2008.9.12 チャチャ・フリーダンス編

先日のレッスンノートの続きから。
三浦先生にチャチャの個人レッスンを受けた後、感覚を定着させたくて小関恵子先生にフリーダンスをお願いしました。

復習していると恵子先生登場。
恵「今日は何をやりますか?」
h「チャチャをお願いします。どうして上手く動けない勝手な止んでいます。今も三浦先生に足の上でウェイトをしっかり入れるように言われました。」
恵「分かりました。踊ってみましょう!」

カウントでルーティンを2~3周踊る。
恵「手を探しに行った分だけ遅れるので・・・」
 ・♀のアームは常に一定(やじろべいのイメージ)
 ・♂が♀の手を迎えに行く
 ・スタンダードのイメージで♂左手より場所を示す右手が大事
 ↑右手を早めに示して、♀の進む場所を伝える
 ・ナチュラルトップの右手は早めに上げる(前回和美先生にも言われた)
 ・アレマーナでは、♀は♂と正対して横に開くので、それを見越して少し離れた位置に右手を置く
 ・♀のアームを崩さない~ファンに開くとき押さない(直前のレッスンで三浦先生にも言われた)

♂左&♀右手を繋いでファンに開く直前のポジション
ここから、♂&♀両足をフラットに立ったままで、互いのボディを近づけたり、離したりを繰り返す
 ・両足は肩幅でフラットに立ったまま、ボディを8の字に動かす
 ・繋いだ手の位置は一定のまま、♂のボディの動きを♀が感じてフォローする
 ↑♂のボディのスピードが、♀の開く距離と関連する

クローズヒップツィストの後半も同様
 ・♂左&♀右アームのフレームをキープ
 ・8~10で♂左手を引かない
 ・10で♂右手で♀を押さない
 ↑♂右手は♀を回転させるだけ

スポットターンのカウント3で2人の感覚が詰まる
 3 真っ直ぐ立つ
 & ヒップツィスト~左サイドを後、右サイドを前にストレッチ
   ↑左サイドを前に出したり、左に傾けてしまうと二人の間隔が狭くなる
  (左アームを寄せずに広くキープって直前のレッスンで言われたばかりなのに・・・)

曲に合わせて踊っていただく
 ・ニューヨークでhiroは突っ立っているけど、恵子先生はぎゅーってシェイプしていて格好いい
 ・ニューヨークとスプリットキューバンブレイクの戻りでhiroが遅れる
 ↑さっき習ったやつをやるのはまだ難しすぎるみたい・・・

後、何か言われたっけなぁ~
忘れた。

最後にhiroから質問
 ・ニューヨークとスプリットキューバンブレイクの戻りで遅れる感じがする
恵「hiroさんは・・・」
 ・ニューヨークとスプリットキューバンブレイクを同じように踊っているので、遅れやすい
 ・スプリットキューバンブレイクは2の頭で形を作る=準備が必要
 ・内側のコネクション、ニューヨークは突き出すが、スプリットキューバンブレイクはその場に置いて横を向くだけ
 ↑そこから先には進ませない

ここまでかなぁ?

次の練習にいかすぞー!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-09-20 20:58 | レッスン・L
<< 残念ながら・・・ 大さん橋ホール >>