2007.8.29 タンゴ編(その1)

先日のレッスンノートから。

電車の中でイメトレ。
今日はタンゴ。
レッスンの度に、言われることは一緒。
 ・余裕がない
 ・一生懸命やればいいと言うものではない
 ・品良く・・・
今日は、まず♀をどかせて空いたスペースに♂が前進して余裕を見せること!
↑これだけ!

着替え終わるとパートナーさんも。
軽くストレッチ&アップの後、ウォークから。
うーん、前回の練習より・・・
何が悪いのか???
一杯踊り込んで、後は・・・レッスン頼み!

コ「久しぶりですね。練習いっぱいやってきましたか?」
h「一杯とは言えませんが、少しだけやってきました。」
コ「少しの練習で上手くなれるほどダンスは甘くないですよ・・・」
h「はい。」
コ「ところで競技会にはまだ出ていないですよね?」
h「はい。」
コ「近々出る予定はあるのですか?」
h「9月下旬の競技会にエントリーしようかと思っています。タンゴスローのベーシック戦です。」
コ「ということはまだエントリーしていないんですね。」
h「はい。」
コ「じゃあ、今日の踊りを見て私がOKしたら・・・競技会に出て有る程度結果を出せるようなら良いですが、最初から酷い結果でトラウマになってしまうと・・・」
h「分かりました。今日はタンゴをお願いします。」
コ「じゃあ、曲に合わせて・・・」

ルーティンを1周半踊ってstop
コ「hiroさん、最初のウォークで力が入り過ぎよ。・・・」
h「毎回タンゴのレッスンではそれを言われているので、今度こそはって、しっかりイメトレしてきたんですが・・・」

コ「まず・・・」
 ・上から下まで一緒に移動させる
 ・♂左&♀右手の力を抜く~この力は高さを下げない分だけ使って、余分な力を無駄にしない
 ↑500円玉を握って落とさないように踊りながら定着を図る
 ・余分な力が形を崩しているので、力を抜いてすっきり立って、そのまま移動する

別々にコーチャーに矯正していただいた後、二人で組んで確認
コ「良いわよ。初めに比べると全然違うわ。次に・・・」

その2に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-09-01 23:05 | レッスン・S
<< 2007.8.29 タンゴ編(... 2007.8.26 in ゼフィール >>