2008.5.29 サンバ編

先日のレッスンノートから。
スタジオに向かう電車の中でイメトレ。
競技会前、最後のラテンレッスン。ルンバとサンバを半分ずつお願いしよう!
ルンバ
 ・擦って伸ばすフットワーク
 ・おっぱいリード
 ・大きな軌跡のアームワーク
 ・何より止めない!
サンバ
 ・脚を伸ばしてからウェイトを乗せる
 ・おっぱいリード
 ・アームをstay~ラインをしっかり作る
 ・ボタフォゴのムーブメント
 ・ウェイトはヒールを通過

早く行くつもりが・・・都合でスタジオ入りしたのはレッスン開始30分前。
軽くストレッチしてルンバから合わせる。
 ・しっかり絞って自分のバランスで立つ!

続いてサンバ
 ・二人の位置がずれないように調整
 ・ラインの最終確認には時間が足りず・・・
と思ったらレッスン開始時間を30分間違えていた。
↑今までに何回同じ過ちを繰り返したことか・・・
(全然懲りていない愚かなhiro)

時間が出来たのでみっちり復習してから小休止の後、小関恵子先生登場、レッスン開始。
コ「じゃあ始めましょうか。」
h&パ「よろしくお願いします。」
コ「今ルンバやってましたけど、今日はサンバですよね?」
h「日曜の競技会がサンバ&ルンバなので・・・ルンバ8分にサンバ17分でお願いします。」
コ「(爆)分かりました。最初に両方見せてもらって・・・」
h「分かりました。時間配分はお任せしますので、よろしくお願いします。」

曲が掛かって2小節聞いてスタート。ルーティン1周ちょっと踊ったところでstop。引き続きルンバの準備をしていたけど、曲は掛からず。
(他のお客さんも一杯いたので、3分間独り占めはちょっとねぇ~)

コ「まず・・・」
 ・前に進もうとする意識が強すぎて・・・(忘れた)
 ・ウォーク系(プロムナードトゥカウンタープロムナードランズ、ウォーク&ロック等)で後ろ脚を引き寄せるときは、前足で床を引き寄せるイメージ
 ・ヒールで床を意識し続ける
 ・足をウェイトが超えるときに初めてヒールが浮く
 ・前脚を伸ばした後、ウェイトをヒールに乗せる
 ↑前脚より後ろ脚を意識する(=ヒップの持ち上げ?)

h「先生、プロムナードトゥカウンタープロムナードランズで左にいる人が回転して右に移動するときの2歩目を床に着く位置は・・・」
コ「二人の位置関係を一定にするためには・・・」
 ・まず3歩目を床に着く位置を決める
 ・すると2歩目の位置は自ずから決まる。

コ「次に・・・」
 ・浮いて見える
 ・ピボットが終わった後、2人のLOD方向のボディを開かず、お互いに正対する
 ・ボルタアクションは前脚のヒールで床に体重をしっかり入れる
 ↑前脚にウェイトを掛けて両腿を閉じるときに、腰を前に出す事にようやく慣れてきた。
 ・スリーステップターンの1歩目をLODに前進する。(互いに正対したまま前進しようとすると、二人の間隔が狭くなる)
 ・2歩目で互いに正対
 ・3歩目で互いに正対したまま、横(LOD)に開く(3/4回転で少しだけ楽)
 ・ウォーク・掛けて・回るパート。>1歩目のウォークだけネックをLODに向け、他では互いに正面を向ける

反復エクササイズの後、いったんルンバに変わる。

h「サンバで上が暴れやすいので気になって・・・」
コ「分かりました。見ておきます。」
再度曲に合わせてサンバを踊る。
コ「曲が掛かっても荒れてないですよ。
最初のラインを作って・・・」
 ・♂:右バランス、左脚を横に伸ばして両アームをしたに垂らしておく
 ↑両アームを徐々に上に上げて、リバース方向にワインディングの後、カウント1でナチュラル方向にスピン
 ・♀:左脚を曲げて右足の横にポイント

コ「次に・・・」
 ・踊っている最中ネックの方向をはっきりさせる
 ・アームを自由に動かせるように、肩と肘をボディの前にキープ
 ・ボディの前に丸いフレームをイメージし、そこから動かして元に戻す。(言葉にするのは難しい・・・)

ルンバ編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-06-08 22:14 | レッスン・L
<< 2008.5.29 ルンバ編 2008.5.25 in 富士学院 >>