2007.7.20 ルンバ編

先日のレッスンノートから。

電車の中でイメトレ。
ルンバの2回目。今回習ったことを練習に生かしてから、チャチャのレッスンを始めたい。
今回のポイントは・・・
 ・フットワーク
 ・ボディの引き上げ
 ・絞りと脚の伸ばし
 ・サイドのストレッチ&コンプレスと連動したアームワーク

珍しく早めにスタジオ入り。
更衣室に向かう途中で三浦先生のレッスンがキャンセルになったことを伝えられる・・・(このやり取りはちょっと書けないなぁ~)

パートナーさんと相談して、JBDFラテンB級/スタンダードC級の矢口学先生にレッスンをお願いしました。
↑hiroが今使っているラテンウエアを格安でお譲りしていただいた先生です。

アップしてから二人でベーシックを合わせる
 ・二人のテンションを合わせて、キープ
 ・二人の間の空間を広く確保
 ・フットワーク、ボディの引き上げと絞り、ストレッチ
 ・ついでに?アーム

一昨日の練習が効いているようで、結構良い感じ。
パ「横の動きを・・・」
クカラチャやって、アームを付けて、シャッセやってアームを付けて・・・

休憩を挟んでレッスン開始。

矢「レッスンを受けたことは・・・?」
h「今日がルンバの2回目のレッスンになります。それまで僕がウォークを教えたので・・・一から直して下さい。」
矢「分かりました。ルンバは簡単に言うと、ウォークと方向変換の組み合わせなので・・・まず、踊って見せて下さい。」
ルーティン1周踊ってstop
矢「競技会は近々予定していますか?」
h「9月下旬を予定しています。」
矢「じゃあまだ時間があるので根本的に・・・何に気を付けて踊っていますか?」
パ「真っ直ぐ立って・・・」
h「まずボディの引き上げです。」
矢「そうですね。ボディトーンはしっかりして見えますよ。」

h「次にボディの絞りを・・・」
矢「そうですね。絞ろうという意識が強すぎて・・・」
 ・音と音が途切れてロボットのように見える(表現は違った)
 ・移動するときドスンドスンって乗っているので、中間バランスの状態を作ってスムーズに動く
 ・2と3は1拍なので普通に動く
 ・4-1は2拍なのでゆっくり動く(表現は違った)
クカラチャをしながら、体重移動を1拍でやるときと、2拍でやるときで、アームの軌跡とスピードを変えるエクササイズを例にとって、分かりやすくレクチャー
続いて、パートナーさんと一緒にウォークの反復エクササイズ

コ「次に・・・」
 ・絞りを意識しすぎて身体が固まってしまいがち
 ・脚が前に出るときは、事前にヒップの切り替えが必要
 ・そこからボディのサイドが前に出て胸が突き出る(とか何とか)
  ↑ボディリードって言っていたかなぁ?(hiroはおっぱいリードって習った>印象がとても強くて決して忘れられない)
反復エクササイズ
 ・肩を突き出さない~絞りが無くなる
 ・脚を出す前に必ずヒップの切り替え
 ・意識しすぎると歩幅が狭くなるので注意

二人の踊りを見て
矢「hiroさん、それじゃあ・・・」
 ・ホッキースティックやアレマーナの前半、ナチュラルトップに繋げるベーシックの前半で、アームを上げるのが遅くて♀の進行を妨げている
 ・アームは最短距離をスムーズに移動させる
 ・ニューヨークなどでPPやCPPからのターンのタイミングが遅い~&の後まで引っ張りたくても、&では動作を開始すること
  ↑ここでアクションを開始すると、自然に二人の2の音が合う
 ・スポットターンのリードがアレマーナやアンダーアームターンと間違いやすいので、ハイホールドからローホールドに変更
  ↑これは以前三浦先生にハイホールドにするように言われたような気がするので、後から確認しよう!
反復エクササイズ

矢「それから・・・」
 ・スポットターンの1歩目、ウェイトが後にあると
リードが♀に通じないので、前バランスをキープ
 ・同様に?ニューヨークのターンは上体だけ横に移動して崩れている~仙骨を先に移動させて上体が付いてくるイメージ(hiroの表現)
 ・そのまま前ウェイトをキープしながら軸足を通過してからターン

矢「じゃあ、最初から・・・」
 ・hiroのネックが前に出やすいので注意~スポットターンの後など特に!
 ・コネクションが暴れすぎ。二人の中間で止めておくくらいで丁度良い

後何習ったっけなぁ・・・忘れた

週末は、今日習ったことを集中的にやって・・・そろそろビデオでチャックしてみようかな?
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-07-21 21:20 | レッスン・L
<< 現実・・・ 2007.7.18 in 富士学院 >>