2006.9.13 スロー編

先日のレッスンノートから。

前日夜中にキャンセルが出たとのメールを戴いていることに当日朝気づき、急遽スタンダードのレッスンを受けることになりました。

1時間半位余裕を持ってスタジオ入り。着替えたらPさんもちょうど来たところ。
念入りにアップして、シャドーしようかと思ったら・・・
コ「では、始めましょうか!」
h「先生、まだ1時間・・・」
コ「あら!・・・ごめんなさい。メールの時間を1時間間違えました。今から・・・」
h「済みません。せめて15分・・・」
コ「分かりました。では15分後に・・・」

P「アンダースローやらないと・・・」
左右の前進後退をパッパッとやって、シャドー。いつも間違えるところを微調整して、二人でちょこっと合わせて・・・レッスン開始。
コ「Pさん、1年前はダンスやってましたか?」
P「はい。(スタンダード)始めて半年位でした。」
コ「その頃に比べて変わりましたか?」
P「はい、とても変わりました。」
コ「少しは分かるようになりましたか?・・・」
自分が何を分かっていて何を分からないか、何が出来て何が出来ないか、どうしたいかなどの整理が大事だとか・・・

コ「今日は何をやりますか?」
h「スローをお願いします。」
コ「クイックは大丈夫?」
h「スローとクイックどっちも中途半端で臨むよりは、クイックはフレームだけって腹を決めて、スローをもう少ししっかり踊れるようにしたいと思います。」
コ「分かりました。ワルツもスローもクイックも同じswing系ダンスですから・・・」
 ・リズムやテンポが違うので踊り方を変えても、共通するところは多い
 ・踊りの原理は同じなので一つやると、他にも応用がきく(表現は違ったかも?)

コ「まず、・・・(自分のやることは分かっているか?)」
P「分かったり、分からなかったり・・・」
h「週に3~4回の練習で、いつも1時間以上シャドーしていますから・・・」
P「それなのになかなか出来なくて・・・」
コ「出来なくても・・・」
 ・諦めたら駄目!
 ・努力すれば必ず出来る!
 ・ただ・・・出来るまでの時間等は人それぞれ~練習量や素質や指導者の質などで変わる
 ・まず、足形を覚えて当たり前に出来るようになる
 ・すると次の段階(=そこで何をやるか)に入れる
コ「ルーティンを言ってみて!」
P「まず・・・フェザーステップ、リバースターン、スリーステップ、オープンインピタス」
コ「その前にナチュラルターンですね。それから?」
P「ウィーブ、チェンジオブダイレクション」
コ「凄いじゃないですか~・・・じゃあ踊って見せて。」

ルーティン2回りでLOD1周分踊ってstop
コ「まず、・・・」
 ・前進・後退のswingにそれぞれジェットコースターのアップ・ダウンのイメージを持つ
 ・左右のカーブに傾斜を意識する
 ・2ndQで送り出して、Sの足で外側を持ち上げる
Sの足が床に着いてから、持ち上げようとして遅いってご指導!鏡の前に移動してレクチャー再開
 ・もう一度ジェットコースターのカーブの傾斜をイメージ
 ・急ではなく、カーブの初めから終わりまでなめらかに繋がるイメージ
 ・傾斜は肩や腕ではなく、腰からの持ち上げで作る=自然に前進(後退)が横のターンに繋がる
反復エクササイズ

コ「はい、足変えて!」
 ・2ndQで送り出すサイドの腰を持ち上げると、自然に逆に回る

コ「次に後退。・・・後に下がりながらカーブするイメージは難しいかもしれないけど・・・」
 ・逆を持ち上げようとすると(=間違った動作をしようとすると)、ヒップが抜けたり、ボディが折れたり・・・ラテンっぽい
反復エクササイズ
 ・ネックはS(=下がる方)の足の上
コ「はい、足変えて!」
あと・・・横から鏡に写しながら、ネックを後ってどこかで言われたけど・・・忘れた

コ「じゃあ、曲に合わせて・・・」
3~4周しっかり踊る。

コ「Pさん、音楽聴いて・・・リズム取れる?・・・どこから始まるか、カウント言ってみて。」
P「・・・12341234・・・」
コ「はい、いいです。最初間違えていたわよ。・・・これ、出来るかしら?」
 ・2小節聴いて、♀前進開始
 ・3小節目の終わりには組終える
 ・4小節目のSを♂左に体重移動
 ・Qを♂右足に体重戻し
 ・Qを♂左足前進して、フェザーステップに繋げる
コ「前奏が4小節か8小節なので、ボーカルが始まる5小節目で踊り出すように・・・」
反復エクササイズ

