2008.7.11 スロー編

先日のレッスンノートの続きから。

コ「スローも同じようにお互いの右肩に向かって進むように・・・」
曲に合わせて踊る。
オープンインピタスの後、他のカップルを避けてPPで1小節キープしてから続ける。
リバースターンのチェックで1小節待って続ける。

コ「途中で裏になったの気づいて、音に合わせましたか?」
h「はい。PPで待ちきれずにスタートしちゃったので・・・」
コ「なら良いです。・・・」
この後、何か言われたけど忘れた。

コ「カーブドフェザーで・・・」
 ・2人のラインが崩れている
 ・前後左右(=お互いのネックと両手)の位置関係を正しくしてバランスをキープする
 ・♂はネックをもっと右に向ける
 ・これだけで自然とラインが美しくなる
 ・♀は顔の筋肉をしっかり使って笑顔を見せる(超重要)

コ「じゃあ、その前から・・・」
踊ると途端に崩れる。

コ「ラインは・・・」
 ・完成形を作るのではない
 ・正しい動作を行うと、結果として奇麗なラインが出来上がる

コ「今のことに気を付けて最初から・・・」
 ・1swingずつ止めながらラインを確認
 ・フェザーステップはターンしないでそのまま通過するため、♂のネックを右に返さない
 ・途中からswingとswingを止めないで続ける
 ・チェックドリバースターンの後、ネックが右には行ってNG
その後、最後まで続けて踊りきる。

コ「音は取れているので、今のようにラインをしっかり・・・」
 ・音楽、ムーブメント、シルエット
 ↑どれかがNGだと残れない
コ「分からないこと有りますか?」
パ「有りません。」
h(なかなか言えないよな~)

コ「上手くいかないことは?・・・緊張するかもしれないけど、今のように・・・」
h「パートナーさんは、あまり緊張しないんですよ。(僕もしませんが)」
コ「あら!いいわね。」
パ「はい。とても気持ちよくて・・・」
h「踊り始めが固くて・・・けど力が抜けるのがだんだん早くなってきました。最初は1時間くらい踊り続けないと抜けなかったので、決勝まで行かないといけなかったんですが、最近15分くらいで柔らかくなるように・・・」
コ「不安が多いと力が入りやすくて・・・後はストレッチやったり・・・冷房が効きすぎて逆に冷えないように・・・」

h「先生全然違う話ですが、フロアにジャッジがこんな感じで立っているときのスタートはやっぱりここからですよね?」
コ「あまり気にしなくて良いですよ。hiroさん達背が高いし、ジャッジの位置よりは周りの混雑を避けた方が良いですよ。」
h「分かりました。どうも有り難うございます。気合い入れて頑張ります。」
コ「hiroさんは気合い入れすぎない方が良いかも?
あとわざらしい笑顔を嫌うジャッジもいるので自然体で・・・」
h「はい!気を付けます。」

後は明後日の競技会に臨むだけです。(でした。)
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-08-03 21:03 | レッスン・S
<< 2008.7.13 第11回西... 2008.7.11 タンゴ編 >>