2008.6.24 タンゴ編

先日のレッスンノートの続きから。

コ「では、タンゴから・・・」
ルーティン1周半くらい踊る。
コ「良いですよ。・・・」
 ・2人とも背が高いので、もっと高く踊る方が良い
 ・ボディは弛めず、骨盤、膝、足首の力を抜いて柔らかく踊る
 ・脚を突っ張るとヒップが抜けて、ウェイトが床に入らない
  ↑脚(=骨盤、膝、足首)を柔らかくして、ウェイトを床に入れる

シャッセ、ホィスク、タップのパートを反復エクササイズ
 ・脚でボディを運ばない
 ・脚を弛め、自分のウェイトを使って、ボディをスムーズに移動させる
 ・ただし、ボディは弛めない
 ↑ボディが動き出す

上村先生のレッスンでは、いつもこれを言われて、何とか動き出すんだけど、いつの間にか感覚を忘れて、また同じ事の繰り返し・・・まあ、繰り返しているうちにだんだんボディが動き出すまでの時間が短縮していることは確かなんですが・・・
↑早くこの感覚を自分のものにしたいです。

続いてクローズプロムナード
 ・骨盤を突き出さない
 ・1Sのサポーティングフットを突っ張って押し出すのではなく、弛めて床に入れる
 ・2Qのサポーティングフットを弛めて、3Qの足を直ぐに出さない
 ・ボディを弛めない

バックコルテ
 ・脚を突っ張らず
 ・ボディを弛めず
 ・ウェイトを床に入れる

2ウォーク
 ・リーディングフットを早く出さない
 ・骨盤を突き出さない

オープンリバースターン
 ・前半の前進と後半の後退
 ・ボディを弛めず、脚だけ弛める

コ「じゃあ、ルーティンを最初から・・・」

ファイブステップ
 ・脚で床を蹴らない
 ・サポーティングフットを弛めるとリーディングフットが自然に出る

チェイス
 ・PPから脚に力を入れない
 ・リーディングフットをゆっくり出す(出すタイミングが早すぎる)
 ・シャッセは脚の力を抜く
 ・リンクはサポーティングフットの力を抜くと、リーディングフットが自然に出る
  ↑コントラチェックのイメージに近い

プロムナードリンク、フォーラウェイリバースアンドスリップピボット、テレマーク、オーバースウェイのパートは何も言われず(後回し?)

シャッセ、ホィスク、タップ
 ・脚を弛めて
 ・ウェイトの移動を止めない

オープンプロムナード、アウトサイドスウィブル、コントラチェックのパートも何も言われず
↑自分では凄いのろまでぎこちなくて、見映えがしない感じなのに???
何故か、弘子先生にもあまり言われない・・・そのうち訊いてみよう!

コ「スローも同じように踊れますか?」

スロー編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-07-09 22:55 | レッスン・S
<< 2008.6.24 スロー編 2008.6.24 スタンダード編 >>