り込み主体でバンバン行くぞー!

軽くストレッチの後、スタンダードから練習開始。
 ・スローのバウンス、音から遅れないように注意
 ・タンゴのオープンプロムナード、シャドーではまあまあ?というか、あまり自信が持てず、♀と合わせられるか・・・ちょっと不安。
続いてラテン
 ・チャチャで右アームが内側に入りやすいので、矯正
 ・パソのシェイプは・・・フォーラウェイからオープンテレマーク、グランドサークル、クードピックと続くところで、頑張ると崩れてしまいがち・・・練習不足
両方合わせて1時間くらいシャドーして時間切れ。チャチャの左アームは間に合わず。

アップの終わったパートナーさんと曲に合わせて踊り込み。
パソから初めてタンゴまで2時間前後でパソ×3、タンゴ×5、スロー×4、チャチャ×4で計16曲踊った。

フロアに入るところから出るところまで流して練習した。
後から考えてみると、E級ラテンは1次予選から11組の1ヒートなので、チャチャの退場とパソの入場シーンは不要だった。

反省点
チャチャ
 ・シャッセで脚をきちんと閉じられないときがたまにあった。
 ↑8種のシャッセのエクササイズを最近さぼりがち。
 ・カウント1でアームやボディが緩むときがある。
 ・気づくと左アームが内側に入ってしまっている。
パソ
 ・グランドサークルでバランスを崩しがち
 ↑1歩目で右サイドにアーチを作ろうと無理しすぎなのは自覚有り。
タンゴ
 ・チェイスの3Qと4Qのフットワークが曖昧になりがち~B→Fが上手く出来ず
 ・オープンプロムナードが気持ちよく出来ず
 ↑シャドーで出来ないことを♀と組んで出来るわけなかった
スロー
 ・バウンスフォーラウェイで音から遅れがち
 ・バックフェザー&リバースウェーブ4~6が今イチ

スタンダードはまだレッスンを受けられるので、直していただくとして・・・

ラテンはイメトレ&シャドーで対応するしかない。

何はともあれ、不安を解消して、本番に臨みたいものです。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-10-30 22:56 | 練習
<< 良い話と悪い話 2008.10.24 チャチャチャ編 >>