2006.10.4 in 富士学院

先日の練習ノートから。

コンペ後中2日での練習。何だか久しぶり。
先週から毎日よさこい同好会の練習があるので、上がってから慌ただしく向かう。
Pさん、ラテンシューズを履いて練習中。僕も着替えてラテンから練習開始。

P「私ようやくhiroさんがフィガーの合間に止まるって言っている意味が分かったわ。・・・」
 ・前のスタジオで習っていたルーティンでは、ベーシックのニューヨークは2を伸ばしていた
 ・フリーのルーティンでは、ニューヨークの2を短くして直ぐに戻してからスピンしていた。
 ・いつの間にかフリーのニューヨークは直ぐに戻す癖が付いていた

h「それは戻るのが早いっていうことだよね。それはそれで分かったよ。・・・」
 ・踊っている合間に迷って意識がとぎれることが何度もある
 ・途中で迷わなくなるまで練習する必要がある
h「ただ、そうやっていろいろ考えることがイメトレになるんだよね。良いことだよ。」
P「分かりました。」
h「今日は、三浦先生にも和美先生にも言われていた課題の一つ。ラインを決めよう!」

まず来週のレッスンを予定しているルンバ、続いてチャチャ、最後にサンバ。
一つ一つ、あーでもない、こーでもないって言いながらアームの先から足の先まで決めていく。
h「これって、いちいち書かないけど、覚えられる?」
P「空いていたらビデオセットしてきます。」
空いていたようで、曲無しで3種目ゆっくり合わせながらビデオに納めました。
ここまで、1時間。曲に合わせるのは、翌日の練習にとっておいて・・・ラテン終了です。

h「じゃあ、ワルツのシャドーやろう!」
いきなり中央斜めに背面して・・・
h「LODどっち?・・・」
スローと混乱したみたい。最初からこれでどうなるかって心配したけど・・・始めると順調
後は・・・ウィーブの後半だけ。PPエンディングを強調!
LODの3本目は止めておく。

そのうちスムーズに踊れるようになったので、ワンステップアップ!
h「今はswingの方向だけを意識しているけど、折角アンダースローのエクササイズをいっぱいやってきたんだから、one swingずつ意識してやってみて。」
P「分かりました。」
いきなり綺麗になる。・・・びっくり!
h「良いよ!組んで踊ってみよう!」
とてもスムーズになって踊りやすい。
h「やっぱりブログにアップしたのが良かったかなぁ?」
P「それもあるけど・・・」
 ・最初何も分からないでスタンダードのシャドーを始めた
 ・努力がようやく体になじんできたし、言われることの意味を理解出来るようになってきた
P「やっぱり時間が掛かるのよ。」
h「そうだね。お疲れさん。」

h「今晩スローもルーティンをアップするから・・・」
P「折角覚えてきたのでシャドーします。」
 ・最初の方は順調
 ・ウィーブの後半が曖昧
h「チェンジオブダイレクションは、コーナーでやると1/2回転だけど、LODの途中でやると1/4回転だから・・・」
P「・・・」
試しにやってみると、スムーズに出来る。
h「やっていて分かりますか?」
P「言っていることは分かる気がするけど、自分で何やっているのかよく分かりません。」
とりあえず、先送り。
組んで踊ってみると、とても踊りやすい。

h「今までと違うの自分で分かりますか?」
P「分かります。私も自分で踊っていて気持ちいいです。」

ワルツから曲に合わせて踊ってみる。今までで1番良いかもしれない。
タンゴもやろうかと思ったけど、少し休みたいって言われて今日はパス。
休憩してスロー。
良い感じ。
P「踊っていて何度も足ぶつかっちゃったんだけど・・・」
h「あれは回りに人がいて僕が角度を微調整した時にPさんが対応しきれてないんだよ。今はそこまで求めないから気にしないで。」
P「分かりました。・・・やっぱり身に付くには時間が掛かるのよ。」
h「全くだね。」

翌日もあるので早めに上がる。
ここまで全部ビデオに映っているはずなので、後から確認してみるつもりです。
次はラテンの踊り込みと、タンゴとクイックも忘れない程度には踊っておきたいなぁ。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-10-06 00:35 | 練習
<< 2006.10.5 in 富士学院 チャチャの注意点 >>