2006.9.6 in 富士学院

先日の練習ノートから。

スタンダード、ラテンと続けてレッスンを受けた直後の練習日。
練習場に入るとPさん、既に準備OK!僕も着替えたところで・・・
P「アップしながらで良いんだけど、質問があります。怒らないで教えてね。前にも聞いたかもしれないけど・・・」
 Q:ライズ&フォールって何?ライズは分かるけど、・・・
 A:フォールは落ちるって言う意味で、ロアーのこと
P「だったらロアーって言えばいいじゃない!」
h「弘子先生に言って。」

 Q:ブログに書いてあった「HT→T→TH」って何?
 A:ヒール・トゥ→トゥ→トゥ・ヒールの略。
h「レッスン前まで僕はHからTにウェイト移動してライズ開始、どんどん上がって両脚が揃った時がピーク、
後ろ足が前足を超えたところで下がり始めてTで着地、Hが着いて足首がしなって次のswingって思っていたけど、レッスンでは・・・」
 ・さっさとアップ
 ・更に高さをキープ
 ・足が着いて直ぐに下りないで、ウェイトを感じてからロアー
P「ウェイトを感じるのは相手のウェイトよね?」
h「いや、自分のだよ。・・・」
 ・足を床に着きながら下りるのではなく、着地して自分の体重を感じてからロアー

P「顔なんだけど見ていると他の人は・・・」
h「レッスンで先生には何て言われたの?」
P「・・・」
h「ここで回りにいるのはただのアマチュアなんだよ。みんなお金払って習っている人ばっかり。それぞれ先生に言われて直しているけど・・・そんな人たち見本にしたってしょうがないでしょ!先生に言われたことだけやっていれば良いんだよ。それで浮かんだ疑問は先生に訊いて!」
P「はい。」

スローから練習開始。
踊ってみて、ぶつかりまくり。
シャドーして貰うけど・・・どうもギクシャク。
P「3歩とも歩幅は一緒よね?」
h「低いところで出す一歩と高いところで出す一歩って歩幅一緒?やってみて!」
P「(やってみて)低い方が広いです。」
h「あと、最初の一歩は2拍だけど、他は1拍なので・・・」
P「分かりました。」

アンダースローのエクササイズ・・・これは一人でも出来るんだけどなぁ・・・
手と足がバラバラだったので、カウントを呼称しながらシャドーして貰う
 ・いきなりSって足を出さない>3Qでしならせて、swing開始、3Qの膝を伸ばしながら1Sの足を出す
 ・1Sの足が着地した時、アームは一番下
 ・2Qの足が着地した時が一番上で、直ぐに下りないでその高さをキープ
 ・3Qの足が着地してから下り始めて、足首を使い切って次のswingに繋げる

左右の前進をやってから、後退
 ・下げた足がボディの下にあるので、もっと開いて中間バランスの状態を作る
 ・真っ直ぐだと開けないので、骨盤?を開く

相当時間を掛けて何とかスムーズになってきたところで、組んで合わせてみる。
ナチュラルターンでヒールターンを忘れてしまう。
直進のパターンとライズしてターンするパターンを踊り分けるが・・・通じない。
h「いいや!スリーステップの後は必ずナチュラルターンするから、全部ヒールターンして!」
P「はい。」
やってみるけど・・・NG
曲に合わせて踊りながら、スリーステップで次はヒールターンって言うと出来るけど、
カウントで踊っていると(「次は・・・」って言えないので)、出来ない・・・

問題を先送りしてオープンインピタス。ところが・・・何か変??
h「ここ変だよ。」
P「何して良いか分からなくて・・・」
h「今までどうしてたの?」
P「ヒールターンしてなかったから・・・」
h「レッスンの時は?」
P「・・・」
h(疑問はレッスンで解決してくれないと、♀の足型は分からないよ~)

たまたま居合わせた知人♀に教えて貰う
(本当はアマの人にやり方まで教えて貰うのは好きじゃないんだけどねぇ・・・)

ナチュラルターン
1S 右足後退
   右膝を伸ばして、トゥを・・・立てるだったかなぁ伸ばすだったかなぁ?
2Q 右足に乗ってヒールターン
3Q 左足前進

オープンインピタス
1S 右足前進
2Q 左足前進してボールターン
3Q PPから右足前進

こんな感じかな?
最初から踊ってみると・・・ヒールターン出来ず・・・
シャドーしてみると・・・NG
h「混乱しているみたいだから、イメトレで整理して下さい。」
P「はい。」

