2008.2.1 タンゴ編

先日のレッスンノートから。
スタジオに向かう電車の中でイメトレ。
今日はタンゴ
 ・先に♀をどかせて空いたスペースに前進
 ・忍び寄るフットワーク
 ・上と下をずらさず、二人の位置関係をキープ
 ・やってて気に入らないのはオープンプロムナードとチェイス
時間があったらスローも見ていただきたい。
 ・横→縦のswing
 ・前進と後退の法則
 ・二人の位置関係をキープ

遅くても30分前にはアップを始めるはずが、都合でスタジオ入りしたのがレッスン開始10分前。
着替えて軽くストレッチして直ぐに合わせる
・・・一汗かくまでどうしても固くなっちゃうんだよなーって自己嫌悪。
他のカップルの邪魔にならないようにルーティンを細かく区切りながら繰り返し踊る。
調子が上がらないうちにレッスン開始。

コ「今日は何をやりますか?」
h「タンゴをお願いします。」
コ「今練習していましたね。調子はどうですか?」
h「今イチです。」
コ「それはまずいですね。どうしてだと思いますか?」
h「練習が足りないからだと思います。」
コ「・・・(何か言われたけど忘れた。)・・・何が悪いと思いますか?」
h「♀をどかせて空いたスペースに進むのが上手くできません。」
コ「hiroさんは、まずその表現を直した方が良いです。その言葉が踊りにそのまま出て・・・」
h「自分の進むスペースを上手く確保できません。」
コ「そうね。・・・最初の構えを作って・・・」

二人で組む
コ「そこから・・・」
 ・♂左肩胛骨付近~♀のボディ~♂右手の直線を意識(焼き鳥の串のイメージ)
 ・ラインを崩さないように、その延長線上に左足前進

↑ここで何度もNG
 ・右ボディが折れる~ヒップ抜け注意
 ・ネックが右に入る~上から突っ込まない
 ・串が折れる~二人の位置を変えず(その場で回さず)にウォーク

↑そのためには・・・
 ・両膝を緩めて前に出す(右膝を外に出さない=がに股はNG)
 ・上から下まで(右から左まで)全部一緒に動かす
なかなか上手くいかず、またまた自分の不器用さに情けなくなる・・・

コ「その時・・・」
 ・いきなり乗らずに中間バランスを意識
 ・送り足の靴底をいきなり床から剥がさず、ヒールを少し床から浮かせた状態から徐々に足首を使い、しっかり使い切ったときに前足に乗り切る
 ・いつでも後の足に戻れる状態をキープ
 ・左脚内腿が♀右足の外側を擦るイメージ(ワルツも一緒)
コ「サンバじゃないのよ!・・・」
右足をターンアウトさせてご指導をいただく(汗)

コ「次に右足を出して・・・」
 ・右足内腿が♀右足の内側を擦るイメージ~がに股になると♀左脚を弾いてしまうので注意
 ・フレーム(特に右手の位置)を変えない
 ・右ボディ、串、ネックに注意(左脚の前進と同じ)
反復エクササイズ

↑特に印象に残ったこと
 ・後足首を使い切ってウェイト移動を完了する
 ・ウェイト移動完了まで左腰を後に残す

♀もコーチャーに組んでいただいた後のお言葉
コ「あなた達は全く逆で・・・」
 ・♂は動きすぎ(突っ込みすぎ)
 ・♀は動き無さすぎ
 ・♂が動き出すタイミングと方向を決める(=串が1本通っていれば伝わる)
 ・♀は自分で動く(=ボディコンタクトを意識しすぎない)
コ「♂が突っ込むから♀が抑えているのか、♀が動かないから♂が動かせようと突っ込むのか・・・」
h(多分両方です。)

ひたすらウォークを反復エクササイズ
コ「少しはタンゴらしくなってきましたよ。けど・・・」
 ・hiroがコーチャーのイメージするレベルになかなかなれない
 ・言っていることは理解しているようだが・・・
 ・練習の仕方を間違えているのでは?
h(多分僕のイメージがずれているんだろうなぁ~)

h「先生、逆らうつもりは全くないんですが・・・
もっと瞬発力のある動きをしたいんですが、それは僕の勘違いなんでしょうか?」
コ「疑問を質問することは良いことですよ。気持ちは分かるけど・・・」
 ・今はブレーキの壊れた暴走車みたいになっている
 ・暴走しないようにコントロールすることが大事
 ・左腰付近にブレーキを感じられるようになるまではこのまま続けることが大事
h「分かりました。先生を信じて努力します。」

先を続けて・・・クローズプロムナードは特に何も言われず
コ「今度は♂が後退だけどどうすればいいのかしら?」
h「右手から背骨までを崩さずに真っ直ぐ・・・」
コ「そうね。やって見せて。・・・余分なことはやっていないわね。この時・・・」

 ・1歩目真っ直ぐ下がる
 ・2歩目リバース方向にカーブ(後退の原則は有効)
 ・3歩目横に開くとき、左サイドが開きやすいので、1歩目から蓋をし続けるイメージ
  ↑これだけで結構感じが変わった

2ウォーク&オープンリバースターン
 ・左の蓋と串のイメージを持つだけで踊りが変わったような気がする。
 ・サポーティングフットの足首を使い切ることに気を付けていると突っ込まないって自覚できる
  ↑その反面スピードが全くなくてメリハリゼロって感じ~コーチャーを信じてひたすら我慢!

5ステップで余分に回転しようとしてstop
コ「そこ暴れているわよ。ネックが右側に入るので・・・」
 ・1歩目回転を意識しすぎると串が折れる
 ・2歩目開いた時に中間バランスを意識して、急に体重を移動しない。ボディの移動は二人の位置関係を変えないように注意!

チェイス
 ・4QのシェイプはOK
  ↑この足の上でナチュラル方向に回転してNG
コ「hiroさん、そこで回ったら♀が動けないでしょう!・・・」
 ・5QはOPで中央斜めに後退し、♀がウェイト移動した後ナチュラル方向に回転する
  ↑この時、二人の位置関係を変えずに♀を先行させると、6Qの足が床に着く位置が自然に決まる
 ・6Q~8Q 左サイドを意識してシャッセ

h「今まで、どうして♀は僕の動きに付いてこられないのかって勘違いしていました。」
コ「パートナーさん、hiroさんくらい自分は正しいって思いこんでいる人も珍しいわよね?・・・(何か言ってたけど忘れた)」
パ「はい。」

最後に総括
 ・位置関係と串に注意
 ・サポーティングフットの足首を使い切るまでウェイトを乗せきらない
 ・もう一つ・・・忘れた

競技会までに受けられるスタンダードのレッスンはこれで終わり。後は練習有るのみ!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-02-09 23:25 | レッスン・S
<< 2008.2.4 チャチャチャ編 16日の競技会 >>