2008.6.22 in 富士学院

先日の練習ノートから。
(早く現在に追いつきたいと思いながら、なかなか追いつけません。)

練習場に向かう電車の中でイメトレ。
ラテン
 ・肩胛骨を使ったコンプレス
 ・肘からのアームワーク
スタンダード
 ・内回り、外回りの2重円
今日はこれらをメインに踊り込み!

念入りにストレッチしてアームと肩胛骨を中心にアップした後、練習開始。
 ・ルンバのバリエーションルーティン確認
 ↑パートナーさんに任せた最初の2小節が???
  うーん・・・疑問に思いながらも、任せたので一言だけ言って終わりにする。>次のレッスンで見てもらおう!

先日のレッスンで見たいただいた8小節を集中的に反復エクササイズ
↑少しでも踊り込んで次に繋げたい

曲に合わせて4種目7曲続けて踊る。
チャチャ
 ・8種のシャッセで1曲&ベーシックのルーティンで1曲
 ・肘を暴れさせない

サンバ
 ・プロムナードトゥカウンタープロムナードでばらける
 ↑肘でキャッチ!
 ・ツイストシャッセで進行方向を確認しないと、2周目に入るときに、突っ込むことになりがち・・・

ルンバ
 ・最初の8小節はまだ踊り慣れず、曲から遅れがち~時間が必要

パソ
 ・肘をしっかり張る(=手を突き出さない)

小休憩の後、復習
サンバ
パートナーさんを介して、先日個人レッスンで小形和美先生からいただいたプロムナードトゥカウンタープロムナードのアドバイス
 ・ネックは常にLOD
 ・1歩目で回り込まず前進すると、二人の間隔が狭くならない
 ・1、4、8のアクセントを意識

 ・ネックは肘を見ない分、神経をコネクションに集中しないとばらけてしまいがち
 ・1歩目を横切らずに前進すると、2歩目の移動量が大きくなりすぎて踊り難いような気がした。
 ↑試してみるとOK>方向と歩幅についての表現に齟齬を感じました。

スタートの反復エクササイズの後、曲に合わせて7曲続けて踊る。
 ・肩胛骨はちょっとだけ動いているような気がする。
  ↑意識を抜くと途端に止まってしまうような気がする。

アームを上に上げるとき、水平までは肘から上がるけど、更に上げようとすると肩まで上がってしまう
↑肩の関節が固いのか、使い方を間違えているのかは???

フリーアームを持ち上げるエクササイズはどこでも出来るので、しばらく練習を続けてみよう!

休憩を挟んでスタンダード
 ・アンダースローとスクエアの反復エクササイズ
 ・内回りと外回りを意識してタンゴ
 ↑ブルースのウォークのエクササイズをやらなかったのは失敗だったかも?
 ・引き続きスローを少々

曲に合わせて4種目7曲続けて踊る
ワルツ
 ・僕の背中から他のカップルにぶつかりそうになる
h「今の見えませんでしたか?」
パ「ギリギリで急に見えて・・・」
フロアクラフトが今の課題です。
 ・コントラチェックからPPになってシャッセするところで曲から遅れがち。・・・要注意!

タンゴ~まあまあ

スロー
 ・たまに音から遅れてしまう
 ・後退の9歩でちぐはぐ・・・?

小休憩の後、カウントで部分練習

タンゴ
 ・右(左)周りの前進(後退)って、確認しながら合わせる
 ・フォーラウェイリバースアンドスリップピボットで左サイドを引かない
 ・ファイブステップの1歩目も左サイドから前進

スロー
 ・タンゴ同様に、右(左)周りの前進(後退)って、確認しながら合わせる
 ・タンゴ同様に、リバース系のフィガーで左サイドを引かない
 ↑ウィーブの上半身は♀に蓋、下半身は♀が通過するルートを空ける
 ・後退の9歩も歩幅を狭くするとまあまあ。だんだん広げていって、崩れたらまた戻して・・・繰り返していると、だんだんスムーズになってくる
↑時間さえかければ大きく踊れそう。

7曲続けて踊って終わりにする。

だんだんスムーズになってきたような気がします。
引き続き、頑張るぞー!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-07-06 23:04 | 練習
<< 祝!2万人突破 第11回西東京市ダンススポーツ大会 >>