2008.7.11 タンゴ編

先日のレッスンノートの続きから。
曲に合わせてタンゴを踊る。
コ「だいぶおとなしくなってきましたね。良いですよ。後は・・・」
 ・♀後退のフットワークとプログレッシブリンクのフットワーク(=一旦ヒールを着ける)
 ↑意識した途端に固くなってしまう

コ「hiroさん、この前教えた・・・」
 ・2重円の意識を忘れて、1本道になっている

コ「♀の右肩に向かって進んでいますか?」
h「自分の左手に向かって進んでいます。」
コ「そこは・・・」
 ・前進時は♀の右肩に向かって進む
 ・後退時は自分の右肩に向かって♀を前進させる
ウォークの反復エクササイズ。

続いてリンク
 ・腰は開いても、上体は閉じている
 ・ウェイトはほとんど中間
 ・前足は親指の内側を床に着けて、膝を内側に入れる~がに股はNG

先に進む。
コ「hiroさん、そのチェイスは・・・」
 ・自分の背骨、2人のセンター、相手の背骨の3つのコースをイメージする。
 ・4Qで♂は1コース(=♂の背骨)から3コース(相手の背骨)にコース変更し、♀は2コース(=2人のセンター)をキープ=交わらない
 ↑だったと思う。(ノートには♂1→3にコース変更しか書いていなかった)
 ・♀2人のセンターは♂に向けたまま、背中と腰を使って逆に絞る(表現は全く違って・・・言葉にするのは難しい)
 ・音から遅れやすい~4Qの足の上で止まらず、ボディを送り込む(表現は違った)

反復エクササイズの後、先に進む。
フォーラウェイリバースアンドスリップピボット&テレマーク
 ・♂が♀の領域に入ってしまいがち
 ・♂上体左へのシェイプを忘れない(=内回りの前進)

途端に踊りやすくなる。
h「先生、急に踊りやすくなりました。」
コ「当たり前でしょう!私の言うことをちゃんと聞けば・・・」
h&パ「はい!」

続くオーバースウェイ
 ・もっと上下の変化を大きくして、メリハリを付ける
 ・2Sで♂左&♀右膝を曲げる
 ↑♀は左膝も緩める(だったような)
 ・戻るとき、♂右サイドを上げ(♀リカバリー)、♂右腰連動して右へ移動(シャッセのリード)
 ↑右サイドを上げすぎない(右手は上げない)、左サイドを下げない

シャッセ
 ・♀先行
 ・ネックは両足の間
 ・左を下げない

ホィスク
 ・腰は開いても、上体は開かない

タップ
1Q ♂左&♀右足をしっかり使ってボディを運ぶ
2& ♂ネック右、♀ネック左
3Q PP完成
↑2~3のタイミングをしっかり合わせて、軸をぶれさせずにネックを返す

デモの音合わせ中の橘正幸先生の踊りをしばし見学してイメージを膨らませる。
 ・軸をしっかりキープ
 ・背中をバンバン使って
 ・鞭のようなキレ
↑これを真似しようとすると、途端に上が暴れてしまうんだよなぁ~

この後、何かやったんだけど忘却の彼方へ・・・

スロー編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-08-02 17:42 | レッスン・S
<< 2008.7.11 スロー編 2008.7.11 スタンダード編 >>