2007.2.14 パソ・ドブレ編

先日のレッスンノートから。

念願のラテンのレッスンを受けてきました。パソとチャチャの2レッスンです。何と・・・今年初めて!
今までの練習で上手く行かずに迷っていたことを一気に解決して、来週のコンペに向けて見栄えをよくして貰おう!

最初のレッスンはパソ。早めに行って二人で合わせて・・・ルーティンが1周続かない(レッスン以前)
何とか第2ハイライトまで間違えずに続いたり続かなかったり・・・
小休憩の後、Pさんはムービーをセットしていると、三浦先生登場。ルーティン間違えずに踊れることを祈りながらレッスンを迎える。

コ「お久しぶりです。今日は?」
h「今月の25日に財団のE級戦があります。チャチャとパソのベーシック戦です。初めにパソをお願いします。」
コ「分かりました。ではゆっくり踊って見せて下さい。」

僕のエスパーニアカーニをなぞったダン・ダ・ダ・ダン・ダ・ダ・・・というカウントで踊る。
第2ハイライトからプロムナードトゥカウンタープロムナード、グランドサークル、ザツィストの途中でstop

コ「Pさんは、ルーティン覚えましたか?(とか何とか)・・・」
P「ハイ、大丈夫です。(って、大丈夫じゃないように見えたから聞かれたような?)」
コ「hiroさんは・・・」
 ・シェイプを作る時にサイドを落としているので、下げずに逆を更に引き延ばす

スパニッシュライン
 ・二人の間隔を広く(今まで両手を広げた位→腕1本分位)
 ・ボディの前方下側で交差した両手をそれぞれ回してポーズ
 ・前足は後トゥより外側にトゥ立ち
 ・上体をつぶさず、上に引き上げる
 ・両肩を引かずに胸を突き出す

フラメンコタップからドラッグ
 ・二人の間隔をキープ
 ・サイドを落とさない

ザツイスト~最初の難関
 ・二人の間隔が狭くて窮屈に見える→最初の間隔をキープ
 4 このカウントからは♂が先行
   ♂左足は♀の進行方向を横切る位置まで前進
   二人の間隔は広く
   ♂左サイドを上にストレッチ、右手は目一杯♀側(逆LOD)に伸ばす~縦長のフレーム
 5 ♂右ボディを絞り、♀の通り道を空けながら、右足を後退して左足の後に交差
 & ♀の通過後反転
   右手は腰より下げない(表現は違った)~横長のフレーム
   アームが切れやすいので余分な力を入れて固めない
   二人の間隔は比較的狭かったような???
 6 ♀をどかせて左足前進~足が床に付くタイミングは♂&♀共同時
   ♂ボディの進行は♀がどいて反転した後に進むイメージ
   二人の間隔は奥深く
パソの足運びは出した脚でボディを引き寄せるイメージ

レフトフットバリエーション
 ・二人のポジションはハイホールド=立てた前腕は肩より外
 5 沈まない。左サイドを下げずに右サイドを上げる

シンコペーテッド・セパレーションの脚の使い方を質問するのを忘れてしまった。

フォーラウェイエンディングトゥセパレーション
 4 左サイドを下げずに右サイドを持ち上げて、このボディで左脚を引き寄せる

シャッセケープ
 ・♂シャッセ&♀ロックの3歩、お互いずーっとシェイプしっぱなしで辛そうに見える
 ・まっすぐ立って移動し、3歩目移動してから(&カウント)シェイプ!
 ↑♂♀と繋いでいる左手の位置を変えず、ボディを移動させる
 ・♀のロックは真っ直ぐ前進
 ↑♂はシャッセの3歩で♀を追い越す=脚を先に出して、その位置までボディを引き寄せる
♂シャッセ&♀ロックの3歩の後、♂の頭は♀から一番遠い軌跡を描く
次の1拍で体を起こして(まっすぐ立って)入れ替わり
↑♀は後退しないでしっかりスパイラルで回転して前進
 ♂はボールターンで♀に正対~ここで抜かれる
コ「この入れ替わりで♂が♀を抜くのはとてもきつい!それでも♂は苦労して・・・」
 ・乱れてきた時はジグザグに進むと楽
 ・シャッセケープは元々ジグザグに進むフィガー
h「先生、そんなこと初めて聞きましたけど?」
コ「教えたこと無いかもしれない。コンペなんだから苦労してもよく見せて・・・」
h「それはそうですが、基本を知らずに・・・」
コ「苦労して上手く行かないから分かることもあるので・・・」
h「(分かったような、分からないような)・・・」

コ「では、ここまで。」
h「先生、あと一つだけお願いします。」
コ「何ですか?」
h「フォーラウェイリバースエンドスリップピボット&テレマークが上手くいかなくて・・・」
コ「それは・・・」
 1~2 クローズポジション=互いの立てた前腕は肩の外側
 3 フォーラウェイポジション(4歩目だったかも?)
 4 両トゥ立ち
 6 ♀の両足の間をめがけるイメージで左足真っ直ぐ前進

ここまでかなぁ?

コ「では、頑張って下さい。」
h「早く昇級して、先生にパソのバリエーションを作って貰えるように頑張ります。」
コ「バリエーションやっていてもベーシックに戻るんだけどね。」
h「ベーシックが大事なのは分かっています。練習やレッスンは継続しますが、コンペでは格好いいルーティンで踊りたいです。」
コ「そうですね。頑張って下さい。」
h&P「はい。」

1レッスン間に挟んで復習
 ・ザツィストの4歩目の二人の位置が噛み合わない
  ♂ 間隔広く確保したい
  ♀ しっかり揃うとすると♂との間隔が狭くなる
 ・同じくザツィストの3小節目、♀の足形が曖昧・・・暫定的に11・&・12として続ける

ゆっくり繰り返して、二人の間隔を微調整
速いカウントで調整しないでも合うようになるまでには・・・相当の練習(時間)が必要になりそう。

P「パソって難しいわね。」
h「(難しいけど)僕はチャチャの方が難しいし、サンバはもっと難しいなぁ。」
P「・・・」

何はともあれ、本番では鏡はないし、ゆっくりお互いのポジションを確認することもできないので・・・
少しでも形になるように、練習有るのみ!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-02-17 07:05 | レッスン・L
<< 2007.2.14 チャチャチャ編 2/25 >>