コ「音楽をよく聴くと12って下がって、34って上がるのよ。踊りも音楽に合わせて、・・・」
 ・12をSって下がり、34をQQって上がる
 ・音楽をよく聴いて、1から出る
 ・誤って3から出ると、このdownとupが逆になってしまう
コ「この前ジャッジしてきたけど、D級やC級でも外している組がいました。hiroさん達はそうならないように今の内から・・・」
h「はい!分かりました。」

コ「今度何に出るんでしたっけ?」
h「JBDF甲信越のD級戦です。」
コ「それってベーシックですか?」
h「いえ。フリーです。」
コ「それなら良いです。今SSSQってサスペンドを取っているけど、ベーシックはSSS(だったような)なので・・・」
 ・ぼーっと立っていない
 ・運動を継続して止めない
♂S 左足前進
 S 右足大きく横に開く~今までPさん脚を閉じていたから小さく開いていた
   この時、左サイドを残すイメージ
 SQ 3拍使って左サイドをリバース方向に大きく回し、スクエアに戻る(ワインディング)
 Q 左足前進
反復エクササイズ

コ「Pさん、足違うわよ。」
♀S 右足後退
 S 右足の上でリバース方向に回転しながら、左足を(内回りなので小さく)横に開く
 S 左足の上でリバース方向に回転しながら、右足を引き寄せて左足に揃える
こんな感じ。

コ「それで、女性はネックを・・・」
S そのまま左
S 素早く右に向ける
S 上を通してゆっくり左に戻す
(↑自信がなかったのでPさんにメールで訊いた)
 ・タンゴではネックを素早く動かすため水平方向に回す
 ・その他の種目では一般に上を見ながらゆっくり回す
 ・スピンなど素早く回すものも一杯有るが・・・今のレベルでは考えなくて良い

コ「じゃあ、最初から!・・・(踊った後)Pさん、swingのエネルギーはどこから貰ってますか?」
P「えーっと・・・脳です!」
コ「(爆)そうねぇ~それもあるけど・・・それは地球の重力です。って、話したことありましたか?」
P「はい。ニュートンが・・・って、聞きました。」
コ「そうですね。・・・」

踊っていると、
コーチャーがPさんと踊りながら、「上から~下に~」って声を掛けて下さる。

コ「じゃあ、二人で踊ってみて。・・・どうもギクシャクして・・・」
 ・swingがスムーズにならない
 ・♂の左手一つ取っても、swingの始めから終わりまでなめらかなカーブを描く一つの動き
 ・swingの前に、自分の通るコースをイメージ

二人で踊る。・・・「もっと後から持ってくるイメージを!」って、何度も言われる。
コーチャーからありがたいお話
 ・上から下へ、遠くから進行方向へのエネルギーが必要
 ・両方無いと(どちらかが欠けると)NG
コーチャーと交互に踊っていただいて、体にイメージを記憶させる

コ「じゃあ、二人で・・・」
 ・(特にウィーブの3Qで)ボディを持ち上げても、両膝を伸ばさない
 ・両膝を緩めて両トゥ立ちから、背骨&ネックごと右サイドを横に移動させる(=swingを止めない)
 ・ウェイトが右足を通過して左足が出る
 ・他も一緒(=フェザーフィニッシュではウェイトが左足を通過して、右足が出る

反復エクササイズの後、最初から踊る。
コ「hiroさん、もう少し背骨を暴れないように・・・」
h「はあ?」
 ・ネックがバラバラ
 ・フェザーステップ:進行方向
 ・リバースターンの2歩目:逆LOD
 ・フェザーフィニッシュ:進行方向
 ・スリーステップ:左
 ・ナチュラルターンの2歩目:斜め左
こんな感じだったような・・・

後、何言われたっけなぁ・・・最後にまとめてくれたけど・・・記憶無しのまま、レッスン終了

h「まず、シャドーしよう!」
P「はい。」
間違える・・・
h「方向と足形をマスターして!・・・それから今日やった内容なので・・・」 
P「はい。」
少し復習したらもう帰る時間。
h「もう本番まで時間が無いので、イメトレしっかりやって!実際に踊る復習は・・・1次予選で!」
Pはい!」

ここまでかなぁ?
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-09-15 00:53 | レッスン・S
<< 2006.9.14 in 富士学院 2006.9.11 パソ編 >>