2006.1.24 タンゴ編

先日のレッスンノートから。
早めにスタジオ入りしてアップ。今回は繰り上げはない模様。安心して二人で合わせる。

まず、タンゴの復習から。
 ・下からウォーク、反らないリンク、1の脚をしっかり使ったクローズプロムナード
 ・腰を開いてバックコルテ、下からウォーク、逆中央斜めにオープンリバースターン・・・2の脚をしっかり使う
 ・下から5ステップ・・・2の脚をしっかり使い、最後は反らないPP
 ・1と3の脚をしっかり使うチェイス、反らないリンク
 ・壁斜めに踏み込むオープンプロムナード、右足を残すアウトサイドスウィブル、壁斜めに踏み込むコントラチェック・・・このフレーズは今イチ???

お互いに脚を使う所でどちらから忘れると途端にギクシャクしてしまうので反復エクササイズ
先日の練習並みに踊れることを確認してスローを合わせる
 ・上を柔らかく
 ・ロアーする時脚の力を抜く・・・これはNG
レッスン前で空いている上村先生とお話
h「先生、去年の暮れに教えていただいたロアーする時脚のテンションを抜くのは難しいですね。
折角習ったのにすっかり感覚を忘れてしまいました。年末年始は長かったです・・・」
上「(爆)難しいですからねぇ~」
練習再開。小休憩の後、弘子先生登場、レッスン開始。

コ「今日は何をやりますか?」
h「タンゴを15分とスローを30分お願いします。」
コ「タンゴを・・・15分ですか!うーん・・・タンゴだけで終わったりして・・・」
h「それならそれでかまいません。タンゴは先週習ったことが良い方に向かっているか確認して下さい。
間違えてなければ、このまま練習を続けます。間違えたことばかりやっているようなら、しっかり直して下さい。」

コ「分かりました。では、タンゴを踊って見せて下さい。」
1周踊って
コ「素晴らしい!見違えるようです!(って持ち上げておいて)先週までが酷すぎただけですけどね。(爆)
けど、タンゴっぽくなってきましたよ。後はアウトサイドスウィブルが・・・」

オープンプロムナード
 ・♂3から4に掛けて動作を途切れさせない
アウトサイドスウィブル
 ・♀その場でラテンのヒップツィストみたいなアクションがNG
  前進して軸足(トゥの方向)をしっかりターンさせ、もう一方の脚を残す(伸ばす?)
  この時(に限らずいつも)、トゥは立てずに親指の内側を床に押しつけておく
 ・♀のネックは最初のターンで右から左、次のターンで・・・右のまま残すんだったような?
 ・♂のネックは最初のターンまで左手の内側、次のターンで左手の外側に向けて、コントラチェックに備える
コントラチェック~二人のネックを切るタイミングを揃える
 1S ♂ネックを右から左
 2S ♂ネックを左から右

↑この一連の流れは、
 ・ネックを素早く切る~一旦逆に少し動かしてから戻すと格好良いような気がする
 ・軸をゆがめない~特に♀コントラチェックは腰から頭まで1本の軸を上に伸ばすイメージ

ここまで反復エクササイズ
コ「まだ10分ですが、タンゴは終わりにしてスローをやりましょう!」
h(やったー!仮合格だ~!!)

スロー編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2007-01-27 11:47 | レッスン・S
<< 2007.1.24 スロー編 新ルーティン >>