2007.6.13 in 富士学院

昨日の練習ノートから。
またまた所用で遅れて練習に向かう。
ストレッチもほどほどに、軽くアップしてスタンダードから練習開始。

ワルツから、音無しで合わせる。
まず、ベーシック。前半と後半のswingがだんだん合ってきた。
次いでバリエーションを2周して部分練習
 ・オーバーターンの4歩目、互いの右腿の間に軸を意識
 ・PPからのスタートは波を意識
 ・クイックオープンリバースの2歩目で♂の右スウェイで♀ネックを返す
 ・スローアウェイオーバースウェイで僕の右サイドのリード&フレームを崩さないようにキープ
 ・ランニングスピンターン&サイドロックのタイミング

まあ、こんな感じかなぁ?というところでタンゴの練習
同じく曲無しで2周してから部分練習
そーいえば、オープンリバースターンで♀の居場所が無くなるって前回言われたのを思い出す
 ・オープンリバースターンとフォーラウェイのリードの違いが伝わらない(hiroが踊り分けていない)
 ・オープンプロムナードはまあまあ
 ・オーバースウェイからのシャッセは♀を起こしてから移動開始
 ・ホィスク&タップのカウントに注意

曲に合わせてワルツとタンゴを2曲ずつ踊る
 ・ランニングスピンターン&サイドロックは周りに人がいなくて自由に踊れるとどうにかなるけど、他の人がいて避けようとすると、あっという間に息詰まって回復不能・・・踊り込み不足を実感
 ・タンゴのオープンリバースターンとフォーラウェイの踊り分けは一度も成功せず・・・
 ↑集中的に練習

まず、ウォーク無しで踊り分け
通じるようになってくると2ウォークからの踊り分け
これも通じるようになるとバックコルテからの踊り分け
繰り返しているうちにだんだん通じるようになってくる。
↑パートナーさんの感度は良くなって来るんだけど、僕の踊り分けは???
レッスンで確認したいのは山々ですが・・・今月はもう受けられないので、週末、過去のダンス日記を確認してみよう!

ワルツとタンゴを2曲ずつとスローを1曲、曲に合わせて踊る
まあまあかなぁ~後は週末の楽しみにとって置いてラテンの練習に移行

ルンバウォーク
 ・まずフットワーク、次いでアームワーク(身体から一番離れている軌跡を通過させる。)
 ・両方合わせて、ボディをしっかり絞る=伸ばした脚をトゥの先までしっかり使う
シャッセも同様
 ・乗った足はボールウェイト
 ・トゥの方向に注意

曲に合わせてベーシックを踊る
オープンヒップツィスト
ホッキースティック
ニューヨーク
スポットターン
ベーシックムーブメントの前半
ナチュラルトップ
クローズヒップツィスト
アレマーナ
ハンドトゥハンド
スポットターン
最初に戻る~金曜のレッスンはこれで受けよう!

 ・脚を真っ直ぐ出す~だんだん奇麗になってきた
 ・とりあえず、4-1のカウントだけでも音の幅一杯に使う(限界までストレッチし続ける)

ここまでかなぁ?

スタンダードの練習に時間をとりすぎて、ラテンの練習が少なくなってしまった。反省!

焦らず、じっくりと進めていきたいものです。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-06-14 23:43 | 練習
<< 2007.6.15 ルンバ編(... 2007.6.8 in 富士学院 >>