2007.6.15 ルンバ編(その1)

先日のレッスンノートから。
カップルで初めてのラテンレッスン。
三浦秀康先生からルンバのレッスンを受けました。

四谷駅で待ち合わせて安東ダンススクールへ。
相変わらず繁盛していてフロアが一杯でした。
パートナーさんの入会手続きの後、着替えてストレッチ。
体が温まってきたところで二人でアップ。
ウォーク、シャッセのエクササイズの後、ベーシックルーティンをみっちりやって小休憩
コーチャー登場。レッスン開始。
相互に紹介してルンバのレッスンをお願いする。

コ「組んでどれくらいになるんですか?」
h「2ヶ月くらいです。」
コ「2ヶ月間みっちり練習してきたわけですね。」
h「もっと早くレッスンを受けたかったんですが・・・僕がウォーク教えたので・・・」
コ「教える前の方が良かったなんていわないですよね?」
h「・・・1から直して下さい。」
コ「分かりました。では踊って見せて下さい。」

カウントでルーティンを2周踊ってstop
コ「まず・・・」
 ・脚を持ち上げる
 ・そのためにはお腹を引き上げる
 ・もっと持ち上げるには踵を前に出す
コ「簡単でしょう?」
パ「続けるのは・・・」
コ「これを・・・」
 ・1歩1歩全てやり続ける
 ・これは♂のリードでは出来ない♀の技術
  ↑ただし、♂の悪いリードで♀の技術を発揮する前に崩してしまうことはある
コ「やってみて」
ちょっと踊ってstop

コ「日本では・・・」
 ・良い姿勢というと胸を張るが、肩が後に引けてしまうので、ダンスではNG
 ・背中を張って肘を横に張る
 ・お腹を巻き込んで引き上げる
コ「簡単でしょう?・・・やってみて。」
ちょっと踊ってstop

コ「次に踊っていて窮屈に見えるので・・・」
 ・二人の間の空間を広くすると、踊りが大きく見える
 ・♀は右手を身体から拳2つ分位離す
 ・♀は両アームを身体から離していくように広げる
 ・♂は♀を離さないように内側に閉じる
 ・この2つのテンションが釣り合った状態をキープして踊る
コ「簡単でしょう?・・・やってみて。」
ちょっと踊ってはご指導をいただいて微調整

オープンヒップツィスト
予4-1 ♂左手のリードで♀を先に後退させてから右足前進
1・2 何て言われたっけなぁ?~♂が左足前進して、♀が後退?
 & ♂左アームの引きを開始?
2・3 引き続き左アームの引きを継続~♂左&♀右手が内側に入らないように注意
3・4 二人の間隔は狭くなっても♂左&♀右手は内側に入れない
 & ♀ヒップツィスト~♂左&♀右手の位置に注意
4・2 ♂右足後退しながら♀に正対し続ける。♀の右アームの形を崩さないように注意

続きは後日
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-06-17 23:55 | レッスン・L
<< 2007.6.15 ルンバ編(... 2007.6.13 in 富士学院 >>