2007.9.12 タンゴ編

先日のレッスンノートから。

急遽お願いした前回のレッスンの他に、当初から予約していた今回のレッスン。
一度も練習しないでレッスンを受けるのはあまりに失礼なので迷いに迷って・・・コーチャーに相談したけど、練習無しでレッスンに来ても別に構いませんとの、回答をいただいたので、思い切って続けてのレッスンをお願いすることにしました。

電車の中でイメトレ。
 ・頭の吊り下げ
 ・アームと脚の余分な力を抜く
 ・タンゴのチェイスは右脚を使って後退&右サイドを♀に通過させる
 ・スローのカーブドフェザーはネックをボディのswingに連動させ、両トゥ立ちからチェックへ
 ・何より・・・コーチャーとのコミュニケーション

早めにスタジオ入りして、アップの後練習開始。
タンゴ
ウォーク、リンク、プロムナード、バックコルテの繰り返し。最初固くてまずいかなぁ~って思ったけど、だんだん柔らかくなってきたのを確認して、チェイス・・・又崩れている。

h「この前のレッスンでここ何言われましたっけ?」
パ「何も・・・」
h「僕は・・・」
 ・上体のストレッチ
 ・4Qの脚を使って後退
 ・右サイドを♀通過
 ・シャッセは♀先行
反復エクササイズ

h「そーいえば、フォーラウェイも何か言われてましたよね?僕は右サイドを先行させること・・・」
パ「私は4歩自分でしっかり回転するように・・・」
h「お疲れモードで欠点は指摘されたけど、どうやって直すかは言われてなかったんでしたっけ?」
パ「はい。」
とりあえず、試行錯誤も・・・良くならず、後はレッスン頼みにして、スロー

時間の関係でアンダースローのエクササイズは飛ばして、フェザーステップ、スリーステップの反復エクササイズ
次にルーティン。
 ・上をおとなしく、下を一杯使う
 ・余分な力は入れない
 ・カーブドフェザーの課題は・・・忘れがち(やってから気づく)
小休憩の後、タンゴの復習

ここで、コーチャー登場。レッスン開始。
コ「さっきも言ったけど、今日はちょっと疲れ気味なので、・・・」
 ・それで良いわ~
 ・それじゃあダメよ!
 ↑どっちが良いか?
コ「良いわーっていうのは嫌よねー」
h(じゃあ、訊かなきゃ良いじゃないですか~)

コ「ところで練習見ていたけど、もう少しオーラって出せないかしら?」
h「分かりました。」
コ「分かりましたって言うことは出せるてっいうことよね?」
h「はい、出します。」
コ「今度やれるって言ってやれなかったら、私とパートナーさんにランチをおごるって言うのはどうかしら?」
h「それじゃあレッスンフィーが無くなるので・・・とにかく見て下さい。」

先日パソのレッスンで言われたボディトーン+サイドからアームまでのトーンを応用してビシッと全面に出しながら構える。
コ「良いじゃない。続けて。」
2ウォークで爆笑
コ「hiroさんはどうして動くと・・・」
h「結局いつも一緒で・・・」

コ「まず・・・」
 ・足首を使って膝を使って骨盤がローティーションする(表現は違った)
 ・上体は回さない
 ・両肘はボディより前~ネックとの三角形は変わらない
 ・両肘は二人の中間~変形させない

コーチャーに踊っていただく
 ・下を使う前に上を回そうとしない=左肘を引かない
 ・両肘が動く前にネックが前に出る→ネックは背骨の上
 ・2歩目右足が♀の左足に当たる→お互いの右脚の間に中心を作るように前進(ワルツのオーバーターンドナチュラルスピンターンの5歩目でも言われている)

次に♀がコーチャーと踊っていただく
 ・1歩目、CBMP。トゥの向きは正面のまま、ボディは右サイドを開く
 ・2歩目、サイドリーディング。トゥの向きは正面のまま
 ・ドスンて下がらず、中間バランスでいつでも元に戻せる状態を作りながら後退(表現は違った)
 ・両肘は中間をキープ(相手のリードが通じる状態)
 ・アームを伸ばさない(リードが通じなくなる)

二人で組んで反復エクササイズ
 ・それぞれボディと両アームを介して背中に半円を背負う
 ・♂右手と♀左手のコネクション、♂左肘と♀右肘のコネクションが半円の両端となる
 ・それぞれ自分の半円を崩さず、かつ、二人の真円を崩さない(とか何とか)
さらに反復エクササイズ

ファイブステップ、チェイス、シャッセ、リンク、クローズプロムナード、バックコルテ、2ウォーク、フォーラウェイリバースアンドスリップピボット、テレマーク、オーバースウェイ
コ「そこで崩れるわね。」
 ・中央斜めに面して2ウォークの後、フォーラウェイに入ると回転しすぎてしまいがち

試行錯誤の後、ルーティン変更
チェイスに続くクローズプロムナードの後、ファイブステップで中央斜めにPP
クローズプロムナードでLODに面してから、フォーラウェイリバースアンドスリップピボット、テレマーク、オーバースウェイ

コ「hiroさん、そこで・・・」
h「はい、テレマークの3歩目でオーバースウェイに開くとき、♀を引っ張って崩してしまうのは自覚しています。」
コ「そこは・・・」

フォーラウェイリバースアンドスリップピボット
先行歩 右骨盤のローティーション(hiroの表現)
1Q (リバース系の回転では)左サイドを引いてはいけない=車の左カーブのように左サイドを前に出す
↑ウォークも同様(難しい・・・)
2Q 左アームで♀を押さない。
   フレームを崩さない=両肘は二人の中間
3Q 2Qの足のヒールをウェイトが通過して左足後退
4Q 3Qの足のヒールをウェイトが通過して右足後退~右ヒールを逆中央斜めに向ける
   ↑この時、右足はLODを越えて♀前進のスペースを空ける
   右ボールを軸にピボットアクションでLODを向くとき、左肘を引いて♀を崩しているので注意
   ↑両肘の位置をキープし、ボディと連動して回転する
 
テレマーク
先行歩 右骨盤のローティーション
1Q まとめていて気づいたけど、先行歩は1拍で後退、ピボットアクションと忙しいので、このカウントでローティーションかなぁ?
いずれにしても、回転の継続は上からではなく、下から!
2Q 右足を回り込ませ過ぎて、♀の進行スペースをつぶしている
   右足はLODを越えて中央斜めに真っ直ぐ出す
3S 左足をLODに開く
反復エクササイズ
コ「だいぶすっきりしてきたわよ。」

先に進む。オープンプロムナードでstop
コ「hiroさん、今肘を残してネックだけ前に出たの分かる?」
h「分かりません。」
 ・全部一緒に前に出す

続くコントラチェック
 ・右広背筋をストレッチしながら、左サイドを上にストレッチ
戻してPP
 ・そのまま戻すとお腹が出やすい 
 ・右サイドを戻して、お腹を引っ込める
反復エクササイズ

ここまでかな?
最後に総括して下さったけど、・・・忘れた。
 ・互いの半円
 ・後退で脚を抜く(これは先週だけだったような、今回も繰り返しご指導いただいたような???)
 ・上体を動かす前に、下から動かす(だったような、違ったような?)
コ「今回やったことはとても大事なことなので、しっかり練習して出来るようになったら又来て下さい・・・崩れるようなら、手遅れにならないうちに早めに・・・」
h&パ「分かりました。」

大事なことなので、こまめにチェックしながら、早めにレッスンで矯正して貰うつもりです。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-09-22 14:19 | レッスン・S
<< 予選落ち 2007.9.8 スロー編 >>