2008.3.28 チャチャチャ編

先日のレッスンノートから。
スタジオに向かう電車の中でイメトレ。
 ・おっぱいリード
 ・ボディを高く!
 ・H&Lホールド
 ・猫背
 ・フットワーク

早めに行きたかったけど、都合で遅れて・・・スタジオ入りしたのは、レッスン開始30分前
軽くストレッチして、ルンバウォークとロックのエクササイズの後、二人で合わせる
 ・アームに力が入りやすいので、力を抜いて柔らかく!
 ・お腹を引っ込めて、お尻を引き締めて、足下を浮かせない
カウントで丁寧に合わせていたんだけど、途中流れている曲に合わせて1曲だけ踊ってみる。・・・途端に雑になってしまう

カウントで動作を身に付けるように努力していると、三浦先生登場。
コ「先日はおめでとうございます。」
h&パ「どうも有り難うございます。」
コ「たまには良い思いをしないと・・・」
パ「そうですね。」
コ「今日は何をやりますか?」
h「4/29に財団のE級戦が有ります。チャチャ・パソのベーシックです。今日はチャチャをお願いします。」
コ「分かりました。では、曲をかけてみましょう。」
ルーティン2周ちょっと踊ってstop

コ「だいぶ音は表現できるようになってきましたね。強調するところとか見えてきました。
けど・・・」
 ・手・脚は良く動くが、ボディが動いていない
 ・ボディをもっともっと絞る

コ「ボディを絞っている時間はありますか?」
h「はい、1拍有れば・・・」
パ「あまり・・・」
コ「どうしてボディを絞るか分かりますか?・・・」
 ・一方の脚の上に立って、もう一方の脚を横に伸ばす
 ・この状態で骨盤だけを回すと、伸ばした脚が前に出る(コンパスのイメージ)
 ・脚を伸ばした状態から骨盤を折ると自然にひざが曲がる
 ・↑この2つのアクションを同時にすると、足が軸足に寄ってくる
 ☆ボディを絞るのは足を引き寄せるため

長い棒を持ち出してきて
 ・手元を1cm動かすと、先端は20cm以上動く
 ・ボディを絞るには胸を少し突き出すこと
 ・↑この影響でボディはしっかり動き、結果脚を一杯動かすことが可能
 ・末端の脚を動かそうとするからボディを絞れない
 ・一番上の胸を2~3cmしっかり動かすことを意識するだけで、ボディはしっかり絞れて、フットスピードが速くなる
(足の付け根がみぞおち付近にあるのはラテンだったっけなぁ?)

鏡に向かって前進・後退のロックを反復エクササイズ
無理矢理胸を突きだして・・・あと1cm!
 ・アームは横に伸ばした方がやり易い
 ・これがホールドの大きさに結びつく
 ・ただ大きくするのはNG
 ・スタンダードだと下の大きなswingに結びつき、ラテンだと上の安定に結びつく(もう一つ何か言われたけど忘れた)
 ↑これらのことを知った上で踊っているように魅せることが大事=プレゼンテーション

コ「次に・・・」
♂&♀が向かい合ってダブルアームホールドで立つ
 ・タイムステップ風に4・3・4・&・1のカウントで交互に足踏み
 ・あと10cm!あと5cm!ってご指導をいただきながら胸を突き出す
最初はフレームをキープできずふらついてしまうが、だんだん慣れてくると、フレームを抑えることが出来てきた

ここで何か有り難いお言葉をいただくが・・・忘れた
上がおとなしくなって・・・○○???

コ「今のことに気を付けて最初から・・・」
踊りながら、もっともっと絞るようにご指導いただく
 ・絞れば絞るだけ、高い位置で踊れる
 ・足から出そうとすると上がぶれるが、胸から動かすと下が良く動いても上はぶれない
 ・脳が指令を出さないと体は動かない
  ↑
ハンマー投げの室伏選手のコメントを紹介して下さる
 ・脳が的確な指令を出すには、良いイメージを持ち続けることが大事
 ・悪いイメージ(調子が悪いときの自分のビデオ等)を見ると悪い部分でそこを意識してしまうため、無意識のうちに体に悪いイメージを植え付けてしまいがち=今のhiro
↑良かれと思って自分の練習ビデオを毎日見ていた
 ・研究のために自分のビデオを見るのは、たまに確認するだけで充分

この後、何かやったけど、忘れた。
最後の有り難いお話も忘れた。

カウントで復習
 ・おっぱいリードと大きなフレーム

どうしてもアームに力が入ってしまうので、レッスンバーを使いながらタイムステップのエクササイズ
 ・アームの力を抜いて、
 ・目線をキープ
 ・胸を突き出しても肩はぶれず、頭も暴れない
 ・両手はレッスンバーにタッチしているだけで余分な力は入れない
 ・しばらく繰り返してから二人で組んで合わせる

最初は抜けていた力が、途中からだんだん強くなってしまう。
うーん・・・しばらく練習が必要みたい。

今日一番というか、ここしばらくの課題にしていたおっぱいリードが自分で思っているほど出来ていないことに気づかされたレッスンでした。
自分の感覚を微調整して、定着するまで・・・練習するぞー! 
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-04-19 22:35 | レッスン・L
<< 2008.3.30 in 富士学院 2008.03.25 in 富士学院 >>