2007.10.13 in 富士学院

先日の練習ノートから。

練習場に向かう電車の中でイメトレ。

前日のルンバの復習
 ・前バランス~立った後、前に送った分ボディを引き上げ、お尻を締める
 ・背骨からアーム~枠を意識して空間を広く
クイックの復習
 ・ボディコンタクト~腰を回さない、外さない
 ・ネック~スムーズに
 ・swing~頭を吊り下げて、下を振る
後は・・・踊り込み
スタンダードは吊り下げ、脱力、左サイドをキープ、空いたスペースに前進
ラテンは、ウェイトの通過、フットワーク、ボディムーブメント、アームワーク

レッスンノートを付けているときは気づかなかったけど、サポーティングフットのボールをウェイトが通過し続けるように努力すると、歩幅は自然に適正になるような気がする。

そーいえば、前バランスでお腹の引き上げ以上にヒップを引き締めようとすると、サンバやパソになるって言われたような???

軽くストレッチして、スタンダードから練習開始。
アップを兼ねて、アンダースロー、スクエア、クイックのルーティンをシャドー

曲に合わせてワルツから。
休日の練習ではワルツ、タンゴ、スローの1曲目は基本の反復って決めていたのに・・・又又忘れていきなりルーティンを踊ってしまった。
↑踊り出しが固くなると、思い出す(汗)

だんだんフレームがいびつになってきたような・・・
そのうちレッスンで直していただこう!

タンゴ
 ・チェイスの4Qで崩れやすい
 ・フォーラウェイ&テレマークで♂浮き上がりやすい

スロー
 ・3種類のウィーブで崩れやすい
 ・リバースウェーブの後半&バックフェザーでswingがいびつになりやすい

クイック
 ・初めてネックを意識して踊れた
 ・クイックオープンリバース、プログレッシブシャッセ、ランニングライトターンのパートが慌ただしい
  ↑さっさとレッスンで見ていただこう!

微調整
 ・前日のラテンレッスンの応用?→ネックは枠の外、両手は相手に預けて枠だけキープ!

前日のラテンレッスンで張りを感じた左臀部に疲れを感じてきたので、8曲、7曲の2セットで早めに休憩してからラテンの練習。

ウォークで前バランスの確認
ちょっとやると左臀部に違和感・・・
h「これはシューズを履かなくてもできるので、毎日朝(昼)晩10分ずつ・・・」

二人で組んで前日の復習
 ・前バランス
 ・枠を大きく
 ・ネックは枠の外

チャチャの曲に合わせて8種類のシャッセ
 ・シャッセが不格好

次いで、ベーシックのルーティン
 ・アームを独立させられない→アームは背骨から~脚はリズムを、アームはメロディを!

サンバのバリエーション×2曲
 ・最初のボディムーブメントを大きく!
 ・プロムナードトゥカウンタープロムナードランズは肘のキャッチから
 ・ピボットは前進した左足を軸にして相手の前進スペースを空ける
 ・クリスクロスは、両トゥ立ちで開いて、両腿を締める
 ・ウォーク、開いて、回る・・・音をはっきりと!

ルンバのベーシック×1曲
 ・ホッキースティック後半♀の進行方向は♂の左手の下
 ・音をはっきりと!

ルンバのバリエーション×1曲
 ・とりあえず、ルーティンを覚える

パソのベーシック×1曲
 ・ツィストの入れ替えはスタートを早く!
 ・シャッセケープの枠は・・・崩れているかなぁ?

もう1セット踊って終わり。
後半僕もルーティン間違えてぼろぼろ・・・お疲れモードかなぁ?
ヒップの張りもひかず・・・早めに練習を上がった。

曲に合わせた踊り込みと、合間の基礎練習による技術の向上を図るはずが・・・ちょっと休憩が長かったかも?
日、月、火って休養して、明日のレッスンから全開で行こう!
それから、朝、昼、晩の10分間は試しに続けてみよう!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-10-16 23:17 | 練習
<< 2007.10.17 クイック編 2007.10.12 ルンバ編... >>