2006.9.4 スロー編

先日のレッスンノートから。
スタジオに向かう電車の中でイメトレ。
カップルで初めてのスローとクイックのレッスンなんだけど・・・時間有るかなぁ?
スロー
 ・&カウントで乗って、脚をゆっくり出す
 ・ローティーションをはっきりと
 ・Pさん、後退で脚をゆっくり床に着けてくれれば、スリーステップ少しは良くなるかも?(人のせいにすること自体が間違いかも?)
クイック
 ・フレームしっかりキープ!

1時間前にスタジオ入りしたら、Pさんちょうど着替え終わったところ。
アップしてから、二人で組んでフェザーステップとスリーステップの繰り返し。
どうも動きがスムーズにならないので、アンダースローのエクササイズで矯正。
お互いのボディがガチャガチャ当たるけど、まあ動けるようになったかな?
小休憩の後、曲に合わせてクイックを少々。普段の練習程度には踊れるので良しとして・・・スローを比較的しっかり踊り込んだところで、レッスン開始。

コ「今日は何をやりますか?」
h「スローとクイックをお願いします。先日メールでお願いしたとおり、17日にJBDF支局のD級戦があります。」
コ「そー言えば・・・あの踊りでよく3回も踊れたわね。」
h「それが・・・4回なんです。140組位の内18番目位でした。」
コ「えー!Pさんは3回って・・・」
h「ええ。それ位緊張していたようですよ。」
コ「それでも、その成績ですか?」
h「おかげさまで。(笑)次も頑張りますので、ご指導よろしくお願いします。」

コ「では、まず踊って見せて下さい。」
カウントでルーティン1周(LOD2本分)踊る。
コ「まず、そこ(ナチュラルターン)でヒールターンしましたか?」
P「はい、今日は覚えています。」
コ「けどやっていませんでしたよ。」
P「私は・・・」
h「本人やったつもりでやっていないので・・・」
コ「それはある意味分からないより始末が悪いかもしれませんね。では・・・」

ルーティンを分解して、一つずつPさんに名前を質問・・・Pさん、つっかえつっかえ答えていく。
中央斜めに背面してフェザーステップ、リバースターン
壁斜めに背面して(3歩歩くので)スリーステップ、ナチュラルターン、オープンインピタス
中央斜めにPPから(編み込む?)ウィーブフロムPP
壁斜めに背面して(方向を変える)チェンジオブダイレクション
最初に戻る

コ「スローは何拍子ですか?」
P「4拍子です。」
コ「スローは・・・」
 ・基本はSQQ
 ・例外はウィーブのSQQQQQQとチェンジオブダイレクションのSSS

コ「次に・・・」
鏡の前に移動して何とかバーを支えにして後退ウォークのエクササイズ
 ・前足ヒール、後ろ足トゥで立った中間バランスからウェイトを後に移動
 ・前脚を後退してトゥ立ちになり、中間バランス
 ・次にウェイトを前に移動し、後ろ脚を前進してヒールを着き中間バランス
コ「このように、体が移動した分しか足は出せないし、足を出した分しか体を移動出来ません。それ以上に動こうとすると・・・」

ここで、Pさんいきなりずっこける。
コ「何でこの動きで前足がずれるですか?・・・その(プラスチック製の被せるタイプ)ヒールカバーは滑るでしょう?
面倒だけどこういう(革製のテープで付けるタイプ)ヒールカバーの方が・・・」
P「それが取れたので、こういうタイプに・・・」
h「テープの止め方が悪かったのかどうかは別にして・・・」
コ「教室にありますよ。」
P「それ下さい。」
h「済みません。レッスンの時間が惜しいので・・・」
コ「1分で替えます。」
h「じゃあ、さっさと・・・」
コーチャー自らテープで止めて下さる。
コ「(片方替え終わって)今何分経ちましたか?」
h「45秒です。」
P「またいい加減なことばっかり言って!」
コ「1度のレッスンでどん欲に吸収しようとする意欲はひしひしと感じますよ。時間が惜しいというのも気持ちは分かります。・・・」
後から考えると、Pさんに正しい動きを覚えて貰うにも足元がおぼつかないんじゃ・・・
余りに自分本位で身勝手だったなぁって反省しました。
ダンサーにとって思いやりと優しさは必須ですよね。忘れてました。

レッスン再開です。
反復エクササイズで動きがスムーズになったところで、フロア中央に移動し、後退ウォークでセンターウェイトとオンウェイトの繰り返し。
コ「良くなってきたわよ。さっきは後ろ足にそのまま乗っていたので・・・(だんだん反っくり返っていた)」

コ「次にhiroさん、フェザーステップのライズ&フォールはどうなっていますか?」
h「HT→T→THです。」

コ「それはフットワークと言います。ライズ&フォールは?」
h「1Sでライズ開始、2Qで更に上がって両脚が揃った時がup、通過後下がり始めて、3Qでロアーです。」
コ「・・・言葉で表すのは難しいわね。・・・」
1S 後半ライズ開始
2Q アップしてキープ
3Q ウェイトを感じてからロアー開始>いきなりロアーはNG!

