2007.6.6 タンゴ編(その1)

コ「さっき見てたけど、hiroさんガチガチに固まっているわよ。もっと力を抜いて・・・」
h「はい!」

1周踊り直したところでstop
コ「hiroさんは一生懸命やれば評価されると思っているでしょう?」
h「・・・そういうところはあります。」
コ「まず、その考えを改めて・・・」
↑センスが大事だとか何とか・・・僕の感性を根本的に否定されて・・・ちょっとショック!さらに
 ・止まった状態から何かやろうとすると上体が被る
 ・フットワークが汚い
h「まさにそれを、日曜の練習でやったばかりなんですよ。・・・」
コ「じゃあ、ウォークを一人で踊ってみせて!・・・そんな風には踊っていませんよ。hiroさんのは・・・」
 ・がに股→インサイドを意識
 ・ドカドカそのまま出している→床を探りながらインサイドを床に滑らせて、乗る直前にトゥが上を向く
 ・下を下げた分、上を持ち上げる

コ「ウォークは何に注意してやっていますか?」
h「3本の柱です。♀の背骨と二人のセンター・・・」
コ「自分のことでは何に気を付けていますか?」
h「相手を先行させて空いたスペースに自分が進むことです。」
コ「言っていることはそのとおりですが、やっていることは全然違います。・・・」
 ・下と一緒に上が突っ込んでいき、被ってしまう
 ・膝を曲げ、状態が一緒に下がらないように上から吊り上げられるイメージで下を下げた分だけ上を持ち上げる~この状態をキープ
 ・ウォークは、まず相手の背骨と二人のセンターを先行させる。右手は進行方向に連携して動く(その場に置いていかない)
  そこから自分の背骨を移動させる
どうしても上が緩んでしまい、髪の毛を引っ張り上げられながらウォーク、リンクの反復エクササイズ
長い友を失ったらどうしようって心配で、必死に持ち上げながら繰り返す。
コ「髪の毛引っ張って悪かったかしら?」
h「いいえ。」

先に進む。
 ・フィガーの最初は必ずサポーティングフットを使ってからスタートすること!
フォーラウェイリバースアンドスリップピボット&テレマーク、オーバースウェイ、シャッセ、ホィスク、PPでstop
コ「(笑いをこらえながら)今のは何?」
h「フォラーウェイです。」
コ「やっぱりそうなの?何やっているか分からなかったんだけど、足を見たらひょっとしてそうかなって・・・」

フォーラウェイリバースアンドスリップピボット
1Q ♂右肘は進行方向(=中央斜め)を横切る
2Q ♂右肘は更に中央を横切る
3Q ♂左足後退~ここは何も言われていなかったよなぁ・・・
4Q ♂ここはどうだったか・・・覚えていないけど、急にスムーズに踊れるようになった???

テレマーク
これもすっきりして高い位置でぶれずに回転できるようになったけど、自分のどこを変えたのか理解していない。

こういう何となく感覚だけでやっていると、時間と共にイメージが消えてしまうと修復できない。(いっぱいノートに書いても上手くいかないときは一緒という説もある)
ちょっと不安です。

その2に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-06-11 23:28 | レッスン・S
<< 2007.6.6 タンゴ編(... 2007.6.6 ワルツ編(その2) >>