2007.10.5 クイック編

昨日のレッスンノートから。

スタジオに向かう電車の中でイメトレ。
 ・スペースをどかせて前進
 ↑3の脚を使って
  1Sの脚をウェイト通過後、下はライズ終了、腰はナチュラル方向、右手は進行方向
 ・V6のカウント~QQSSQQ
 ・クイックオープンリバースのフットワーク~HT、HT、T、T
 ・ランニングライトターン、5Sライズ継続、6Qここで降りない

1時間前にスタジオ入り。軽くストレッチの後、アップを兼ねて念入りに復習のシャドー
↑どうも流れているワルツにつられて、クイックにならない(恥)
一汗かいて体が温まったところでパートナーさん登場。
アップの後、二人で合わせる
クイックオープンリバースとランニングライトターンが今イチ??
カウントが不安になって上村一行先生に質問。
テクニックブックで確認したところ・・・

今まで
1S(R)HT
2S(L)HT
3Q(R)T
4Q(L)T
だとばかり思っていたけど
先行歩S(R)HT
1S(L)HT
2Q(R)T
3Q(L)T
4S(R)TH
だったって、初めて知る。ビックリ(!)

何はともあれ、カウントは間違えてなかったので、自信を持ってリード(踊る)だけ。

第3LOD~第4LODのパートを反復エクササイズの後、小休憩を挟んでコーチャー登場、レッスン開始。

コ「今日は?」
h「クイックをお願いします。」
コ「先週何をやったか覚えていますか?」
h「ワルツとクイックの違いです。」
コ「何が違いますか?」 
h「ワルツの1歩目ではライズが継続しますが、クイックは1歩目でライズが完結します。」
コ「何が違うかと訊かれたら、完結にライズ&フォールが違うと答えなさい。次にどのように違うかと訊かれたら今のように・・・ただ、急にピコンって上がらないように・・・」
h「はい、分かりました。」
コ「練習はいっぱい出来ましたか?」
h「1回しかできませんでしたが、密度は濃かったです。」
コ「そうですか。前回のレッスンの終わりより良くなりましたか?」
h「それは自信有りませんが、レッスン終了時並には踊れると思います。」

コ「では、カウントで踊って見せて。」
ルーティン1周分踊る
コ「本当に良くなりましたね。ランニングライトターン知らなかったのに、ちゃんと繋がるようになったじゃないですか。・・・では、曲に合わせて・・・」

ルーティン2周目か3周目にランニングライトターンするところを間違えてプログレッシブシャッセしてしまい、パートナーさんが慌てていたら、直ぐにチェックが入る。そのまま続けて、4~5周踊ってstop

コ「ダンスは・・・」
 ・勢いだけで踊らない。浅く見えてしまう(hiroだ~)
コ「品良く踊るには何が必要だと思いますか?」
パ「柔らかく・・・」
h「メリハリを付けて・・・」
コ「・・・」
 ・踊りが固い
 ・上と下がバラバラなので、繋げて踊ることが必要

鏡の前に移動
まず、上体を真っ直ぐ立てて片脚を後に振り上げるエクササイズ
 ・振り上げる脚と同じ側の腕を同時に前に振り上げる
 ・同じ側の腰を後に開き、下腹の筋肉がストレッチされる
 ・同じ側の肩を前に送り出し、広背筋がストレッチされる
逆脚も反復エクササイズ

次に、膝を曲げて前に振り上げるエクササイズ
 ・逆側の肘を膝に当てる
 ・更に膝の外側に当てる
逆脚も反復エクササイズ
 
更に、脚を開いて同様のエクササイズ~ビリーザブートキャンプみたい。

↑ここで使った筋肉の運動を意識
後退のswingは初めのエクササイズの、前進のswing前には後半のエクササイズの動作を応用する

コ「今の動作を意識して踊って見せて。・・・もっとアームの力を抜いて・・・どうして力を抜くか分かるかしら?」
h「力を入れると筋肉が固くなって、動きが悪くなるからだと思います。」
コ「そうです。それから、力を抜くことによって、重心が下に下がります。力を入れると浮き上がってしまうので・・・」
 ・肩から上をおとなしく
 ↑固めるのではなく、ストレッチを意識~張っては緩めてポジションチェンジの繰り返し
 ・下をどんどん使う~今どの筋肉が使われているか意識できると効果的

コ「力を抜いて踊って見せて・・・」
コーチャーと組んでいただいて踊る。予備歩でstop(泣)
コ「どうしてそんな風に出てくるのよ?」
h「以前は横に振っていましたが、この前のレッスンで後からそのまま右サイドを・・・」
コ「そうじゃなくて・・・」
 ・上から被って出てきている
 ・右腰が前に出ても、上は残しておき、♀を先行させてから、自分が出ていく
何度か直していただいて、仮合格(?)

パートナーさんと組んで最初から踊っては、ぶつぶつ切られて、矯正していただく

V6
 ・後半(4~5歩目)、ネックが縮んで(肩が上がって?)上が被る
コ「hiroさん、首が長いんだから・・・」
 ・しっかり吊り下げて、崩さない
 ・もう一つ言われたけど・・・忘れた

ランニングフィニッシュ
 ・右サイド後退のswingを意識

プログレッシブシャッセ
 ・OPで左サイドを下げる~ボディは緩めない

クイックオープンリバース
1S(L) 右サイドを前進のswing
4S(R) 左サイドを後退のswing

ここまで反復エクササイズの後、ランニングライトターン
☆後退は相手の肩胛骨から
☆前進は相手の肩胛骨から(だったような・・・)
1S(L) その場で回転しない
      右脚を使って、左足を真っ直ぐ後退(=♀を前進させる)
      ♀は止まらないで次に繋げる(後は忘れた)
2S(R) 左脚を使って下から順に右足を真っ直ぐ大きく前進
      右手も付いていく
      左サイド前進のswing開始
3S(L) 左足が床に着いてから反転し、(多分このタイミングで)ネックが右に返る
      この時、右サイドは前をキープし、引かない
4S(R) サイドを折らない(=ヒップ抜けしない)
      右足加重時右サイドを前でキープ(右手も前を意識)
5Q(L) 右サイド後退のswing
      左足はボディの下に付くイメージ
      頭の位置は不変
      下が振り子の運動をして大きく移動
      ネックは前をキープ(難)
6Q(R) 終わりでボディの向きが変わるのでネックはそのまま左
7S(L) ここから最初のナチュラルターンに掛けて右サイドが落ちやすいので注意

ここの反復エクササイズに相当時間を掛けた
 ・上の力を抜いて、互いに真っ直ぐ進む
 ・トゥの方向を変えても、腰は相手に向けたまま
 ・ネックは右サイドのswingが終わるまで前をキープ
  ↑直ぐに後ろを向きたくなってNG

この後半は何度もダメ出しをいただきました。
我ながら自分の不器用さに情けなくなりました。

それぞれコーチャーと組んで修正していただき、シャドーで確認の後、二人で合わせる。
いっぱい直していただきながら何とか仮合格?の後、最初から曲に合わせて・・・本日のレッスン終了。

出来が悪かったのと、次が空いていたおかげで少々?おまけしていただきました。

レッスン後もウェイトトレーニングの際の注意事項や、ストレッチの効果、筋肉の運動に関する意識について、ワンポイントレクチャーをいただいて、とても得した気分でした。

時間の許す範囲で復習して帰途につく。
後は、明日の練習だー!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-10-06 20:39 | レッスン・S
<< 2007.10.5 クイック編~追伸 クイックのベーシックルーティン >>