コ「では、・・・」
組んで踊っていただく・・・あっという間に振りほどかれる。1Sで右が下がるかのゼスチャー
コ「それは、スウェイを意識しているのかしら?」
h「ローティーションです。」

コ「まず・・・」
 ・前進しているので、右サイドを引かない
 ・進行方向(中央斜め)に相手を後退させ、自分が進むスペースを作って前進
 ・予備歩は中央に前進
 ・1Sは進行方向(=中央斜め)に前進なので、右手も進行方向をキープ・・・ここで引かない
  ウェイト通過後ライズ開始。ここで左サイドが前に出始める・・・右は引かない。ネックも出さない
 ・2Q、3Qで何か言われたが忘れた。
  最終的な形は同じになるので、右を引かず、左を出すように言われたような気がする。
反復エクササイズでとりあえずOK?

コ「次にリバースターンも今の(フェザーステップ)を応用して・・・」
1S 後半ライズ開始、右サイドを前にswing。ネックは右手から一番遠い軌跡を通る
2Q~5Q 忘れた。
6Q Pさんの後退する歩幅が狭いって言われる。・・・僕が狭くって教えたのが間違いだったみたい。ゴメンよ~

コ「次にスリーステップですが、hiroさん何に気を付けていますか?」
h「右ショルダーリードです。」
コ「今は右サイドリードって言わず、右サイドリードって言います。世界的に勘違いして肩だけ突き出す人が余りに多かったので、これは言葉の使い方が悪のではって考えて、用語が変わりました(とか何とか)」
1S 右手前。後半右ボディ前(=右腰も一緒に前)
2Q ネックは連動して左を向く
3Q 後半(ロアーしても)右手を引かない

引き続きナチュラルターン
1S 壁斜めに前進なので、右手は引き続き斜め前をキープ
   後半、ライズ開始。左サイドが右サイドを追い越す

この2歩はちょっとあやふや・・・

ここまでを総括して下さる
 ・方向が変わらない場合:ボディは両足の間と足の上を繰り返す
 ・方向が変わる場合:ウェイトを足の上まで運ぶと通過してバランスを崩すので、手前の中間と、次歩の中間(=ウェイトは足が通る軌跡の内側を通過)
 ・どちらもセンターバランスからセンターバランスへ移行する。足の上を通過するか否かの違い(だと思う)

コ「では、最初から踊って・・・」
二人で組んで踊ると、「○が下~(逆が上じゃなかったような?)」って、連呼して下さる。
コ「以前ワルツで教えたと思うけど・・・」
h(???記憶にはないけど、スピードをコントロールするためのスウェイだろうなぁって勝手に判断して続けたところ、何も言われなかったので良しとする。)

先に続けて、ナチュラルターン
コ「今、ヒールターンしなかったでしょう!・・・」
 ・リードを受けて体が動くのも大事だが、脳が指令を出すことも大事
 ・スリーステップに入ったら、次はナチュラルターンなのでヒールターンするって命じる

続けてオープンインピタス
コ「さっきのターンと同じことを今度は男性がヒールターンする時・・・」
 ・ウェイトを全部右足に乗せると持って行かれる
 ・ウェイトはセンターのままでアップしてから、左足を出すとスムーズに次に続けられる(表現は違った)

ウィーブフロムPP
 ・フットワークは1歩目HTの後、全部T

チェンジオブダイレクションは・・・何か言われたかどうかも記憶無し???

コ「今日のポイントは・・・」
 ・中間バランスをしっかりと!(♂&♀)
 ・右手はいつも斜め前(♂)

コ「残り時間少ないけど、クイックを曲に合わせて踊って見せて。」
・・・クイック編に続くとして、レッスン後の復習を少々。

ナチュラルターン
P「ねえ、もう一つヒールターンするのはどこでしたっけ?」
h「Pさんが私出来ていますって言ったとこ」
P「ヒールターンって、リバースターンしかないって思っていたから・・・」
h「・・・スリーステップの後だよ。」
P「・・・5歩目でヒールターンね?」
h「それはまずいんじゃないかな?スリーステップの後は・・・」
 ・ライズするとナチュラルターン
 ・通過するとフェザーステップ
何度も踊り分けて何とか違いを理解して貰う。
ルーティンも大事だけど、ぶつかるのを回避したり・・・何があるか分からないからね。

ウィーブ
P「私(ワルツも)全部どたどた着いていたわ。hiroさんは?」
h「4歩目はヒール着いていたなぁ。・・・」
テクニックブックで確認したところ、4歩目のみはTHでNFRも有りって書いてあった。

続けている内にだんだんぶつかりだしてきたので、バーを使った中間バランスのエクササイズ
ラテンのように足の上で振り出そうとしていたので、ウェイトを移動しながら足を出すように矯正
スムーズになったところで組んでみるけど・・・レッスンの時とは違うよ~
コンペまでにもう一度レッスン受けられるかなぁ?

後からノートをまとめていて気づいた事。
今までローティーションって、両腕を逆に振って生じるボディの動きって意識が有りました。
例えば、フェザーステップの場合。左アームを後から前に振り出す時に、右アームを前から後に振っていました。
両アームが一番下で揃った時、ボディは正面を向いていて、左アームが前に出た分右アームが後に下がって、左ボディが前に出て、右ボディが後に下がる。
今回、右サイドはそのままの位置をキープしていて、左サイドが前に出て追い越すことで、最終形が同じになると、意識をチェーンジ!

後は練習で定着有るのみです。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-09-05 23:18 | レッスン・S
<< 遅ればせながら・・・ 2006.9.3 in ゼフィール >>