2006.5.13 in 富士学院

昨日は新パートナーさんとの初練習でした。
早めに行ってじっくりアップ。ここ何日か急にさぼってこわばった身体をしっかりほぐしてからシャドー。

一汗流して休憩していると、パートナーさん登場。ご挨拶の後、スタンダードから。

まず、ワルツ。
お互いに習っていることを確認。
h「まずswingはシャネルのマークのように・・・4方向に分かれて・・・僕はブログにはアンダースローのエクササイズって書いています。足首、膝って曲げて身体がしなって、踵が離れるときに・・・」
パ「私も同じです。」
合意に達したところで音無でワルツをパートごとに分解して合わせる。
一緒に踊るのは今日で3回目。だんだん合ってきた感じ。

ワルツを集中的にやろうかと思っていたけど、予想以上にしっくり来たのでスローも合わせる。
リードが伝わりにくいところがリバースウェーブとナチュラルウィーブの2点
まあ、時間が解決すると思う。

更にタンゴ
♂右腕&♀左腕のコンタクトをもう少ししっかりするようにお願いしたけど・・・実は僕の右手が低いだけだったりして?

休憩してから8曲通しで踊り込む練習をするが・・・W×2+T×2+F×1の5曲で止めた。
↑だんだんに体力向上を図ろう!

休憩を挟んでラテン。
まず、一番最初に作ったサンバのバリエーションのビデオを見て、イメージを膨らませてからエクササイズ開始

まず、開いた姿勢。頭の高さを変えずに膝を曲げて、逆のボディを引き上げる
次に閉じた姿勢。

2つの姿勢を覚えてから、バリエーションのルーティン。
途中で切って繰り返し。何とかうろ覚えで先に進む。繰り返してから最初から通す。
↑この繰り返しで21小節進めた。残りは9小節。
覚えの早さにビックリ!

続いてルンバの基礎を少々

脚を長く見せるには?
 ・膝と足首をしっかり伸ばす
 ・ボディを絞る

フットワーク~伸ばした脚を奇麗なまま運ぶには?
 ・足を立てて床を擦って引き寄せる
 ・両膝を擦り、くるぶしを擦って通過
 ・足を立てて床を擦って送り出す
 ・そこにボディを乗せて、足首を使い切ると、脚が長く見える

特に、カウント4で足首を使い切ることに気を付けてベーシックをゆっくり踊る
オープンヒップツィスト、ホッキースティック、ニューヨーク、アンダーアームターン、ハンドトゥハンド、スポットターンの繰り返し

軸は真っ直ぐ=足は頭の下

チャチャ、前進後退のロックのフットワーク

前進ロック
 4 前足にしっかり乗る(フラット)
 & 後ろ足のヒールをしっかり持ち上げる(ボール)~前膝を曲げない
 1 前膝を曲げ、トゥを立てて前進(フラット)
   後ろ脚側のボディを持ち上げること!(だったと思う)
後退ロック
 4 後ろ脚を伸ばす(ボール)
 & 後ろ足のヒールをしっかり持ち上げて、前足を引き寄せる(フラット)~前膝を曲げない
   前足を引き寄せながら、後ろ脚を前に押し出す!
 1 止まる時はウォークなのでフラット。ロックを続ける時はボール
&カウントは、前進も後退も同じ形

パソ
ベーシックのルーティンを最初から第1ハイライトまで。
ドラッグとフォーラウェイエンディングトゥセパレーションに入るところがあやふや・・・
というか、こんなに出来て、凄い!

最後にサンバのルーティンを復習して終わりにする。

パートナーさんがどんどん覚えてくれるのには、本当に感心します。
こんなに出来てって誉めて、さっさと止めればいいのについつい先に進んでしまいがち。
僕もせっかちだけど、パートナーさんも多分相当せっかちなんだろうなぁ・・・

けど無理は続かないので、はやる心を抑えて、焦らずコツコツやっていこう!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-05-14 23:32 | 練習
<< 2007.5.15 in 富士学院 タンゴのベーシック・ルーティン >>