2006.9.10 in ゼフィール

先日の練習ノートから。

未だシャドーの出来ないパソ、スローとクイックの練習を第1に考えて、ゼフィールで練習することにしました。
先に入ったので時間を掛けて念入りにアップ。2週間前に痛めた背筋はまだ少し張っているけど、だいぶ良い状態になってきました。

10分位遅れてPさん登場。パソのシャドーから練習開始。
 ・シャッセケープで♀ロックの後シェイプを作るところで音からずれる
h「そこは&を入れて動作を意識しないと、音から遅れるから・・・」
 ・ザ・ツイストでフレームを横長と縦長で入れ替えるところでアームが切れてしまう
h「アームに力が入って固められると・・・」
P「力を抜くとリードが伝わらなくて・・・」
h「とりあえず今のままで良いよ。後はレッスンで・・・」

P「先生の踊り方とどこが違うの?」
h「全部」
P「そんな曖昧な言い方じゃなくて、もっと具体的に言ってくれれば・・・」
h「どこが違うって整理できるくらいなら、言っているよ。自分の踊りの悪いところを上げるのと一緒で、理想と全然違うのは明らかなんだけど・・・だからコーチャーにもランクがあるので・・・」
言っている本人がよく分かってない??

間違いやすいところ
 ・フォーラウェイエンディングトゥセパレーションで前進する方向を逆LODに直進してしまう
 ・この後のシャッセを飛ばしてシャッセケープに行く
 ・未だにクードピックの入りが遅れる~追いつこうとして余裕が無くなるとアームが固くなる
後何だっけなぁ・・・

合間にチャチャの曲がかかる。
P「気分転換にチャチャを・・・」
ベーシックを2曲踊って
h「じゃあ、パソのシャドー!」
1時間位やったかなぁ?

h「じゃあ、最後まで通して出来たら終わりにしましょうか。」
P「終わりってまだ時間有るのに・・・」
h「まだスローとクイックも残っているから・・・」
P「分かりました。サンバはやらないの?」
h「そんなこと無いよ。時間があればやりたいよ。・・・今日もその前もその前も・・・こんなにシャドーやることになるとは思って無くて、その度に帰りに『一人でやれることは一人でやって、二人の時は二人でないとやれないことを・・・』ってお願いしてるんだけど・・・」
これでPさん、ぶち切れた。

P「一人じゃ出来ません!もともとhiroさん、コンペに出るだけで良いって言うから・・・レッスンだってろくに受けてないし、ヒールターンだって知らなかったのに、急にやってないって怒られるし・・・」

h(出るだけで結果は求めないって言ったけど、練習しないとは言ってないんだけどなぁ・・・)
今週4日連続休み無しだったからお疲れモードなところで、散々シャドーさせられて・・・相当不満が溜まっていたようで・・・
言うだけ言ったら落ち着いたみたいでそのまま休憩。

気を取り直してスタンダードの練習。スローから。
アンダースローのエクササイズやって、前進後退のウォークやって・・・シャドー!
できちゃう・・・
h「すげーじゃない!OKだよ。」
P『ありがとうございます。」
組んで踊っても踊りやすい。
h「やっぱり流した汗は嘘を付かないんだよ。」
P「はい。」

h「じゃあ、クイックやろうか!」
P「クイックは名前も分からないので・・・」
まず、ルーティンを紙に書いて見せる
一つ一つバラして説明する。名前、歩数、カウント・・・肝心なフットワークを教えるの忘れたような・・・
これでレッスン受けると「そこは○なのに○から出ているから!」って、ご指導頂いちゃうんだろうなぁ。

P「そういえば、私見たこと有ります。V6ってジャーニーズみたいだって思った記憶が・・・」
h「でしょう・・・」
P「けど名前だけじゃあ・・・富士学院でビデオ撮れば良かった。」
h「今更言っても・・・今までに撮ったビデオだって有るんだから・・・」

概略イメージで理解して貰ってから、頭と体を繋げる練習・・・整理出来たせいかなぁ?体が動くようになる。
h「良いじゃない~」
これで、1週間乗り切れば、次のコンペ、結構良い線行くかも?
って、そんなに甘くないかなぁ・・・
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-09-12 23:09 | 練習
<< 2006.9.11 パソ編 2006.9.7 in 富士学院 >>