2008.5.11 in 富士学院

先日の練習ノートから。
練習場に向かう電車の中でイメトレ。
ワルツ
 ・足が床に着く瞬間を音に合わせる
 ・予備歩のカウント2で床をプレスし、右膝前に出す
 ・3の脚をしっかり使ってボディを運ぶ
 ・腹筋と背筋を使って脚のswing
 ・足の裏を床から剥がして中間バランス
 ・ナチュラルスピンターン、バックロックのパートのスウェイとネック
スロー
 ・あばらを巻き込み、フレームをキープ
 ・大腰筋を意識して、床を探るフットワーク
 ・2Qで骨盤をローティーション
 ・前に押しながら後退
 ↑これは全部ワルツと共通

早めに行ってしっかりストレッチ
基礎エクササイズの後サンバのルーティン確認
アップの終わったパートナーさんとルンバウォーク
 ・脚の移動と腰のローテーションがバラバラ
 ↑ボディを絞るのは脚を抜くため
 ・脚をトゥの先まで伸ばして、ヒールを前に出す
 ↑もっと長く見せるためにボディを絞る
 ・立てたトゥで床を擦り、膝どうし、踝どうしを擦り合わせるフットワーク
30分くらいやって、スタンダードの練習。

アップを兼ねて?4種目8曲続けて踊る。
小休憩の後、ワルツから練習開始。
 ・フレームキープ~肘を前に置いて、引かない
 ・音楽を良く聞いて、遅れない
 ・予備歩のカウント2で床をプレスし、ボディをストレッチ
 ・3の脚をしっかり使う(特にウィーブフロムPP)

ナチュラルスピンターン、バックロック、レフトホィスク、コントラチェックのパートを念入りに繰り返す。

パ「フォーラウェイの後のオープンテレマークで・・・」
 ・一瞬クローズになってからPPを作りたい
 ・その前にPPでスタートされてしまう

↑試行錯誤の結果
 ・カウント2の回転が終わったときにはクローズポジション
 ・2&で、スウェイチェンジ
 ↑タイトに回らないと、音から遅れる・・・結構忙しい

スローアウェイオーバースウェイ
 ・♂のリードより早く戻らない
 ・フレームを崩さない

スロー
 ・スタートはワルツと同じイメージ
 ・2Qで骨盤のローテーションを忘れない 
ウィーブフロムPPでついつい脚に力が入ってしまう。
 ・気づくとフレームがいびつ。>肘前でいつも、プレス
 ・後退は前バランスで・・・何とかスムーズに踊れるようになったような気がしたところで時間切れ。

休憩を挟んでラテン
丁度流れてきた曲に合わせてサンバを2曲続けて踊るつもりが・・・まだうろ覚えなので、1曲目の途中でstop
最初からゆっくりやり直し。
 ・アームを大きく使う
 ・ボディはオーバーなくらい思いっきり動かす
 ・チェックのシェイプがつぶれて格好悪いので、高い位置で踊る

Wアームホールドでの♀チキンウォーク風→その場足踏み&ヒップツィストに変更
 ・♂は頭と両肩の3角形を崩さずキープ
 
スプリットキューバンブレイク風&チェックフロムPP風&スリーステップターン
 ・ウェイト移動をしっかりと
 ・沈まない

プラット
 ・♀は前進しないで左右にスウィブル
 ・♂はボディトーンで♀を引っ張った分だけ後退
  ↑♀は引っ張られても崩れないようにトーンをキープ・・・難しいみたい

ルーティンの曖昧なところを修正して、うーん誰にレッスンしていただこうかなぁ?
(三浦秀康先生は英国に、小形和美先生はドイツに留学中)

ルンバ
 ・気を抜くと音が甘くなるので、8ビートを意識
 ・ボディを止めずにストレッチし続ける
 ・脚をしっかり伸ばす
 ↑折角ルンバウォークに時間をかけているのに・・・結びついていない。

後に引っ張りすぎて、パソは曲に合わせて1曲踊って終わってしまった。

時間をもっと有効に使わないと、進歩がないような・・・

練習の後、毎週ラテンとスタンダードのレッスンを受けて、平日の合間と週末に練習したいので、コンスタントに週4回ダンスに使えないかと、パートナーさんにお願いしたところ、逆に回数を減らしたいと言われてしまいました。
しょうがないので、レッスンを木曜と金曜に集中して、練習日を日曜のみにして対処するようにしました。
が・・・ちょっと不安です。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-05-18 22:06 | 練習
<< 2008.05.15 サンバ編 2008.5.7 ワルツ編 >>