クイック
踊り出すと、後退でオンバランスになっている
P「今のは最初だけ出来てたでしょ?」
h「残念だけど出来ていませんでした。」
P「そう?・・・前足Hで後ろ足Tって、忙しくてやっている暇無くて・・・」
h「体は両足の中間なので、後ろ足を大きく開けば自然に中間になるんじゃないかな?」
やってみると、まあまあ。

他の人にぶつかりそうになったら自分で止まってしまい、その後あたふた・・・
h「つっかえた後は必ず左足に立って!これしか、しないから。」
♀「はい。」

また、スローのシャドー。
h「曲に合わせて4種目2曲ずつ踊ろう!」
ワルツから。
・・・まあまあ。

タンゴ
低すぎて、重い。
P「済みません。1曲休ませて下さい。」
h「いいよ。組んだ時低すぎるよ。」
P「庄司先生に言われたように膝から上をhiroさんと着けようとしたけど着かなくて・・・」
h「それなら、しゃがまないでボディを前に送らないと・・・」

スロー
 ・ようやくヒールターン出来るようになった。一安心
 ・ただ脚を出すのが早いので、ウェイトを移動させて中間バランス作れば・・・ゆっくり出ると思う。

クイック
 ・1曲踊ったところでPさん、首が痛くなって休憩。・・・シルエットが崩れているんだろうなぁ?

ノートを見て打ち込みながら、思い出したことが一つ。
バックロックスからのランニングフィニッシュで、急に方向を変えようとしてご指導いただいた。
 ・♀はそれに対応出来ない
 ・バックロックスに入る時に次の進行方向を決めてそのまま進むこと

ラテンモード(=パソ)に移行。
 ・カウントで最初から組んで踊ってみる。ようやく、ザ・ツイストが合うようになった。
 ・シャッセケープは、足型がよく分かっていないみたい。
h「ビデオはPさんが持っていて僕は確認出来ないので、自分で・・・」
P「はい。」

ブログの印刷した紙を見て気づいたことが一つ。
h「1stハイライトの後のアンダーアームターンのカウント、1&234になっているね。
レッスンの時、勘違いして12&34って言っちゃったよ。三浦先生、ここ速すぎるって言っていたけど・・・」
両方やってみる
P「12&34の方がやりやすいです。」
h「じゃあ、習ったとおりに・・・」

曲に合わせて踊ってみる。
 ・ツイストで遅れる
 ・シャッセケープから付いてこられなくなる。・・・振り回して終わった。

Pさんにカウントを呼称して貰いながら、反復エクササイズ
P「今、出来たわよ。」
h「そうだね。じゃあ最初から!」
P「まだやるの?」
h「この前のレッスンで弘子先生が言ってたよね。練習で10回出来てもコンペでは失敗することもある。練習で1回や2回出来た位じゃ本番で成功する訳無いって!」
P「はい、分かりました。」
ひたすら繰り返し。
P「そろそろ時間なので・・・」
h「あっ!ホントだ。じゃあ、今日は・・・お疲れ様。」

帰り道。
P「何とか最後のスローは足を間違えないで・・・」
h「明日は脚をゆっくり出す練習しましょう!」
P「・・・」
h(誉めて欲しかったのかなぁ?)
h「あと、パソのシャッセケープの足型ビデオで確認しておいて下さい。」
P「一人じゃ出来なくても、きちんとリードしてくれれば・・・」
h「するとさっきみたいに振り回さないといけなくなるので、チェック入らないよ。それに、弘子先生は一人で踊れないといけないって・・・」
P「分かりました。けど、昨日の今日で・・・」
h「きちんと踊ることは全然求めてないよ。それは一緒に練習しよう!そのためにも足型は覚えてくれないと・・・」
P「分かりました。」

ノートにまとめながら・・・ちょっと厳しすぎたかなぁって反省。
けど、覚えて貰わないと練習にならないので・・・
明日は質を上げるための練習が出来るかなぁ?
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-09-09 23:38 | 練習
<< トラックバック 2006.9.5 パソ・ドブレ編 >>