2006.12.18 in 富士学院(スタンダード編)

先日の練習ノートから。
練習場に向かいながらイメトレ~前回受けたワルツのレッスン内容を復習。
 ・お腹はしっかり引っ込めたまま
 ・上の力を抜いて
 ・下から移動
 ・ロアーは脚の力を抜いて

練習場に入るとPさん鏡に向かって何か確認中。
着替えて軽くアップしてスタンダードから練習開始。

P「前の練習で上手く行かなかったところ、上村先生に訊いてきました。・・・」
 ・レフトホィスクから戻って、コントラチェックに入る直前の二人の位置は♀の左足優先
 ・まず♀の位置が決まって、それに合わせて♂の左足の位置が決まるらしい
何度か繰り返すと収まりが良くなったような気がする。

一緒にワルツのシャドーから。
 ・中央斜めにPPからシャッセするところで開きすぎない
 ・続くクイックオープンリバース2~&で大きく移動しようとしない
2点直していると、曲がかかり、2曲続けて合わせてみる。

組み始めると♂左手&♀右手のコンタクトでNG
手は柔らかく合わせて、互いの親指を立てて揃える筈が・・・
Pさんの親指が僕の親指から逃げるので追いかけて先に進まず・・・Pさん大爆笑
h「何笑ってるの?」
P「だって指相撲しているみたいで・・・」
h「親指揃えろって言われたでしょ!(怒)」
P「だってhiroさんが・・・」
h「自分は指揃えようって意識しているの?」
P「いいえ・・・」
h「折角曲が流れているので勿体ないからこれ以上言わないけど、やる時はまじめに・・・」

 ・オーバーターンドナチュラルスピンターンの3、右足の上でしっかりロアーを忘れていた
 ・同5、壁斜めにウェイト移動し、♀をどかせてからLODに前進するところはNG~♀のバランスを崩してしまう
 ・ターニングロックトゥライトの1~2、ボディを♀に与え続ける
↑pさんのことをとやかく言う前に自分の課題をこなさないとねぇ~

Pさんのアームはずいぶんと柔らかくなった。多分、お互いのどちらかが余分な力を入れると相手も力が入っちゃうんだろうなぁ。
↑僕も力が抜けているはずだっていうこと。
お互いたまに余分な力が入っちゃうけど、それはまだ練習し始めたばっかりなので・・・
このまま行けば良い線行けそうな気がする。(笑)引き続き、努力しよう!

コントラチェックのリカバリーで半拍遅れることがしばしば。
↑これは全て♂の責任

h「ウィングでアームが固くなるよ。」
P「上村先生にもそこ言われています。・・・」

どこかで♀が後退する時に、僕のボディがぶつかるって言われる。
h「今年まだレッスン受けるの?」
P「明日受けます。」
h「じゃあ、これ聞いて下さい。・・・」
 ・3の脚はウェイトを感じたら直ぐに緩めながら前進って習った
 ・♀が3の足の上で後退準備をしながら♂を待つのは、1の脚を後に下げておき、♂の前進を感じた分だけ後退するのでは?

タンゴ
 ・少しアームに力が入っているかも?
P「タンゴも力を抜くのかしら?」
h「そう。ホールドはコンパクトに。お腹を引っ込めて、アームや肩の力は抜いて!」
P「hiroさん右手きついわ。」
h「ゴメン、気を付けるよ。」

P「今のところ、分からないわ。」
h「クローズとオープンのプロムナード?」
P「いえ。アウトサイドとチェイスの違いが・・・」
h「・・・」
何度か繰り返して・・・多分通じたと思う。

まとめていて気づいたけど、CBMでの後退には違和感が無くなってきた。
Pさん、これも習ったのかなぁ?

スロー
 ・スリーステップで♀の脚を僕の膝が蹴って押して運んでいる
h「僕が早いのか、Pさんが遅いのか・・・」
P「わたしそれよりhiroさんの体が出てくるのが気になって・・・」
 ・上の力を抜いて
 ・脚の力を緩めて、下から前進
ボディはぶつからなくなったけど・・・下は相変わらず???

P「hiroさんチェンジオブダイレクションがやりにくいって言っていたでしょう。上村先生にもここ、直されて・・・」
h「Pさんも悪いかもしれないけど、僕が自分で嫌なのは軸が歪んでいることで、それは僕自身の・・・」

クイック
 ・上を緩めたまま踊ってみて、何だか踊りやすくなったような気がする。
↑外から見たらどうなのだろうか?フレーム歪んでいるかなぁ?

ラテン編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-12-20 23:22 | 練習
<< ようやく・・・ タンゴのルーティン追加 >>