2008.1.18 ワルツ編

先日のレッスンノートから。
今年初めてのレッスンは弘子先生のワルツにしました。
90分前には入ってみっちり準備しようと思っていたのに・・・気づくとギリギリ。

スタジオに向かう電車の中でイメトレ。
 ・頭を吊り下げるイメージでトゥ立ちの前バランス
 ・フレームをしっかりキープ
 ・互いの右サイドに相手のスペースを確保
後は・・・焦って頭に入らない。
しょうがないから静的トレーニング開始
 ・両手のひらを合わせて胸の筋力トレーニング
 ・お腹を引っ込めて両足で床を圧しながら、頭を上に突き出すストレッチ
 ・吊革を両手で保持して正面を向きながら胸から下を左右にねじる背中のストレッチ
結局スタジオ入りしたのはレッスン開始10分前。
慌てて着替えて、左右のアンダースローを前後に1回ずつやってレッスン開始。

前回の練習で上手くいかなかった、シャッセフロムPP、レフトホィスク&コントラチェック、フォーラウェイリバースアンドスリップピボット&オープンテレマークとウィングは合わせられず・・・残念

年頭のご挨拶を交わして
コ「しばらく見ていないので、どれくらい上手くなったか、見せて・・・」
h(だから~3週間ぶりに練習したところ上手くいかないから、急に無理言って今日のレッスンを入れていただいたんじゃないですかぁ~)

曲に合わせてルーティンを踊る。他に練習していたカップルを避けたつもりがちょっと接触してしまい、コーチャーから周りをしっかり見て踊るようにご指導いただく。(汗)

コ「思ったより良いですね。ちょんと繋がって踊っているじゃないですか。・・・組むところをもう一度・・・」
 ・♀はもっと堂々として、私はこんなに美しいのよってアピールする
 ・♂は・・・充分すぎるほどやっているので、半分♀に分けたくらいで丁度良い(とか何とか)

組んだ時の二人の位置関係を変えないでくるくる回る
次に♂を軸にして周りを♀が回る
同様に♀を軸にして周りを♂が回る
更に♂の背骨を固定して、動ける範囲内で時計方向と半時計方向に♀が移動
同様に♀の背骨を固定して、♂が左右に移動

コ「踊るときは・・・」
 ・この位置関係を崩さない
 ・背骨を固定しても、ボディは固定しない(表現は違った)
ここは一杯言われた所なんだけど・・・忘れた

ナチュラルターン
1 ♂右足前進(♀左足後退)して荷重
& ♂右足(♀左足)の上で前進(♀後退)→横に方向転換=背骨を固定した回転運動
 この時、まだサポーティングフットにウェイトを残しておく
 ↑サポーティングフットが使えるのは、体重を乗せているからで、体重が移動した後は使えない
2 サポーティングフットを使って、ウェイトをリーディングフットの上に移動する。
 この時、リーディングフットはただ横に開くのではなく、サポーティングフットで送る
(今まで1の脚はただ通過するだけで、あまり使っていなかったので、意識を変える)

コ「hiroさん、この時頭を右に残しているから、・・・」
 ・♀の領域を侵して邪魔
h「先生、逆らうつもりはありませんが・・・」
 ・ナチュラル系の運動で上体を右に残さないとボディのコントロールが出来ない
コ「スウェイはしたままで・・・」
プラスチックの定規を曲げたまま移動して見せていただく
h「理解できました。」
コ「・・・だから右スウェイは難しいのよ。」
反復エクササイズ

その2に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2008-01-20 22:29 | レッスン・S
<< 2008.1.18 ワルツ編(... 2008.01.16 in 富士学院 >>